旅ゴハン
ガキ2人のママ 子連旅、食べ歩き爆走中!お得旅行、B級グルメ、神奈川情報も♪ 学生生活終了!国家資格とって再就職したよ 
 



日光市は、今市にある片山酒造さんで、いわゆる酒蔵見学をさせていただきました。

土日も空きがあれば対応していただけるそうで、事前予約のうえ、日曜日のこの日おじゃましました。(予約電話は、平日の営業時間内)


明治時代創業とのこと。手前が店舗、奥が醸造所。予約時間の少し前に着くように行きましたが、その時間は他に見学客がいないとのことで、直ぐに始めていただきました。(ちなみに社長自らご案内)


こちらが醸造所の内部。タンクが所狭しとならんでいます。


こちらが名物の佐瀬式しぼり機。一般的な方法よりも、時間をかけてじっくりと絞るそうです。

社長は、明治の創業から6代目の方だそうで、創業からの歴史や片山酒造の酒造りの方法、考え方など、およそ20分にわたりお伺いしました。初心者にも分かりやすく、とっても親切。(詳しくは、片山酒造のHPへ。でもできればお伺いしてお話をお聞きするのがベストかも)
片山酒造HPはこちら→片山酒造


見学が終わった後は、試飲です。こちらの4本がお奨めの品。
他にもお値ごろな品がありますが、こちらの4本は、基本的に対面販売の限定品。

いずれも美味しかったですが、特に左から2本目、「素顔」のしぼりたて生原酒は、独特の香りと味。他では味わえない旨さだと感じました。

「素顔」と「ほほえみ」の大吟醸を購入。すぐに家の冷蔵庫に。関東地方は梅雨もあけて、冷酒の美味しい季節です。


場所は、東武下今市駅から大人の足で12~3分くらい。JR今市だと15分くらいだったかな。帰りは、JRの駅に出て、宇都宮経由で帰りました。

試飲もする場合、公共交通機関で行けるのは助かります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




潮干狩りの季節がやってきました。


今年もやってきました。横浜市金沢区にある「海の公園」
毎年ゴールデンウィークに大勢の人が来ることで有名です。

やはり一年に一度は行っておかないとと、ゴールデンウィーク前の潮がやや良い日を選んで、潮干狩りにきました。

大潮ではないので人出はそれほどでもないかな・・。

張り切って海に出ましたが。
掘っても掘ってもアサリはあまり採れず。場所を何度か変えてみましたが、やっと数個採れる程度。


一家四人、2時間以上粘って、やっとこのくらい。
大きいのはアサリではなく、「潮吹き貝」という、アサリより美味しくない貝と言われている貝です。

4年連続で来ていますが、今年は一番の不漁。年々、採れる量が減ってきたように感じましたが、今年は一気にアサリがいなくなりました。

前は稚貝も沢山いたけれど今年は本当にいなかったな・・。

ネットで見ると数年前にも採れない年があったそうですが復活したそうなのでまた今度も復活して欲しいです・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地元のお友達のおススメで 静岡市清水区(旧清水市)の三保の松原近くにある老舗とんかつ屋「五郎十(ごろじゅう)」に行ってきました!

冒頭写真のとおり、ビックサイズのトンカツが名物。ワクワクしますね♪


入口の写真。通りに面していますが、駐車スペースは店の前と店の直ぐ裏手です。


店の内部。テーブル席とお座敷があります。この日はお昼ちょっと遅い時間でタイミング良く入れましたが、行列覚悟で来ました。


メニューです!「特大」の文字が気になりますが、普通のメニューで十分な量とのこと。

注文してからちょっと時間がかかります・・。


友人おススメの鶏の生姜焼き。甘辛のたれが食欲をそそります、キャベツを生姜焼きだれで食べるの美味しいです。定食には味噌汁、ご飯、香の物がつきます。


お得な値段の串カツ。玉ねぎが入ってます。


定番のロースカツ定食。普通サイズでこのボリューム。「特大」にしなくてよかったという感じ。肉厚でかなりの食べ応え。とってもジューシーです。


ミンチかつ すごいボリュームで850円 

全体的に量が多く美味しいけれども後半飽きるので、何人かで行ったらカツだけでなく生姜焼きも頼むと良いかも。

完食は無理と思ったらお店のおばちゃんに声をかけるとお持ち帰りできます。

美味しかったです♪ このお値段でこの満足感は素晴らしい! またコチラ方面に行ったら寄りたいです。



とんかつ 五郎十とんかつ / 新清水駅清水駅入江岡駅

昼総合点★★★★ 4.0



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大島旅行の2日目です。今日は、元町港からバスに乗って、トウシキ海岸に海遊びにいきます。(9月下旬の話です)


バスは30分くらいの乗車ですが、途中の景色が素晴らしく、あっという間です。バスの運転手さんに聞くと、大島海洋高校前で下車してくださいとのこと。


バス旅のほぼ中間点。車窓から見えるこの辺りは「地層大切断面」。都道の工事中に見つかった噴火活動の堆積物の断層が数百メートルにわたって続きます。大島ジオパークの一部です。あまりの迫力にびっくり。

地層大切断面~伊豆大島ジオパークHP


バスを下車して徒歩10分くらい。こちらがトウシキ海岸。溶岩みたいな黒い岩がゴツゴツしています。ネットで調べると、三原山とは別の火口が噴火してできた地形がトウシキ海岸だそう。


振り向くと、ここにも火山の堆積物で出来たと思われる断層が。まさに大島、全島ジオパーク。


しかし、海はというと、天候は回復したとはいえ結構荒れもよう。海に入るのはさすがに無理かな。


こちらが遊泳場。この日は外海は荒れていましたが、岩に囲まれて、遊泳場は比較的波穏やか。9月下旬でしたが、水も冷たくなく、シュノーケル等をやる人がちらほら。


まずは浅いところで磯あそび。


さきほどの遊泳エリアに入ってみました。水深は、4~5mあるので、ライフジャケット等が必要です。もともと式根島に行こうと思っていたので、持参してました。


かなりの透明度に大感激。ところどころに潮が流れているところがあるので注意して泳ぎます。




魚もいっぱい。サンゴやウツボにも会えました。9月下旬に海水浴ができて大満足。
さて、帰りのバスの時間もあるので、そろそろ帰途につきます。


アクセスは、元町港から大島バス「波浮港ライン」にて約30分。大島海洋高校前下車
徒歩10分。バス亭からは元町方面に少し戻ると、海岸に出る道があります。

参考にトウシキ海岸までの道を簡単に紹介します。

バス亭から元町方面に少し戻ると、海岸に行く分岐があります。


道はこんな感じ。つきあたりを左折です。


振り返ると三原山がいい感じです。記念撮影スポット。


先ほどの道の突き当りは、キャンプ場(トウシキキャンプ場)。トウシキ海岸にはトイレがないので、ココを利用しましょう。


キャンプ場から少し歩くと、トウシキ海岸への案内板。トウシキ海岸は、すぐです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




伊豆大島旅行の続きです。

夕食のお話と前後しましたが、宿に着いてすぐ、元町港からほど近い露店風呂「浜の湯」さんにお邪魔しました。


こちらが外観。男女混浴の露店風呂で、脱衣所で水着に着替えて入ります(脱衣所は男女別)。
料金は大人300円。


夕方の時間帯でしたが、海と式根島など、ほかの島々が良く見えます。



ところで、こちらの露店風呂は、長根浜公園の一角にあります。


冒頭写真でも紹介した長根岬(ながねはま)。1338年の大噴火の際、三原山の溶岩が海に達して出来た溶岩の岬です。


公園に戻って見上げると大島三原山。あそこからここまで溶岩が流れたのでしょうか。やっぱり大島はすごい。島全体がジオパークという感じです。

明日は、海の波がおさまれば、海遊びがしたいな(9月下旬のお話です、念のため)


浜の湯のおおよその位置。元町港から徒歩5分くらい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