アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

ゼロ波動は自分次第

2018-07-31 15:58:45 | メッセージ
「偉い人/すごい人が言ってるからとかやってる」「先生が言ってる」「かなりの確率でこうなる」「間違いない」「事例がない」など、外の情報に左右されないように気を付けて下さい。
私たちは今、自分自身の宇宙/ソースを信頼する時間を与えられています。
「オーム」は始まり/創造の音とされています。  それは無から有を生み出す無限の音を表し、限界や制限・規制のないところからの始まりです。  私たちはこの音の始まり(創造の基)を思い出し、定着させようとしています。
ここは3次元的な、全ては目に見える枠の中に納まる思考と信頼性(ねばならない・~のはず・~べき・普通はこう)を使っては、決して見ることのできない世界です。
ここにはなんの力(葛藤)も加えない、いわゆるゼロ波動になることがポイント。
全ての人がここ数年で、自分の頭・心・気持ちの揺らぎ(プラスに偏ったかマイナスに偏ったか、偏りの幅はどんなものか、どこに自分のベクトルを置いてきたか)を点検してきました、それを選ばなかった人たちも含めて、、、。

このゼロ波動ポイントを探す課題が今です。  
みんなが自分をヒントに、自分で見つけます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三位一体化

2018-07-16 12:45:46 | メッセージ
前回のブログから夏至を越えて、更なるチェンジ・転換の時期でしたね。
脱皮した人、脱皮したい衝動にかられる人が多かったのではないでしょうか?
6月はどーーーっぷり屋久島の梅雨。  屋久島だと気圧で体調崩したり、天候によってやる気の起きない状態になる人が多かったるするんですが、あまりそういう状態には縁遠かったんですが、今回はぬぼ~~~っとやる気の起きないボーっとした状態に、、、。
あらっ、私怠け者になっちゃったのかしら?  なんてこともよぎりながら、やっぱり経験して気づく見えてなかったところ。。。
「雨ですることないな」「退屈だな」「気候が悪いな」とかのマイナスイメージはやっぱり心を病みます。 その心の病みが体調に連結します。  体調が悪くなるまではいかなかったけど、そうね、そっちの傾向にあったのね。。。  梅雨には「梅雨休みにやること」を準備しておこう!

私が好きなユーチューブオラクルカードリーダー、「イーリスさん」と「TORA KAZUYAさん」。。。そしてごく最近は「鳳万里香さん」
その鳳さんのリーディングセッションから、何度もメッセージで通達がきているいくつかを、リーディングアンサーで伝えていました。
 その1・言葉にして行動する
     ex:「顔を洗うぞ」→顔を洗う  「一週間〇〇をやるぞ」→一週間続ける  「自転車で~まで行くぞ」→自転車で行く
どんな小さなことでも実際声に出し、それを実行する。 「自分は決めたことを全てできる」ということを思っているだけで終わらせず、セルフイメージに行動を伴って刷り込んでいくことで、その状態を脳に記憶形状していく。

 その2・「これ違うな、よくないな」と思った自分が使った言葉や、失敗・うまくいかなかった時、「あーまたやっちゃった」とか「またできなかった」という後悔モードを使うのじゃなく、「これって自分らしくないな」「本当の自分じゃないよね」と言う。
これは、「もっと簡単にやれる人間なのに」を意味するので、セルフイメージを下げることなく失敗を成功させるぞという暗示につながる。

 その3・夜寝る前「明日は良い日になる」  朝目覚めたら「今日は良い一日になる」
そこにしか意識がいかなくなり、脳が「いい日になる」という情報しか集めなくなる。。。→というシンクロ・宇宙の法則・出したものが返ってくるものという良い連鎖、因果応報を使う。   

私が受け取っていたメッセージでは「思い(思考)」「言葉」「行動」という三位を一体化するということ。  そしてそれが脳にはっきり記憶形状されるまで、何度も練習をするということを伝えられていました。
潜在脳は良いか悪いかの判断はしません。  ただ刷り込まれてくる情報(繰り返される自分へのイメージだったり言葉)を基に、それに必要な、そのイメージにぴったりくるものを集める土台を作ります。
例えば、「自分は落ちこぼれ」のイメージの刷り込み→落ちこぼれを裏付ける状況だったり、人や環境を揃える土台があなたの脳波となって放出される
     「自分は緊張しい」→緊張を裏付ける為、脈拍を上げる  など。
この例えは、負の三位一体化テクニックですから、あなたは真のあなたである三位一体テクニックを練習していってくださいね。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする