アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

なんだかせわしない波動

2017-03-29 15:21:02 | メッセージ
なんだかせわしない、焦るような波動になっていますがどうですか?
気がはやってる時は呼吸が早まって頭(思考)の方に気が上ってるので、それを下げるようなことをしてみて下さい。
しばらく土を触る。 一人になって目をつむり、7回深呼吸をする。 足を肩幅に開いて膝を少しだけ緩め、お腹と喉を締めて、お尻から重い石をぶら下げてるイメージでフーッと呼吸してみる。 軽いスクワットで膝を曲げた時に息をフッフッと吐きながら、同時に両腕も前後にリズミカルに振る。 座ったままもしくは立ったまま目をつむり、頭の中心からお尻まで、イメージでエネルギーの球を下していく(物理的な床や階下はないものとし)お尻からもしくは足の先が地球の表面についてるのを想像し、その表面を通り抜け地球のマントルの方まで伸ばしていくイメージ。
ジャンプしながら足元にフッフッと意識をもっていくのもいいでしょう。
これらはグランディングと呼ばれる方法ですが、朝晩毎日やってると思考に偏りがちな自身のエネルギーの安定にもなりますし、地球とリンクした状態をキープできるのでお勧めです。
昨日はボディワークに参加してみたのですが、誘導してくれるかたが潜在意識と顕在意識を、腸と脳で説明されていました。
生き物の初めは筒(管)だった、最初にできたのは腸でそこから形成が始まり頭がそこへ乗っかったと、、、頭は後にできたもの。
頭の役目は入ってくる情報の分析判断で損得で仕分けする。 「今ここでおならはしない方が得だな」「この人嫌いだけどあいさつしといたほうが得だな」「ここでこれを言っとかないと損をする」などなど、、、。  
腸は欲求そのもの、「好きか嫌いか好むか好まないか」つまり計算はない感じですね。
腸が正常に発酵していれば動物的本能(直感)でピピッと瞬時に選択する、頭を使うと損得なので、過去や未来に則った選択になる。 つまり「今に生きてない」 「以前あんな目にあってまた損するからやめとこう」「前にあんないいことあった(得する)から行ってみよう」「いずれ自分の役に立つ(得をする)からもらっておこう」など、、、。
用は瞬間的に感じたものか、頭が巡って出た選択か。
仕事や人間関係やパートナーや悩み・家族関係・ライフステージなど全てですね。

通常腸は発酵してるものだけど、現代文明の生き方で正常発酵が失われた為、「発酵食品を摂りましょう」と言われるようになった。
このような話でした。
最近自然食が流行ってるのも、生き物として、腸からの欲求を聞き入れ始めたということかもしれません。

何か自分で判断・決断するとき、それが損得から来てるものなのか、それともどこから来てるかわからない(突発的)かを知るだけで、自分の潜在意識を使ってるのか顕在意識を使ってるのか判断できます。
潜在意識を使っていればそれは内なる宇宙なので「それでいいよ」というサイン(虹が出る・[YES]というロゴを目にする・ぞろ目の数字を続けて見る・素敵な偶然が重なるなど)を確認できるでしょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魂への帰還

2017-03-18 11:45:52 | メッセージ
三次元のフィードバックがありながら、これから私たちの選択の場所へ、、、。
おとといのClean upは三次元(反省)フィードバック。 後悔したりやり残しを見つめたり、経験の反芻をしながら進むという今までの三次元でのやり方でした。
シフトアップし地球の・人類の・日本の集合(共通)意識のアップグレードを意識するなら、もはや「反省(三次元)ではなく幸福(新星地球)をかみしめる」方だよというメッセージ。。。
そうだ、フィードバックにつられるところだった、、、。
大きなエネルギーのうねりが来てるときはいつもそうですが、幸福感や楽しさでランラランとしてるところに、オッ地震が来た!みたいな、過去に意識や気持ちが戻る「揺らぎ」があります。
今、同じ空気を吸いながら、三次元に留まる人達・新生地球になじむ意識持つ人達から、更に四次元五次元的意識への移行の、始業式・入学式が行われ、魂の視点へ移ります。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

