かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・綴っていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

修学旅行1日目〜くつろぐ車中〜

2018年10月23日 | 大分県


新幹線の中、くつろいでいますね。
トランプ、会話〜楽しんでいます。


コーヒーでも飲みたいところですが、生徒の
お菓子も禁止なので、我慢します。

徳山をこえ、広島が近くなっています。

修学旅行1日目〜まもなく新幹線〜

2018年10月23日 | 大分県


新幹線を待っています。
早く来ないかなあ。
さくらに乗ります。

修学旅行1日目〜小倉駅に〜

2018年10月23日 | 大分県


小倉駅に着きましたよ。
荷物をもつて、構内に入りました。

他の修学旅行団体もいてにぎやかな構内となっています☆


修学旅行1日目〜今川パーキングで休憩〜

2018年10月23日 | 大分県


今川パーキングで、トイレ休憩でした。
みんな、元気、元気☆☆

会話が弾みます。雨も止みました。

修学旅行1日目〜バスの中〜

2018年10月23日 | 大分県


にぎやかです。
上毛から高速。今川パーキングでトイレ休憩です。

修学旅行1日目〜学校出発〜

2018年10月23日 | 大分県


たくさんのお家の方の見送りを受けて、さあ、出発です。
生徒たちも輝いています。

これからの旅行が楽しみです。

修学旅行1日目〜朝の学校〜

2018年10月22日 | 大分県


朝の学校です。まだ暗いです。夜明け間もなく、修学旅行に出発します。
体育館の電気をつけて、生徒たちがやって来るのを待っています。

先生たちの集合は6時です。
無事で楽しい旅行をしてきます。

たくさんの思い出ができることを期待しています。
6時20分、生徒集合。6時半から出発式です。


これから時々生徒たちの様子を流しますね。

「明日から修学旅行」

2018年10月22日 | 大分県
明日から修学旅行です。

2年生にとっては、中学校生活で大切な思い出ができる大きな行事です。
今日は2時間とって、最後のオリエンテーションをしていました。
 


生徒たちが中心となって、企画をしています。見学地の確認もしていました。
歴史的な建物の由来などももう一度確認です。


準備万端となっています。


仲間の絆を深めながら、最高の思い出をつくってきて欲しいと願っています。
 


生徒たちと修学旅行の話をすると、にっこりします。
待ち待った旅行といったところでしょうか。
 


明日の集合時間も早いです。


そして、明日は、北九州から新幹線で大阪。バスで、奈良の法隆寺、東大寺などを見学して京都の宿に入ります。

ちょっと強行軍です。でも楽しいからいいか。
 


話は変わりますが、ふみとし・かずあきチームの試合結果が今日の合同新聞の朝刊に出ていました。

いのうえこういち先生の奥様から
「主人も喜んでいると思います。」
と連絡がありました。


こういち先生の遺志を継いでいるから、まとまりもあります。

「リーダーをはじめお世話をしている方々が先生の思いを継いでくれています。」

と伝えました。


先生からハアハア言いながら、外野を走らされるノックを受けていた頃が懐かしく感じます。
無茶苦茶ボールが遠くまで飛んでくるのを取りに行っていました。



そんな歴史の中で、この年になって、敢闘賞が獲れたことが嬉しく思います。
先生に感謝です。


今年は優勝できませんでしたが、来年はふみとし監督を胴上げできたらと思います。


そのためにもみんなが健康でいなくっちゃ。

中津市OB野球大会準優勝&アンファンマルシェ

2018年10月21日 | 大分県
今日は、「大分県OB野球大会中津市予選決勝戦」が大貞の野球場で行われました。

所属する「山陽クラブチーム」が決勝戦に進出しました。

「山陽クラブチーム」は、井上紘一先生の遺志をついで、歴史を重ねてきているチームです。
ユニフォームができた日が、井上先生の葬儀の日で棺にユニフォームが載せられました。


月日が経ち、今は田上監督、中野主将、藤原さんでチームを牽引してくれています。
まとまりのあるチームです。
 


今日は、決勝戦。相手は常勝軍団の中津工業高校OBとの戦いです。

「山陽クラブチーム」も本年度は、若手も入り、力をつけてきています。
守りも固くなってきています。

どこも守備も完璧に近いです。
 


準決勝は先発で完投しました。肩や足の筋肉が張っているので、ここまで走ったり歩いたりはしていていましたが、ノースローで今日を迎えました。


今日も先発をさせてもらいました。バックには、かつての教えた生徒の健太郎やひでちゃんがいます。写真の通りの3人の笑顔です。
守備範囲も広いです。


教えた生徒と同じ野球チームで、まだプレイができるのは、本当に幸せです。

同級生のこうちゃんもいます。
 


「先生が投げよるき、取らんと悪いと思ったよ。」
といつもは、こちらが、けなされることが多いセンターの健太郎のぐっとくるコメントです。


外野フライが上がったら、すごいプレイを連発していきました。


レフトのひでちゃんのところまで、行くくらいの守備範囲です。

「おいおい、ひでちゃんのボールやろ。」
ひでちゃんもけんたろうも長打を放ち、得点をしました。

中野主将もヒットを打ち、盛り上がりました。



 
こちらも今年に入ってから、なぜが、10数年前に戻ったように、ボールに球威が出てきました。


キャッチャーも高校野球で活躍をした北殿捕手です。
投げながら勉強になりました。

いい音を出してくれるし、大きく構えてくれるので、投げやすく感じました。


三振もとることができました。



全員野球でチームワークで戦っていきました。惜しくも1対3で敗れました。


それでも準優勝です。上の写真は、田上監督が準優勝の盾を持っています☆
来年こそは・・・です。




準決勝と決勝で完投したこともあって、「敢闘賞」のトロフィーをもらうことできました。



OB戦に出場し始めてから初めての賞です。
大切にします。


藤原さんが出場できなかったことは、寂しく感じましたが、これもまた来年です。



試合が終わってから、耶馬溪の「アンファンマルシェ」に行きました。

疲れた体に、エネルギーをもらいました。
「アンファンマルシェ」の様子は写真で見て下さいね。



スポーツの秋に、文化の秋でした。



















「夢を追う君へ」~期待~

2018年10月20日 | 大分県
昨日、第96回の「台覧相撲大会」が行われました。
ちょっと冷たい雨や風が吹く中でしたが、生徒たちの熱い戦いを見ることができました。
 

台覧相撲が終わって、車で学校に戻ると、校長室にKくんが遊びに来てくれていました。そして、Kい先生たちと話をしていました。


なんで、ここにいるんだ・・・。今からKくんたちの大会なのにと思いながら話をしました。


「昨日はありがとうございました。」
ということから話をしました。

昨日、Kくんの高校の入学説明会に行きました。

そのお礼。
すごく礼儀が正しいです。


体調を壊して、寮から一時帰宅をしたそうです。
おばあちゃんの車に乗って、ちょっと自宅を出て、学校に来てくれました。
ちょっぴり心配で、ちょっぴり嬉しく感じました。
 



大会前に帰宅という悔しい気持ちもいっぱいあったでしょう。
そんな話も聴きながら、
「早く体調を戻してね。」
と言いながら、期待を込めて見送りました。職員室にいる先生方にもあいさつをして帰りました。
 


ちょっとしてから、Kくんが再び戻ってきました。
「先生。よかったら、Tシャツを着て下さい。」
袋に入ったTシャツをもらいました。
 

Kくんが帰った後、Tシャツを見ました。
ちょっと着こなしたTシャツですが、きちんと洗濯をしていて、柔軟剤の香りもします。

Kくんの苦しい練習の中でも努力している汗や夢や思いが詰まっていることを感じ、かわいらしくとても嬉しく思いました。
 



みんなと帯同できない悔しさなどがあると思いますが、今はぐっとこらえて、そこで根をはって、大きく成長して欲しいと思います。





今、校内音楽会に向けて、夜、週に2回PTA合唱の練習をしています。

音楽会の中で、生徒が歌った後に3曲PTAの歌を披露します。

その1曲に上のSEKAI NO OWARIの「サザンカ」という歌があります。
メッセージ性があります。
「誰よりもころんで だれよりも泣いて 誰より君は 立ち上がってきた」
「夢を追う君へ 思い出して くじけそうなら
いつだって物語の主人公が立ち上がる限り 物語は続くんだ。」




という歌詞があります。
思いが力に変わります。それを君に伝えます。

台覧相撲大会2018

2018年10月19日 | 大分県
今日は、台覧相撲大会が行われました。
歴史のある大会で本年度で96年目を迎えます。

詳細はまた後日。

冷たい雨が降る時間もありましたが、中学生・高校生の熱い戦いが繰り広げられました。

「耶馬のファースト秋の風景」

2018年10月18日 | 大分県
今日は、会議会議のオンパレードでした。

そして、お客さんが来るそして来るの連続で、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。
まず、午前中は、別府市の私立高校の入試説明会に出席をしました。私立高校はこれで最後です。


学校に戻ると、いつもの人が、
「どうせ、出張帰りに何かおいしいものでも食べたんでしょう☆いいですよねえ☆」
と言っていましたが、
「それは、昼ご飯くらい食べるでしょう~~~」
相手からの攻撃&口撃?が来る前に急いで反撃しておかなければ・・・☆
 



深耶馬渓経由で学校から学校まで、70分くらいで着きます。

「ハウス to ハウスで・・・」と言っていたら、それは、「ドア to ドアちいうんやろ。」
確かに。


某谷せんせいから、新しい道を教えてもらいました。結構入り込んでいますが、時間的に短縮できます。



美しい秋の景色が車窓を流れていきます。
 


今日の高校もとてもきれいな環境の学校です。
野球の名門校で春の選抜野球の選考基準に乗せるために、九州大会でベスト4をめざしています。


いよいよ九州大会が始まります。
是非とも、県勢の甲子園での活躍を期待しているところです。
 

校長先生や関係の方々の丁寧で詳しい説明がありました。進学実績・スポーツ実績もあります。
しかし、その実績の裏に「人間力の向上」というところに経営の中で力を入れていることを野球部の話の中で感じました。


ちょっと帰り道、昼食をとって、学校に戻りました。
「わかりました?某先生!!こういう状況だったんですよ~~。」
 



学校に戻ってから、県立高校の募集のための高校の先生方がやってきての「親子高校説明会」、「国民文化祭」についての話し合い、来客の対応などが続きました。


これでほぼ一日が終わりました。
入試の向けての話し合いも佳境を迎えています。
 


あとは、生徒の追い込みに頑張ってもらいましょう。受験勉強も終盤を迎えます。


高校入試であれば、追い込みもそれなりにききます。
シンプルに言えば、「わかった量を増やせばいい」のです。


今までできなかったところ、家庭学習でわからなかったところが「わかった!!」という量を増やすのです。


そのためには、
「職員室の先生たちを活用して下さい。」
とも高校説明会の冒頭で生徒たちやお家の方々に伝えました。
 



折戸・院内・安心院の風光明媚な道路を通って、別府に行きました。
今日の風景を見ながら、よかったらブログを読んで下さいね。

「いざ、「魔界転生」へ」

2018年10月17日 | 大分県
文化の秋となっています。
いろんなところで文化のイベントが盛りだくさんです。
 


先日、博多座にK村さんのお世話で、「魔界転生」を観劇に行きました。
感謝・観劇いや感激です。


舞台の劇を見るのは、また迫力があります。
ストーリーの「喜怒哀楽」を間近で感じることができます。異次元の世界です。
 


「魔界転生」は、島原の乱の時代の話です。
原城で討ち死にをした天草四郎時貞たちを次々と、全く違う人格の人として蘇り、江戸幕府はもとより、天下の転覆をしていこうとします。
柳生十兵衛たちがこの「魔界衆」たちと戦います。


3時間の劇です。

目の前で、舞台の人たちの息づかいまで聞こえる迫力。
キャストも、上川隆也、溝端淳平、高岡早紀、松平健、浅野ゆう子など豪華でした。
いい席でいい劇を堪能することができました。
 



最後は、「魔界衆」たちを打ち破り、天下を平定するのですが、舞台いっぱいに繰り広げられるスペクタクルな展開。
白熱したシーンや心を揺さぶられるシーンなどスケールの大きい構成の中で、「魔界転生」を満喫しました。
 


ちょっと、「現実逃避」をして、劇を見るのも「爽快転生」?となります。
 


しかし、時折、おせっかいな某尾先生?より、
「何しているんですか。」
とメールが来るのは、主役の上川隆也?が「魔界転生」した悪役から、太刀で切られているような思い?でした、でしたよ~。

 
秋も楽しみましょう。
素敵な時間で「観劇」の文化を存分に楽しみました。


激走・熱走・・・疾風の如く~市駅伝大会~

2018年10月16日 | 大分県
天気も良し。生徒たちが早朝から学校に登校してきました。

昨日の練習のあと、
「明日、起きれるかなあ。」
「明日、遅れてきそう。」
と言っていましたが、集合時間の7時30分。生徒たちはきっちりと集まってきました。
 


今日は、「中津市駅伝競技大会」が行われます。

この日に向けて、N尾体育主任の先生、Yに先生、E渕コーチなどの指導のもとで、2学期になってからトレーニングを行ってきました。

わずかな期間でしたが、暑い日もありました。またきつい走り込みもしてきました。指導する方々と生徒が一体となって練習を積み重ねました。
男女ともにABの2チームが走ります。
 


いざ、バスで大会会場の三光中学校周辺コースへ。
三光中学校のグランドは、出場するチームの選手たちがゆっくり走りながらウォーミングアップをしています。


勝負に挑む他校の生徒たちの真剣な姿を見ることも刺激になります。
 


まずは、開会式。全選手が集まりました。緊張感が溢れています。
そして、いよいよ競技の開始です。女子・男子の順で競技が行われます。
 


勤務校の生徒たちも指導する方のアドバイスを受けて、ウォーミングアップをしています。
やる気を感じます。
 


女子のスタートが近くなってきました。
Yに先生曰く
「たくさんのお家の方が見えてくれていたので、びっくりしました。みんなでバスで来たのかと思いました。」
そんなはずないやろ。
 


声援で背中を押されながら、三光路を駆け抜けます。
 


女子のスタートです。例年になく男女とも参加チームが多いです。
スタートラインについた横一線の選手たちに大きな声援が飛び交います。


ピストルが鳴ると、1区の一団は、応援団の前を通過していきます。
周回コースです。


「たすきを渡す」

という責任を感じながら、走ります。


上位には入りませんでしたが、たすきをきっちりと渡し、それぞれが、自己タイムを更新していきました。
 


次に男子のスタート。開会式、女子の競技と長い時間待ちました。この待ち方も大切です。ウォーミングアップで体を温めてのスタートです。

1区のエース区間も好走しました。男子も多くの生徒が自己新記録です。
大舞台で、頑張りぬきます。
 


駅伝は、「走り込む」というきつい部分が多い競技です。


しかし、出場しようとする生徒たちの意欲は素晴らしいです。エネルギーがなければ、練習で走り込むこともないであろうし、まず、駅伝大会には出ません。

「挑んでいこう」
とする生徒たちの姿がうれしく感じました。


男子も上位には食い込むことはできませんでしたが、素晴らしい走りを見せました。応援団から大きな拍手がおこりました。



中学校時代の財産であるし、最高の思い出になって、成長してから、語り継ぐことがあるでしょう。
「挑んだからこそ」
の語りができるのです。


閉会式後は、N尾先生のお世話で昼食のカレーを食べたそうです。午後から出張で食べることができませんでした。
「食べたかったあ。」
またN尾先生お願いします☆

「小学校の授業参観」

2018年10月15日 | 大分県
今日は、全校集会が終わってから、山国町で行われた研修会に出席しました。
いざ、山国町へ。
 

教育全体に関わることなどを議題に小中学校合同の話し合いなどが行われました。
週明けですが、議題の内容に、週末で眠っていた体も目が覚めました。
 


続いて、小学校の授業を参観する時間がありました。
タブレットをはじめとして、ICT機器が利活用されています。子どもたちも存分に授業の中で使っています。

時代の進化を感じさせられました。グループの話し合いの結果は、タブレットを使って説明をしています。

この日に合わせてという使い方ではなく、日常的に使っているということを感じることができました。


先生もタブレットを教科書のように持ちながら、画面をスライドさせての授業を展開しているクラスもありました。
 


これからこのような授業は、流行ではなく、不易なものとなっていきます。
 


すべての授業をICT機器の利活用というまでにはいかないでしょうが、工夫、創造すれば、エンドレス的な子どもたちが意欲的に臨める授業を創ることができます。
 


子どもたち自身で、先生の誕生日にみんなで制作した動画をプレゼントしたそうです。
触った数だけ、使い方も広がっていきます。深化をすることができます。
 


職員室の中も、仕事効率をよくするためのパソコンなどの活用をしています。

2台のパソコンを同時に使えるようにしたり、作業をしている画面を先生方に見えるようなディスプレイに変えていたりと、機器のフル活用です。



作業の効率化を図る中で、ゆとりの時間が持てたり、違う作業をする時間に変換することができます。
 


ただ、子どもたちや先生が、常に人の顔を見らずに、いつも画面とにらめっこというような姿は避けていきたいものです。

「人の心を知る」
「人の表情や気持ちを感じる」
「人と関わる」

などの人として生きるための心は大切にしたいですね。
 

進化していく
「ICT機器の利活用&柔軟な心の充満」
を兼ね合わせながら、これからの時代を過ごしていきたいものです。


たくさんの学びを感じながら、昼ごはんの道の駅に行きました。
 

そして、人生の偉大なる先輩☆~である大御所のH原さんに偶然にもお会いしました。熱風を感じました。