どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

夕凪の街 桜の国、久々に鑑賞して

2017年07月31日 20時55分00秒 | 映画
先日やっと購入したDVDを観まして...。

「この世界の片隅に」ドップリに浸った状態で観ると、ちょっと印象が違って見えましたね。

ワラジのエピソードは原作通りなんですけど、「不器用」と突っ込まれてしまうところとか...なんか繋がりを感じてズキンときます。

それと、水戸の親戚に預けていた旭を迎えに行くシーンなんですが、皆実と旭がしゃがんで一緒に蟻...いやアリコさんを見たり、それが現代の石川家の長男・凪生が飼育していたりという描写...これは原作にないので不思議に思いました。一瞬「この世界の片隅に」からのエピソードを監督・佐々部さんが採り入れた?とも思いましたが、時期が合わないし。

まぁ...映画の神様の奇跡というところでしょうか(^_^;

映画全体のテイストですが、原作に比して感傷的でメロドラマ色が濃いめだなぁと。

七波役の田中麗奈さんはカラッとして元気な感じで原作からあまり離れていない感じなんですが、皆実を演じた麻生久美子さんの思い入れが強すぎるせいか、暗めで泣いてばかりいる...。

もちろん原作と共通する部分は多いけど、もうちょっと違うイメージ...泣くというより、怒りと苦しみなんですよね。

性格も七波と似て、カラッとしてるんです。

題材が戦争物であり、その中でも最も重い原爆をテーマにしているので、映画としては仕方ないのかもしれませんが、原作者・こうの史代さんは「お涙頂戴もの」作家として見られるのを嫌い、そうならない作風を目指している作家なので、メロドラマの強調はちょっと残念に思います。

それと個人的にガッカリなのは、「桜の国」編での舞台が曖昧なアレンジになってしまっているところ!

原作に出会い、引き込まれた一つの要因が、東京都中野区江古田周辺を舞台にしていたところなんです。

水道タンクと水の塔公園とか...。


中野通りにかかる橋とか...。


小学生からほぼ十代の頃に住んでいた馴染みの強い場所を舞台にしていたので、「おぉ!!」となってしまい、七波や東子たちに強い親近感を憶えてしまったんですね(*^o^*)

以下、中学生だった42年前だった時、水の塔公園で遊びで撮ったヘタクソな写真です(^_^)


当時は水道タンクと呼ばれ、昭和の初期に建造され、戦時には機銃掃射も受け弾痕もあるそうです。

この写真を撮った当時は廃墟となっていて、レトロで異様な雰囲気に惹かれ潜り込んで遊んだりしてました(^_^;

今は整備され、野方配水塔と称し、災害用貯水槽として活用されているようです。

二人が乗ってるブランコで、私もよく遊んでました。

写真はそのブランコを背に公園出入口方向に向けて撮ったもの。

写っているのは、よく遊んでいた友達と、弟(手のひらに乗っているようにとったトリック写真(^_^;)です。

おそらく、執筆当時こうのさんはこの近辺に住んでおられ、身近な地域を舞台にされたんだと思いますが、水道タンクも何か戦争の象徴のようにあらゆるコマで描いてます(見方によっては原爆ドームのイメージとも重なります)。

そして、これが縁にもなって私は05年以来、彼女の作品にドップリなワケなのです(*´艸`*)

映画でも忠実に(片渕さんなら拘って描写してくれたでしょう)、あの近辺を映し出してくれれば、この作品への思い入れももっと強くなっただろうなぁ...と改めて感じた次第です。

とは言え、この作品...映画館で観たことないので、スクリーンだとまた違う印象を持つかもしれません。

どこか近隣で「この世界の片隅に」と二本立てとかやってくれたら嬉しいんですけどねぇ...。


コメント (6)

7月30日(日)のつぶやき

2017年07月31日 04時35分15秒 | 日記
コメント

君の名は。、2回目鑑賞

2017年07月30日 18時10分00秒 | アニメ
パッケージのリリースとビデオ配信開始となり、Amazonビデオを利用。

割り引き効いて、300円でレンタルできてお得でした(^_^)

初回は映画館で公開2週目に観ましたが、まだまだ「シン・ゴジラ」に熱くなっていた時期(^_^;ということもあり、なんだかストーリーに入って行けなかったんですが、だいぶ間を開けたせいか、あるいはテレビで落ち着いて観たのが良かったのか、かなり印象が違ってみえて、なかなか面白く鑑賞できました(^_^)

特に前半(3分の2くらい?)のテンポとスピード感が楽しく、あぁこりゃ大ヒットしたのも判るなぁ...と今ごろ納得できた次第(^_^;

でも後半(3分の1くらい)から急にトーンダウン、失速し、ちょっとダレ気味に。

主人公2人の行動が徐々に交錯するにつれ、くどく判りにくい感じがしちゃうんですね。

特に1回目の時にその時空のズレが把握しにくくて、消化不良を起こしてしまった気がします。

それとやっぱりね...最後のシーンは...いらないんじゃないかなぁと。

全部見せないで、鑑賞者に想像の余地が欲しかったなぁと(´д`)...まぁこの辺は好みが分かれるところなんでしょうけどね。

初見となるカミサンも一緒に観ましたが、素直に面白いって言ってました(^_^;

でも、RADWIMPSの劇伴がうるさいねぇと。歌詞のある曲が劇中に挿入されることにより、意識が歌声に引っ張られて邪魔をするとね。

本作は意識的にRADWIMPS全面推しが特徴で、私自身なんだかMVっぽいなぁと思ってましたが、ここも好みが分かれるところなんでしょう。

それにしても...上白石萌音さんは声にも魅力があって、巧いなぁと改めて思いました(^_^)
コメント

バースデイ・ケーキ

2017年07月30日 17時28分00秒 | 生活
カミサンの誕生日です。

本当は26日なので、4日遅れになっちゃったんですけどね(^_^;

不ルールケーキの4号サイズ。夢の樹という個人経営のケーキ屋さんですが、ここのはクリームがフワッフワで口溶けもよくて(*^o^*)

誕生日やクリスマスはいつもここ!と決めております(^_^)

断面(笑)

季節の果物タップリで、夏仕様としてスイカも入ってて、サクサクな食感が楽しいです。

なにはともあれ、カミサンに感謝をこめて...いろいろあるが(^_^;...これからも共に仲良う年を重ねましょうぞ\(^o^)/

おめでたう!!


コメント

7月29日(土)のつぶやき

2017年07月30日 04時35分41秒 | 日記
コメント

この世界の片隅に、海老名市での上映会

2017年07月29日 16時59分56秒 | アニメ
8月11日(金)祝日に行われる「海老名市平和のつどい 2017」での上映会です。

本日、申し込んでおいたチケットが到着しました。

同市文化会館大ホールで先着1000名(現在は満席・募集終了(^_^))。

終戦に因んだイベント性の強い上映会で、出席者の黙祷や、戦争体験者の語りもあるようです。

今回は私的にちょっとしたチャレンジでして、海老名市近隣在住の義弟(カミサンの弟)家族3人(子供は小1男子)を誘って参加としました。

義弟はアニメに関心のない人で、会ってもほとんど話題にすらしたことがありません。

「この世界の片隅に」なんてタイトルも知らなかったようですし、映画なんて誘うこと自体が初めてで、私の誘いにもビックリしっぱなしで(おそらく...なんか気持ち悪い、映画は口実で何か裏でもあるんじゃ...なんて思われてるのかも...裏も表もない!純粋な気持ちなんですが(^_^;)。

カミサンも「弟は興味ないと思うよ、やめた方が良い」と言うのですが、小1の甥に観せたいのが最大の目的なんです。

年齢的に微妙なんで、義弟も「飽きちゃって騒ぐかも...」と心配してますが、むろんストーリーの全部は理解できなくても、どこか一つでも二つでも心に残るものがあれば良いなぁと。観た後に彼に「どうだった?面白かった?」と感想聞くのが楽しみで(^_^)

最悪、途中で退出なんてこともあるかもしれませんけどねぇ...(´д`)

誰かを誘うのは勇気のいることですが、でも...怖がってばかりいるんじゃしょうがない!この作品だけは自分に関わる人に観せたいと思う気持ちが強く、今までも実母・義母・実弟・友人・仕事で付き合いある人...と様々な人に紹介し、同行もしました。

義弟家族は最難関な対象となりますが、同行はなんとか承諾してくれました。

そんなワケでドキドキ・ハラハラ要素が満載な鑑賞となりますが(^_^;、前向きに挑戦したいと思っています(^_^)


コメント

7月28日(金)のつぶやき

2017年07月29日 04時36分29秒 | 日記
コメント

この世界の片隅に、公式ファンブック購入

2017年07月28日 19時55分00秒 | 
本日届きました「ありがとう、うちを見つけてくれて『この世界の片隅に』公式ファンブック


表紙を見ただけで、なんだかウルッと来てしまいます...。

目次はこんな風。

寄稿者・協力者一覧。

巻頭「『この世界の片隅に』の軌跡」の見出し...。
『この世界の片隅に』を支えてくれた全てのみなさんへ
(;_;)(;_;)(;_;)

190ページに、61名の愛が紡がれています。

まだパラパラッと捲った程度ですが、どの方の想いも瞬間的に共有できる何かが感じとれます。

やはりあの時代を生き抜いた方でもある、漫画家・ちばてつやさんのメッセージは深く、そして重いものがありますね...。

先行で「漫画アクション」に掲載された方の分も多くありますが、一冊にまとまると印象が全く違って見える。

お値段も972円と良心価格(^_^)

作品を二度以上観た人は買うべきでしょう!一度でも、なにか心に残るものがあればオススメの一冊だと思います(そしてもう一度観たくなる(^_^))。

それでは...週末にかけてジックリと読ませていただきます...(*´д`*)


コメント

7月27日(木)のつぶやき

2017年07月28日 04時33分59秒 | 日記
コメント

夕凪の街 桜の国、購入

2017年07月27日 21時10分00秒 | 映画
もう痺れを切らしてしまってですね(^_^;

ついにDVD版を買っちゃいましたよ!

「この世界の片隅に」もこれだけ話題になってるし、9月にゃBlu-ray版も出ちゃうし、同時期に「夕凪の街 桜の国」のBlu-ray版も出るんじゃ無いかと密かに期待してたんですが...なんの音沙汰もなしで...(´д`)

何年か前まではBSとかでも放送してたんですが、それもやらなくなって...。

今年なんか最高なのにねぇ...オトナの事情がどんだけなのかわかんないですけどヽ(`Д´)ノ

ってことで、どうせならと初回限定版としましたよ。

特典の構成は以下の通り。
【特典映像】
・メイキング&インタビュー『夕凪の街 広島紀行』特別版(約30分)
・初日舞台挨拶(約15分)
・クランクアップ記者会見(原作者:こうの先生コメント)(約15分)
・キャストインタビュー(田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、堺正章、中越典子、藤村志保、など) (約30分)
・劇場特報
・劇場予告編
・TVスポット
・キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)

【封入特典】 解説書

【初回限定特典】
・こうの史代先生 描き下ろし”広島スケッチ”
・初回生産限定アウターケース

メイキング&インタビューは公開当時に放映されていたテレビ特番のようです。

インタビュー映像に、こうの史代さんも登場しますが、約10年ほど前で、司会者から紹介時に「お嬢さん」とか言われちゃったりしてます(^_^)

この作品、映画館では観てませんでしたけど、DVDリリース時にレンタルですぐに借りて観た記憶もあるし、放送あればその度にも。

「この世界の片隅に」に比べると、作り込みの甘さやアレンジの具合、そして広島弁もどこか変な感じなんですが、キャストの田中麗奈・麻生久美子・堺正章あたりはイメージぴったりで、どこか心に残って、一定の満足感がある作品なんですよね。

今週末は予定もないので、ジックリと鑑賞しようと思う次第です(^_^)

それにしても...松原さん、こんな素敵な表紙イラスト描いてくれちゃってぇ(*´д`*)

嫌でもアニメ化を期待し、妄想しちゃう...でも立て続けに同時代で、同テーマのって作る方も辛いしなぁとも...ね(^_^;


コメント