けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザンムーに到着

2006-05-21 21:53:55 | チョモランマ06
飯田橋の留守番隊より発信しています。

日本時間20:40、けんけんより連絡が入りました。

先ほどザンムーまで到着したとのことです。
明日はカトマンズです。

今日は電源の確保ができず、けんけんからの
更新は明日になります。
明日までお待ち下さい~~!

PHOTO:ザンムーまでのスペクタクルロード!
    まるで、マンガに出てくる山道って感じでしょ?
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« TBCに到着! | トップ | そろそろカトマンズ? »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
首を長~く (イイオカ)
2006-05-21 22:11:02
ブログ更新、まってます。



ランナー様、何時もフォローをしていただきありがとうございます。
留守番隊 (まきまき)
2006-05-21 23:02:28
ほんまにお疲れさまです。ありがとうございます!!明日楽しみですね~!
お疲れ様 (t-runner)
2006-05-22 00:19:09
飯田橋留守番隊お疲れ様。

隊員の皆さんも一日車に揺られてしんどかったでしょう。

イイオカさま、どういたしまして。

明日の更新、楽しみですねぇ。って実際には明後日になっちゃうかな。カトマンズに着いたらまずお風呂だしその後は酒盛りだもんね。ケンケン、ブログアップは後回しでいいよ。
三浦雄一郎氏 (t-runner)
2006-05-22 07:09:19
3年前の本日5月22日は三浦雄一郎氏が70歳でサガルマータ(エベレストのネパール名)を登頂した日ですね。

彼は75歳で登頂するべく準備を進めているそうです。

両足義足でチョモランマ登頂。

全盲でチョモランマ登頂。

骨髄腫のため片足義足となりチャリティーを募りながらカナダ縦断。

地雷のため両太もも切断後、腕だけで北米大陸横断。

世の中、凄い人がたくさんいますね。

そういう人達の領域に一歩でも近づければ・・・。
あとはのんびりと・・・ (TED)
2006-05-22 13:08:59
登頂の感動に浸りながら、残りのトリップを楽しんでください。



t-runnerさん:

いや、すばらしい感動をプレゼントしてもらった

と勝手に思っちゃいますね。(笑)

19日は東北の自然に遊んでもらって、恵みのおすそ分けを頂いてきました。

別世界・・・ (K-Stone)
2006-05-22 22:23:00
世の中、想像を絶する人が存在するもんですね!



私など、別世界と思っちゃうんですけど、その方達の領域に近づきたいと思われるランナーさんも私にとっては別世界の人類ですねえ。



過酷な条件を強いられた人は何故あんなに強くなれるんでしょう? そこが凡人との違いなのでしょうか? 実行中はどんな事を考えているんでしょう? どんな想いで実行されているのか知りたいですね。

多くの人に希望を、夢を、と良く言われることですが、本当のご自身の気持ちはどうなんでしょう?違うとこにあるような気がします。

と思うのは私の偏見??
確かに、別世界・・ (t-runner)
2006-05-22 22:46:10
K-Stoneさんが仰るとおり、別世界ですね。

ちょうど、チョモランマの頂きが下界とは別世界のように。

その別世界の領域で実行されている方々の想い・気持ちは私には分かりませんが、「そういう人達の領域に一歩でも近づければ」少しはそういう人達が感じたものを自分も感じられるのでは、という好奇心はあります。

世界一高いところでは何が見えるのだろう・どんな風が吹いているのだろうとか、北米大陸を自分の体だけで横断したら何を感じ取れるのだろうとか興味湧いてきませんか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

チョモランマ06」カテゴリの最新記事