サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆

2010年04月19日 | 座布団シネマ:な行

マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。[もっと詳しく]

地球の惨劇を目撃しながら、寝転んで突っ込みを入れられるノンキな愉しさ。

アイスランドの火山噴火でヨーロッパの空港はのきなみ閉鎖となった。その規模は、2001年の9.11による航空管制の規模を超えたとも伝えられている。
この噴火の直後、同僚がジュネーブからパリ経由で日本に戻ってきた。もう数時間遅かったら、他の多くの日本人と同じように帰るに帰れず足止めを喰らっていたのだ。
ちなみに、この同僚は、前の9.11の時は(その時は僕も一緒であった)、香港便の最終で日本に帰ってきたのだが、その飛行しているまさにその時に、国連ビルへの航空機の激突があったのだ。もちろん、その後は香港からの便もテロ対策で全面運行中止となった。



同僚はつくづくこういうめぐり合わせなのか。ちょっとマヤ占いで、彼の星でも属性キャラでも占いたいぐらいだ(笑)。
ちなみに僕は、日本でマヤ暦がちょっとしたブームになった二十数年前に、マヤカレンダーを部屋に貼ったりしていた。僕のマヤ占いでのキャラは「黄色い太陽(KIN40)」である。分かる人にはこれだけで分かる(笑)。
まあ、そんなことはどうでもいいのだが、このアイスランドの天に向かって勢いよく噴出する火山灰の黒煙を飽きるほど映像で見ながら、圧倒的な自然のもつパワーをいやおうなしに感じさせられたのであった。
こういう大爆発を前にしては、地球温暖化がどうだとか、生物持続可能性がどうだとかのある意味で倫理的でもある議論も、ふっとんでしまうような気もする。
この『2012』という大災厄パニックムービーと同じように・・・。



『2012』は、マヤ文明で使われたマヤ暦の、ひとつの予言仮説である終末論を扱っている。このあたりはトンデモ娯楽誌『ムー』の度重なる特集をはじめ、難解な専門書やただブームにのっかかっただけのお騒がせ本まで含めて十数冊は読んでは来ている。
惑星直列、フォトンベルト、太陽嵐、地軸の逆転・・・科学、SF、オカルト、哲学・・・なんと言い換えてもいいのだが、こういう話題にはその道の尊敬すべきオタクたちとは、数時間ぐらいは話はできるぐらいの最低限の知識は一応持っている。
2012年の12月21日から12月23日。言語は持たないかわりに、天体観測と暦の生成に関してはとんでもなく精緻であった古代マヤ族の予言の日まで、もうあと1年半ぐらいしかないのだ。
僕としては、これは『2012』という映画で描かれた全地球規模の大崩壊のことではなく、意識次元の転換・上昇(四次元から五次元へのアセンション)とする穏やかなニューエイジ風の解釈の方が平和でいいのだが、まあそんなことは誰にもなにがおこるのかはわからないことだ。分からないことに、科学的・非科学的などと騒いでもしょうがない。



イエローストーン公園で、なにやら立ち入り禁止の札を立て、軍隊がものものしい警戒をしている。
売れない作家のジャクソン(ジョン・キューザック)は子どもを連れて入り込むが、そこでヒッピー風のオタク科学者のようなチャーリー(ウディ・ハレルソン)の警告を受けることになる。
一方で、太陽ニュートリノの変異を観測した科学者たちは、その変異で地球のコアが過熱され、ついには地表が陥落してしまうことを予測する。
これは大統領に届けられ、世界の科学者たちが検証するが、防ぎようがないことがわかり、大衆には秘密で現代版の「ノアの箱舟」建設に乗り出す、といった筋立てだ。
『インディペンダンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督である。
僕たち観客はともあれ、どんなディザスター映像を見せてくれるかだけが楽しみだ。まあ、細かいことはどうだってよろしい。
地震、地割れ、噴火、津波、洪水・・・もう世界中で大パニックである。
なにせ、三日で地球の底が抜けるのだから。
いちいち、その悲喜こもごものドラマを追うわけにはいかない。
とりあえず、ジャクソン家族だけに焦点をあてて、あとはみんな仲良く地球と運命を共にしてください、という割り切りのよさ。このあたりはさすがである。



『2012』では嬉しい話題があった。
あの洪水のシーンに日本人クリエイターの坂口亮(31歳)が参加しており、そのデジタル技術が評価されてアカデミー賞科学技術賞を受賞したのだ。
坂口亮は大学三年で中退してアメリカに渡り、デジタル・ドメイン社の門を叩き、日本の中学の教科書などももう一度取り寄せ独学する中で、あの流体力学を駆使したたった数秒間のクリエイティブな、かつて誰も表現できなかった洪水で都市が崩れ落ちるシーンを、見事に映像化したのである。
彼は『パイレーツ・オブ・カリビアン』の海のシーンも担当している。
たしかNHKの「クローズアップ現代」で彼のことを知ったのだが、まことに誇らしく頼もしい気がしたものだ。



同じような時期に見たのが、『アイ・ロボット』でなかなか虚無的でスピーディーな近未来社会を描いたアレックス・プロヤス監督が、ニコラス・ケイジを主人公(宇宙物理学者)に据えた『ノウイング』だ。
こちらも太陽の活動異常で地球は熱放射で全滅してしまうお話。
こちらはなにやら聖書の終末思想的な色彩が濃く、知的生命体が地球に警告を出しており、そのシグナルを受け取った少数の者だけが、ノアの箱舟ならぬ宇宙船で、異星に連れて行かれるという筋書きである。
一方は大地が三日で底抜けし、一方は太陽フレアで一瞬で焼き尽くされる。
ここでは人類の危機を救うスーパーマンなどは登場してくれないのである。
虚無といえば、果てしなく、虚無的な話ではある。
『2012』では人類の種を残すために「選民」だけが「船」に乗り、そのことになんだか「あみだくじ」で乗員を決めた方が良かったのかなどとつまらぬ民主主義談話があったりするのだが、まあほとんど全員が死んでしまうというのは、ある種絶対平等のすがすがしさのような感じもするのだ。



NASAの研究チームは、大真面目に近い将来に「太陽嵐」のせいで都市の電力網に障害が起こり、地球の地磁シールドに穴が開く可能性が高いという報告を出している。
最初の一年だけで、その被害は米国だけで一兆ドルから二兆ドルと見積もられている。
研究予算獲得のための「トンデモ仮説」かもしれないし、もしかしたらそれでもパニックを起こさないために控えめに発表したのかもしれない。
結局、明日何が起こるのかは、誰にもわからないのだ。
だから僕たちはこうした地球滅亡映画を寝転んで見ながら、あの筋書きはどうだ、あの部分のCGはいい出来だとか、子役はどちらの映画も可愛かったが、ヒロインはどちらももうひとつだったなとか、ジョン・キューザックはちょっと太りすぎだし、ニコラス・ケイジは禿げ過ぎだな、などとノンキなツッコミをしながら、娯楽映画を愉しんでいられるのである。

コメント (8)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
« 現場/村本博之(映像ジャーナ... | トップ | 第四十話 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3Dだったら? (メビウス)
2010-04-22 20:57:29
kimion20002000さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

この作品って粗を探せばそれこそたくさん出てきそうな内容ではありますけど、自分が破壊監督エメリッヒに求めてるものはストーリーよりも有り得ないと思わせる程のディザスター映像に尽きるので、2012年に本当に来るのでは?という懸念は追いとくとして、迫力ある破壊映像の数々にはお腹一杯になりましたね~。

でもこの作品、去年公開とかじゃなく今年公開とかになってたら、先ず間違いなく3D上映だったと思いますねwあの豪快過ぎる破壊映像は自分も3Dで堪能してみたかったと想像してしまいました。
メビウスさん (kimion20002000)
2010-04-22 23:37:01
こんにちは。
そうですね、3Dでしょうね。
でも作品によっては、コンピュータ処理で元映像を3D処理できますから(作品としては擬似になってしまいますが)そういうものも出てくるかもしれません。
地球オタク! (sakurai)
2010-04-23 08:42:02
っていうんでしょうか!!
すごいですね。
常々、すごいとは思ってましたが、そんなにお読みになってるんですか!
なんだかんだいいつつ、火山のどかーーんひとつ、大地震のさまを見せられると、人間などいかにちっぽけかがわかりますが、それでもなんとかあがく・・というのがいさぎわるさが人間らしくていいですよね。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-04-23 10:23:19
こんにちは。
僕の周辺の、オタクたちに較べたら、まるでわかっていませんよ。
とりあえず、話をあわせるために、まあちょっとは興味もあって読んだりしているだけです。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-11-08 18:46:15
昨年観た「ブラインドネス」なんかもそうでしょうけど、昨今何故か終末思想的な作品が多いですね。
9・11、イラク戦争、サブプライム問題といった悲観的な要素が合わさって湧き上がったのでしょうかねえ。

>ジャクソン家族だけに焦点をあてて
純粋にサスペンスとして観た場合はこれが正論で、「ノウイング」みたいに途中で主人公が助からないと解ったらその後サスペンスなんかどこかへ吹っ飛んでしまう。
終末思想を楽しみたい人にはああいう絶望的な気分の作品の方が有難いのでしょうが、ミーハーの僕はとりあえずハラハラドキドキさせて貰えば良いので、映画としてはぐっと大味でも「2012」の方が“買い”です。前半だけですけど(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2010-11-09 01:14:08
こんにちは。
まあ、2時間ぐらいの中に、地球の滅亡物語を詰め込むと言うのは、無理な話ですけどね(笑)。
金かかるけど、テレビドラマ全32話というところまで、引っ張って欲しいですけどね。
初めまして (Hiro)
2010-11-21 23:20:41
TB有難うございました。
設定年を現実の数年先に設定している所が
これまでの塵芥のディザスター映画と違います。
世界規模でなくとも、当地では東海地震がやってこれば
M8規模の被害は予想されている訳で、
それが明日であっても可笑しくない...
Hiroさん (kimion20002000)
2010-11-22 03:22:33
こんにちは。
ノストラダムス予言のときは、ろくな映画が製作されませんでしたが、マヤ予告のほうは、それなりに見ごたえがありました。
すぐそこの未来ですものねぇ。

コメントを投稿

座布団シネマ:な行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

59 トラックバック

2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなのです...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~“2012年世界終末説”~を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリー...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡...
『2012』 災厄でも助かる条件 (映画のブログ)
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって...
「2012」 (或る日の出来事)
世界の建築物がぶっ壊れたり、さまざまな特撮映像が見もの。 ドラマは、ご都合主義。(都合のよすぎる展開。)
2012 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、...
2012 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
2012 エクストラ版 [DVD](2010/03/19)キウェテル・イジョフォージョン・キューザック商品詳細を見る ということで行ってまいりました「2012」でござ...
2012 (花ごよみ)
2012年に人類滅亡というマヤの予言。 監督は『インデペンデンス・デイ』の ローランド・エメリッヒ。 主人公はジョン・キューザック。 地球内部の温度が急上昇。 地殻破壊、地上では巨大地震、津波、地割れ、 チベットの高地まで津波が襲う。   サン・ピエトロ...
♯54 「2012」 (cocowacoco)
映画 「2012」 2012 (日本語吹替)を観ました       ローランド・エメリッヒ監督 2009年 アメリカ これから何が起きるのか! 久々にドキドキハラハラしました。 ちょっとイマイチなことも聞いていたので、期待しないで見たのがよかったのか コミカルでユー...
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
「2012」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった! いつもながら、期待してなかった(...
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
映画「2012」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 マヤの暦が2012/12/21で区切り(と終末)を迎えることから、 その時に世界の終わりが来るという説に乗っかったストーリー。 ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョホー、 ウッディ・ハレルソン。 ** オープニ...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
映画「2012」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が、自分達が座った席(スクリーンから3列目くらい)が気に入らないのか映画冒頭に大声...
「2012」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…...
2012 (Recommend Movies)
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起...
『2012』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『2012』 2009年(米)監督ローランド・エメリッヒ  最高のサスペンス・アトラクションである。本作は間違いなく今年一番のベストに入る作品であ...
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
2012 (シネマ日記)
こういう大作は苦手なもので、見に行くリストにはなかったのですが、前売券があたったので行ってまいりました。しっかし、ハリウッドは何回地球を滅亡の危機に陥れたら気が済むんですかねー。それでも、公開週末の全米の興行成績はNo.1取っちゃうんだからね。やっぱアメリ...
2012 (2010 映画観てきましたっ!)
休日に 会社近くの ディノスさんで ポイント ただ観してきましたっ!
『2012』 (めでぃあみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし...
2012 (映画!That' s Entertainment)
●「2012」 2009 アメリカ Columbia Pictuers.158min. 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリバー・プラット、ダニー・グローヴァーほか。 <感想> シネコンの一番大きなスクリーンで上...
2012 (Cinematic Kaz.Log)
=== 10億ユーロ稼がなくっちゃ!  『2012』 2009 === {{{: 【2012】 2012 アメリカ 2009 '''監督・脚本''' ローランド・エメリッヒ '''製作・脚本・音楽''' ハロルド・クローサー ...
『2012』 ('09初鑑賞171・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。
2012 (そーれりぽーと)
派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同じく人類の終末を描いた映画でムカつく内容だったけど、今回は...
2012 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
2012 (勝手に映画評)
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で2億2千5...
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
2 0 1 2 (★ Shaberiba )
ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力!
2012 (メルブロ)
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(...
2012 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
2012 スタンダード版 [DVD]破壊の限りをつくす大スペクタクル映像の連打に、唖然とさせられる。ディザスター・ムービーの第一人者であるローランド・エメリッヒ監督は、ついに地球をまるごとブッ壊してしまった。2012年に地球は滅亡するというマヤの予言が現実になったこ...
「2012」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「2012」USA/カナダ ジャクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。 科学者エイドリアンに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキウ...
『2012』 (Rabiovsky計画)
2012 - オフィシャルサイト 監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ 、ハラルド・クローサー 出演:ジョン・キューザック 、アマンダ・ピート 、タンディ・ニュートン    ダニー・グローヴァー 、ウディ・ハレルソン 2009年/ア...
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
2012(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ...
2012(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
2012 (2009) 158分 (極私的映画論+α)
 遅ればせながら観てきました(笑)
2012 (迷宮映画館)
映像を堪能しましょう。
『2012』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:2012監督:ローランド・エメリッヒ脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グロ...
2012 (Memoirs_of_dai)
良くも悪くもエメリッヒ 【Story】 リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は子どもたちとの旅行を楽しんでいた...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
2012 (5125年映画の旅)
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに始まっていた。一方、各国の政府は滅亡を回避するため、極...
『2012』 (kuemama's_webryblog)
【2012】 2009年/(ソニー・ピクチャーズ /158分 【オフィシャルサイト】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、アマンダ・ピート
09-350「2012」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
助け合うことを無くしたら、人間じゃなくなる  ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソンは、別れた妻ケイトのもとに暮らす子供たちと久々に再会し、イエローストーン公園までキャンプにやって来た。  彼はそこで怪しげな男チャーリーから奇妙な...
2012 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2009 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/アマンダ・ピート/タンディ・ニュートン/ダニー・グローヴァー/ウディ・ハレルソン ストーリー:2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に...
「2012」ローランド・エメリッヒ (Mani_Mani)
2012 2009アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー他 もち...
「2012」 (みんなシネマいいのに!)
 2012年、大津波や大噴火など、あらゆる天変地異が世界中で発生、次々と地球を呑
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は無く(強いて言えば郵便局に振り込みに行く用事があった...
映画評「2012」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ ネタバレあり
『2012』 (『映画な日々』 cinema-days)
2012 2012年12月21日、地殻変動により 世界が滅びる様を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:2012
2012 (mama)
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...