かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・綴っていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

過剰なサービス、過剰な痛み???

2017年01月31日 | 大分県
『勧められ 快感からの地獄落ち
        何がおきたかわからぬ痛さ』



昨日、気分もリフレッシュ、散髪に行きました。今は、いろんな有料サービスがあります。髪に栄養・・・髪や肌にコラーゲン、うん?髪にコラーゲン?それぞれがオプションです。

商魂すごい。

どうですか、と勧められる。しかし、こんな髪にそんなオプションは必要なしと思っていると、「これはどうですか。」とさらに畳みかけてきます。

「ノーズクリーンは、300円です。」
「ノーズクリーン」初めて聞く言葉。


「これをすると、一か月は、鼻毛が気になりません。数回すると、鼻毛も成長しにくくなります。」


今は、理容店も髪の毛だけでなく、鼻毛までしっかりとケアの時代か。

もちろん、今まででも散髪のついでに切ってくれていましたが、手入れまではとは。髪屋さんの神業です。
 
ちょっと面白そう。
 
オプションを並べられると、これならいいかというような気になります。
 

鼻の周りになんやかんや塗りながら、ステックを鼻の穴に突っ込みます。疲れたお鼻に気持ち良い。あたたかい。しばらく突っ込んだ状態です。
 

ほどよい気持ちよさです。が・・・なんやこりゃ。

「ではステックを抜きますよ。」
いたあ===。

女性の方が、両穴の2本の棒を一気に抜いたのです。
いってぇ==。

なにがおこったのか、わからないマジシャンンのような一瞬の出来事です。棒が抜かれました。


「ごめんなさいね。痛かったでしょう。わたしあんまり力がないから。」


今まで体内に大切に保存していた?お鼻のお花のような毛がいっぱいついた棒を見せてくれました。
 
おっ~~。
帰ってインターネットを見ると、

「鼻毛全摘を施術したのは良いもののホコリやらウィルスやらダイレクトに入ってきます。おかげで鼻と喉の風邪をひきましたよ。鼻毛は伸びた時に切る。」
なんと。なるほど。

髪の毛には髪の毛の意味がある。鼻毛にも鼻毛の意味があるのか。


まあ貴重な初体験をさせてもらいました