アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

混迷と試行錯誤続いた2か月を通過

2018-05-30 09:39:28 | メッセージ
満月の凝縮した(湯あたりのような)混迷する感じが続いたここ2か月、ようやく落ち着いてきました。
これから「本当の皆さんである愛としての自分自身を経験することを切望するようになる」とのこと、それらの兆しは見えてきています。
ここで言っている「愛」とは、指し示すような、自分の思いやりを証明するような愛ではなく、意図せずとも勝手に(自然に)沸いてくる愛。

私たちは2元性の世界に住んでいますが、今やネガティブ性昇華(消化/しっかり噛んで咀嚼し栄養とする)の力を持っています。
周りのネガティブが気にならなくなり、それを可能性や希望と言ったものに変換(無限性を実現)できる力です。
「そんなことない」「そんな兆しは見えない」という人たちも、本当はその力がついています。 その人がそれを認めないので、実感できないし発揮できない、、、ということを自分に案じがけしているのです。
私たちには等しく意志の自由があります。

魂(自分の根源)は皆、進化を望むものと思っていた頃、それを相手は「望んでいない」、というのを知って別れた以前の結婚。
最近知ったのですが、今生「進化しない」と決めてきている魂もいるとのこと。
それはよっぽどの「闇の役目」を果たすと決めた、ヒトラーのような魂かと思ったのですが、進化には宿題や課題やテストのような中から気づきが伴うため、それを苦痛なままにしておく人もいますし、一般的に過ごしている人の中にも、この時流の大転換期に参加するだけと決めた、という魂もいるのかもしれません。
いずれにしても個々魂の自由選択です。
進化をゆっくり望む人も、時間をかけてマイペースに進んでいきます。 
よそ見せず、自分の進化に精を出しましょう。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幼稚園と老人ホームの合体

2018-05-21 08:42:02 | メッセージ
昨日幼稚園と老人ホームというフレーズが出たところで、、、。
7年前、この二つを合体させるというビジョンを受け取っていました。
あっ、もしかしたらその頃もブログで提案したんだったろうか、、、。
メッセージを再度忠告したり、強調するよう促されることがあったり、私自身が書いたことを忘れていたりで、いつも内容の重複が多かったり、強調を強める為と私の性格も手伝って、極端な言い回しになってたりは済みませぬ。。。m(__)m

で、本題に戻って、、、。
「毎日同じことの繰り返しはボケるよ~」とは夫の言葉(性質もあるけど、それも分かってるから難なく冒険的なことに飛び込んでいくのだろう)。
老人ケアホーム全般で、同じような人たちと、同じような毎日を過ごしているお年寄りたちと、同じ毎日に辟易して疲れてるスタッフ、というところは多いのではないでしょうか、、、。
子供と一緒だと想定外のことが多く、ボケてる暇ないですね。 子供たちも義務感のないお年寄りたちの目元で、のびのび自発性を発揮でき、自然と道徳心もついてきます。
もともと子供たちにある愛もいかんなく発揮でき、この組み合わせの双方からの相乗効果は大いに見込まれます。
これらの関係者にこのブログを見てもらえたら、今こそ是非検討を進めてほしいと願います!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

瞑想

2018-05-20 13:54:34 | メッセージ
「マツコの知らない世界」の番組で、ヨグマタ(ヨガの母)の相川さんが出演していましたね。
幼稚園や老人ホームなどで、瞑想を取り入れるところが増えているようで、こういうところからも精神世界と現実世界は一緒なんだというのがどんどん認識され、これから標準になっていきます。
瞑想は今までの認識を自分の照準(自分で答えを導く)に戻します。
今何が正しくて、何が自分の本当にしたいことで、何が自分の感覚なのかわからなくなってる人が多くいます。
これは自分自身を安定させ、しっかり自分の照準をアンカリング(船のアンカーを大海原に落とし固定する意)させる為の揺らぎで、どうしても必須です。

マツコさんも言っていましたが、「そろそろ瞑想といった世界にも目を向けないと、自分の力だけじゃどうにもできない」。。。
最近は富に多くの人が、「自分の力だけではどうにもならない」と感じていると思います。
そうなんです。  もう自分の努力や忍耐だけで進む時代じゃないからです。
今まででも何か分からないけど自分は助かったとか、導かれるようなことがあったとか、いかない方がいいと思ったとか、「なんとなくそう想った」とかいうようなことは誰もが経験しています。  それらは目に見えない存在(自分の神聖な部分・祖先・神的な存在・亡くなった人だったり・シンクロなどなど、、)シックスセンス、魂が「知ってる」と解かる領域、宙に浮遊しているグリッドへの無意識でのアクセスなどなど、、、。
そういったところを、今度は意識的に自らキャッチしていくのです。

瞑想はこんなアクセスも容易にしていきますが、瞑想に慣れていない人は安心できる人の元で練習するといいです。
始めは雑念だらけでとても瞑想なんかできる気がしないと思いますが、深い呼吸の練習になるので、心の揺らぎも落ち着かせていけるようになります。
まずは今の浅い呼吸(という意識がない人もいると思いますが)、呼吸に意識を持っていくというところから始めてみるといいです。   
自分の呼吸を知るところから、知らなかった、発揮されてこなかった潜在的自分を知る架け橋ができます。
今まで意識を置いてなかったところに「意識的になる」というのは、全ての人にとっての今のテーマですから、大いに役立ちます。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自己責任

2018-05-12 12:51:46 | メッセージ
自身の許容量・限界・キャパシティを確認してください。
自分の手に余る範疇を抱え、体や脳がパンク状態の人が多くあります。
相手の気持や立場を察することや、人の期待や望みに応えるのは、自分の心の面倒を見れる人がすることです。
しっかり自己責任の境界を認識しましょう。

人の面倒は自分の余力で行えること。
義務感や責任感や罪悪感などという、ねばならない・するべき・そうしないと悪いからなどのような、「頭」で考えて行うようなことではありません。
愛(ハート)から出るものはいつでも自然発生です。
本来潜在的にあるあなたの「愛」を差し置いて、「頭(理性)」で行おうとするからパンクするのです。  
頭頂は宇宙や天と繋がる(アイディアやインスピレーションを受ける)ところで、本来空っぽに明け渡すところなのです。
その頭頂に物事を理性や理屈で考えてなんとかしようと、論理的思考を持ち上げるから、熱く蒸気が上がり、イライラしたりフラストレーション溜まり、感情的・精神的や肉体も充電切れのようなことになります。
とにかくコントロール(自分が考えてなんとかしようと動く)から離れましょう。 そして「NO]と言いましょう。  あなたが「NO」と言えば、他の選択肢を考えざるを得ません。  他の人の視野が広がることにもなるのです。  あなたが「NO」と言わないことで、周りもその状態から進歩するチャンスが奪われます。
  
もし今悩みや苦しい状態にあるという人は、今まで自分がしてこなかった、今までと真逆の選択を行ってみて、その経過を観察するということを思い出してください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こどもの日

2018-05-07 18:17:32 | メッセージ
にじのこ祭りという、大分でのお祭りに出かけてきました。
今までキャンプやお祭りは、大人についてきてそこで遊ぶだけだった子供たち、、、が、いよいよ表舞台に出てきました。
ステージに立ち、売り子をし、好きにダンスを踊る。 今までの大人の操り人形的な参加ではなく、こどもたち自身が主体的に動き出しました。。。

思いやりや優しさ、愛し方、盗みや嘘や殺しはいけないなどは、教わるものという時代に生きていた今の大人達ですが、今の子供たちはそれは教わるようなものではなく、自分の中にあるものというのを知って生まれてきています。  そんな時代遅れの話は当たり前すぎてつまらないのです。
「そんなことよりもっと創造的な話をしようよ」と、大人たちに呼びかけ牽引しています。

守りに傾きすぎると、制限の檻の中で自由に創造性を自発できなくなります。  それは私たちの時代に散々経験し、学校の在り方にほとんどの人が疑問を覚え、自らも抵抗してきたという人が少なくないのではないでしょうか、、、。
自分の守り方は、遊びや創造性の中から自ら学んでいきます。

子供たちをいかに守り護衛していくかに比重を傾けるばかりでなく、自分の創造性をこども達とどう融合させていくか、そんな「アイディア」の方にベクトルをシフトしていきましょう。
創造性を自由に使える状態にあれば、慣れない環境や困った状況にもアイディアで対応していきます。
これは子供大人関係ありません。  
これからは創造性をどんどん自由にさせていきましょう(^^)/


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする