アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

ハートのイメージング

2012-12-18 12:07:06 | メッセージ
思考が使えなくなってる。。。
より「感じる」ことの方へ導かれる。
エネルギーを消耗するような事から少しでも離れ、自分の存在へ意識を向けるように。 そうできない状況に居る人も、少しでも自分に意識を向ける時を作る。 朝の5分でもいい。 ランチやティータイムには一人になる。 お風呂の時を電気を消してろうそくで頭を空っぽにしてみる。
ただただ空っぽを繰り返していくと、本当の自分が現れてくる。
本当の自分は何を感じたいのか、どうしたいのか、、、現れてくるものを眺め観察する、まるで第3者のように。

最近特に意識してるのは、お風呂に岩塩を入れ、色やイメージを使って感情の洗い流し。 その時もやっぱり判断や評価価値など頭は使わない、大事に持って自分の為にならない感情を見つけ、今までその感情を持つことで自分を守ってくれていたことに感謝を添えて、炎で燃えて消えていくイメージ、そしてその手放しと共に感情がどんどん軽くなっていくイメージ。
それを繰り返して繰り返して、ハートを前面に引き出していく。 ハートのマークを血流に乗せて体中に巡らせそれを浸透させていく。 ハートに充分浸して満たされている自分。 一日に何度でも繰り返す。
強く強くハートのイメージだけでもいいかもしれない。 特に怒りや罪悪感や反省や悲壮感が強く現れる場合には。

クリスマスは何をしよう。 自分へプレゼントするとしたら? 何があなたを喜ばせるだろう、、、。
あなたという存在を最高に祝福しよう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

戦略じゃない

2012-12-07 12:18:48 | メッセージ
利益を得るには、広めるには、買いたいと思ってもらうには、気に入られるには、少しでも安く売るには買うには、自分のとこだけ注目させるには、、、、マネジメントのあらゆる思惑工作は空振りになるでしょう。
人を喜ばせたい・役に立ちたい・好きなことだからという、一筋のよこしまなく純粋自然に湧き出た意識からのものは、おのずと栄えていきます。
今まではあらゆる戦略が実権を握ってきました。 「負け犬」という言葉を流行らせ、戦略のないものはバカにされる世の中でした。

が、これからはハートが先導します。 愛なので敵もいません。 敵がいないので戦略も必要ないのです。 

戦略を考えるほど、それにがんじがらめになって執着を作り出し、自分が作り出したループにはまってしまいます。
戦略とは敵がいることが大前提ですね。 敵を自分の中に作り出しているので、敵などいないことに気がついていません。
これ、あらゆる人間関係にも同じことですね。  今日の一つ目のブログとつながっていました。
今日は自分の中にどんな愛があるのか、否定しないでただその羅列を眺めてみませんか。
そこから喜びに変えるヒントが見つかりそう、、、。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛と同情(愛情)の混同

2012-12-07 10:30:36 | メッセージ
愛情はそこに情という字が入る為か、無意識に同情と混同される。
情がなければ愛じゃないとでもいうように、そこに正義のように君臨し、情にほだされる、、、。
「情」の語意を調べてみると。。。
  ほだされる・・人情(愛情)にひかされてついその気になる、予定外の行動を取る。
  ひかされる・・心が引き付けられ決断が鈍る。
愛情に「引かされる」ような、どちらかが上位に立つような関係は愛情とかけ離れていく。これは恋人でも夫婦でも友情でも親子でも仕事関係でも、全ての関係に同じ。
役割の違いがあっても、自然の摂理に上下はない。 人間も自然の一種。 あるのはそこに善し悪しや上下をつけたがる意識(感情)というのがあるだけ。

【音】がとっても大事になってくるから、愛情という言葉はそのうちなくなって【愛】という言葉だけになるかもしれない。
音霊・言霊という言葉が聞かれるようになって久しいが、これからはそのものが放つ音・波動が今以上着目されるようになる。
そこにはまるで色でもついているように見て取れる(感じ取れる)人がどんどん増えていく。 それを感じ取ろうと自分に許可した人から次々に増えていく、、、。
放つ人の言葉が、その人の心の中の動機を映し出すから。
社交辞令で言っているのか、気を遣って出たのか、適当に言ったのか、ごまかしで出たのか、押し付けているのか、本心からか。
それらを如実に理解するようになっていく。

愛は何も求めない、何も要求がない、何も期待しない、何も変動しない。
一方的な自分の想いで相手を縛り付けることはない。
与えようとしたり、与えられようとするものじゃなく、そこにある。
そう聞くと、現実味や温度のないような感じを受けるかもしれないが、そこには不変で制約のない自由がある。

愛は不変な自由そのもの。。。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする