八王寺組のブログ

滋賀県の大津市仰木の里山にある八王寺地区のブログサイトです。

hachiojigumi@gmail.com

棚田オーナー制度【電柵張り】

2015-05-31 22:23:13 | 棚田オーナー

5月31日、オーナー田の電柵張り作業です。今日は棚田ボランティア活動日でもあり、ボランティアの方にもお手伝いいただきました。
詳細はこちらのページをご覧ください。
 

コメント

棚田ボランティア【オーナー田/電柵設置、草刈り、サツマイモ苗植え付け など】

2015-05-31 22:16:02 | 棚田ボランティア

5月31日、棚田ボランティア活動。
今日は、学生さん13名、社会人の方8人、八王寺組スタッフ10名の参加でした。

大勢参加していただいたので、3班に分かれました。

1.さつま芋の苗植えとコンバイン小屋設置用地の整備
2.休耕田の草刈り
3.オーナー田の電気柵設置

《さつま芋の苗植えとコンバイン小屋設置用地の整備》
 
休耕田を復元した第2オーナー田の下に八王寺組の畑があります。


毎年11月に行う交流会(棚田オーナーさん・ボランティアさん・地元スタッフ)用にさつまいもや黒豆を植えます。

 
まずは草刈りです。畑の中は草刈機でおこないます。


獣害防止フェンスの周囲は、草が電気柵に触れて漏電しないように念入りに草を取り除きます。


棚田の法面の草刈りはコツがいるので、慣れた地元スタッフが行います。
古風な帽子がトレードマークの都紀雄さんです。


草刈りの後は、耕耘機で畑を耕します。


次に専用パーツを取り付けた耕耘機で畝を作ります。


そこにサツマイモの苗を植えます。

 
大学生の参加者の皆さんは、ほとんどが鍬や鎌をはじめて触ります。 


第2オーナー田にコンバインを収納する小屋を作る計画あり、まずは整地をします。


この場所は元々、石積みの棚田の1枚で、今は使われなくなった石が埋もれています。


これを掘り返して平らな地面にします。


地下水によって大きな水穴が空いてしまった棚田の一角に、石を詰めて、これ以上崩れないように補強します。


《休耕田の草刈り》
こちらは休耕田の草刈りです。

八王寺組スタッフと草刈り経験のあるボランティアの皆さんにご担当いただきました。


東京から定期的に参加してくださっているSさん。
休憩時間にはいつも冗談をいって楽しい雰囲気を作ってくださいます。


大津市内在住で、ほぼ毎回参加してくださるKさん。
とても熱心に作業してくださっています。


仰木で飼われている羊やヤギの飼育のお手伝いもされているというHさん。
仰木地区のさまざまな活動に参加されています。


大勢のボランティアの方にご参加いただいたお陰で、短時間で草刈りを終えることができました。


《オーナー田の電気柵設置》

第1オーナー田です。


電気柵を設置する前に草刈りをします。
八王寺組副会長の明宏さんです。


電柵のポールの位置やケーブルの配線方法をスタッフが説明します。


充実コースの棚田オーナーさんにもご参加いただき、学生ボランティアさんと一緒に設置しました。


初参加の学生さんは棚田オーナーの方に相談しながら、設置場所を決めていきます。


法面付近は斜面になっているので、電気柵の下に空間が空きすぎないように注意しながら設置します。
空間が空き過ぎると小さいイノシシは侵入できてしまうためです。
 

常設の金網と今回設置した電気柵で、イノシシやシカなどの獣害から稲を守ります。


《昼食》
 
昼食は、会長のお姉さんお手製の具沢山・豚汁と、仰木の養鶏場の生みたて卵の卵かけご飯です。


ご飯はもちろん棚田米。会長が上手に火加減したかまど炊きです。


普段、食べる機会が少ない”おごげ”も喜んでいただいています。

午後からも数名のボランティアの方が残ってくださり、残りの草刈りを行いました。

皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました!

コメント

棚田オーナー制度【田植え】

2015-05-24 22:22:43 | 棚田オーナー

5月24日、オーナー田の田植えです。
天気予報では連日まで雨の予報だったため、とても心配していましたが、気持ちの良い晴天となりました。 


はじめに会長から田植えのやり方を説明します。


こちらはフランスから来られたオーナーさんのお友達。
新規のオーナーさんや初参加の方には、個別にコツをお教えします。


ご家族やお友達と一緒に、ワイワイと賑やかな田植えです。


小さなお子さんは、水中の生き物たちに夢中!


大人も真剣に観察中。一眼レフカメラで撮影できたかな?


カエルをはじめて触ったよー!
女の子はちょっと怖かったみたいだけれど、僕は余裕やね!


小さな手に乗せて、そっと見せてくれました。


こちらはオーナー歴6年のSさん。苗の間隔がピシっと揃うようにお手製の道具を持参です。


子供たちはしゃがんで、ズボンもびっしょりです。 
お父さんは足を取られて尻餅をつくこともあります。
びっしょり加減は負けていませんよ(笑) 


こちらは放棄された棚田を復元した第2オーナー田。
支援してくださる皆様のお陰で、今年も無事に植えられました。
ありがとうございます!! 


機械で植わらない箇所は手植えをします。


上仰木農業組合のみなさま、お世話になりました!


昼食は琵琶湖が望める八王寺山の広場で。
会長のお姉さん手作りの特製カレーライスはもちろん、かまど炊きの棚田米も大好評。


ストローベイルの小屋のデッキも活躍します。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
いつでも気軽に苗の成長を見に来てくださいね! 

次回は、5月31日(充実コース)です。

コメント

棚田オーナー【しろかき】

2015-05-17 22:22:45 | 棚田オーナー

5月17日、オーナー田のしろかきです。 しろかきは、植付けが出来るように圃場を平らにする作業です。
機械で表面をしゃばしゃばになるように、かくはんした後に、棒などを引っ張って真っ平らになるようにします。


小さな田んぼは耕耘機でかくはんし、レイキなどで平らにします。


希望される方には耕耘機も体験して頂きます。 


大きめの田んぼはトラクターでかくはんし、丸太を引っぱり、平らにします。
写真は副会長の明宏さん。麦わら帽子が似合っています。


スタッフの指導のもと、充実コースのオーナーさんにもご自身の田んぼで体験していただきます。


背中にロープを回して腕だけでなく全身をつかって引っ張ります。


スタッフは手分けして草刈りもします。

この「しろかき」によって、水の深さが揃い肥料が全体に行き渡り、水はけも均一になります。
いよいよ、一週間後には皆さんお待ちかねの田植えです!

コメント

棚田オーナー制度【畔さき・畔塗り】

2015-05-13 22:03:26 | 棚田オーナー

5月13日、オーナー田の畔さき、畔塗り作業。
平日につき、スタッフもそれぞれ仕事があるため、早朝5時からの活動です。 

 「掻立て(かきたて)」を作って、3日置いた土は、ほどよく固くなっています。
棚田は畦から水が抜けやすいので、それを防止するために平鍬を使用して「畦もと」に土を積み上げていき、奇麗に塗り固めていきます。

参加してくださった充実コースのオーナーの皆様、お疲れさまでした。

コメント

棚田オーナー制度【こね】

2015-05-10 23:00:00 | 棚田オーナー

5月10日、棚田オーナー制度の活動日です。

水を張った田んぼをドロドロにこねます。大きい田んぼはトラクターで、小さい田んぼは耕耘機でこねます。

こねた土を「平鍬」を使い、畦もとに寄せていき、「掻立て(かきたて)」を作ります。畦付け用の土です。
固ごねの土はその日のうちに畔付けができますが、通常は柔らかいため3日ほど置いてから行います。
写真は第2オーナー田の畔付けの様子です。 

 

コメント

棚田ボランティア【草刈り】

2015-05-10 22:18:34 | 棚田ボランティア

5月10日、棚田ボランティア活動。オーナー田の草刈りです。 

五月晴れの心地よい天候となりました。

昼食は会長のお姉さんの手作りの鹿カレー。トッピングはお父さんが栽培したらっきょうの酢漬け。
お米は好評につき、会長の釜戸炊きです! 

参加いただいた皆様、ありがとうございました。
次回の棚田ボランティア活動は、5月31日です。ご参加お待ちしています。 

 

コメント