どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

言の葉の庭、鑑賞

2013年06月30日 16時41分55秒 | アニメ
もちろん"Blu-ray版"を購入。


新海誠作品を購入するのって初めてでもあります。

彼の作風は好き嫌いが際立つ感がありますけど、自分は好きですね(^_^)

基本一人で作り上げたデビュー作「ほしのこえ」から、本作まで一通り観ています。

やはりベストは「秒速5センチメートル」ですね(^_^)十代の青臭い恋愛全開で好きなんです。

前作「星を追う子ども」は、ジブリ臭くて、自分的にはダメでした(^_^;

これ観て、新海さん?そっち目指すの?って不安になりましたが(笑)、「言の葉の庭」のPVを一目見て、お~戻ってきた!と感じた次第。

この人はやはり、美しい絵と、ベタでも良いから純粋な恋愛モノが似合います。

で?観た感想ですが。

46分という短い尺に当初から不安を感じた通り、なんだか語り尽くせない、正直惜しい作品になっちゃったなと。

主人公の家族や学校の友達など、もう少し掘り下げるとか、広がりを出してくれれば、違った印象だったかも。

絵が濃密で、新海ワールド全開なので、一定の満足感が得られるだけに、ストーリーの深みが不足している気がしましたねぇ?。

逆に尺を半分程度にして、声優を使わず、イメージだけで構築し、観ている者の想像にお任せスタイルにしてしまった方が良かったかも?。

なんと言うか、キャラの描き込みが中途半端な感じなワケです。

絵はねぇ、拘ってますよねぇ?雨の降り方バリエとか、日本人ならではの情感豊かで美しい。

硬質な都会の風景と、緑であふれる公園のコントラストも凄いの一言。

それだけに人間ドラマとの差が際立ってる印象。マジメすぎるのかなぁ?。

新海さん、この路線で今後も突き進んでいただきたい。

でも味が出てくるにはもう少し時間が必要かも。40代になってくるとまた変わってくるかもしてません。

大人の恋愛を描くには、良い意味でのイヤらしさというスパイスが必要ですしね。大味でも許される十代の恋愛とは別次元なワケですから。

作風は全然違うけど、今敏のような作家性ある人として期待してます(^_^)

がんばれ!!


コメント

ATOK 2013 for Mac

2013年06月29日 18時34分22秒 | ソフトウェア
新機能を活用しているワケでもないんですが、何となく毎年毎回バージョンアップしちゃってます(^_^;

今回は初のUSBメモリ格納タイプ。


端子のカバーはクルッと回転させるタイプ。

なかなかカッコ良いデザインですなぁ(*^o^*)

まぁ?新機能は使ってる内に少しずつ気づくもんでしょう(^_^;


コメント

スタートボタン

2013年06月28日 16時00分02秒 | PC系
が復活したそうですよ。


マイクロソフトさんにしちゃ~センス良くまとめたもんだなぁとは思ってましたが(触ったことないので、使い勝手は知りませんけど(^_^;)、あるべき物がないと困っちゃいますよねぇ。

現状Windowsは7で充分かなと思いますし、スマホやタブレット向けなら、やはり無理せず専用OSとして特化した方が良かったんじゃないのって思いますね。




コメント

Appleの広告

2013年06月27日 15時31分00秒 | Apple
朝刊見開きで、ドーン!!


「私たちはエンジニアであり、アーティストである。職人であり、発明家である」

ク~!カッケー(*^o^*)

このセンス!

こんな風に言い切れる会社なんて、Apple社くらいなもんですよねぇ?。



コメント

Appleの広告

2013年06月27日 15時30分53秒 | Apple
朝刊見開きで、ドーン!!


「私たちはエンジニアであり、アーティストである。職人であり、発明家である」

ク~!カッケー(*^o^*)

このセンス!

こんな風に言い切れる会社なんて、Apple社くらいなもんですよねぇ?。



コメント

自作への反応

2013年06月26日 16時08分40秒 | 生活
昨日の宮崎さんの記事みて、思い出したヒトコマ(^_^;


「アオイホノオ」10巻より?。

大多数の人は、きっと思う事かなと(笑)

自分も長年、ゲーム作りをやってますが、自分で作ったゲームを面白いと思うどころか、ゲーム機にかけて見たいとも思わなかったりします(苦笑)

まぁ凡人レベルなんでしょうけどね(´д`)


コメント

宮崎アニメ新作

2013年06月25日 13時56分24秒 | アニメ
自作に「泣いた」?ですか?。


なかなか言える事じゃないですよねぇ?自作に対し、「笑える」「感動する」「興奮する」「勃つ(^_^;」?とか普通できるもんじゃないです。

思い入れの凄い作品になったってことでしょうか。

公開が楽しみですが、なんか微妙な不安も感じたりね(^_^;

しかし、記事の写真も凄いですねぇ!なんか庵野秀明と共作したみたいな?エヴァの後、次作はジブリ作品になるのかな(笑)



コメント

6月も残り一週かぁ?

2013年06月24日 15時34分35秒 | 生活
相変わらずスッキリしない梅雨空が続いてますねぇ(´・ω・`)

まぁそのお陰もあって、埼玉の貯水量はまずまずを維持しているみたいですが?。

布団も干せなくて気持ち悪いしねぇ(^_^;

もうちょっとの辛抱かなと?でもその後に猛暑?やだなぁ(´д`)


コメント

う~ん?微妙(´・д・`)

2013年06月23日 17時04分39秒 | アニメ
昨日から劇場公開と、ネット配信が開始された「攻殻機動隊ARISE」ですが?。

劇場まで足を運ぶべきかどうか悩みましたが、冒頭8分を観て、若干嫌な予感がしたため、PSNで視聴することに。

結果的にはそれで正解でしたね(^_^;

クオリティは高く、人によっては評価も高いんじゃないかと思われましたが?自分としてはイマイチ。

手堅く、優等生的にまとまった作品にはなってますので、一見の価値は充分あるかと思います。

あとは好みの問題なのかなぁと。

私としては、原作はリアルタイムに触れていて、割と好きな作品です。

しかし?押井守によるアニメ化2部作には、その陰々滅々とした演出とアレンジに唖然とさせらて(^_^;

やはり、神山健治によるTVシリーズ「S.A.C.」や「S.S.S.」が一番好きですね!

動と静のバランスがすごく良いですし、「笑い男」などの敵にも魅力があるし。

でも今回の黄瀬和哉と冲方丁による作品世界は、神山作品とは全く違う感じ。

もちろん、それは狙いだと思います。

でも観ていて、ワクワクしたり、唸ってしまうところもなかったんですよねぇ?。

現実と非現実の混乱とか、記憶の改竄みたいな事も描かれはしていたんですが、最初から多用しすぎな感もあり。

敵キャラにも魅力を感じる事ができなかったことが大きかったかなと。

過去篇だからなのかもしれませんが、どこかで見たことがあるような、古臭いとも言えるデザインでもあり?。

まぁ4部作の内の始まりに過ぎないですし、今後の展開では「おっ」と思わせてくれるよう期待したいところですが、配信視聴で充分かなと思うレベルです(^_^;

次回「border:2 Ghost Whispers」は11月30日公開だそうです。



コメント

さらにYouTubeが見やすく!

2013年06月22日 20時09分18秒 | オーディオ&ビジュアル
3月に購入した液晶テレビ"KDL-32EX550"ですが、"SEN"のアプリが追加されてました。

"New Youtube for TV"です。


従来から、ずばり"YouTube"というYouTubeを見るためのアプリはあったんですが、これはあくまでテレビのリモコンを使って閲覧するためのもの。お世辞にも使いやすいとは思えませんでした(^_^;

でも今回のは一味違います(^_^)

端末登録すると、iPhoneとの連携が出来るのです!


選択すると、登録するためのURLと番号(ペア設定コード)が表示され、iPhone側safariを使って、指定URLを打ち込むと、登録画面が表示。


入力欄に番号を入れると?。


スムーズに登録完了しました(^_^)


普通にiPhone側のYouTubeを起ち上げてみると、左上にアクセスボタンが表示されます。


タッチすると、再生端末の選択画面が現れ?


情報がTV側に送信されて、再生が始まります(*^o^*)


おお~これは楽しい!!

これからは、手元のiPhoneで、YouTubeの動画を検索し、サクッとTVで再生ってワケです(^_^)

アプリを起ち上げなくても、iPhoneだけで切り替わってくれるワケじゃないんですが、良い感じの進化です!


コメント