アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

自分の感覚が指標

2019-01-29 10:29:56 | メッセージ
世間体でも常識でもない、自分の感覚だけが指標の次元に完全に入っている実感は持てたでしょうか?
より、センタリング(自分のセンター)が重要になります。
センタリングは船で例えるアンカーのようなもの。
船を港に着けて、アンカーを降ろしていなければ、雨・風・波などで船はフラフラとさまよいます。
センタリングしていないのは、このアンカーを降ろしていない船と同じで、世間や一般常識と認識されているものや、予期せぬ情報やニュースという、世の中の風雨波に動かされ、悩み多く対処できないストレス情報が脳に蓄積されます。
自分の本当の気持ちを言えない、やりたいことを表出できない、時間や仕事ややらやければいけないことが気になる、人の言ってることややってることに心を痛める、多くの事を否定的・批判的に受け止めてしまうという、これら世間の風雨波もストレスの仲間です。
毎日センタリングされていれば、これらを自分の感覚に則って、アイデアで対処するようになります。
愚痴や不安や疑念や心配というものが現れにくくなりますし、現れても切り替えしのアイデアが出やすくなるので、ストレスはみんなアイデアに替わります。
アイデアの源泉(チャクラ)が流れていれば、そもそもストレスはないことが分かります。
今風邪が流行っていますが、風邪も各々それぞれのストレスから来ています。
風邪はうつるもの・はやるもの・寝込むもの・薬(注射)が必要なもの・など、風邪の事に限らず、あなたの認識(前提)が変われば、存在しなくなる事さえ可能です。








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする