アクエリアス期「蓮花のささやき」

暗闇を照らすー弥勒・魂・宇宙意識への誘い

補足(想い実現化)

2021-02-18 09:14:27 | メッセージ
想い実現化に当たって、補足します。
自分の願いに関して、その想い(理由・動機)が、恐れや虚栄心・人や状況へのコントロールから出たものではないか、確認することが大事です。
魂の純度に関する話になります。
「寂しいから」「人に羨ましがられたいから」「あの人みたいになりたいから」など、自分の立場を優位にしておきたい要求には、自分を小さく感じていて、「外部の視線は安全ではない」という恐れがあります。
守りの体制なのが分かるでしょうか?
守ることがいけないということではなく、宇宙へ開いた状態ではなく、エネルギーは萎縮しています。
萎縮していれば、宇宙の潮流に溶け入ることなく、魂の光源に乗りません。
それらが実現したとしても、魂の芯からの満足は得られません。
また次の、もしくは同じ要求の品を替え、グルグルと繰り返すことになります。
これらを止めるには、自分の要求を深く深く掘り下げる作業が必要になります。
何故、どのようにして自分の要求が仕上がっているのか、その要求の出所に辿り着くことは、あなたの芯を目覚めさせていきます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

毎日クリアリング

2021-02-17 09:10:32 | メッセージ
数年前は「一家に一人ヒーラー」というエネルギーでしたが、今やヒーリングは日常的のものになっています。
文字通りの、瞑想やヒーリングという形でもいいですし、あなたがクリアで「無」になる状態作りがヒーリングです。
女の人なら、畑や庭仕事や料理や洗い物なんかの時、ふっとなんらかのイメージやアイディアが沸くという人も多いのではないでしょうか?
あの「無」の状態が、宇宙と一対になってる瞑想状態、潜在意識と繋がる回路が開いてる時です。
これから皆この回路がメインになっていく今序章期(ある意味訓練期)。
この「クリア/無」な時、不思議宇宙とあなた独自の繋がりを見つけ、絆が深まります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今ある奇跡を噛みしめる

2021-02-16 11:47:53 | メッセージ
「ああならないかな」「こうだったかな」など、私たちはすぐ過去や未来へ飛んでいってしまいますよね。

最近「今」をお留守にして、未来に行きがちだった私に、誘なめるように出た、今日個人的に引いたカードで、もう一度「今の奇跡」をシェアしたいと思います。
*脱線しますが、「誘なめる」なんて言葉、ないですよね?  「誘う」と「戒める」を合わせたイメージから出てきた言葉なんですが、 あとね、この前「先々月」という言葉が出てこなくて、出てきた言葉が「おとつき」、ようはおととしとか、おとといのように、二つ前ということを伝えたくて出てきた言葉なんですが、最近発作的に言葉を作ってしまうところがあります、、、、、人間て面白い^^♪。

あなたにとって「非現実的」「不可能」と思うことは、本当にその通りでしょうか?
「奇跡なんて起きないと」と決めつけてしまうと、あなた自身の潜在能力にフタをしてしまいます。
今この状態・この瞬間に祝福を感じられますか?  「この瞬間の幸福を見逃さないで!」という風です。
「この状態の祝福」は、身体と魂とマインドが一つ(調和)になってる状態。
一つになれば計り知れない火事場の馬鹿力。
火事場の馬鹿力というのは、いざという時にしか出ないような力なのではなく、想像を超えた不可能を可能にする驚きと喜びは、身近に体験できることなのです。
自分にできる範囲を決めつけず、未知の可能性(パラレル)に心を開いていれば、火事場のような非常時に限らず、日常の中に奇跡、文字通り「有り難い」こと(シンクロ)が起き、その気付きは次の気付きへと繋がり、あなたの人生をより本質へと導きます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする