もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

赤門

2013年09月10日 | 東京エリア
東大の赤門とその内側
東京大学の本郷キャンパスは、加賀藩前田家の大名屋敷(上屋敷)で、赤門は将軍家斉の娘を嫁に迎える際に造られた。門を朱色に塗るのは将軍家から夫人を迎える場合の慣習とされており、現存するものはこの赤門のみ。

講演会を終えてから、構内を歩いてみた。
学生時代の1969年1月18日~19日に、此処の安田講堂に全共闘と新左翼の学生が占拠して、機動隊と衝突。学生は火炎瓶や投石で応じたので、バリケード解除のために機動隊が催涙弾と放水した事件はテレビで生々しく報道された。iinaは、ノンポリだったが衝撃的な事件だった。
いまその現場に立つと、これから修理するためバリケード封鎖されていた。(^^ゞ


構内は、古い校舎が静かにたたずみ平和そのもの。




ジャンル:
住宅
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海と川の乗物 | トップ | サギ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤門 (らいちゃん)
2013-09-10 09:27:24
東大紛争がありましたね。
この時は大学運営を巡っての紛争だったと思いますが、その10年前にも60年安保闘争があり、この時は東大学生の樺美智子さんが亡くなりました。
その舞台だった東大は、現在はおっしゃるように平和そのものですね。
「赤門」の謂れがよく分かりました。
赤門 (kawaiihukutyan)
2013-09-10 12:59:07
私は70代突入・・・ですから
安保闘争の時は高校生でやはりはっきり覚えています。訳も解らず正義感あふれる年頃でした。安田講堂はもう少し大人になっていたと思います。
今日の写真ありがとうございます。
赤門 (延岡の山歩人K)
2013-09-10 17:24:26
「なつかしい~」と言っても、iina様みたいに東大の学生だったわけではなく
当方は、単にあこがれで見学しただけです。
若かりし頃
出張の時、わざわざ文京区に宿をとって赤門見学に行ったことが2度あります。
最初拝見した時は、神社仏閣かと思える程で、思わずお賽銭を上げたくなりました(強く印象に残っています)


蕎麦オーナー
 >九州は、うどん圏ですが・・・
それは知りませんでした
私は個人的にはうどんより蕎麦が好きなのでその様な実感は無かったです。

「そばがき」~そうそうiinaさま同様幼少のころたべた記憶があり
昨年、何十年かぶりに蕎麦がきを作って食べてみました。
味は当時のうっすらした記憶味がしました。私の記憶は確かな様です。

赤門 (まりこ)
2013-09-11 00:06:18
TBありがとうございます。

東大の警備員さんから敷地の地図を受取る際に、赤門の歴史について教えてもらいました。

敷地は散歩にちょうど良い開放的な場所です。そして、学生食堂は素敵なお店がたくさん入っています。

この周辺は両親の思い出の場所なので時間がある時はまた訪ねてみたいです。



コメントに ひとこと (iina)
2013-09-11 09:21:05
(らいちゃん) へ
60年安保を経験した教員(助教授)が、デモしていたら順繰りに前に押し出されてしまい、機動隊と角突き合わせて
しまったと苦笑いしていました。
この当時のニュースに、N○Kがデモ隊にこのように動いて欲しいと演出したと聞いて、報道さえそのままを信じられぬ
と思ったことがあります。(実体験したわけではありません)

赤門は、前田藩が特別な赤の門を造ったとだけ思ってました。

笑撃を、千本記念にのべつ幕なしにつづけています。(^^ゞ




(kawaiihukutyan)さん へ
麺類が好きです。きのうのお昼は、ソーメンを食べました。
秋めいてくると、温かい麺が恋しくなっていきますね。

拙宅を読者登録して頂きありがとうございました。
ただ、貴ブログにコメントしようとしたら、Facebookアカウントを取得してないと残せないのですね。残念。
http://blog.goo.ne.jp/kawaiihukutyan/




(延岡の山歩人K)さん へ
夏の阿蘇も好いですね。景色が、みどり緑していて美しいです。
Kさんは、この広大な阿蘇に行く気になると、気軽にドライブと登山ができていいですね。

ところで、東大は「母校」ではありません。ただ、「歩行」しただけです。たまたま、講演会が東大構内でした。
当たらなかった講演会が、さいきんは続けて当たり、笑撃の合間にアップします。




(まりこ)さん へ
東京都を欲張って歩きましたね。
歩くと、位置関係がよく理解できて勉強になります。
仕事で、時間があったので巣鴨から根岸まで歩きました。
そのときに、偶然 東大赤門前を通ったのですが、江戸は下町が多い印象だったのを、台地があるのを知りました。
馬場があったり寺と墓も著名な方が眠っていましたが、寒かったため日本橋までを歩くのを根岸であきらめた
のでした。

また、おこしください。
TB  (「BBB」)さん へ (iina)
2013-09-11 10:05:48
東大でも eですね。
いまは昔、彰義隊がこもった上野山を攻撃するときに此処加賀藩に大砲を据えて撃ち放ったことを思い起こしました。

時代は移り、その地を機動隊に落とされました。
その構内で、平和利用のスパコンを話を聴きたという次第です。↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/ee68091c521c9a5da21433460f2f1c77

居酒屋さすらいにピッタリなお店をご案内します。横浜の野毛にある三杯屋こと「武蔵屋」がおすすめです。
もちろん、吉田類も訪ねています。↓

http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/4ea4e3d641fda8990e0c3f5a24a9ac18
脳裏に焼き付いて (更家)
2014-12-19 18:10:13
私も、東大の安田講堂の全共闘と機動隊と衝突、強く脳裏に焼き付いています。
(更家) さん へ (iina)
2014-12-20 08:55:57
やはり隅田川の沿道を歩きたいです。最近は遊歩道も整備されてきたようです。

蔵前には、前にご案内しましたから、近くの両国の吉良邸です。 師走は、忠臣蔵ですね。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/93e212d8e654348dd0129f60dbdeaf00

そして、空中からの浅草界隈です。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/92919e06bcd34a9b7dbc4a325df8bd8e

コメントを投稿

東京エリア」カテゴリの最新記事

トラックバック

居酒屋さすらい 0656 - 知の集積と文化の風と - 「東京大学農学部食堂」(文京区本郷) (「BBB」)
ティコさんから教えて貰った東大農学部のビール祭り。ティコさんとは約3年ぶりの再会である。 少し緊張しながら自動ドアを開けると、なるほど眼前にはいかにも学食らしい風景が現れた。 明るい蛍光灯の下に白いテーブル。こざっぱりとしているが、素っ気ない。でも品が...