八王寺組のブログ

滋賀県の大津市仰木の里山にある八王寺地区のブログサイトです。

hachiojigumi@gmail.com

棚田オーナー【稲刈り】

2020-09-27 21:03:26 | 棚田オーナー

9月27日、棚田オーナーと成安造形大学(しがのふるさと支え合いプロジェクト)の稲刈りでした。

◎稲穂を稲刈り鎌で手刈りして束ねた後、竹を組み合わせて作った稲木/稲架(はさ)にかけて、3週間ほど天日干し(稲架掛け)します。

◎オーナーの皆さんはご家族やご友人と一緒に、あるいはお一人で黙々と...それぞれのペースで刈り取りをしていただきました。

◎成安造形大学の圃場はオーナー田の中では一番大きな区画のため、下水あげをしたものの前日までの雨で土は柔らかくなってしまっていました。そのため、普通の長靴では動きにくい状況もありましたが、スタッフから足の運び方のレクチャーを受けて安全に作業を進めました。

◎昼食は仰木地区活性化の拠点、「わさいな〜仰木」の棚田米や地元の食材を中心とした手作り弁当です。棚田で食べる炊きたてのお米は最高に美味しいです。

◎昨年8月に施行された棚田地域振興法に基づき、滋賀県では大津市の上仰木と高島市内5地域が国の指定棚田地域になりました。今回は指定されて初めての稲刈りということもあり、複数のメディアでも取り上げていただき、広く活動を知っていただく機会となりました。
































































コメント

棚田ボランティア/棚田オーナー【下水あげ、草刈り、TV取材】

2020-09-06 21:10:42 | 棚田ボランティア

9月6日、オーナー田の草刈り、下水上げ(したみあげ)作業。
棚田ボランティアさん7名、オーナーさん4組、スタッフ8名(午後から9名)の参加でした。

◎下水あげ(したみあげ)は、稲刈り前に行う排水溝堀りの作業です。
十分に排水されないと稲刈りの時に泥田となってしまい、足を取られて重労働となってしまいます。
田んぼに排水用の中溝を付ける時、効率よく排水ができるようにまっすぐ縦に掘り進めます。
稲刈りまでのあと2週間で圃場を乾燥させます。

◎畔の草刈り、夏は草が伸びるのも早いため、頻繁におこなわねばなりません。

◎9月20日(日)に放送される、びわ湖放送(BBC)の番組「テレビ滋賀プラス1」の取材がありました。
滋賀県の棚田ボランティア活動の取り組みを紹介する企画とのことで、参加者の方にもインタビューにご協力いただきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!















コメント

棚田オーナー【草刈り】

2020-08-23 21:51:50 | 棚田オーナー

8月23日(日)、オーナー田の草刈り。
猛暑が続いていますが、少し涼しくなった夕方からスタッフにて草刈りをおこないました。
獣害防止の電気柵に草が触れてしまうと漏電し、効果が弱まってしまうためです。



あと一月間、イノシシから稲を守ります。


コメント

棚田ボランティア【草刈り】

2020-07-05 21:33:23 | 棚田ボランティア

7月5日、棚田ボランティア活動、オーナー田と休耕田の草刈り。
21名(リピーターの方6名、初参加の方4名、棚田オーナーの方1名、滋賀県の方2名、八王寺組メンバー8名)の参加でした。

ご参加いただいた皆様、有難うございました。

コメント

オーナーさんより【発芽玄米】

2020-06-10 12:10:57 | その他

棚田オーナーの方が発芽玄米の写真を送ってくださいました。
ブログへの掲載許可をいただきましたので、皆さんにも共有させていただきます。

オーナー田の玄米は一般的な玄米とは異なり、高温乾燥機にかけず、天日干しのみで乾燥させています。
そのため、水(お湯)に浸すと発芽します。
今回、100粒ほど浸し、ほぼすべての米が発芽したとのことです。

発芽直後の発芽玄米は玄米よりもさらに栄養豊富だといわれていますが、
今回は生育過程を記録されるため、長時間浸しておられます。


こちらは45時間経過したもの。
オーナーさんいわく、ちびまるこちゃんの花輪くんとのこと(笑)


こちらは72時間経過したもの。
オーナーさんいわく、キョロちゃん。
※キョロちゃんは森永製菓の菓子・チョコボールのマスコットキャラクター


そして、オオハシに進化....(笑)

どの段階もとても愛らしいです。

コメント

棚田オーナー【草刈り、除草剤散布、サツマイモ苗植付】

2020-05-31 23:41:15 | 棚田オーナー

5月31日、午前中はオーナー田の畦の草刈り、田んぼの除草剤散布をおこないました。

小雨となりましたが、5組のオーナーの皆さんが参加されました。
草刈機を使用されないオーナーさんは、草刈り鎌で獣害避けのフェンス周辺の草刈りをしていただきました。

はじめて草刈機を使用されるオーナーさんには、スタッフが安全な取り扱い方法をお伝えしました。

午後からは秋の交流イベント用にサツマイモの苗の植え付けと小豆の種まきをおこないました。
例年、サツマイモは焼き芋に、小豆はぜんざいにして食べていただきます。
今年もたくさん収穫できますように!




 

コメント

棚田ボランティア【草刈り】

2020-05-31 22:34:27 | 棚田ボランティア

5月31日、棚田ボランティア活動、休耕田の草刈りでした。
小雨となりましたが、草刈機の扱いに十分気をつけながら作業を行いました。




綺麗に刈っていただきました。

ご参加いただいた皆様、有難うございました。

コメント

棚田オーナー制度【田植え】

2020-05-24 22:09:49 | 棚田オーナー

5月24日、オーナー田の田植えでした。
今日は全国的に夏日となりましたが、カラッとした暑さで気持ちよく作業できました。
コロナ禍で成安造形大学と北大津高校の5月に予定していた授業受入れは中止になりましたが、関西の緊急事態宣言が解除されたことやオーナー田は個々の田んぼで作業すること、また、ほとんどのオーナーさんが自家用車かレンタカーで現地までこられることなどを考慮して、オーナーさんについては田植えを実施させていただきました。今年は区画数が増えたこともあり、100名程の方が参加されました。

今森光彦さんの雑木林での昆虫教室にも参加したという昆虫が大好きな子供さんは「シマゲンゴロウ」を見つけてみせてくれたり、可愛い園児さんたちは入れ物にたくさんのカエルをいれて見せてくれて、観察のあとはどちらも田んぼにかえしてあげていました。

昼食は仰木学区活性化の拠点「わさいな〜仰木」の幕内弁当。例年は景色のよい八王寺山の広場に集まって頂くのですが、今年は各々の田んぼの周辺で食べて頂きました。棚田で食べる棚田米はいつもよりいっそう美味しく感じました。






























コメント

棚田オーナー制度【代掻き】

2020-05-17 23:40:49 | 棚田オーナー

5月17日、オーナー田の代掻き(しろかき)です。 
しろかきは、植付けが出来るように圃場を平らにする作業です。

機械で表面をしゃばしゃばになるように、かくはんした後に、丸太などを引っ張って真っ平らになるようにします。
小さな田んぼは耕耘機でかくはんし、同じように平らにします。 この「しろかき」によって、水の深さが揃い肥料が全体に行き渡り、水はけも均一になります。

こちらは第1オーナー田の様子です。







こちらは第2オーナー田の様子です。

コメント

棚田オーナー制度【こね】第2オーナー田(スタッフ作業)

2020-05-14 21:25:26 | 棚田オーナー

5月12日、14日に第2オーナー田のこね作業を行いました。


田んぼに水を張り、機械でコネます。


コネ作業のあと、畦付け用の掻き立てをつくります。




コメント