かっぱらぱ編集室 つれづれ

かっぱら編集長がつづる日常のあれこれ。

夏休みは子どもたちをいっぱい遊ばせてあげよう(居場所と遊びの必要性について)

2021-07-23 09:46:30 | 子どもの居場所の作り方

中学校でスクールカウンセラーとして働いていて、

近年、不安を抱える子どもたちが多くなっているのを感じます。

 

それはどうしてか? と考えると、

小学生までの子どもたちの周りから、

身体を使って遊ぶ時間や遊べる場所が減ったせいではないかと思います。

 

新型コロナの影響で人と関わることを制限され、

ネットの中で過ごすことが増えた子どもたちは、

実際の生活の中でどのように人と接したらいいか分からなくなっています。

 

子どもの心が健康に育つためには、

安心できる居場所(家庭、学校、地域等)が必要ですし、

自由な発想を広げられる遊びが不可欠です。

 

勉強も大切ですが、

夏休み、いっぱい遊ぶ体験をさせてあげてくださいね。(^^)

 

チームカウンセラー養成講座(10月開講)→詳細はこちらから

コメント

2021年6月の一日児童館「かっぱら広場」企画:スライムづくり

2021-07-19 16:17:03 | かっぱら広場

6月のかっぱら広場は、本当は「水風船爆弾合戦」だったのですが、

雨と寒さで、急遽「スライムづくり」に変更しました。

 

去年も使っていた作り方が書いた紙を見ながら作り始めたのですが、

ど~もうまく作れない。

すると、子どもたちが口々に「分からないならYouTubeを見ればいい」と言い始めました。

 

しかし、そんな子どもたちに「何を言う。実際に考えて作らなきゃ意味がないんだよ!」とカツを入れて(笑)、

さらにスライムづくりは続きます。

やけに固いな~。

う~ん、う~ん。

きれいなブルー

 

本来なら、透明なプラスチックカップを使うと分量が分かりやすいのですが、

突然企画を変更したので、紙コップしかありません。

分量は目分量で測るのですが、

この「目分量」というのが、子どもたちには難しい。

それでも試行錯誤しながら、何回も何時間も作り続けます。

作っては少し遊びに行き、また戻ってきて作るということが繰り返されるので、

紙コップの消費がバカにならない(1回作るのに3個必要です)。

でも、納得がいくまで作れると言うのは、子どもたちにとっては大切な経験です。

水とPVAの液を同量入れたものに、ホウ砂の飽和水溶液を加えていく。

この3つの配合により、いろいろな固さのものが出来上がります。

 

途中、お昼(ワカメご飯と豚汁)をはさんで、

朝の10:30~15:00まで、延々と科学実験は続きました。

 

そして、続々と完成品が出来上がっていきました。

これなんて、プロ級の出来栄えです。

びょい~ん(^^)

とろーり…

 

雨の中、遊びに行きたがる子どもたち。

濡れて帰ってくる頭を、スタッフのOさんが拭いてあげています。

ザリガニ自慢。

「ぼく、ザリガニ持てるよ」と見せてくれました。

他の子は、おっかなびっくり。

すごいな~という目で見ています。

小学校の近くで、アメリカザリガニが捕れるようです。

 

前回、かっぱら広場で虫取りをやりましたが、

虫取りが好きな子は、ザリガニ取りも上手ですね。

私たちが、「ほ~」っと驚くのを見て、さらに喜んでいました。

 

採るのも楽しいけど、それを見せ合える相手がいることは、

もっと楽しいですよね。

その他にも、卓球をやったり、

ツイスターをやったり、

みんな各々に楽しく過ごしていました。

 

次回は、7月24日(土)です。

今度こそ、水風船爆弾合戦をやるぞ~!

コメント

2021年5月の一日児童館「かっぱら広場」昆虫図鑑をつくってみよう!

2021-06-01 21:22:28 | かっぱら広場

5月29日(土)に、一日児童館「かっぱら広場」を行いました。

企画は、「昆虫図鑑をつくってみよう!」

最近は、虫に接する機会がないため、虫嫌いな子どもたちが多くなっています。

そんな子どもたちが、今回の虫取りを通して、

少しでも虫を身近に感じてもらえたらいいなと思い企画しました。

 

虫取りアミ10本と虫かご9個購入

虫に刺されないように、サラテクトも用意

いざ!

外遊びが好きな子は、早々虫網を持って出陣!

 

団地の真ん中には大きな草むらがあります。

虫が出てくるにはまだ少し早いけど、蚊もいないので良い季節です。

 

虫が苦手な子どもたちも、ぶつぶつ言いながら網を持ってやってきました。(笑)

 

しばらくして、

モンキチョウをゲット!

バッタもいました。

虫取りに興味がある子どもたちは、水を得た魚のように楽しんでいます。

ベニシジミもいました。

虫を見つけられない子どもたちは、ブランコで遊び始めました。

それも良しです。(^^)

昆虫館が出来上がりました。

カタツムリ。飼育箱のレイアウトは子どもがしました。

センスいい!

 

集会場の中でも、子どもたちが遊んでいます。

今日のお昼はうどんです。なんと20玉!

今日は暑いので、具だくさんのつけ麺にしました。

食べる時はマスクを外すので、できるだけ話をしないように気をつけます。

 

食べた後、また子どもたちは遊びの続きを始めます。

外でもたくさん遊んでいます。

 

1時からは、5月生まれの子どもの誕生日会です。

みんなでっかいショートケーキに目を白黒させています。

ケーキは、今年も

NPO法人オールしずおかベストコミュニティ

赤い羽根共同募金助成事業から寄付していただきました。

 

ケーキにろうそくを立てて火をつけます。

子どもはジューズとケーキ、大人はコーヒーとケーキでいただきます。

みんなで切り分けて、あっという間になくなりました~。

 

お誕生日会が終わった後も、遊びは続きます。

みんな遊ぶオモチャを変え、相手を変えながら楽しそうに遊んでいます。

午前中に取った虫も、午後になって子どもたちが逃がしに行ってあげました。

いつも人気のプラスチックカップ。

まるでピザの斜塔みたいですね。

小4の男の子たちが、シルバニアファミリーで熱心に遊んでいました。

ちょっとしたジオラマ。

男の子が遊んだって、楽しいと思います。

場所を変えて、ピザの斜塔を建設中

プラレールも大人気!

看板がついています。かわいいな~

中々の作品です。

さすが小学生の作品は、クオリティーが高い。

 

この日は、朝10時から広場がおわる4時まで、子どもたちがめいっぱい遊んで行きました。

でも、次の日には、外で遊んでいる子どもはほとんどいませんでした。

 

昔は、外で遊んでいる子どもたちがたくさんいましたが、

今は、子どもが遊んでいると「うるさい」と言う大人も多く、

子どもだけで外で遊ぶことができなくなっているのかもしれません。

 

月に1回ですが、子どもたちが大声を出して思いっきり遊んでいることを容認してくれる

団地の皆さんに感謝かんしゃです。

 

さて、次回の広場は何をやろうかな~。(^^)

コメント

2021年4月の「かっぱら広場」タケノコをゆでて食べるぞ~!

2021-05-19 13:22:15 | かっぱら広場

4月のかっぱら広場は、企画「タケノコをゆでて食べるぞ~」を行ないました。

朝10時。

始ると同時に、子どもたちが集まります。

写真は、集会場の中から写したものです。

コマ回しが上手な小4の男の子がいて、

珍しくみんながコマに挑戦しています。

集会場の中にも、子どもたちがやってきました。

早々にミニ卓球台を出して遊んでいます。

オモチャを物色。

最近は、遊びに来る子どもたちが増えています。

コロナの影響もあって、

遊ぶところが少なくなっているのかな~と心配です。

今日はタケノコの日。

昨年12月にサツマイモを持ってやってきてくれた奥寺さんが、

今回は、朝一番に山で掘ってきたタケノコを持ってきてくれました。

まずは、みんなで皮むきです。

 

遊びに来ている子どもたちみんなに

「一緒にタケノコの皮を剥こうよ」と声をかけるのですが、

参加者は少数。

年々、こういった活動に参加する子どもたちが減っています。

やれば楽しいし経験になるのにな~と思うのですが、

やり方を教わったり、時間を拘束されるのがいやなのかな~。

 

まぁ、かっぱら広場では、やりたい人がやるのが原則なので、

子どもたちに無理強いはしません。

 

ゆでる準備が整いました。

 

男の子が、日のくべ方を教わっています。

 

最近の子どもたちは、火や煙が風下に流れることを知りません。

大切な実体験が不足しているな~と感じます。

こういうことに興味を持ってくれる子が1人でもいるとホッとしますね。

ゆであがってきました。

ゆであがったタケノコを切ってくれています。

今回のお昼は、

わかめおにぎり、豚汁、茹でタケノコです。

味噌をかけて、う~おいしそう(^^)

いっぱい作った豚汁も、あっという間になくなっていきます。

みんな外で、おのおの好きな友だちと好きなところで食べます。

 

1時からは、恒例のお誕生日会です。

今月はケーキが来ない月なので、お菓子で祝います。

 

午後は、まったり。

粘土で色を混ぜています。

今までは闇雲に混ぜていましたが、

作りたい色を考えて混ぜているようです。成長(^^)

プラスチックカップは、今日も大人気。

 

4時になり、みんなが帰った後はスタッフで片づけをします。

何もなくなってきれいになった集会場。

次回のかっぱら広場は、5月29日(土)でーす。(^^)

コメント

「興津宗像神社太鼓保存会」から『 太鼓 MUNAKATA 』へ

2021-04-11 18:53:40 | つれづれ

(お祭りの時に立てられる幟)

地元の保存太鼓の「宗像神社太鼓保存会」に20年以上も携わってきています。

細々ではありますが、昭和の緩さと温かさに包まれた人間関係があり、

習いに来ている子どもたちも、忙しさから解放され、のんびりと練習する日々です。

 

 

(出番を待つ太鼓)

そんな中で、ここ数年、めっきり参加する子どもや大人が減ってきていて、

今年度、習いに来る子どもたちはほんの数人になってしまいました。

 

 

(子どもたちの練習風景)

子どもの数自体が減っていることもありますが、

こりゃ~このままで行ったら、存続できなくなるな~と危機感は募るものの、

さて、どうしたもんやら…。

 

そこで、イメージを一新することに。

 

新しいロゴマークを作ってみました。

「興津宗像神社太鼓保存会」と呼ぶと昭和っぽいけど、

『太鼓 MUNAKATA』と呼ぶと少し今っぽく聞こえてきませんか?

 

和太鼓を叩いていると、その音や響きが心に染みてきて、

ストレスがスーッとなくなっていくのが分かります。

 

「しがらみが嫌」と、人と関わることを嫌う人が増えていますが、

それだと、年を取るごとに寂しい人生になっていってしまうのではないかと思います。

 

夏には『輪くぐりさん』と言って、

小さなお祭りがあります。

 

午前中の神事の時に、子どもたちが奉納太鼓を演奏します。

夜になると、たくさんの人が出てにぎわいます。

屋台も出て、にぎやかにぎやか。

 

年に1回行われる「ドリプラザキッズ」では、

清水じゅうの太鼓衆が集まって、それぞれの団体の子どもたちの演奏を披露します。

「清水みなと祭り」では、踊りの輪の真ん中で

3時間もの長丁場、音楽に合わせて太鼓を打ち続けます。

 

清水の太鼓衆が集まって、合同の演奏会も開かれます。

 

お正月にはすす払いをして、

新年に備えます。

 

神社の祭事と太鼓のイベントが

私の日々の生活に色を添えてくれています。

 

近くの方は、一度見学に来ませんか?

興味のある方は、

『太鼓 MUNAKATA』のホームページからお申込みください。

ホームページは→https://peraichi.com/landing_pages/view/6b8ky

コメント

不登校のきみへ⑰新年度の挑戦!学校の中に味方を作ろう。

2021-04-10 13:37:21 | 不登校のきみへ

4月、新しい年度が始まったね。

キミはどんなスタートをきったかな。

 

①学校に行きたいと思ったけど、身体が動かなかった。

②学校へ行こうと思って制服まで来たけど、行けなかった。

③学校へ行ったけど、玄関でどうしたら良いか分からず困ってしまった。
 何とか教室まで行ったけど、誰とも話ができなかった。
 すごく疲れてしまった。
 もう行けないかもしれない。

④友だちが誘いに来てくれて、一緒に学校に行った。
 分からないこともたくさんあったけど、友だちといることで何とかなった。
 でも、すごく疲れた。
 これから続けて登校できるか不安。

⑤学校に行ったら、先生が声をかけてくれた。
 他の子に見られて恥ずかしかった。

などなど、いろいろなケースがあると思う。

学校へ行けても行けなくても、この時期、学校へ行けないでいた子どもたちにとっては
とてもつらい時期でもあるよね。


行けば行ったで分からないことばかりで疲れるし、
行けなければ行けないで、自分を責めてしまうこともあるかもしれない。

学校へ行けないことは、決して悪いことでもないし、弱いことでもないよ。

今までがんばって、がんばって…、疲れてしまった結果なんだから。

自分を責めてはいけないよ。

 

もし、学校へ行きたいと思っているなら、学校の中に味方を作ろう。
そのためには、自分の今の気持ちを伝えることが大切だよ。

今の気持ちが分からなかったら、まずはじっくり考えてみよう。

キミは、なぜ学校に行きたいと思うのか?

・進学したい

・友だちが欲しい

・みんなが学校に行っているから

・親を困らせたくないから

・勉強したい

・部活を頑張りたい

・人と会いたい(話がしたい) などなど

 

学校へ行きたい気持ちを伝える時には、

どのような方法で登校したいのか、今の気持ちを具体的に伝えることが大切だよ。

たとえば、

「学校へ行きたい。でもクラスへ行くのは怖い」

「相談室(学習室、適応教室)で過ごしたい」

「午前中だけ行って、午後には帰りたい」

その逆で「午後から登校したい」

「まずは週2日登校してみたい」

「保健室で過ごしたい」

親にでも、先生でも、一番話しやすそうな人に話すといいよ。

キミの周りには、キミの気持ちを理解してくれて、動いてくれる大人がきっといるよ。

 

そして、

「スクールカウンセラーに会って話をしてみたい」と言って

学校にいるスクールカウンセラーに会ってみよう。

 

会ってみて、キミにとってこの人ならと思えたら、

一緒に伴走してもらおう。

 

キミにとって、良いスタートになることを祈っているね。(^^)

 

SNSでの相談機関のアドレスを載せておくね。
こころのほっとチャット~SNS相談~
https://www.npo-tms.or.jp/service/sns.html

コメント

2021年3月の一日児童館「かっぱら広場」おにぎり大作戦!

2021-04-10 10:27:37 | かっぱら広場

もう4月も10日も過ぎてしまっていますが、

3月27日(土)に行われた一日児童館「かっぱら広場」の報告をします。

 

例年、3月は年度末ということもあり、3月上旬に「広場」を行ってきましたが、

今年は3月最終週に「広場」を行いました。

 

理由は、

昨年3月に新型コロナにより突然の休校。

それからの長い自宅待機生活など、

子どもたちは不安の中で生活してきました。

 

1年経ってあの時のことを思い出す子どもたちもいるでしょう。

 

また、まだ新型コロナの影響は続いており、

不安な気持ちで生活している子どもたちも少なくないのではないかと思います。

 

そこで、春休みに入って友だちと会う機会が減る中、

みんなに会える機会が持てるようにと、

3月27日に設定することにしました。

 

3月27日のかっぱら広場の企画は、「おにぎり大作戦!」でした。

岐阜で子どもの農業体験や居場所づくりを行っている「希望の村」から

ピカピカの新米を寄付していただいたので、

それを使って、みんなで「おにぎりづくり」をすることにしました。(^^)

 

そうは言ってもこのコロナ下です。

慎重に慎重を期して準備をしました。

 

今まで、おにぎりづくりは素手でやってきましたが、

今回はそれぞれが自分の分を「ラップ」を使ってつくるようにしました。

海苔も一人1パックです。

素手で作るよりやりやすいのか、みんな上手です。(^^)

握っちゃったりもしています。(笑)

今回もお米15合炊きましたが、みんなペロリです。

ワカメおにぎりが大人気!

おにぎりだけだと喉に詰まってしまうので、

豚肉、エノキ、白菜入りのお澄ましも作りました。

右と左で具の量が違う~。

けど、小さいことは気にしないのです。(^^)

 

引き続き、1時から3月生まれの人のお誕生日会をしました。

 

前回から、ケーキにろうそくを立てることにしました。

なんかそれだけで、みんなワクワクです。(^^)

上手に立ててくれて、ステキに出来上がりました。

 

でも、この後、火を付けてみたらろうそく同士が近すぎて、

「あぶないあぶない」と大騒ぎになりました。

これもまた、楽しい経験です。(^^)

 

午後はのんびりまったりです。

ツイスターで遊んだり、

お花を摘んできたり。

ブランコでみんなで遊んでいます。

 

これで、今年度の「かっぱら広場」はおしまいです。

新型コロナで大変なスタートになりましたが、

NHKの取材を受けたり、それを見ていたたくさんの方から寄付をいただいたりと

落ち込んでみたり、励まされてみたりと

今までにない奇想天外な1年でした。

 

4月からも変わらず淡々と続けていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。(^^)

コメント

2021年2月の一日児童館「かっぱら広場」みんなでドッヂボールで遊んじゃおう! 

2021-03-04 21:27:50 | 実践心理学講座

2月27日(土)は、一日児童館「かっぱら広場」を行いました。

今回の企画は、「みんなでドッヂボールで遊んじゃおう!」です。

新型コロナウイルスを心配して、今回も外遊び中心です。

 

朝から、たくさんの子どもたちが集まってきました。

外でみんなでドッヂボールを行った後は、みんなそれぞれ好きに過ごします。

この日は風が強かったので、窓を開けて室内も開放しました。

6年生たちが、広場に来てみんなでゲームを楽しんでいます。

 

お昼は、フードバンクから寄付していただいたカレーライスです。

おいしそうに出来上がりました。

テーブル中央のケーキは、

NPO法人オールしずおかベストコミュニティから寄付していただいた

お誕生日のケーキです。

食事の後に、みんなで2月のお誕生日会を行います。

6年生は少し離れたところに陣取って、食事をしています。

年頃ですね~(^^)。

 

凝った料理よりもカレーやうどんなど、シンプルな料理の方が子どもたちには好まれます。

せっかく手をかけても、作ってる先から「私あれ食べられない」「これきらい」などと言ってくるので、

へこむときもありますが、今回は大盛況!

みんなカレーは大好きで、15合炊いたご飯が完食でした。

みんなが食べ終わるのを待っています。

食事の後は、お誕生日会です。

 

お誕生日会では、お誕生日の子がみんなの前でケーキのろうそくの火を消します。

わーい、おめでとう!

この後、切り分けてみんなで楽しくいただきました~。

 

食事の後、午後もまったりのんびり時間が過ぎて行きます。

幼稚園の子が、粘土で作品を作っています。

何やらおままごとの食パンと組み合わせて、サンドイッチを作っているようです。

3年生がプラレールにはまって遊んでいます。

終わり近くになって、近況を報告しに大学生や社会人になった子どもたち(?)が訪ねてきてくれました。

ついでに子どもたちと遊んで行ってくれます。

本当にうれしいひと時です。

 

3月のかっぱら広場は、3月27日(土)でーす。(^^)

コメント

2021年1月のかっぱら広場「みんなで長縄大会をやろう」

2021-02-03 20:23:15 | かっぱら広場

1月16日(土)の一日児童館「かっぱら広場」では、

「寒さをふっとばせ!みんなで長なわ大会をやろう!」を行いました。

 

新型コロナウイルスの感染を避けるために、

外遊び中心、時間を短縮して行いました。

左の建物は、いつも広場をやっている団地の集会場です。

ブルーシートとテーブルを設置して、

集会場の前に、遊びのスペースを作ります。

集会場の中も開放しているので、

ゲームをやったりしながら遊ぶ子どもたちもいます。

カラーのコップを重ねて遊びます。

外のスペースで、シルバニアファミリーで遊んでいます。

卓球台で遊んでいる子どもたちもいます。

 

子どもたちの数が増えてきたので、

外でみんなでドッジボールをやることにしました。

この日は風もなく、暖かい日だったので

外で遊んでいても寒くはありません。

ドッジボールは、結構盛り上がってメチャクチャ楽しかったですよ。(^^)

 

12時になり、お昼の時間です。

なんと!今回のお昼はウナギのかば焼きです。

 

新型コロナの影響で運営費が不足していたため、

支援団体のNPO法人 POPOLO さんに食材の相談をしたところ、

「今、ウナギがある」とのこと。

もちろんそれをいただいて、

今回はちょっと贅沢に、ウナギのかば焼きと澄まし汁になりました。

 

手前の3人の男の子は、何杯もご飯をおかわりしてくれて、

喜んで食べてくれていました。うれしいな~

 

午後は各々に遊んでいましたが、

3年生の子どもたちがたくさん来てくれて、

みんなで楽しそうに長なわをやっていました。

 

食事の後、お誕生日会をやって

この日は2時に解散です。

 

まだまだ新型コロナの影響で不安な毎日ですが、

そんな時だからこそ変わらず広場を続けて行けたらと思っています。

 

早く、またみんなでワイワイじゃれあえる時が来ると良いですね~。

 

次回の一日児童館「かっぱら広場」は、2月27日(土)でーす。(^^)

 

今、最も必要とされている心のスペシャリスト

『チームカウンセラー』養成講座(2021年4月開講)の案内は→こちらから

コメント

かっぱら大クリスマスパーティー(NHK歳末助け合い助成金にて開催)

2020-12-28 11:15:50 | かっぱら広場

12月19日(土)に、『かっぱら大クリスマスパーティー』を行いました。

今年度は、新型コロナの影響で

いろいろ不安もありましたが、

こんな時だからこそ、ド~~~ンと頑張らねばと、

盛大かつ楽しく行うことにしました。(^^)

 

ありがたいことに、NHK歳末助け合い募金のPR番組に

かっぱら広場を選んでいただいたことで、

テレビを見られた多くの方から、

お声をかけていただき、心強い年末になりました。

この場を借りて、お礼をさせていただきます。

ありがとうございました。

 

さて、今年もうれしいことにNHK歳末助け合いの助成金をいただくことができました。

以下に、12月19日(土)の『かっぱら大クリスマスパーティー』の様子をお伝えいたします。

 

今年は、新型コロナへの対策として、パーティーは屋外にて開催しました。

10時から準備開始です。

早めに来てくれた6年生が、クリスマスツリーの飾りつけをしてくれています。

完成です。完璧(^^)

いつもは集会場内に食事の場所を作るのですが、

今年は外にテーブルを広げました。

来た時に名前を書いてもらう受付の用紙。

欲張って4枚も並べました(1枚で25人分です。)

(総参加人数64名でした。)

入口の前には、先ほどのクリスマスツリーを飾りました。

iPadでクリスマスの音楽を流しています。

集会場の中では、始まるのを待つ子どもたちが

おのおの好きに遊んでいます。

 

ここは、メインテーブルです。

いつもは、ケーキ、お菓子、ジュースの他に、

おにぎり、サンドイッチ、から揚げやポテト、ウインナーなどを用意して

子どもたちに好きに取ってもらうようにしていたのですが、

今回は、接触を減らすために子ども向けのお弁当をお願いして作ってもらいました。

豪華!おいしそうです。

 

助成金をいただいてからは(3年ほど前からは)、

クリスマスケーキにサンタさんが乗るようになりました。

この、サンタがあるかないかは、子どもたちにとっては大問題なのです。

今年もサンタが乗っていて、子どもたちは大喜びです。(^^)

ここは、ジュースコーナーです。

 

ここは、おみやげコーナーです。

今年、静岡県労働金庫より、

「子ども食堂へのクリスマスプレゼント」として、

お菓子の詰め合わせをいただきました。

ステキで美味しそうなお菓子です。

子どもたちが喜びますね~。

ありがとうございます。

 

ここは、ゲームコーナーです。

食事の時に参加者を募ります。

ゲーム開始は13時からです。

 

さー、12時になりました。

パンパカパ~ン!

かっぱら大クリスマスパーティーの始まりでーす。(^^)

子どもたちは、

ケーキをもらって、

お菓子をもらって、

お弁当をもらって

好きな席に座ります。

帰る時には、お菓子の詰め合わせの「おみやげ」もあります。

う~豪華~!

お弁当をもらいまーす。

好きな席を陣取ります。

子どもたちがどんどん増えていきます。

 

大体みんなが席に着いたところで、

「それじゃ~、みんな始めるよー!」の合図。

みんなでクラッカーを鳴らします。わーい!

後はみんなでのんびりお食事タイムです。

今は、一緒に過ごせるだけでも幸せな気分になります。

6年生は、少し離れた藤棚の下に陣取っています。

 

いつものことですが、

かっぱらのクリスマスパーティーは、

特に大きなイベントは用意していません。

みんなで顔を合わせて、一緒に食事をして、

それだけで何だかとても楽しいのです。

 

それでも、何もないのも寂しいので、

玉投げ(?)ゲームを用意しました。

参加したい人は、紙に名前を書いてエントリーします。

トーナメント戦で、買った人が景品をもらえます。

景品を品定め。

最近は、みんなオモチャには不自由していないので、

景品を選ぶのにもひと苦労です。

バドミントンの羽を一人3回投げて、

輪の中に入った得点の合計を競います。

やり始めると、やはり上位を狙いたい。

中学生の女の子たちも参加してくれました。

なんだかんだと盛り上がって、

なかなか楽しかったです。(^^)

 

イチゴの差し入れもいただきました。

ありがとうございます。

みんなで、一粒ずついただきました。

この一粒ってところが、おいしさ倍増です。

 

食事やゲームが終わって、ぽつぽつと帰る子が出てきました。

おみやげのお菓子を渡します。

うれしそう~

ツリーの前で、はいパチリ!

 

食事もゲームも終わって、後はパーティーの余韻を楽しみながら、

いつものかっぱら広場です。

粘土を出して遊びます。

集会場の中では、プラレールで遊んでいます。

今回は、室内のセッティングはしていないので、

あるものを出して、空いているところで遊んでいます。

オセロ対戦中。

狭いところで、おままごとをやっています。

外では、スタッフの大村さん、小笠原さん、

遊びに来てくれた榑林さんが、ほっと一息をついています。

中学生も粘土遊びをしたいと言い出し、

せっせと始めました。(笑)

キャラクターたち

可愛い

おぉ…

さすが、中学生の作品はクオリティーが高い。

寒くなってきたので、粘土チームを集会場内に移動させました。

ゲーム対戦中

出来上がった粘土を見せに来ました。

うまい!

帰りのおみあげをもらって嬉しそう(^^)

 

そして、16時。

今年の『かっぱら大クリスマスパーティー』が終了しました。

 

今年も何とか無事に、一日児童館「かっぱら広場」を

終えることができました。

今年は、新型コロナの影響で、

一時は広場の開催を中止することもありましたが、

こんな時だからこそ、

変わらない日常が子どもたちの心に安心感を与えるのだと思い、

消毒や換気に気をつけながら続けてきました。

 

団地の会長様をはじめ、地域の自治会の方など

多くの方から温かい言葉と応援をいただき、

本当に心強く感じた1年でした。

ありがとうございました。

 

そして、来年度も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、良いお年をお迎えください。(^^)

コメント