アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

「癒し」から「選択」へ

2017-10-26 06:27:51 | メッセージ
今年は「目覚める人が一気に増える年」というのを年度初めにあるサイトで見ました。
目に見えないものを感じ、自分が感じたものを信頼する人が増えるということです。
音叉セラピーというと知らない人が多く、ごく一部の人しか興味を持たないマニアックな部類という具合だったのが、この後半は関心を寄せる人がグンと増えました。  潜在意識の扉がいよいよ開かれたのを感じます。
春分辺りまではまだ地球に「癒し」というエネルギーがありましたが、その癒しも完了し、個人の「選択」に完全に移行しました。
旅行していてもどこも物価が日本とそう変りなくなってきてるなーと思いましたが、全体が平等(共通)になってきてる兆しです。

今までの時代も「自分の選択」ということではあったのですが、その意味合いは今とは違く、なんとなく周りの雰囲気(世間体)に流されてという時流だったのが、これからは意識的にみんなが自分の選択を生きる時間軸です。
気持ちも考え方もやることも、本当の意味での自己責任の選択ですね。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地球からの問いかけ

2017-10-17 13:23:01 | メッセージ
話がさかのぼりますが、この夏行っていたインドネシアはとっても気候が快適でした。
私たちが向かったのはインドネシアのほど東。  そこではクジラが主流で食べられています。  他にはエイやイルカやトビウオ・カジキやサメなどですが、その数は村の住人2000人が飢え死にしない程度。  
今でこそ小さなエンジンをつけていますが、それ以前は手漕ぎの船のため、捕れたり捕れなかったり。。。船が魚のスピードに追い付けず、逃げられることも多いです。  捕れた時は村人全員に配られます。 シングルマザーのおうちも自分で作ったものなどと交換します。  ここでは地球での、無茶や無駄のない循環が残されています。
船を出す前と生き物を捕った後、必ず祈りを捧げます。   漁の船に乗せてもらったのですが、そこには人間勝手な乱獲はなく、正に天からの頂き物(タイミング)を頂く。  生き物として、生命としての当たり前の、命の頂き方に立ち会わせてもらって良かったと、安堵でした。

関空の利用だったのですが、日本へ着いたら「暑っ!」。  屋久島もすごく「暑い!」快適なインドネシアからだったからかと思ったけど、この夏の暑さは全国的だったようですね。  瞬間、今流行のソーラーパネルが熱を集め、温暖化を助長してるように感じられたのでした。  そしてその暑さをしのぐ為にまた電気が使われ、その電気からまた熱が発せられていく。  その未来、故障や寿命で使われなくなったその膨大なソーラーパネルの行方のことも、どう考えられているのだろうか、、、。
どうか私たち人類が生命としての当たり前を忘れることがありませんように、、、。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

潜在力の回復期

2017-10-15 08:22:35 | メッセージ
男性社会・左脳社会に適応してきた今までの歴史の中で、そちらに傾倒し極まったことにより、元々在る潜在力の10%しか機能しなくなるまでになっていました。  この退化していた潜在力90%がより戻ろうとしています。
過去の記憶(過去世や祖先、宇宙のものまで大きく含めて)や場所など、それは次元を超えて回帰するものとなっているようです。
その体験に驚いて気持ち悪くなったり怖くなったり、はたまた懐かしくなったり、肉体反応が様々あると思います。
何か無理に理解しようとしたり、突き詰めようとしたり、頭を忙しく回そうと試みるというような、この状況に理性を使うことは、抵抗エネルギーとなって混乱と消耗をきたします。  
そのことになんとか追いつこうと理解しようと考えたり、起こる出来事を追いかけようとするかもしれませんが、こんな風に気持ちがはやるときは意識して呼吸を深め、肉体へ十分に酸素を送ります。 
「ちょっと待って理解させて」という思いがあるかもしれません。
気持ちが追いつかない時は理解しなくて大丈夫です。  ただその流れるに任せておきます。  
期待したものしてないものにかかわらず、宇宙からの贈り物は受け取ることで循環します。
「こんなことありえない、いやだ!」「奇妙で変だ」「なんで?」などある人もいるかもしれませんが、後で「あの時のあれはこのことだったのか」という、つじつまの合うときが必ずきます。  だから混乱して「納得できない!」という人も、今はその経験は横に置いておいておきましょう。  こんな時こそ「受け入れる」という女性性を活用します。 思考が巡っているときは左脳優位の状態です。 
内在力の回復期であり、左脳優位に傾倒している段階では、右脳(女性性の側面)を使って(活性化)していくことで、潜在機能がスムーズに流れ出します。
 男性性/左脳(現実力)は合理性・理論・実行・分析・比較。
 女性性/右脳(潜在力)は直感・感情・受動・奉仕・慈愛。
物事を個人ではなく、全体としてみることが助けになります。
これは与えることと受け取ること(宇宙のロータス)のバランスにもなっています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする