アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

癌流行り

2018-04-05 11:09:03 | メッセージ
今私の身近な30代40代で、とても癌がはやっています。
今にして、癌はまったくその重みをなくしました。 
友人が癌(レベル4)になったと聞いても、「あっ、風邪ひいたんだ」と同等です。
レベル4とか症状がきついとか、それは癌とは関係ないというのを理解しました。

ここ2.3年位でしょうか、いつも一年に2・3回は風邪をひいてたんですが、あるとき、「あっ、風邪をひく必要はないんだ」と理解してから、風邪で寝込み、咳込んでる夫とキスしてもひかなくなりました。
夫が「風邪かも、、、」というと必ず風邪に進むんですが、この前は「気のせい気のせい」と言ったら(あっ、意識やエネルギーの錬金術も使ってみますよ。私も今独学練習中)、初めて夫も風邪に進みませんでした。 おおお~
「風邪と癌とじゃ次元が違うだろう」「自分がなってないからわからないんだ!」と思われると思いますが、根底の意識の現れなのは同じ。

日頃10万回!?という想いの数々が思考を巡ってるようですが、それらのほとんどが自分にかけてる暗示でできあがってるようなもの。
症状の進行度合いは、考え(暗示)を身体に貯蓄したパーセンテージです。

だとわかったら、意識の錬金術を色んなことに応用していけたらたのしくないですか?
おとといも癌に苦しんでて深刻になっているという知人の所へ、これまた進行癌をブレークスルーした友人と二人で行ってきたのですが、深刻になるのは筋肉が委縮してる状態。 だからとにかく緩めてあげることをしてください。
新しく自分自身をクリエイトしていく大転換期に立ったその知人に「おめでとう」です。。。

意識がどんどん軽くなる(=概念がなくなる)と同時に、あるのはほんとに「選択と体験」だけ。。。  
〝意味”って結局、いいか悪いか、正しいか間違ってるかと、分離させる概念を持たせるから、自分の中で分離という不協和音になる結果が現れる。

正直=迷惑の方程式を日本人は持っていますが、人間正直で人に迷惑をかけることはありません。  相手の正直さに憤慨するなら、それは概念(これが普通と思い込んでる考え)を充てはめるから、、、。

今個人個人様々な状況の体験下にあるとおもいます。
これらは概念という概念を外し、一人一人が自分にかけた暗示を解く大チャンスにあります!!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする