かっぱらぱ編集室 つれづれ

かっぱら編集長がつづる日常のあれこれ。

2024年5月の一日児童館「かっぱら広場」お好み焼きを作って食べよう!

2024-05-27 10:33:22 | かっぱら広場

5月25日に行なった一日じどうかん「かっぱら広場」では、

みんなでお好み焼きを作って食べました。

 

小学校の高学年の女の子たちや中学生の女の子たちが

作る気満々で遊びに来てくれました。

もちろん、基本的な作り方はお伝えして、後はお任せです。

以前なら、小学校の低学年の子どもたちが

「やらせて、やらせて」と来たものですが、

最近はそんな積極的な子どもは減っているかな~。

 

お好み焼きづくりは子どもたちに任せて、

おばさんたち(スタッフ)は何もしないかと言うと、何々…。

裏でせっせと「おにぎりづくり」です。

以前、タコ焼きづくりをやったときに、何だか子どもたちが食べ足りない様子だったので、

今回は+α おにぎりを作って、お腹いっぱい食べてもらいます。

以前は素手でにぎっていましたが、

今は衛生面を考えて、ラップでにぎります。

年季の入った頼もしい手(^^)

あっという間に、山盛りのおにぎりが出来あがりました。

手前でお好み焼き制作中。

奥では、一仕事終わったおばさんたちがおしゃべりをしています。

何枚も作っていると、手際が良くなってきます。

みんなの分ができあがりました。

お昼になり、好きなお好み焼きを取って、おにぎりと一緒にみんなで食べます。

 

子どもたちとの話が弾む中で、

かっぱらを始めた頃、みんなで卵使った料理をした話しました。

「卵シリーズ」と題して、

目玉焼き、ゆで卵、卵焼き等々、子どもたちといろいろな卵料理に挑戦しました。

 

「そうだ!今日、卵がいっぱい残っているよ」

ジャ~ン!

みんなで卵を割って、大きな大きな目玉焼きを作ることに。(^^)

初めて卵を割った子どもはドキドキでしたが、

失敗したって良いんです。

ホットプレートいっぱいの目玉焼きが出来ました。わーい!

目玉焼きをみんなで取り分けて、またまた「いただきまーす!」

 

午後はいつもの遊びの時間。

将棋対戦中

この重ね方は新しいバージョン

卓球台でカードゲーム対戦中

昼寝中のおばちゃん(スタッフ)の前で、宿題をやる子

にぎやかな方がはかどるのよね。

 

一日たっぷり時間があるから、じっくり作業や遊びに取り組めます。

遊びに来てくれた子どもが、書いてくれていました。

子どもたちにとってもスタッフにとっても、

かっぱら広場は、月に1回の最高の時間です。(^^)v

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月の一日児童館「かっぱら広場」タケノコをゆでて食べるぞ~!

2024-05-01 21:46:25 | かっぱら広場

4月27日(土)の一日児童館「かっぱら広場」では、

みんなでタケノコをゆでて食べました。

 

毎年、この季節になると奥寺さんが連絡をくれて、

朝取りのタケノコを持って、かっぱら広場に来てくれます。

朝掘ってきてくれたタケノコがこ~んなにいっぱい。なんと贅沢な…。

みんなで皮を剥いて

早く茹でられるように切っていきます。

子どもたちはかまどに火をくべて、茹でる準備中。

 

毎年、春と秋に奥寺さんが「かまど」を持ってやってきてくれるので、

毎回参加してくれている子どもの中には、

薪割りや火の扱いなどが上手になっている子もいます。

その子が他の子どもたちにやり方を説明してあげています。

 

多くの子どもたちは、作業に飽きて集会場の中で遊んでいますが、

奥寺さんと一緒に火の管理をしながら

タケノコが茹で上がるのを待つ子どもたちもいます。

さぁ、茹で上がりました。

年によっては、「私タケノコきら~い」と言って

食べたがらない子どもたちもいますが、

今年は、みんな「おいしい」「おいしい」と言って食べてくれました。

お昼になりました。

みんなにお腹いっぱい食べてもらいたいので、

集会場の中でも熱々のうどんを配ります。

いつもは、集会場の中でみんなで食べますが、

今日は、どこでも好きなところで昼食を取ります。

近くのブランコで食べている子どもたちもいました。(^^)

 

午後はいつものように、みんなでまったり遊びます。

0歳の赤ちゃんを連れてきてくれた方もいました。

みんな赤ちゃんに興味津々です。

 

沢山の人にサポートしてもらいながら、

今年度も一日児童館「かっぱら広場」をスタートします。(^^)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年3月の一日児童館「かっぱら広場」ボードゲームであそぼう!

2024-03-22 15:43:51 | かっぱら広場

3月16日(土)に一日児童館「かっぱら広場」がありました。

今回の企画は、任意活動団体「YokaYoka」の前田さんたちに来ていただき、

子どもたちにボードゲームの面白さを教えてもらいました。

ボードゲームに子どもたちが集まります。

二手に分かれて、2種類のボードゲームであそびます。

この日は、3月の終業式・卒業式を控えて、
中学生の参加も多くありました。
小学生といっしょに、中学生もボードゲームに参加しています。

1時間30分とたっぷりボードゲームであそんだ後は、みんなで昼食。

今回は子どもからリクエストがあった「カレーうどん」です。

みんなでテーブルを囲んで「いただきま~す」(^^)

食べたカップは、みんなが重ねて捨ててくれます。

 

そして、12時45分から、

3月生まれのお誕生日会も行ないました。

今回は、「えんぜる手作りパン」のクッキーと、イチゴとジュースでお祝いです。

 

クッキーは、

NPO法人 オールしずおかベストコミュニティの、

子ども食堂誕生日会応援事業」からの寄付品です。

年に6回、子ども食堂のお誕生日会のために

赤い羽根共同募金を利用して、福祉事業所で作ったケーキなどを

寄付してくださっています。

イチゴを分ける子どもたち

美味しそう(^^)

今年も

静岡県社会福祉協議会からの助成金「子どもの居場所応援基金事業費助成金」や

県営興津団地からの助成金をいただき、

活動資金に困ることなく、運営していくことが出来ました。

お誕生日会での食事風景

スタッフに加えて、今回は2名の方がお手伝いに来てくれました。

左から、川島、大村さん(スタッフ)、小笠原さん(スタッフ)

亀田さん(チームカウンセラー)、稲葉さん

みんなおだやかで、子どもに優しい人ばかりです。(^^)

 

午後は、

粘土遊びや

出来た作品を見せに来てくれます。

中学生が、シルバニアファミリーにはまってあそんでいます。

手前、小学生の低学年の子が中学生の膝に乗っています。

中学生も自然と受け入れています。

みんながあそぶ中、勉強をしている小3の男の子や

部屋の隅で勉強する高学年の男の子。

大人がスタバで勉強するようなものでしょうか。

ちょっとにぎやかな方がはかどるのかも知れません。

姿勢良くゲームをする2人

ゲームも特に禁止していません。

でも、しばらくするとまたみんなと遊び始めます。

ゲームより子ども同士であそんだ方が、断然おもしろいですから。(^^)

今回は、「ひとり親家庭等のこどもの食事等支援事業」(こども家庭庁)より

食材をいただき、参加する子どもたちに帰りに持って帰ってもらいました。

食材を手渡しているところ

 

これで、今年度のかっぱらぱ編集室の事業は全て終わりました。

ふぅ~…。

 

何でこんなことを続けているのか…と考えると、

遊びに来てくれる子どもたちの笑顔に元気をもらったり

関わってくれているスタッフやボランティアの皆さまとのつながりが

とても心地よいからなのだと思います。

 

来年度も引き続き、活動を続けていきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

<2024年度の活動予定>

一日児童館「かっぱら広場」

子どもと関わる人のための実践心理学講座(随時募集中)

チームカウンセラー養成講座(現在募集中 〆切2024年4月10日)

カウンセリングルーム「すきっと」

心理学、子育て、子どもの居場所づくりに関する各種講話・講演

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年度4月から(全5回)チームカウンセラー養成講座の第8期が始まります。

2024-02-22 13:36:23 | チームカウンセラー

4月からチームカウンセラー養成講座の第8期が始まります。

 

チームカウンセラー養成講座』では、

人間関係を円滑にするために必要な心理学の知識を

「認知」「感情」「身体」「行動」「環境」の5つのメソッドに分けて学びます。

講座修了後、習った内容を日々の生活で実践し、

短期間でカウンセラーとしての技術を身につけていきます。

遠方の方は、ZOOMコースでの受講も可能です。

<2024年度の開催日程>

・実践コース

会場:清水市民活動センター(〒424-0943 静岡県静岡市清水区港町2丁目1−1)

第1回  「認知」のメソッド 4月14日(日) 9:30~15:30
第2回  「行動」のメソッド 5月12日(日) 9:30~15:30
第3回  「身体」のメソッド 6月 9日(日) 9:30~15:30
第4回  「感情」のメソッド 7月 7日(日) 9:30~15:30
第5回  「環境」のメソッド 8月18日(日) 9:30~15:30(資格試験)

・ZOOMコース

第1回  「認知」のメソッド 4月28日(日) 9:30~15:30
第2回  「行動」のメソッド 5月26日(日) 9:30~15:30
第3回  「身体」のメソッド 6月30日(日) 9:30~15:30
第4回  「感情」のメソッド 7月14日(日) 9:30~15:30
第5回  「環境」のメソッド 8月 4日(日) 9:30~15:30(資格試験)

定員:どちらも先着20名

内容を詳しくお知りになりたい方は、

チームカウンセラー養成講座のホームページをご覧ください。

ホームページは→こちらから

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年2月の一日児童館「かっぱら広場」シャボン玉で遊んでみよう!

2024-02-22 12:27:16 | かっぱら広場

2月17日(土)のかっぱら広場は、

「シャボン玉で遊んでみよう!」をやりました。

今回は、広場の準備をしている時に、小学生3人が来てくれて、

一緒に準備を手伝ってくれました。

モップで掃除を頼んだのですが、

隅々まできれいに拭いてくれて、

自分から机まで拭いてくれました。

本当にうれしくなっちゃいます。

ありがとうね。(^^)

 

今回のシャボン玉企画は、

前回の講師の中村さんから、

「大きなシャボン玉で遊ばせてくれる人がいるよ」と聞いたのですが、

「大きなシャボン玉を作るのってそんなに難しいのかな~…

よし!講師を招く前に自分たちで大きなシャボン玉を作ってみよう」と考えて企画をしました。

 

しかし、結論・・いやいや、なかなか難しいものでした。

来年度、講師を呼んでリベンジしたいと思います。

 

当日、風があったせいもありますが、まず道具が難しい。

手作りの道具は全滅。

市販の30センチの輪があったので、それは何とか使えました。

でも、風にビュンビュン飛ばされてしまい、

なかなか上手くできません。

 

早々にあきらめてみんなが集会場に入っていく中、

中1の女の子と小4の女の子と3人で、

市販の輪を使って作ったシャボン玉がどこまで割れないで飛んでいくかを

お昼近くまで飽きずに飛ばして見て遊んでいました。

(※映像をお見せできないのが残念です。)

 

集会場の中では、

ロボットを作ったり

なんと、操縦者がいるのです。

お人形であそんだり、

大きな紙にみんなで絵を描いたり、

プラスチックカップを高く積み上げて遊んでいます。

お昼は、

子どもたちが好きなワカメおにぎりと豚汁です。

みんな思い思いに好きなところでお昼を食べます。

2月のお誕生日会にお菓子を分けました。

お誕生日の歌を歌った後、

お誕生日の人、小さい人、大きい人の順で

お菓子を選んでいきます。

 

そして、午後はまた好きに遊びます。

色ごとにプラスチックカップを積み上げています。

再度、プラスチックカップに挑戦!

ピザの斜塔

子どもが、かっぱら広場のロゴを描いてくれました。

良いですね~(^^)

今回は、中学生や高校生が遊びに来てくれていました。

中学生は、私立受験が終わったところ、

高校生は、大学進学や就職が決まったと話してくれました。

みんなちょっぴりホッとした様子で、

小学生の中、楽しそうに過ごしていました。

 

卓球台も出しました。

高校生のお姉さんに教えてもらいながら、

一緒に本棚を作りました。

色とりどりに出来上がり、きれい(^^)

折り紙は、無心になれて楽しいですね。

 

今年度のかっぱら広場も、あと残すことろ1回になりました。

今度は、講師にyokayokaに来てもらって、

子どもたちとボードゲームをして遊ぶ予定です。(^^)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年1月の一日児童館「かっぱら広場」カラフルで遊んじゃおう

2024-02-22 11:24:47 | かっぱら広場

1月27日のかっぱら広場は、

カラフルタイムの中村宏美さんに来ていただきて、

「カラフルで遊んじゃおう!」をやりました。

 

丸い紙に色を塗ったり、シールを貼ったりした後、

真ん中にビー玉を詰めて回すのですが、

これが結構良く回ります。

中村さん(中央奥)を囲んで、コマをつくっています。

素晴らしい作品

こんなにシンプルでも、回るときれいなんですよ。

みんな選んで作るのが大好き。

これは先生のサンプルです。

ローズウインドウと言って、ステンドグラスのようになります。

こんなにたくさんの作品ができました。

みんな2個も3個も作っていました。

今回、イオンのイエローレシートで、

プラレールとシルバニアファミリーのオモチャを買わせていただきました。

オモチャは消耗品なので、とってもありがたいです。

いつもありがとうございます。

 

お昼~(^^)

お昼は、みんなが大好きなカレーうどんです。

みんなくっついて食べています。

コロナの頃はくっつけなかったので、本当につらかったと思います。

本来子どもたちは、身体を寄せ合うのが大好きです。

安心するんでしょうね。

 

お昼の後、12月と1月生まれのお誕生日会をやりました。

そして、午後はいつものように、のんびり好きなことをして遊びます。

プラスチックカップを積み上げたり、

粘土であそんだり。

お~、ハンバーガーセット。

なんと!宿題をやっています。

のんびり寝っ転がっています。

 

今日も楽しい一日でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年12月のかっぱら広場「かっぱらクリスマス大パーティー」楽しかった~!

2023-12-17 12:00:17 | かっぱら広場

今年も「令和5年度(第73回)NHK歳末たすけあい助成」をいただき、

子どもたちと盛大に『かっぱらクリスマス大パーティー』を行なうことが出来ました。

 

クリスマスパーティー当日、

準備が始まる10時には、すでに沢山の子どもたちが集まって来てくれていました。

クリスマスツリーの飾り付け

こんなんなりました。にぎやかにできあがりました。

 

中学生たちも来てくれて、机を出すのを手伝ってくれました。

年々、体力的に机を出すのが大変になっているので、

本当に助かります。ありがたいことです。

 

10年前は小学生だった慶くん(左)が、

「ボーナスが入ったから」と、賛助金を持って訪ねてきてくれました。

夏には、子どもたちにアイスを30個買って、プレゼントしてくれました。

なんとも優しい。

 

かっぱらを育った子どもたちが顔を見せてくれるのが、

何よりもうれしいのです。

 

駄菓子屋さんの準備をしています。

スタッフの大人が3人しかいないのをみんな分かっているので、

子どもたちが自主的に手伝ってくれます。

駄菓子屋の準備完了。

 

余った時間は、外で遊んで待ちます。

縄跳びや、

ブランコ

中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらいます。

 

ケーキやお弁当が到着しました。

左は、JAしみずからご寄付いただいた紅茶

中央は、労金からご寄付いただいたクッキーです。

ありがとうございます。

 

入口から、お弁当、紅茶、クッキー、ケーキで並んでいます。

 

今回、お弁当は亀田さんの知り合いの唐揚げやさんのお弁当を購入。

見た感じは地味ですが、

ご飯も唐揚げもおいしくて、みんな「おいしい」「おいしい」と食べていました。

ケーキには、サンタさんがのっています。

サンタさんがいるのといないのでは大違い。

ちょっと奮発できるのも、助成金がいただけているおかげです。

始まるのが待ち遠しい。

 

12時なりました。

さぁ。クリスマスパーティーの始まりです。

お菓子やケーキの受付も、中学生が担当してくれます。

 

その奥には、玉入れコーナーがあります。

ここも中学生が担当してくれています。

玉が入った数だけ、かっぱら紙幣がもらえて、

駄菓子を買うことができます。

 

パーティーに参加すると、

初めにA4の大きさの「かっぱらチケット」が配られます。

それには「かっぱら紙幣(おかしチケット)20かっぱら」と

「お弁当、ケーキ、ジュース、工作コーナー、玉入れコーナー」で

遊べるチケットが着いています。

子どもたちはこれを持って、いろいろなコーナーを回って、

チェックを入れてもらいます。

 

大変大変、子どもたちの靴でいっぱいです。

ジュースコーナー

ここも中学生が担当してくれています。

やっぱり駄菓子コーナーが大人気。

好きな駄菓子を選んで、かっぱらチケットにチェックを入れてもらいます。

ここは、小学生の高学年と中学1年生が担当してくれています。

 

工作コーナー

毎年、「海辺工房ひとで」の野口さんにお願いしています。

センスが良いので、子どもたちにも大人気です。

ビーズや貝殻でクリスマスツリーを飾り付けます。

工作をすれば「2かっぱら」もらって、また駄菓子を買うことが出来ます。

作って楽しい、選べて楽しい、食べて楽しい。

三拍子そろって、みんなウキウキです。(^^)

 

集会場の中は、子どもたちでいっぱいです。

ここ数年、コロナの影響で外で行なっていましたが、

やっぱり中でやる方がみんなでわいわい出来て楽しいな~。(^^)

もぅ、駄菓子の残りも少なくなってきました。

 

少し落ち着いてきたところで、いつものオモチャを出します。

 

かっぱらのクリスマスパーティーは、

特に何かをするわけではなく、

みんなで食べて飲んでさわいで遊ぶだけです。(^^)

 

赤ちゃん連れのお母さんが来てました。

赤ちゃんを抱かせてもらっています。

とっても大事そうに抱いていますね。

 

パーティーも終わり頃になると、

中学生が中心になって外でドッジボールを始めました。

何だか子どもたちがみんなとっても楽しそうで、

今年も良かったな~と思います。

 

15時になって片付けの時間。

中学生や小学生の子どもたちが一緒に片付けてくれたので、

これまたあっという間に片付けが終わりました。

 

本当に楽しい良い一日でした。

今年の「かっぱら広場」はこれで終わりです。

来年も、良い年になりますように。(^^)

 

次回は、1月27日(土)を予定しています。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年11月のかっぱら広場「たこやき大作戦!」

2023-11-19 11:34:23 | かっぱら広場

11月のかっぱら広場は、

コロナ以降出来なくなっていた食事作りを再開して、

「たこやきづくり」をみんなでやりました。

 

久々と言うこともあって、みんな大喜び。

まずは、具材をホットプレートの上に載せます。

 

みんなが喜ぶと思ってタコを沢山買ってきたのですが、

タコが苦手という子どもたちが続出。

いやはや…

仕方なく、ちくわ入りか具なしもこしらえました。

 

たこやき器は全部で3台。

こっちのたこやきはおいしそうにできあがりました。

 

初めに作り方を教えて、後は子どもたちに任せます。

あっちでもこっちでも、

楽しそうに(真剣に)、たこやきを作っています。

みんなで串でひっくり返して楽しそう(^^)

こっちは二刀流

みんなの分を作るので、まだまだ作り続けます。

 

おいしそうにできあがりました。

 

今日のお昼ごはんはみんなで作った「たこやき」です。

 

1時からは11月と12月生まれのお誕生日会をやりました。

後はいつものように、4時までのんびり遊びます。

シルバニアファミリーも、子どもたちには結構人気です。

 

今年もあと1回を残すばかり。

次は、かっぱらクリスマス大パーティーです。(^^)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年10月のかっぱら広場「ヤキイモパーティーをやるよ~」

2023-10-29 10:54:37 | かっぱら広場

10月のかっぱら広場は、みんなでヤキイモを焼きました。

春にはタケノコを、秋にはサツマイモを掘って

奥寺さんが来てくれます。

 

もう何年も来てくれているので、

講師としておもてなししなくても良い気心の知れた仲で、

時間になると車で来て、道具を出して、

子どもたちと作るのを楽しみ、

できあがると子どもたちみんなに振る舞ってくれて、

終わると片付けをして帰って行かれます。

 

主催する私たちにとっても、

とってもとっても助かっています。

子どもたちに鉈の使い方を教えてくれています。

奥寺さんが育てたサツマイモ。

子どもたちが、一つずつアルミホイルでくるみます。

鉄の鍋に、隙間なく並べていきます。

火をくべて、焼き始めます。

 

ここ数年、春と秋に来てくれる中で、

奥寺さんと顔なじみになった子どもたちが

一緒に焼き芋作りを手伝ってくれます。

 

一方、集会場の中では、

絵を描いたり、

おままごとをして遊んでいる子どもたちもいます。

 

焼けたかどうか確認中

男の子がバッタを捕まえていたのですが、

飼育箱のふたが壊れていたので、

取りあえずビニール袋に入れるように言ったのですが

わわわ…

 

そうこうしているうちに、

焼き芋が出来ました。

うー!おいしそう~(^^)

良い感じです。

焼き上がりを外でみんなで食べます。

おいし~(^^)

 

そして、お昼。

外で焼き芋を焼いている間、

スタッフの大村さんと小笠原さん、お手伝いに来てくれた亀田さんが

豚汁とワカメご飯を作ってくれていました。

このメニューが、子どもたちの一番のお気に入りです。

 

その後、1時からは10月うまれのお誕生会です。

お菓子盛りだくさんを、みんなで分けてお祝いをします。

 

その後は、午後4時まで、のんびり過ごします。

写真左下、6年生の女の子が3歳の女の子の面倒をみてくれています。

 

ツイスターはいつも大人気。

お父さんが小さな女の子を連れて遊びに来てくれました。

外で、大縄跳びをやってくれています。

(中央で跳んでいるのが私です。笑)

ぬりえで遊んでいます。真剣…

4時、終わる頃には、集会場はオモチャでいっぱいです。

ここからスタッフで一気に片付けをします。

この日も楽しい一日でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年9月のかっぱら広場「ホットケーキを焼いてみよう!」

2023-10-15 20:29:09 | かっぱら広場

9月30日に一日児童館「かっぱら広場」がありました。

今回の企画は「ホットケーキを焼いてみよう!」です。

 

作り方を一通り説明した後は、子どもたちが自主的に焼いていきます。

かっぱら広場では、危ないとき以外は、子どもたちに任せています。

中学生のお姉ちゃんたちが、上手に声をかけながら

みんなで作ってくれます。

部屋の片隅では、今回参加の赤ちゃんにみんな夢中です。

お母さんも心良く子どもたちに赤ちゃんを触らせてくれています。

ホットケーキ製造工場では、ドンドンホットケーキができあがっていきます。

遊んでいる子どもたちも、良いにおいが漂ってきてうれしそうです。

わ~、すごいすごい。

 

お昼になって、さぁ、みんなでホットケーキを食べましょう。

う~ん、良い出来。おいしそ~(^^)

2歳の男の子もうれしそうにほおばっています。

 

コロナの前は、午前中の企画でよく子どもたちと一緒に食事を作りました。

豚汁、カレー、お好み焼き、タコ焼き、白玉だんご、味噌づくり、などなど

でもここ数年は、コロナのせいで自粛しなければなりませんでした。

今も決して安全とは言えませんが、

今回、子どもたちが楽しそうにホットケーキを作っているのを見て、

これからまた食べ物企画を復活させていこうと思いました。

かっぱら広場のコンセプトは、

「大人がいて屋根のある外遊び場」です。

遊び始めたら、夕方4:00まで片付けなしで遊び続けます。

おかげで部屋はグチャグチャですが、

それがまた「思いっきり遊んだ~」と感じて良いのです。

午後は、それぞれがまたのんびり遊びます。

首からたくさんのメガホンを下げている男の子。

なぜか、これが気持ち良いようです(^^)

今日も朝10:00から夕方4:00まで、目一杯遊びました。

次回は、恒例の石焼きイモです。(^^)

楽しみたのしみ…。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする