アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

中庸って?

2015-01-30 13:08:12 | メッセージ
長く強い印象の末作られてきた否定感の数々、あなたはどんな種類を持っていますか?
 *お金を所有すること・与えることへの否定的感情
 *自分自身への否定的・もしくは肯定的感情
 *人付き合いへの否定的感情
 *スピリチュアルへの否定的感情
 *結婚・妊娠・出産・セクシャリティへの否定的感情
 *美意識や年齢への否定的感情
 *仕事や成功・豊かさへの否定的感情
 *親族への否定的感情
 *やる気・好奇心といった情熱への否定的感情
 *健康への否定的感情
 *サイキックへの否定的感情
 *役割や使命への否定的感情
 *愛やパートナーシップへの否定的感情
 *嫉妬・容貌への否定的感情
 *否定的感情への否定観
これらへの否定的感情は総称して「ブロック」と表現されたりしますが、ブロックは否定的感情だけでなく、強い肯定的感情も指します。
例えば「お金をたくさん持つのはいいことだ」「自分は絶対素晴らしい」「家庭を持ってる人間・仕事をしてる人間はまともだ」「若いこと・美しいことは最高だ」「健康なことはいいことだ」「変な噂のない人はいい人だ」など、、、。
要はどちらかに偏っている信念の数々です。
これらは二極性と表現されたりしますが、仏教でよく言われる「中庸」とはそのどちらでもない状態のことを指しています。
このどちらかへの偏りが「不満・不幸」を作り出します。 なのでそのどちらにも偏らなければ「平和」に居ることができます。
偏りとは何かに枠付ける形のことです。 
いいこと/悪いこと、成功/失敗、美しい/汚いなどは、それ自体の価値を決めるものではなく、個人の感性の一種で、それら個人の「感性」という評価によって傷つく必要は全くないのですね。
個人の感性というものは本来決まりや答えがあるものではないですよね?
「傷ついた」というのは人間特有の「感情」というツールを使ったコミュニケーション手段で、本質は誰も傷つけてないし傷ついたりしてるものではないのです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

好奇心がターニングポイント

2015-01-30 11:56:06 | メッセージ
屋久島は自然が豊富です。 自然が手使ずでそのままであるほど、その自然物の一種である人間の本質もそのままでいられます。
本質とは自然物と分離されず繋がっているということ。 繋がっているとは常に交信している状態です。 
例えば言わなくても分かってしまう、感じ取ってしまう状態です。 動物・植物・鉱物・エレメント(火・風・水・地)・無形存在・地球・宇宙・銀河・グレートセントラルサン・アカシックレコード、本来これら全てと繋がっています。 そして自然物からより離れているほど、必然的にこれら感覚器官は閉鎖された状態になっていきます。 だからよりこの自然物から離れた状態に在るところは、意識的にでも自然物のような状態を作り出さなければどんどん退化してゆくことになります。
本質を失っていなければ誰かや何かの知識なく、物理的にも精神的にも瞬間的に目的地へ行くことができます。
「本質」は誰かや何かを必要としないんです。 
必要としないそこに在るのはシェア(分かち合い)という刺激だけです。

生き生きとした好奇心を感じられないのは退化してる証拠ですが、この退化を戻す方法の一種として、ヨガだったり料理教室だったりスポーツだったり音楽だったりの興味の対象が展開されています。 これら好奇心から潜在力が引き出されます。 
ひとり一人の潜在力は好奇心なしに開かれることはありません。 潜在力が開かれないと生命の喜びを味わえません。
自分の好奇心をどうやって引き出すかが、大きなターニングポイントになります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ありのままに・・・

2015-01-22 16:11:20 | メッセージ
「抵抗しないで認識する」の「抵抗」は、‘けど‘をやめることです。
眠いけど・行きたくないけど・したくないけど・言いたいけどの‘けど‘をやめて、ありのまま受け止めしてみることです。
「けどそんなこと常識的じゃない!」と自分の素直で正直な気持ちをまた無視しますか? 今までいくつ無視してきましたか? 自分のどんな正直さよりも優先してきたことをノートの左のページに書き出してみてください。 きっと書くのが嫌になるほど出てきますよ。
そんなものの中の一つ、まずは一つ、自分の本当の言い分を今、叶えてあげてください。 そしてそのあと右のページに、叶ったあとどんな気持ちがしたかを書き上げていってください。 
一つずつ一つずつ、そして右のページが埋まる頃、どれだけの「作りあげられた常識」の中でてんやわんやしていたか、解放されて軽くなった自分を体験することになります。
ありのままの自分の気持ちに正直になったら、ありのままの相手を見ることができます。
「いい人」や「すごい人」や「偉い人」「野蛮人」や「非常識人」や「ダメ奴」なんていません。 色をつけて人を見てるなら、色をつけた自分を見せてるからです。
何度もお伝えしていますが、対象や行いが先ではないですよ、まずは自分です。 自分のありのままを認めることなしにいい顔して調和しても、それはやっぱり「調和してるふり」でおわります。 その先への展開は起きません。

意識はエネルギーです。 エネルギーは情報です。 情報は伝わります。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい経験を!

2015-01-21 12:02:49 | メッセージ
〝自由で大丈夫"の追記のようですが、「自分に新しい経験をどんどんプレゼントしてください」と伝えてきます。
「新しい経験」という魂/生命への滋養を受け取ってくださいと伝えてきます。
自然は、宇宙は、とっても気前がいいんです。 それらをどうぞ受け取ってください。
「えっ、いいの?」「あとで高くつくんじゃない?」「騙されてるのかな」なんて疑わないで、これからは受け取り上手で行きましょう。
疑う練習の時代は終わってるんです。楽しむ時代に完全に入ってるんです。 ただ純粋に受け取るだけです。 さっきのような前置きはなしですよー。 古い時代の考え方・やり方に沿っていたら享受できないですよー。
今この時代に生まれてきたのは祝福を享受するためでもあるんです。生まれる前に「は~い」って威勢良く手を挙げて、この時代のこの地球を全うするって来たこと思い出してくださいね。

最近ローフードというのも流行ってるんでしょうか。 生で頂くというのは生命としての、野生や本能の感覚をそのまま頂くので、本質を見失わないことに役立ちます。 質のいい、生命力を失っていないものを嗅ぎ分けてください。
小さな家庭菜園プランターなどでも充分です。 農薬や肥料とか基本的にないものというゼロからの知識で、自分で自分を育てる感じですね、自分を薬漬けにしたいと思わないですよね、自分だったらどんな土の中で育ちたいでしょうか。 
衣・食・住を自分でやってみると生命ってなんだ?という根本に突き当たります。 本来なら考えるまでもないことですが、何千年という戦う時代の記憶がその根っ子を失わせました。 だからもう一度思い出す作業が必要なんです。
そのために必要なメッセージを、森羅万象・宇宙や集合意識・潜在領域や無形存在から受け取り、お伝えさせていただいています。 これは私の生命の約束でした。
みなさんも「自分が全うしたいこと」の大まかなテーマのいくつかを決めてここにきています。 思い出したくてウズウズしてませんか? それはなんだか分からないようなワクワクした感覚としてかもしれないし、それはなんだか分からないような不安や憂鬱とした感覚としてかもしれません。それはなんだか分からないような怒りとした感覚かもしれません。
今あるエネルギーは本来の生命力に大きな刺激をもたらしています。 それはその人の感情・意識に見合った形となって現れています。
抵抗しないでただ現れたものを認識してください。
眠い・行きたくない・したくない・これ好き・どれもただ認識して、そのことに一つづつ忠実に答えていってあげてみてください。 ゆっくりまずは一つ、自分の要求を聞いて実行してあげてください。  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

え~らやっちゃ え~らやっちゃ よいよいよいよ~い(((o(*゜▽゜*)o)))

2015-01-20 14:32:01 | メッセージ
なんだかその人の人となりが、本人の意識ないところでだんだん顕になっていますね。 頑固さ・強がり・子供っぽさ・意地っ張り・表面ぽさ・よこしまさ・楽観さ・・・あれやこれやの一つ一つは誰も彼もみ~んなが持ってる性質、だから詫びれることも嫌がることも隠す必要もない、だって全~部自分だから。

そういえば今年の始まりのブログタイトルは「もう自由になって大丈夫」だった。
表現の自由だけじゃないです、個人の自由、生活スタイルの自由、性格の自由、やり方考え方の自由、働き方の自由、衣食住の自由、なんもかんもです。
もしそうじゃないように思えるなら、自分が自分にストップかけてるだけです。 まともな良識ある大人でいるふりの自分、それも自分の選択、個人の自由だけど、本当にそれ幸せ?喜んでる?
人に迷惑かけない良い人でいるのもいいけど「なんかあの人幸せそう」って自然にまわりが感じちゃうような人と一緒にいると、根っこから元気になっちゃいませんか? それともそんな人見ると腹が立つ? もしやっかみが出ちゃうなら本当の自分を生きてないからですよ。 自分で自分の自由を奪ってるからです。
私の周りでは自分が作り出していたもの(苦労・疲れ・怒り・恥・嫉妬・寂しさ・孤独など)に気づく人がどんどん増えてますが、みなさんの周りはどうですか?
人から見られた自分を体裁良く生きるまがい者はもうおしまい、もうそろそろ本者(ほんもの)で生きましょうよ。
そしたらみんなの/世界の自由と幸せが波及していくんですから。

今年は「自由を満喫して~」って祝福されてますよ~(*≧∀≦*)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする