アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

変化という祝福。。。

2011-06-26 17:21:47 | メッセージ
変化は大抵予期せず、心の準備ができる前に起こります。
季節が誰からの許しを請うことなく移りゆくように・・・。

心から充足していたら、新たに起こった変化には不安を感じないでしょう。 宇宙はいつも自分の応援をしてくれて、自分の為を思っていてくれるから大丈夫という安心と信頼の感覚。。。

私達は、「変化」を流れを止めるもの・物事の運びを変え邪魔するものと捉えがちです。
「変化」は、決して長く留まる必要のない場所から、別の場所へと運んでくれます。 それが時として大きなうねりのように感じられるものでも、その流れがあることで正常(清浄)化へと向かう場所へ。
その流れ(変化)に抗うと、体の中の血液が過剰反応を起こし、実際には取るに足らない問題が大問題のように感じられるでしょう。
ただ、その祝福を受け入れてください。
「えっ!?」と声を出した時ほど、実際には大きな祝福であることがあります。

小さな子供が突然転んで、何が起きたかとその不安に大泣きする時のように、ただその事態に驚いたとしても、それは未知への体験への驚きだけ、実際にはまた新たなめぐり合わせの対応の仕方を経験しているだけ。
自分の心の動きの観察をするだけ。。。

あなたの中にある勇気とつながって、人生の必要な所に適用する為に。

  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あなたに祝福を。。。

2011-06-16 20:51:59 | メッセージ
相手の経験を通して自分を知る。 自分でないものの体験を通して、自分がどういう人物であるか、自分の意識の立ち位置を知り、自分の見解が見えてくる。 自分の在り方や考え方を改めて見つめる。 自分でないものの経験を通して自分を形成しているものが何かを知る。
あらんとする姿が見えてくる。

あなたは自分の良さを知っています。 自分の価値を知っています。 人からの評価は重要じゃなく、誰に認めてもらわずとも、自分が自分をよく見ているか。
あなたがあなたでいる限り、幸福度が増す。 心の安らぎの場へ向かう。

人・状況、何に対してもジャッジメントをしないで下さい。 そのことより、自分が何をどのように感じているかだけを、ただ観察して下さい。 物事は、自分がどういう存在であるかを教えてくれている。 他者との違いを認識することで、自分の選択を確認するだけ。 自分のやり方はこれだと認識するだけ。 
自分を受け入れることが他者を受け入れる器になる。
相手には相手の想いがある。同じである必要はない。違いを見つけることで拡がりを体験する。

判断・ジャッジをしない、ただ眺め、自分の反応を確認する。 自分が物事にどう反応するかだけを確認する。 自分を理解する。
物事は受け止める為にそこに在る。 

リラックス&リフレッシュ。  大好きな自分に祝福を、ありがとう。。。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コントロールを手放す

2011-06-16 00:08:59 | メッセージ
自分の「想い」が創造性を発揮し、その想いを現実化します。

現実をコントロールしなければならないと思うほど、そこに分析や判断が入り込んだ、コントロールしなければならないような状況を招きます。 「ならないような」で、実際コントロールが必要な状況というのはありません。  ただ自分が状況を把握・理解していたい衝動に則って分析判断し、安心しています。

水泳をする時と同じで、自分でコントロールしようともがくほど沈みやすくなり、ただ身を任せるほど心地良い状況を何のコントロールもなしに楽にいることができます。
「コントロールしたい・している」という想いは、その想いを解放する準備ができたということ、その想いを強化している習慣・パターンや信念・その動機を見つめ観察してみる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自信は自分を大切にすることで自然に湧いてくるもの

2011-06-07 23:47:13 | メッセージ
何度も何度もフィードバックがきます。

その人にとって、それぞれの芸術(癒し)をするように。。。

子供の頃はみんな自信を持って自分の興味関心事になんのてらいもなく飛び込んでいきました。 それが年齢の経過と共に、様々な圧力により、本来とても自由なはずの自分のアーティスティックな部分が萎縮してしまいました。
みんな持っているのです。 みんな元々アーティストであり創造主であり自主的な生き物で、自信に満ち溢れています。  自信そのものです。

今まで、自信は経験することで外界から得られるものだと信じ込まされてきました。
ですが、どこで何を経験したら自信がつくのかと、外を探してもありません。

自分に優しく、自分を大切にすることで自然に湧いてくるものです。 そのことで自分を肯定する気持ちがついてきて自分を好きになり、それが自信につながります。 自然にポジティブに前向きに物事をゆったり受け止めれるようになるので、トゲがなくなり自分も周りも楽になります。 心にゆとりができるから自分にも周りにも厳しくなくなります。 自分や人を批判する気持ちも失せてしまうのです。 そんなことはちっぽけで、問題じゃなくなるのです。
心が安らぐって、ものすごいパワーです。 この絶大な肯定力の体験を増やしていって下さい。

自分を大切にする=自分の好きなこと(芸術/癒し)をする。
できない理由探しじゃなく、やれる方法を考える。

音楽・ヒーリング・体を動かすこと・農作業・習い事・教える事・書く事・食べ比べすることなど、芸術は人それぞれ。
している時に、素直に幸せだな~と感じられることを取り入れて。。。

そして、身近な人を守ってあげたい気持ちは度が過ぎると、相手が自分で決断・行動する力を奪って害を及ぼします。 この守ってあげたい・良くしてあげたいというのもクセモノで、これって結局相手を変えたい、自分の思い通りの人間にしたい、頼りにされることで自分の価値を認識していたい気持ちの現れ。 頼りにされなくても誰もが自分を頼りに生きていけます。
相手には干渉のない援助(あなたを応援してるという気持ち)だけでオッケー。

みんな自分を含め誰もが自発的な生き物です。  誰もが確固たる存在です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あなたを織り成すタペストリー

2011-06-06 23:31:54 | メッセージ
無意識。。。これが本来の意識。

封印された、葬り去られた本来の自分、本来の自己意識。 本来の輝きがそこにある。
自分の喜びを高めるために心の痛み(悲しみつらさ怒り憤り)を喜びに変えて。 その為に痛みが存在している。 それが喜びを見出すためのきっかけになる。 その痛みを自分を織り成す一部として自分の滋養として、その経験を生かしきる。 
その痛ましさは失ったパズルのピースのひとつじゃなく、自分という深みを増すための織り成すタペストリーの一部。 あなたを形成する一部としてその色(痛み)はなくてはならない色だった。
人のタペストリーの仕上がりじゃなく、自分のタペストリーを見つめて。  
どんな風に仕上げたいのか。  どんな風にもできる。

自分の中のパワーにスイッチを入れるには自分にとっての希望を見つけること。 逃さないでキャッチして。
あなたの中のアイディア・想像性・好奇心は、ずっとあなたの中でフタを開けてくれるの待っている。 あなたの意志に任せ、辛抱強くずっと待っている。
思い出して。 思い出して。 あなたがなりたい自分。なってほしい世の中を、希望に満ちた全体性ある豊かな世の中を思い描いてそこに集中して。 関わる皆が喜びと笑顔でいるところを。。。 
想像力は良い方にも良からぬ方にも使える。 想像力はまさに創造する力がある。
それは同じだけの威力を発揮する、あなたはどちらに想像力を発揮したいだろう? どちらに威力を発揮したいだろう?

これから素晴らしいことが起こる。
放射能が溶解され、水が綺麗になる。 綺麗な水を吸収した土が綺麗になり、食べ物もおいしくなる。 植物が豊かに育ち空気が綺麗になる。綺麗な空気や水・食べ物を頂く人間もあらゆる生命も豊かに生きられる。  
同じ想像(創造)の威力なら、皆が幸せになる方へその威力を使って生きたい。。。

どんな自分を選択するのだろう?

この世は学びと感謝があるだけ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする