升井紘 堪忍袋の緒を結ぶ

世間を見渡せば見るに堪えないことばかり 堪忍袋の緒を切ってしまっちゃあ終しめえよ!

ナゴヤDの鳴り物応援が消える

2014年02月28日 00時01分05秒 | 日記

広島ブログ

  

沖縄からカープの情報が流れてきます。大竹がFAで巨人に移籍しましたが、ドラフトで入団した大瀬良、九里たちで十分に穴を埋めることが出来そうだと言うのですが、そうであって欲しいと思います。

 

ところで名古屋からこんな情報が飛び込んできました。

 

 

【中日】ナゴヤDの鳴り物応援が消える!最低でも前半戦
 ナゴヤDのスタンドをにぎわせる中日の鳴り物応援が、少なくとも球宴明けまで行われないことが26日、分かった。反社会的勢力の排除を目的に、トランペットなどの鳴り物を用いて中日を応援してきた従来の応援団に対し、その構成員リストの提出などを今季から義務づけたところ、リストの提出がなく、許可要件を満たさなかったため。ビジター球団のファンによる鳴り物応援はこれまで通り申請なしで認める。(スポーツ報知)

 

スタンドからの鳴り物応援は球場に出かけたファンを楽しませてくれますが、中日球団がそのような措置を取った裏には、何やら危ない団体が応援団に入っていたのでしょう。

 

プロ野球が暴力団の資金源になるようなことがあると、大相撲の八百長事件の二の舞になるかも知れません。では、他の11球団の応援団はどうなのでしょうか。丁度よい機会ですから全ての球団で応援団のチェックをする方が良いと思います。

 

 

 

 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

 

コメント (5)

「またですか」と怒られた!

2014年02月27日 00時01分44秒 | 日記

広島ブログ

  

偏西風が強く吹き始めると、中国大陸から黄砂が飛んできます。遠景の山ばかりかひどいときには直ぐ近くの建物まで霞んでしまいます。そいて昨日はついにやってきました。そうですPM2.5、大阪や新潟は特に危険濃度だったと報道されました。安倍総理に言いますが、集団的自衛権でも何でも良いから、不法に侵入してきた 「黄砂」 や 「PM2.5」 を早々に国外退去させたらどうですか、それとも靖国参拝でお願いしますか?

 

ところで、口の軽い人々が、怒られました。

 

森喜郎 「あの子、大事なときにすぐ転ぶ」・・・・孫に「じいちゃんは口が軽い」と怒られた!

 

籾井勝人 「大変な失言をしたのでしょうか」・・・浜田健一郎経営委員長に「またですか」と怒られた!

 

安倍晋三 「私が責任者だ」・・・・・・・・昭恵夫人に「責任者は私よ」と怒られた!

 

渡辺善美 「みんなの党は保守です」・・・・・・・・・江田憲司に「初めて聞いた」と怒られた!

 

小泉純一郎 「脱原発は細川だ」・・・・・・・・・・海江田万里に「小泉さんが出れば当選だった」と怒られた!

 

舛添要一 「母親の介護をしている」・・・・・・・片山さつきに「姉さんに見させてるのに」と怒られた!

 

衛藤晟一 「アメリカに失望した」・・・・・・・・菅 義偉に「あんたに失望した」と怒られた!

 

石破茂  「500億円援助するから」・・・・・・辺野古の住民に「ジュゴンは、お金食べない」と怒られた!

 

 

 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

 

コメント (2)

森さん あんな発言で後悔?

2014年02月26日 00時01分06秒 | 日記

広島ブログ

  

昨日の朝は濃霧でしたが、昼前に霧が晴れると次は黄砂襲来で、終日遠景の山は霞んでいました。こんな日はPM2.5が飛来しているのかと思うと、外に出るのがイヤになります。夕方のNHK気象情報で勝丸恭子さんが 「広島地方は多かったけど注意報の出る濃度の50%くらいです」 と言っていました。

 

 

それにしても、航空識別圏を設定して外国と睨み合う習金平、北京の有害スモッグ注意圏でも設けて、それの解消を図るのが先決ではありませんか。やたら仮想敵国を想定して憲法解釈までねじ曲げようとする安倍晋三も、似たようなムジナかも知れません。

 

そうだ、ニュース9でも放映していましたが、ソチオリンピックから帰国した浅田真央 「終わったことですからそれほど思ってはいませんが、森さん あんな発言をして 後悔しておられるのではないでしょうか」。結構強いですね 彼女!

 

総理の時代、日本の練習船がアメリカの潜水艦とぶつかって沈んだとき、ゴルフを止めずに物議を醸した人ですから・・・。あれで2020年の東京オリンピックの代表だというのですから、安倍総理が引っ張り出すお友達は、どれもこれも 「ロクなのが」 いません。

 

政府向け辛口はこれくらいで置いといて、外出がままならず、イマイチ腰の常態も良くないということになると、当然家の中ですること・・・読書と言うことになります。

 

 

佐々木譲 の北海道警察シリーズ、読み始めると思わずストーリーに引き込まれ、読み続けてしまいます。

 

 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

 

コメント (2)

安倍総理は「風向音痴」??

2014年02月25日 00時02分10秒 | 日記

広島ブログ

  

昨日の天気は一体どうしたというのか、2月とは思われない春模様になりました。自然界もいつ蕾を膨らませ、いつ開花すれば良いのかとさぞ戸惑っていることでしょう。NHKの経営委員も、国会議員も口の軽いことで発言してみたり、ちょいと批判が出ると慌てて取り消してみたり。

 

新聞の 「窓」 とでも言おうか、洒落と批判が売り物のコラムを開いてみれば、

 

【毎日新聞余録】

天声日本の言葉遊びの歴史は古い。万葉集には万葉仮名にまつわる独特の用法があった。例えば「山上復有山」と書いて「いで」と読ませる。「山の上にまた山あり」なので、山を重ねて「出で」。古今集に登場する「むべ山風を嵐といふらむ」にも通じる巧妙な謎かけだ

▲たとえそうだとしても、楽しさも、しゃれっけもない言葉遊びは勘弁願いたい。原発事故を経て政府が原発をどう位置づけるか。エネルギー基本計画の当初案は「重要なベース電源」だった。これが「基盤となる重要なベース電源」と変わり、政府原案で「重要なベースロード電源」と再変更する案が浮上している▲「ベースロード電源」は英語で、必要とされる一定量の電力を常時供給する電源を意味する。「ベース電源」はそれを言い換えた日本語だったはず。

いったん追加した「基盤となる」の削除は原発推進のイメージを弱める配慮らしいが、いずれにしても原発の基本的位置づけは変わらない▲いったい政府は新たなエネルギー基本計画でどのような日本の未来を実現したいのか。答えがないまま言葉をこねくり回していては、国民がとまどうばかりだ。

 

 

【朝日新聞天声人語】

憲法の核心とされる13条は「すべて国民は、個人として尊重される」とうたう。自民党の改憲草案はこれを「人として」に変える。「個」をなぜ削るのか。草案づくりに携わった礒崎陽輔(いそざきようすけ)・首相補佐官のホームページには、当該条文が「個人主義を助長してきた嫌いがあるので」改めたとある

▼おそらく自民党内に昔からある声を踏まえたのだろう。いまの憲法こそ日本社会に利己主義をはびこらせ、「家」を壊してきた元凶、という議論だ。とするなら、たった一文字の削除が意味するところは重大である▼東京都の舛添要一知事は新著でこれを暴論と断じた。個人の対極には国家権力があるが、「人」の対極にあるのは動物であり、憲法論議とはほど遠い言葉だ――。権力を拘束し、人権と自由を守る憲法の役割からすれば、確かにここは個人でなければならない

▼漱石の講演から1世紀。草案前文が尊ぶ「和」に個人が埋もれてしまう事態を危ぶむ。

 

この2紙が取り上げているように、政府の不勉強がこれでもか、これでもかと批判されています。リーダーである安倍総理からして、世間の風がどちらに向かって吹いているのか 「風向音痴」 なのですから、政務官なんて、天気が晴れなのか、雨なのか、雪なのか 「総理ゴキゲン鳥」 になって、時と場合も分からず、カラスの鳴く場面なのに 「コケコッコー」 と鳴いているのです。ニワトリもさぞ迷惑がっていることでしょう。

 

【ちょっぴりオマケ】

昨日24日の朝日新聞に、週刊誌「ポスト」が広告を出しているのですが、モロに朝日を攻撃する 「見出し」 です。お金(広告料)さえ貰えばどんな広告でも出すのでしょうか。

 

【辛口のホンネ】

たまには 「安倍総理良くやった」 くらいのことは書いてみたいものですが、ダメなモノはダメ なのでしょうか。

 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

 

コメント (2)

安倍さん、お言葉聞いてますか?

2014年02月24日 00時01分41秒 | 日記

広島ブログ

  

「安倍総理のこき下ろしばかり書いていたら、どこかの誰かから目をつけられますで」 と言われそうなのですが、昨日の新聞記事を見てください。2月23日は皇太子殿下54歳の誕生日でした。

 

 

記者会見で皇太子殿下は、「今日の日本は戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受している。今後とも憲法を遵守する立場に立ち、事に当たっていく」 との考え方を示されたそうです。

 

天皇陛下も昨年末80歳の誕生日会見で、「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法をつくり、さまざまな改革を行って今日の日本を築いた」と述べられています。

 

お二人は現行憲法が戦後の日本に果たしてきた役割を高く評価しているわけですが、日本のリーダーを自負する安倍総理は、「現行憲法は占領軍が押しつけたもので、日本人の手で作り直さなければならない」 という意味のことを発言しています。さらに、勝手に憲法解釈を変えるとも言っています。

 

この憲法の 「どの部分が占領軍の押しつけで、日本のためにならない」 ものなのか、「憲法解釈は総理大臣なら誰でも変えても良い」 のか、安倍総理はキチンと国民に説明しなければなりません。「国会審議を尽くす」 などと言いながら、先の特定秘密保護法のように、審議を途中で打ち切り、強行採決する姿勢は、多数議席の思い上がりと奢りでしかありません。

 

天皇は日本国の象徴で、政治不介入の立場ではありますが、安倍総理は天皇と皇太子お二人の言葉をどう受け止めるのでしょうか。

 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

 

コメント (2)