身に纏うもの

2017-03-15 15:05:07 | メッセージ
衣類について、、、。 ずっとこのお話を後回しにしてしまっていました、、、。
世間ではヒートテックが流行っていますが、人間も自然物の一種なのでなるべく自然に近いもの(綿・麻・絹)の着用がいいですね。
静電気がくるような化繊物、ポリやナイロンなど(夫はプラスチックと表現しますが本当にそうですね)は磁場が乱れやすく、気が付かないイライラやストレスのもとになっています。 まさにプラスチックを身に着けています。
みんなエネルギーでできていますからその影響は顕著に受けます。  
私は衣類を見る時は何よりもまず素材チェックからでした。 五感がそうさせます。 綿100%でも最近は加工されているものが増えていますが、最もその機能性に優れているのは麻。 通気性・速乾性はもとより、皮膚が最も喜び、消臭・抗菌性もあります。 今は高価なので持ってるものは綿のものがほとんどですが、支持者と流通が増えていけばおのずと手頃に入手しやすくなっていくでしょう。 自分で作れば手っ取り早いですが、、、。
できれば皮膚に直接触れる部分だけでも自然のものを使ってみてください。 自身の超感覚・感性の鋭さが戻る一助になります。
こんな風に人が自然に戻っていけば使う身の回りの物や生活の仕方、考え方も自然(生命)に優しく、便宜の良いものではなく、自分(地球)
に優しいものへ移行していき、心と意識に無理のないごく自然な調和の世界が早まっていくでしょう。。。

先月初めて外人さんに音叉をする機会がありました。
「重り(決めつけや限定した思い込み)がない、、、」
日本人はとても重りをしょい込むのが得意です。  過去に想い馳せ未来に心配し、こうじゃダメ・ちゃんとしなくちゃ・それおかしい・・・やせ我慢したり強きなふりしたり強きな自分を隠したり、人に褒めてもらうことで自分の価値を確認したり、あの人はちゃんとしてるこの人はどう、、、などとにかく他人の査定をしたり、自分じゃないものになることに必死に脳を使い、隠れ蓑や自分を守る為の防具など、自分一人じゃ管理しきれないぐらいたくさんブラさげています。 が、その外人さんには重りがなかったんです。 
「今に生きてる。」
彼女は今の不具合(自分に納得のいかないこと)に気づいた時は、その場でとことん解消しようと努めます。  
不具合を解消しない時は下痢になりやすくなり、不具合に執着し頑固になると便秘になりやすくなります。
調和というと争いや対立のない、みんながニコニコ笑っている平和な世界を思い浮かべる人が多いと思いますが、調和とは調整する力をもち、平和で何も不具合のない世界を指してるわけではありません。 
仕事(お金を捻出すること)や世間(当たり障りなく)に自分の実権(主導権)を握らせるという負荷のかかるエネルギーの使い方ではなく、フリーエネルギー/自分の宇宙(核・創造・シンクロ・教師・神託)のHOW TOを思い出していきましょう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私の場合。。。

2017-03-08 16:27:32 | メッセージ
最近子供の頃にいた場所がちょくちょく夢に出ていました。
夢は潜在意識そのもの、隠された自分が現れます。  夢に出てくる人物はそのほとんどが自分の分身だそうです。
「子供の頃を思い出して」と言われている気がして、思い起こしてみます。

子供の頃は現象を丸鵜呑みにし、意識せず物事を肯定的に捉えていたことが思い起こされます。 それに対してなんで大人は邪魔をするんだろうと思ってたことも思い出されます。
先日ある子供が、遊んでた子供のサンダルに砂をつめて遊んでいました。すると詰められた子の母親が「あーいじわるー」と相手の子に言いました。 ですが子供は純粋に遊んでいただけなのです。
子供はもともといじわるな心を持ちません。 「いじわる」のHOW TOを教えてるのはこうして大人なんです。 私たちもこうして大人たちのちょっとした会話や仕草から、いじわるや噂話の仕方、ずるさや不誠実さなども学んできたんです。 でもそれらのHOW TOを使うか使わないかは自分が決めています。

そして子供の頃は人に対するイメージも持っていなかったように思います。とにかくニュートラル。。。だから自分の遊びに集中していて、自分に集中しているので想像力も湧いてくる。 あんなことしたら楽しそう、こんな風にしてみたい、これでどうやって遊ぼう。
こうして決めつけたイメージを持たずにいたら、、、なんか楽しくなるに違いない。。。
これはもう少し子供の頃を思い起こした方がよさそうです。

先日ある人が遊びに来ました。
その人は自分の感じたことをひたすら話します。 話の最中、彼の顕在意識と潜在意識とが入れ代わり立ち代わりするんです。
「わかんないんだよなー」というとそれに対する答えが話し始めます、また次の瞬間「でもさー」と、ひたすら自分のことに集中してくれていたので、私の心は楽でしょうがなかったんです。 と同時に、人は人へのイメージエネルギーをどれだけ強く発しているかに気づかされました。
対外自分の話しかしない人は敬遠されます、これは自分を認めてほしかったり優越感に浸りたい欲求の現れですが、彼の場合、自分が感じてることをただ純粋に話してるのが伝わります。
私への、夫への、物事への、この場へのイメージを彼は発せずにいてくれ、とても自由でいられたんです。 
いつも私が感じていたその場のエネルギーは、色んなイメージ(決めつけ)の格子で、縛り付けだったのです。 
はじめて会う人はまだそのイメージが決めつけられていないので、楽に接することができ、イメージの縛り付けがありません。
昨今、願望を強くイメージすることが言われていますが、それは顕在意識を重点的に使ってる場合の例え話のように思えました。。。
イメージについて、、、もう少し掘り探りたいと思います。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

創造(イマジネーション)の力

2017-03-08 12:58:41 | メッセージ
ここのところ宇宙から伝授(アクティベート)されてるエネルギーは「イメージの使い方」
イメージは思考です。 記憶に基づいた思考の使い方はループするだけに留まりますが、自分の本心(創造)でいれば放射するように広がります。
誰かに対するイメージ・お金を使うことや得ることに関するイメージ・仕事に対するイメージ・生活に対するイメージ・家族に対するイメージ・戦争に対するイメージ・ウソに対するイメージ・学校に対するイメージ・噂に対するイメージ・使ったら失くなるというイメージ・褒めたら/あげたら喜ばれるというイメージ・人の為になることしたら認められるというイメージ・幸福に努力と苦労は欠かせないというイメージ・楽をしたら干されるというイメージ・・・などなど、あらゆることへのイメージを過去のものから替える時です。
新年最初の新月1/28(旧暦の正月)から地球のタイムラインがシフトしたとのこと。 今までの地球なら死を迎えてしていたタイムライン越えが、人類初めて肉体を持って体験できるようになったとのこと。  転生しないで生まれ変われ、新しい人生を始められるということです。 だから変化の時だったんですね。  この話はyoutubeでバシャールを検索してみてください。 今何が起きてるのかリアルタイムに分かり易く説明してくれています。 私たちはこうして違う波動帯にある存在達とコネクトを再開させるときにあります。そのまず一番が自分自身(潜在意識)とのコネクトです。
普段私たちが意識して使っているのは顕在意識(自覚ある意識)。 これは全体の5~10%。
で、本来の自由で自在な潜在意識(ほとんど自覚されない意識)。 これは全体の90~95%
多くを占めるのが潜在意識だけど、実際活用してるのは結構不自由な5%の領域の方なんですね。 で、潜在意識の中にどんどん詰め込んだ本心がたまりすぎて魂が埋もれてしまってる状態。 息ができないで上がってこれずにいます。 これは自分の本心を表に出してあげることで通気がよくなり、本来の自分と正常にマッチしていきます。  これらをブロックしているのが周りから与えられ自分に植え付けた自己像と、様々もつイメージの力、、、。
さあ、そのイメージの力をどうやって使いこなすか、どう遊ぶか腕の見せ所です。
あなたならどうやって使いますか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする