八王寺組のブログ

滋賀県の大津市仰木の里山にある八王寺地区のブログサイトです。

hachiojigumi@gmail.com

棚田オーナー制度【2019年度 実施要項・活動スケジュール】

2019-03-01 10:16:19 | 棚田オーナー

2019年度の棚田オーナー制度 実施要項・活動スケジュールを八王寺組のWebサイトにアップしています。説明会は4月7日(日)です。
お申し込み、お待ちしております!

>>2019年度 棚田オーナー制度 実施要項・活動スケジュールはこちら

コメント

棚田オーナー【下水上げ、草刈り】

2018-09-09 21:12:00 | 棚田オーナー

9月9日、オーナー田の草刈り、下水上げ作業でした。
下水あげは、稲刈り前に行う排水溝堀りの作業です。


稲もここまで成長しました。あと三週間で収穫です!


今回の作業は雨天決行で、時折、雨が降る天候での作業となり、
土も重く、重労働だったと思います。

参加いただいたオーナーさんがお住まいの地域には、
圃場整備された棚田があり、そこでは田んぼに水を入れる時は溝に設置した板を外す、
そして排水する場合は板を付ける、というやり方だそうです。
仰木の棚田ではそれだけではできないため「労働の量が随分違う!」といった感想をいただきました。

ご参加ありがとうございました!

コメント

棚田オーナー【草刈り、草取り、追肥】

2018-06-24 21:22:32 | 棚田オーナー

6月24日、棚田オーナー制度の田んぼの草取り、畦の草刈り、追肥です。

滋賀県知事選挙、県議会議員補欠選挙日と重なってしまい、八王寺組スタッフの数名は地元役員もしているため、少数での活動となりました。
こちらのオーナーさんは畦に植えた豆の周辺の草刈りをされています。

オーナーの皆様、いつでも様子を見にきてくださいね!

コメント

棚田オーナー制度【田植え】

2018-05-27 23:26:15 | 棚田オーナー

5月27日、オーナー田の田植えです。今年も晴天に恵まれました。

第1オーナー田に集合いただき、八王寺組会長からご挨拶。


毎年、この時期は上仰木農業組合の皆さんにもご協力いただいています。
今年は八王寺組スタッフでもあるT氏が副組合長で、一言、ご挨拶させていただきました。


初めて体験される方には苗の植え方のポイントをしっかりと説明。
苗は3本程度を親指と人差し指でつまみ、中指を添えて土の中へ指します。
分けつするためそれ以上の本数は必要ありません。


肩幅に足を広げ、後退りしながら植えていきます。
足跡の上に挿すと深植えになるため、その場合は土を埋めてから挿します。


土の感触がとても気持ちよく、素足で田植えをされる方も多くおられます。

 
初めて参加される皆さんには植える間隔が分かるように、目盛りを付けた棒をお渡ししました。


ほとんどの区画が1枚の田んぼに1オーナーさん(1家族、1グループ)なので、それぞれのペースで楽しんでいただくことができます。


小さいお子さんは田植え体験を少ししたあと、カエルを捕まえたり、泥団子を作ったり、畦で駆けっこしたりと自然の中でそれぞれ遊びを見つけていました。


こちらはお手製の定規を持参されたご家族。
田んぼの幅に合わせて、伸び縮みする優れモノでした!


昼食は、木陰のある八王寺山の広場で。


琵琶湖と棚田が見える気持ちの良い場所です。


メニューは「放牧で育った100%グラスフェッドの牛肉のカレー」


カレールーは使わず、たっぷりのココナッツオイルとミキサーした野菜でトロミをつけています。


今回も県内各地のイベントに出店されている『momo*』さん(ココナッツマイスター/会長のお姉さん)に担当いただきました。
毎回、手が込んだ贅沢なカレーをご用意いただき、ありがとうございます!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
いつでも気軽に苗の成長を見に来てください!

コメント

棚田オーナー制度【しろかき】

2018-05-20 22:18:45 | 棚田オーナー

5月20日、オーナー田のしろかきです。
しろかきは、植付けが出来るように圃場を平らにする作業です。

機械で表面をしゃばしゃばになるように、かくはんした後に、棒などを引っ張って真っ平らになるようにします。


小さな田んぼは耕耘機でかくはんし、レイキなどで平らにします。
この「しろかき」によって、水の深さが揃い肥料が全体に行き渡り、水はけも均一になります。 

コメント

棚田オーナー制度【畔さき、畔塗り】

2018-05-16 21:28:40 | 棚田オーナー

5月16日(水)、オーナー田の畔さき、畔塗り作業です。

八王寺組スタッフは兼業農家が多いため、早朝5時からの活動です。


「掻立て(かきたて)」を作って、約3日置いた土は、ほどよく固くなっています。


棚田は畦から水が抜けやすいので、それを防止するために平鍬を使用して「畦もと」に土を積み上げていき、奇麗に塗り固めていきます。


早朝からお疲れ様でした! 

 
コメント

棚田オーナー【こね、掻き立てづくり】

2018-05-13 23:48:19 | 棚田オーナー

5月13日、棚田オーナー制度の活動日です。
水を張った田んぼをドロドロにこねます。大きい田んぼはトラクターで、小さい田んぼは耕耘機でこねます。

こねた土を「平鍬」を使い、畦もとに寄せていき、「掻立て(かきたて)」を作ります。畦付け用の土です。
これを数日おくと畦付けができるくらいの固さの土になります。


地下水の流れで地中に穴が開き、その上部が落ちることで大きな穴が空いてしまいます。
あちこち、毎年どこかで穴が開くため、その都度補修が必要です。

コメント

棚田オーナー制度【2018年度 実施要項】

2018-02-21 23:40:00 | 棚田オーナー

2018年度の棚田オーナー制度の実施要項を八王寺組のWebサイトにアップしています。
棚田オーナー制度の新規参加希望者向けの説明会は、4月8日(日)です。
お申し込み、お待ちしております!

コメント

棚田オーナー制度【脱穀・籾摺り】

2017-10-27 21:59:54 | 棚田オーナー

10/27、オーナー田の脱穀・籾摺りを行いました。

今年は長雨の影響で天日干しをしている稲の乾燥が遅れており、予定していた日程(10/22)では脱穀・籾摺りできず、1週間順延となりました。さらにその日も台風の影響で作業ができず、残念ながら平日に行うことになってしまいました。

天日干しの期間にこれほど長雨が続き、また脱穀・籾摺予定の週末にも2週連続で台風や雨天となることは、これまでのオーナー制度運営の中で初めての経験でした。
週末の開催ができなかったことに対し、参加予定のオーナーの皆さまから暖かいメッセージをいただき、感謝申し上げます。

コメント

棚田オーナー【稲刈り】

2017-10-01 21:43:58 | 棚田オーナー

10月1日、オーナー田の稲刈りです。
今年も絶好の稲刈り日和となりました。

収穫に最適な状態まで生育した稲穂です。 


八王寺組会長の挨拶のあと、実験田の調査協力をしてくださっているY先生からもお話をしていただきました。
(実験田の様子は別ページでご報告いたします。)


ご家族やご友人と一緒に、それぞれのペースで楽しく刈取りを行っていただきました。


三世代でご参加いただいたオーナーさんです。


昆虫採集もとっても楽しそう!


お一人での参加も複数区画いらっしゃいます。
お声かけいただいた区画については、スタッフもお手伝いさせていただきました。


こちらの子供さん達は初めての稲刈り体験とのことでしたが、とても上手でした!


空き区画の稲刈りは、八王寺組メンバーの友人が手伝ってくれました。
もんぺが最高に似合っています! 


稲木は竹を組み合わせて作っていきます。




3週間ほど稲木に掛けておくため、強く束ねておく必要があります。
緩いと天日干しの間に落ちてしまうことあるためです。


オーナーさんの田んぼごとに収穫量を計るため、混ざらないように掛けていきます。


オーナーさんご自身で運んで掛けていただきます。




子供たちもしっかりお手伝いしてくれました!


八王寺組スタッフの娘さんも毎年参加してくれています。


昼食はmomoさんが担当してくださいました。
メニューは「キノコと秋野菜ゴロゴロ チキンカレー」です。


鶏肉、きのこ、バターナッツかぼちゃ、さつまいも、なす、じゃがいも、にんじんなどがたっぷり入ったカレー。バターナッツかぼちゃの美味しさと甘さにビックリ!7月からスタートした仰木地区の直売所で販売されています。
釜土炊きの棚田米は会長が担当。お焦げの出来具合もちょうど良く好評でした。


午後からは稲刈りの続きとハサ掛けです。


これから3週間、天日干しをして、さらに美味しいお米になります。




例年は、夕方までにすべての稲刈りと稲木を立てる作業が完了するのですが、今年は稲木を立てる予定の田んぼ(4か所)も、一部ぬかるんでいて足元が悪く、稲刈りもハサ掛け作業も時間がかかりました。
遅くまで残ってくださったオーナーさんや皆さんのおかげで、なんとか日が暮れる直前にすべての作業を終えることができました。


第2オーナー田で作業中のメンバーが欠けていますが、暗くなる前にスタッフで記念撮影です。
参加いただいた皆様、ありがとうございました!

コメント