どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

馬、鑑賞

2019年03月17日 20時30分00秒 | 映画
「黒澤明DVDコレクション」30巻で一旦完結、先日コンプリートしましたが、延長して10巻が追加(^_^;

追加分までフルコンプは考えていません(まぁ珍しい作品ばかりなので何だかんだ買っちゃうかも(^_^;)が、山本嘉次郎監督作「馬」だけは観たい思いを募らせていた作品だけにすぐ購入しました(^_^)


この作品、一応は山本監督作ということになってるけど、数作掛け持ち状態であまりタッチしてなくて、制作主任(助監督)だった黒澤明さんにかなりの割合を撮影も編集も任せたらしく、実質的に監督作と言っても良いくらいなものなんだそうです。

もしかしたら「黒澤明 DVDコレクション」の中で一番価値の高い一作かもしれません。

ストーリーは詩情豊かに一年四季を通し、少女・いね(高峰秀子さん)とその家族、そして飼育を依託された馬との交流を描くというもの。

タイトル通り、とにかく馬の描写が素晴らしい!


馬の群れの躍動感たるや...後々の戦国を舞台にする時代劇を彷彿とさせます(*^o^*)

舞台は馬の産地・岩手なんですが、その景観と風習や祭もキッチリと織り込まれ、個人的に出身地でもある私にとって嬉しいものでした。

雄大な岩手山...。

住居部分と馬小屋がL字状に一体となっている、この地方独特の「曲り屋」。

私の親戚の家(祖母の実家)も同じ構造の家屋でした...本当に懐かしい(*´艸`*)

ナマハゲそのものなんですが、岩手では「スネカ様」という同様な風習が...これは知りませんでした。

そして今や盛岡を中心に大々的なイベントと化している「さんさ踊り」も!

バッチリお囃子にのって踊る姿が収録されていて、これは資料的価値も大きいんじゃないかと。

いや〜思った以上に岩手の描写が丁寧で驚きました(*゜ロ゜)

そして本作のハイライトとも言える、主演・高峰秀子さんの乗馬シーン!

大釜停車場(現JR大釜駅)からバスマット(この時代に...しかもこんな田舎で...ってのも凄いんですが(^_^;)製造のため旅立つ弟・豊一を...。

汽車と併走しつつ見送るというダイナミックなシーン!

自分の知る映画・ドラマ・アニメのシーンだけでも「ALWAYS 三丁目の夕日」「いだてん」「ちはやふる」と何作も思い浮かぶほど、見送りシーンの定番ですが...ひょっとして本作が原点?

走り出しアップのシーン以外はスタントマンがやってるらしいですが、その時の撮影秘話を高峰さんが著書「わたしの渡世日記」に書き記されています。
脚本には、いとも簡単に「いねが、裸馬をカッ飛ばして云々...」とあるけれど、私ははじめてお馬サマに乗るのである。

乗馬経験も無く、事前に練習したワケでも無い、そんな覚束ない中での一発勝負だったらしい...今じゃ無謀すぎてちょっと考えられません(^_^;案の定、大変なことになってしまったらしく...
「ハイッ」と、また山本嘉次郎の声が掛かった。助監督の銀ちゃんがいきなり馬のお尻に石を投げたからたまらない。ビックラした馬はビョン!とはね上がって疾風の如く走り出した。<中略>私はどうやったら馬がとまるのかも教わっていない。私は馬の首にしがみついていたが、身体は徐々に横倒しになってゆくばかり...。

全速力で疾走する馬から落馬なんて...想像しただけでも恐ろしいのですが、危機一髪の直前、奇跡的に馬は自ら走るのをやめて事なきを得たそうです...(´д`)
黒澤明は私を抱きしめてしゃがんだまま、私の背中を、まるで赤ン坊をあやすように撫でたり、叩いたりして、荒い息を吐いていた。
 黒澤明の強い、しっかりとした両腕に抱かれた私は、彼の首すじにしがみつきたい気持ちを抑えながら、なんともいえない安心感に、身体の力がフニャフニャと抜けてゆくのを感じていた。


黒澤さんと高峰さんは本作を契機として恋愛関係となるのですが...両者にとって早すぎた出会いは哀しい結末となってしまいます...(´д`)

そんな要素もあって、本作にはいろんな想いが含まれているのが感じ取れ、ファンとしても嬉しい一作なのです(*^m^*)

惜しむらくは...作品内容ではなく、音質の悪さですね。とにかくボリュームも不安定だし、全体的にとても聞き辛い...所々なにを話しているのか判らない。

せめてそこをカバーするため字幕があれば良いんですけどねぇ...。


コメント

樹木希林さん、出演作2本鑑賞

2019年02月23日 21時20分00秒 | 映画
ユジク阿佐ヶ谷にて、本日スタートの企画上映「樹木希林さんから教わったこと」にて

「あん」と「日日是好日」を(^_^)

「日日是好日」は3回目、「あん」の鑑賞は初めてとなります。

映画館には上映開始の1時間前に到着、整理番号は「あん」12、「日日是好日」11でした。

両作とも客層はやはり高く、中高年齢層で女性が7割以上、補助席が出るほど満席状態に。

座席は好きな場所を取りやすい順番でしたので、個人的ベスポジの4列目の右端に...やはり以前ここでの「この世界の片隅に」鑑賞で感じた通り、複数スピーカーに囲まれるほぼ中心位置でサラウンド感も良好、そして床からの低音振動効果も相まって音響効果がバッチリでした(*^o^*)

さて内容は...。

樹木希林さん特有の個性...どことなくスッ惚けていてつつ、どこか忙しげな味わいは両作ともに(^_^)

でも作品に合わせた役作りは物凄いものがあるなと...「あん」は3〜4年前で、「日日是好日」は昨年のもの...にも関わらず、老け具合が逆に見えるんです。「日日是好日」の樹木さんはとても若々しく、シャンとしていて、とても亡くなってしまった人には見えない...本当に信じられない感覚での鑑賞となりました。

両作ともに自然の営みを静かに感じ、慈しむような人物像...小豆ひとつにも人生があるかのような...そしてその小豆の美味しそうなこと!

それに引き替え、人間社会のなんとお粗末でつまらないこと!

カゴの鳥と、できそこないのどら焼きが、作品世界を象徴しているかのようで、とても切ないお話しでしたね。

「あん」「日日是好日」併せて観ると、樹木さんから肩肘張らずに生きる...流れに身を任せるような諦念みたいなものを教わっているような気持ちになります。

樹木さんに包まれているような感覚に...とても良い鑑賞となりました(^_^)

「あん」で共演の市原悦子さんも含め、このお二方はすでにこの世にいないのかと...改めてちょっと信じられない気持ちにもなりましたね...。

あ、そうそう!阿佐ヶ谷行ったら、ともえ庵でのたい焼きね!

あんこ繋がりにもなって、美味しゅうございました(*^m^*)


コメント

スパイダーマン:スパイダーバース、試写鑑賞

2019年02月21日 21時00分00秒 | 映画
3月8日公開予定の作品ですが、試写の機会に恵まれ、一足お先に(*^o^*)

スパイダーマンは馴染みのシリーズタイトルであるものの、シアターの大きなスクリーンで観るのは初めてです。

会場でいただいたチラシと、16ページにも及ぶ情報量たっぷりなプレスシート(^_^)

実は今月12日に虎ノ門へ...という書き込みしましたが、具体的に何を観たのかは伏せておいたのです(^_^;

シアタールームの入口、スパイダーマンもお出迎え!

ムード高まるロビーでしばし過ごし、同行した友人と話し込んでいたら開映時刻も間際になっていて、促されてシアタールームに(^_^;

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントさんの社内試写室らしく、40席ほどのミニシアターという感じでしたが、奥行き方向が小さく、どの席からでも快適に視聴できる環境だなと感じました。私は3列目の右端でしたけど、全く問題なしでした。

作品内容と関係ない話しですが、スクリーンサイズが最大限に大きく鮮明、音響も高音域から重低音までバランス良く鳴らしていて、流石のクオリティ!

おそらくSONY製の4Kとか8Kとかの最新・最高の機材を使っているんでしょうね(^_^)

そのお陰でとても快適に鑑賞できました!

さて肝心の作品内容についてですが...まぁまだ公開前ですしネタバレできませんので、具体的な事は言えませんが、総じてフルCGアニメーション作品として非常に完成度の高いものと感じましたね。

シリーズ通して主人公は庶民系というイメージがあるものの、白人系ではなく、米国らしく様々な人種の血をひく中学生の少年(マイルス)という設定が新鮮でした。なのでスパイダーマンのスーツもブラック。このデザインも個人的に好みでカッコイイです!(*^o^*)

マイルスを取り巻く家庭や学校などの生活描写も丁寧で、このあたり一番好感がもてるポイントです。なんと言っても身近な皮膚感覚がこの作品の一番の魅力だと思うからです。

それとユニバースと呼ばれる他次元から現れる個性豊かな仲間達が楽しかった(^_^)

一番のお気に入りは、スパイダーマン・ノワール。文字通りモノクロ世界から出現したキャラって感じで、ハンフリー・ボガート演じる「カサブランカ」テーストがシブイ(*^o^*)

このタッチで大人向けに一本作ってほしいなぁと思ったくらいです。1930年代を舞台に、ストーリー重視な名探偵モノでね!

...で、本作のストーリーとしては闇社会に君臨するキングピンとの対決へと展開していくのですが、まぁ後半は次から次へとハイテンションで、こりゃ10代〜20代にとっては楽しさ満載ですね。中高年のオッサンには画面一杯、隅から隅まで描き込むかのような情報量で...お腹いっぱいというか...ちょっと目が回る感じでしたけどね(^_^;

CGアニメーション作品としては、表現の緻密さとエフェクトに今までちょっと見たことのないテイストがありました。

手描きコミックス感を強調したいためかスクリーントーンぽい網点で陰影を描写しているのも面白かったし、ところどころ多重な色を重ねて立体感を出すような表現も興味深かったです。

米アカデミー賞・長編アニメーション部門にノミネートされているようですし、新時代を築く作品として印象に残るものとなったんじゃないでしょうか。

続編とかスピンアウト(特にノワールね(*^^*))と今後の展開も楽しみです!


コメント

ファースト・マン、鑑賞

2019年02月09日 19時35分00秒 | 映画
ユナイテッドシネマ新座にて。

座席は E-10 、前通路のあるど真ん中の良席(^_^)

上映時間直前の客入りはこんな感じ...まぁ想像していた通り、空いてました(^_^;

客層は私と同年代の中高年がメインで、男性が大半。子供の頃アポロ計画にときめいていた世代ですね(^_^)

ラ・ラ・ランド」など音楽を主テーマにした作品が多い、デミアン・チャゼルさんで、主演のライアン・ゴズリングさんと再びコンビを組んでの作品。

そしてあまりに有名な史実を描くというので、作風が想像できなかったのですが...これがまた実に抑揚を抑えたドキュメンタリータッチなもんで、正直驚きました。

まだ公開直後だし、ネタバレは控えますが(とは言え、誰もが知っていることなんですけどね(^_^;)まぁ...気になる人は以下記述を避けてください。

---------------------------------

アポロ11号船長であるニール・アームストロングの視点を徹底していて、私生活・訓練・月着陸への道程をほぼ彼の目で見えていたものだけに絞っているんです。

家族の描写もテンション低めで、ハリウッド映画にありがちな派手さもケレンもなくて、どこか日本の家族を主体とした作品のようで...。

その上、子供や同僚の死が頻繁に起きて、精神的に揺さぶられ、並みの人間には務まりそうもない世界。

軍人出身とは言え、よく乗り越えられたものだと、観ながら溜め息ばかりです。

米ソ冷戦期まっただ中だし、宇宙開発競争も盛り上がってた時代ですが、ベトナム戦争や社会の矛盾も噴出していた頃でもあり、常にピリピリした空気感。

宇宙飛行士は「国の威信」のための人身御供...生け贄という感じで、乗り込むロケットも棺桶とか死刑台に見えてくるんです...。

今から見ると覚束ない技術で、本当に綱渡りというか...外洋にイカダで航海するかの如き無謀さだったんだなと実感できる...そんな作品です。

製作陣はニールさん本人に加え、家族にも直接インタビューもしていたようで、家族・同僚(その家族)らの人間模様が生々しく、非常にリアリティがあり、見応えあるものでした。

...なもんでですね...この「ファースト・マン」ってタイトルがヒーロー物みたいで余りに軽く、内容が伝わらないんじゃないかなと。

主役の名をとって「アームストロング」とかにした方がよほど重みがあって良かったんじゃないかなぁと思います。

字幕監修に毛利衛さん...なるほど指示プロセスは専門用語だらけだし、バックアップが必要だったんだなぁと。

チラッとですが、アーサー・C・クラークさんも登場してましたよ(^_^)...だからといって有りがちな「2001年宇宙の旅」オマージュとかはほぼ感じません。

総じて...史実に真摯にむきあう...個人的に好感の持てる佳作だと思います。反面、何を期待しているかで評価も分かれるかなとも思いましたね。


コメント

この世界の片隅に、公開800日目

2019年01月20日 22時05分00秒 | 映画
先日いただいたお好み焼セット

まぁまぁな仕上がりです(^_^)...ちょっとアレだけど、ソースで800と(^_^;

いまだに公開が続けられている...数字や記念日的なものをあまり重視しないタチなんですが、それでも更新される度に驚きを隠せません。


「800」という数字は以前から意識してまして...。

北條家の住所...正確には「八百八」なんですが、原作者・こうの史代さんが架空の番地として、嘘八百からきているということで(^_^;

嘘から出た誠にも通じて、本当に到達してしまった...凄いっすよねホンマに(^_^;

ファンの間では聖地となっている土浦セントラルシネマズ。

この映画館だけで上映2年・700日を越えて今も継続されているという...いつか行ってみたいのですが、距離の問題あって中々実現できず...(´д`)

ひょっとして...ひょっとしたら「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公開まで本当に繋がっちゃうかもしれないですね...。

で...来月もこんなイベントやるらしい。

イベント名は「模型言論プラモデガタリ」。プラモデル作りの視点でトークが展開されるという、ちょっとこれまでとは角度の違うお話しが聴けそう!

もちろん申し込み完了でございます(*^o^*)

2月21日(木)、阿佐ヶ谷行きが楽しみじゃ\(^o^)/


コメント

2001年宇宙の旅(8K版)、鑑賞2回目

2019年01月04日 18時05分00秒 | 映画
3日(木)12時半から...8K放送開始初日以来の再放送です(^_^)

鑑賞場所は、Perfume「Reframe」8K鑑賞時と同じ、コジマ電気へ。

初回放送時は冒頭から見ることができなかったので、今回は満を持して開始時間12時半に間に合うことができました(^_^)

SHARP AQUOS 80インチ(8T-C80AX1)、初売り価格でチョイ値が下がってました。

今のところ8K対応はこの機種一択のみですしね、大きく値崩れするのはまだ先のことでしょう。

売り場はあまり人気なく(^_^;、ジックリと最後まで堪能しました。隣にもう1人、同年配の男性がいて、結局この人もガチ(^_^;...2人並んで見た次第。

で、8Kの解像度をチェックしてみようと、所々 iPhone のカメラを画面に近づけて撮ってみたりもしたんですが...。


こっちはBDパッケージ(2K版)


比べてみると、そんなに大差ないという(^_^;
2K版、割とがんばっていて...あんまり意味がなかった感じ。

まぁ8Kのは管面撮影だし、ちゃんと比較するにはソース画像同士でないと意味がないとも言えるんですが。

肉眼で見た印象って、SN比とかワイドレンジなんかも含めた、全体的な色のりの良さやトーンで決まるんでしょうけど、自前の2K環境で見ている分にはあまり不足や不満も感じないし、今回のBDパッケージ版はそれだけ頑張って良質のものになっているとも。

8K放送も初見は凄いなぁと感じたけれども、正直いって2回目はインパクト薄くなりましたしね(^_^;

現状はこのままでイイやと思えるし、4KのHDR版の方が寧ろ嬉しくなってしまうクオリティなのかもしれません。

比べてみるとエグイくらいの違いに驚かされます Σ(゜Д゜)

4K環境はだんだん現実的になってきているので、手に入れる時がちょっと楽しみですねぇ...(まぁまだ当分先の話だけどね(^_^;)。

さて...引き続き「2001:キューブリック、クラーク」を読みますか。

今のところ「第4章 プリプロダクション──ニューヨーク(1964年春~1965年夏)......ニューヨークでのプリプロの模様、脚本執筆」まで読み終えたところ...キューブリックさんの俺様オラオラぶりと、クラークさんの困惑タジタジっぷりが楽しい(*^o^*)


コメント

2001年宇宙の旅、浸る年末(*´д`*)

2018年12月29日 20時07分00秒 | 映画
今年は1968年公開50周年と言う事もあって、ファンには堪らん状態の一年(主に後半ですが...)でありました。

チケット瞬殺となり一生の不覚をとった国立映画アーカイブ長瀬記念ホール OZUにおける70mm上映(´д`)、画質粗めだけれども大画面の迫力を味わえたIMAX版、そして開局と同時に圧倒的高解像度と鮮明さに息をのんだ8K版の視聴...。

世界的名作ベストテンに必ずと言って良いほど常連作品ですが、芸術品扱いが強く孤高過ぎてしまい、どこかアンタッチャブルな存在となってしまい、ずっと長い間映画館でかかることもなく、新たに語られることも少なくなり、言ってしまえば忘れられた名作になった感がありました。

公開されて50年にもなるということに改めて驚き、それを記念する企画が一気に表れて華やぎ、ファンとしては嬉しいかぎり(*^o^*)

新たな高画質化BD4KUHDも)を愛でつつ、40ページもの企画特集の「HiVi 19年1月号」、そして極めつけは600ページ超に及ぶ大作ドキュメント「2001:キューブリック、クラーク」!

辞書レベルの重量で、かなり制約された体制でしか読めない本ですが、がんばりたいと思います(^_^;

円盤なんかもLD(両面3枚組の豪華版でしたねぇ(^_^;)から始まって、DVD、初期のBD版と何度も買い換えてきましたけれど、間違いなく今回の4Kデジタルリマスターによるパッケージは過去最高のクオリティだと感じます(^_^)

年末年始は2001年にどっぷり世界に浸りたい次第でございます!(*^o^*)


コメント

ボヘミアン・ラプソディ、鑑賞2回目

2018年12月16日 20時10分00秒 | 映画
試写会以来の1ヶ月半ぶりに(^_^)

場所は前回の「裸の島」に引き続き、立川シネマシティ・ツーにて。

2本続けて観るタイミングもちょうど良かったし、何よりも同作は極上音響上映でもう一度体感せずにはいられなかったので。

客席は9割くらいの入りで、客層は試写会同様20〜60代くらいな感じでしたが、平均年齢的には若干上がってる気がしました。近くの席から「2〜3回目」とか「応援上映行った」とか漏れ聞こえてきて、リピーター率も高いようで世間的にも騒がれているほどヒットしたんだなぁと実感(^_^)

さて、2回目を観た感想ですが、ストーリーに関しての印象はほぼ変わらず、泣くってこともなく、前半は楽しく、後半は口惜しく切ない...という感じ。

フレディ役のレミ・マレックの容姿にはだいぶ見慣れてきたかな(^_^; 劇中いくつかあるキスシーンで前歯がガツンと当たるんじゃないかとか妙な心配しちゃったりするんですけどね(^_^;

本人らが憑依してるとしか思えないブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンの三人は何度見てもナイスで、良い奴らっぷりがハンパない(*^o^*)

それにしても、ちょっかい出して目覚めさせてしまったマネジャーのポールにむかついて仕方ない(`Д´)...まぁ遅かれ早かれだったんでしょうけど。

まぁストーリー面はそんな感じなんですが、しかし!サウンド面では想像以上の効果絶大で大満足な鑑賞になりました\(^o^)/

ドラムやベースの低温がドンドカ!ズンズン!鼓膜と腹に響いてきて文字通りの極上を味わうことができました。爆音?というくらいに振動も!

高中音域のフレディやロジャーの声もタップリで豊かだし、ブライアンのギターが煌びやか且つゴージャスに耳を擽ってくれるんです(*^o^*)

いや〜素晴らしい!かなり綿密に調整されたんだなと実感しましたし、ライブ会場で使うPAが本領発揮の楽しさを味わえました。

ラストのライブ・エイドのワイドな広がりとダイナミック感も凄まじかったし...。

やっぱり行ってみてよかった〜(^_^)

ここでならもう一回観ても良いなと思えたし、音響重視のチュプキ・タバタなんかでも上映してくれたら行っちゃいそうです(^_^;

それだけ映像以上に音楽を聴く楽しみに満ち溢れた作品だなと再認識しました。


コメント

裸の島、鑑賞

2018年12月15日 22時50分00秒 | 映画
立川シネマ・ワン、午前十時の映画祭9にて。

映画の舞台、宿禰島は広島県尾道沖に実在する無人島。

その島に暮らす名も無き夫婦と二人の息子(設定上の名前はあるそうだが、画面で示されるのは長男くらい)のとある一日の朝から夜、そして四季を通じて、淡々と生々しく描く作品です。

島には生活に必要な一切のインフラは無く、井戸も無いので真水は対岸(三原や尾道側)まで小舟を漕いで行き、水路から一人二桶の水を汲み、島に運ぶ...これを一日何往復も繰り返す。

汲んできた水を天秤棒で急な斜面を登り、畑のある場所まで運び上げる...とてつもない重労働を無表情に...恐ろしいほどただひたすらに淡々と繰り返す様に圧倒されます。

なぜそんな不便な島に住み、過酷な労働を強いられているのか...対岸で接する人々からもどこか蔑みと冷ややかな視線を投げかけられているものの...一切の説明はありません。

説明どころか、サイレント(無声)映画のように全くセリフもないのです。

言葉も会話も一切ないため、自然音...とくに色々なシチュエーションにおける水の音が強く響き、沁みてくる...。

NHK・BSなどで放送されているもので何度か観た憶えはあるのですが、TV画面を通じてでは伝わってこないズシンとくる重みを感じました。

やはり映画館のスクリーンで観るべき作品だなと。

監督はじめ各スタッフ、そして俳優ふくめ、長期にわたって島で過ごして完成させたその気迫がスクリーンから波状のように広がってぶつかってくるんです。

4Kデジタルリマスターではないものの、かなり丁寧にDCP化され、こんなにも鮮明なのか!と画質面においても驚かされました。

主演の乙羽信子さんが細身の身体でグッと腰を落として、黙々と天秤棒を担ぐ姿...修行僧の如く無表情の顔に流れる汗...気魄以外のなにものでもない。

昭和35年で58年も前の作品ですが、本編95分間...画面から発するエネルギーに圧倒され最初から最後まで息をのみスクリーンに釘付けになってしまいました。

やはりこの作品も映画館で観るべきだなと思いましたし、鑑賞機会を与えてくれた午前十時の映画祭という企画に感謝するばかりです(^_^)


コメント

カメラを止めるな!、鑑賞

2018年11月26日 20時27分00秒 | 映画
色々と話題となり気になりつつも、ゾンビものはなぁ...と映画館に足を運ぶにいたらない作品でしたが...。

なんと!ソフトバンクとギャオがコラボして、24日(土)の24時間限定で無料配信されってことで、有り難く鑑賞させていただきました(^_^)

本編?「ONE CUT OF THE DEAD」は35分ほどのワンカットぶっ通し撮影で、まぁ..段取り大変そう...よく頑張って撮ったねぇ...って感じでしたが、本作のキモというか面白いのは、その「本編」では無かったという(^_^;

全尺96分で、残りの50分ほどは本編の裏話...要するにメイキングとセットにした二重構成になっていたという仕掛けなんですね。

本編とメイキングセットで一つの作品にしているアイデアというか妙技、両者がうまく絡んで機能していて本作の味を醸し出している...思いっきり力業で感心してしまいましたわ(*^o^*)

とにかく主人公でもある映画監督の気弱でお人好し振り、そして豹変する様が楽しく、ドンドン引き込まれていく...キャストの配分も絶妙で、悲哀を込めた現場あるあるの塊なんですよ。

これ以上は伏せた方が良いと思うんで、詳細は控えますが、観て損はない作品だなと確かに思えましたね(^_^)

気になる方は是非っ!

でもこの作品って人を映画館に足を向かせるの難しそう...本格的ゾンビなホラーを期待すると肩すかしって感じだし、この作品独自の面白さってどうやって伝えるのか...。

まぁ結果的にヒットしたワケなんで、狙いは当たったってことでメデタシメデタシなんですけどね〜(^_^)

私の場合、無料配信なんてことが無ければ観ることはなかったかもしれない...触れることができて有り難かったです(*^o^*)


コメント