アクエリアス期「蓮花のささやき」

弥勒エネルギー&自分和合のアチューンメント(同期/伝授)
自己と光の拡大
音叉セラピー・恩寵メッセージ

5次元的思考

2018-06-06 06:33:09 | メッセージ
2011年には3次元から4次元へ移行する前で、おととしから去年にかけては、4次元から5次元へ移行しようとする時期だったTさん。
先日会ったら5次元へ無事移行していました。
バシャールの言葉を借りると、「ライトボディの成長とともに、3・4次元の制限は薄れていき、5次元以上の真実が入ってくる」

5次元的思考は時間と空間・お金に左右されません。
より超感覚が鋭敏で、シンクロが普通です。
より物理的な条件に左右されなくなります。
過去や未来(今より前や先)に足を引っ張られることなく、場所は関係なく「ここじゃないとダメ」ということがありません、浮遊空間(多次元)からの情報のキャッチもたやすくなり、意識はどこへも行ったり来たりできます、資金があるかないか関係なく、それは集まります。

自分一人の努力や忍耐じゃない場所が5次元です。

ここに行くのは、「そこへいく」と決めるだけ。。。
暗示(意図)をポジティブに使う方法です。  自己暗示はいいようにも悪いようにも使えます。
ここでも「信頼(純粋)」の力が補助です。
「そこへいく」と言い聞かせても、「そんなことあるのかな」「本当にそれだけで?」というような、疑念は自分への不信です。
自分自身に、「言い聞かせる」という強制と、「行く」と選択することは大いに違います。
自分の進化への選択をすると、そんな魂を応援するサポートと宇宙が動き始めます。
「あなたはどうしたいの、どうなりたいの?」と、自分自身にはっきり問い、決めてください。
どんな時にも、外で起きてることではなく、あなたの中で起きてることに注目していてください。
変化させるパワーを使うにはまず、自分の意図から始めます。 それは想いというあなたの音色/波動

無限の自由

2018-06-02 11:30:47 | メッセージ
自分に与えられた舞台を感じ、見ながら、魂はみな自分で学びます。
相手の要求が示された時以外、教えることなどはありません。
答えは自分の中に持っています。  乳飲み子にも、、、。
「あなたならどうしたい?」「あなたはどう感じたの?」など、あなたの中の答えを聞かせて、というニュアンスの質問だけで十分です。

表現の無制限自由を与えられた相手は、あとは自ずと自らの姿を見せてくれるようになります。
これが相手に対する「あなたのままでいい」という表明になり、あなた自身をも自由です。
その質問の中に、あなたの期待や要求・お仕着せがあった場合、相手はそれを察し、本物の姿を隠します。
相手(それが誰であっても)との接触の中で、あなたはどれだけ自分を自由にしてあげますか?