サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛と誠/早乙女愛(女優)/51歳

2010年07月27日 | 毎日がメメント・モリ

元女優の早乙女愛さん死去


7月26日16時26分配信 時事通信


 映画「愛と誠」(1974年)のヒロイン役で知られた元女優の早乙女愛(さおとめ・あい、本名瀬戸口さとみ=せとぐち・さとみ)さんが20日午前3時51分(現地時間)、多臓器不全のため米国シアトルで死去した。51歳だった。鹿児島県出身。葬儀は近親者で済ませた。
 人気劇画「愛と誠」の映画版のヒロインに一般公募で選ばれ、役名と同じ芸名でデビュー。テレビ、舞台でも活躍した。代表作に映画「北の蛍」「逃走地図」「女猫」、ドラマ「新ハングマン」などがある。
 関係者によると、出産を機に女優業を引退し、8年前からシアトルで暮らしていた。 

『愛と誠』が「少年マガジン」で連載が始まったのが、1974年。
あの梶原一騎の意表をついた純愛漫画である。作画は、ながやす巧。
さすがに僕も大学生であったので、主人公である太賀誠の恋のライバルで優等生の岩清水の「君のためなら死ねる」という名セリフも、恥ずかしくはなっていたが、毎号連載を読んでいた。
この作品の映画化で早乙女愛役でオーディションがかけられ、四万人の応募の中から選ばれたのが、瀬戸口さとみ、劇画のヒロインの名前を役者名とした。
映画は、よく覚えている。誠に西条秀樹、岩清水役は仲雅美。後の、続編と完結編では、誠役は変わったが、愛役はもちろん早乙女愛である。
テレビ版では、愛役を池上季美子が演じていた。
とにかく、早乙女愛のセーラー服姿は、多くの男の子たちにため息を付かせた。
その清純な役柄の早乙女愛が十年後、ヌード写真集を出し、日活ロマンポルノに出演し、唖然とさせた。
大学からの友人の演出家Tは、梶原一騎の17回忌の追悼公演で、「愛と誠」の公演を行った。
その頃の時代を共有した僕たちの中では、「愛と誠」はひとつの記号であった・・・合掌!
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« mini review 10473「シャー... | トップ | mini review 10474「SR サ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
清純な (みんみん)
2019-07-30 13:08:50
かたでしたね。ブームになりましたかね?スタイル抜群で巨乳でした?綺麗な芸名でした。好きな女優さんでした。今のサスペンスドラマにでてます。山城しんごさんの映画にセクシーになり出ててびっくり致しました

コメントを投稿

毎日がメメント・モリ」カテゴリの最新記事