もりのぼたもち

釣り、健康ランニングとお城巡りを楽しむ中年おじさんです。何事にもドンマイ!の気持ちであちこち出かけています。

神戸スイーツ。美味しい!

2009年06月30日 | 食べ物
新大阪駅の中を歩いていると、

いつもの「551の蓬莱」を発見。

そして、ここのお店には「冷凍」が売っている。

これだと、電車内で匂いを気にしなくてもいい。

それならば、買うべし。お店に並びました。

しかし、この前に買ったので、ちょっと悩んでしまった。

そこで、迷った挙句、スイーツにしようと、違う店へと向かいました。

コンディトライ神戸の「白いチーズロール」

ここに決めました。

ふわふわ、しっとりのスポンジ、真っ白なチーズクリーム。

ほんとうになめらかなロールケーキ。

家に帰ったら、現在、お菓子を控えている奥さんの反応が大。

すぐに大きめに切って、ムシャムシャ。

私も、ムシャムシャ。「う~ん。おいし~い。」

これは、お土産の定番になる逸品である。

今度は、コクのある「クリームチーズケーキも、買ってきてやぁ~。」と

奥さんのリクエストが即効に入りました。


コメント

遊びに全力! 見本の上司。

2009年06月29日 | 日記
私の上司のI氏。

背が高く、体重も90キロを超え、デカイ!

そして、度量もデカく、どんとこい!上司で素晴らしい。

先日の朝の出勤時、「おはようございます。」の声が疲れている。

「昨日、だいぶ飲まれましたか?」と尋ねると、

「いちびり過ぎた。」との返答。

どうやら、I氏が現在凝りに凝っている、ゴルフに行って来たらしい。

それは、いいのだが、7時からゴルフをして、

15時から、打ち上げ反省会。それも、24時まで。

ゴルフをしている時間より、飲んでいる時間の方が長いのである。

9時間に及ぶ飲み会とは・・・。

さすが、期待を裏切らない。

とことんである。当然、上司だけでなく、仲間がいるのですが、

本当にみなさん、よく熱心に遊ばれること。

このご時世の中、景気対策に一役買っておられる。

やっぱり、楽しまないと損である。を身をもって示されている上司のI氏。

心臓を患っていることを、忘れているような元気さに、感服いたします。

コメント (1)

奥さんの休日

2009年06月28日 | 日記
昨日の土曜日、私は仕事でした。

奥さんは、休みです。

そして、お昼から友達とお茶タイムに出かけたとのこと。

以前から、一度ゆっくりと話がしたいと、約束をしていたらしい。

やっと、お互いの都合がついたと、楽しみにしていた。

それで、午後1時に隣町の喫茶店へ行き、

ケーキセットを注文し、いろいろと近況を話しだす。

ペチャクチャ。ペチャクチャ。

逢うのが久しぶりのため、積もる話がたくさんあり、

話は止まることがない。

そして、店員さんが、お水を入れてくれる。

ペチャクチャ。ペチャクチャ。

ケーキセットは、とっくに食べてしまい、

しゃべり過ぎて、喉が渇くと、お水をお替わり。

話が次から次へと出てきて、お水のお替わりも増える。

そして、時間はみるみる経過し、気がつけば夕方の5時。

ご飯の支度をしなければと、やっと我に帰った奥さん二人。

ケーキセット代700円を払い、帰宅しました。

午後1時から午後5時まで、4時間である。

それも、追加注文を一切せず、タダのお水の追加だけで・・・。

「厚かましいと、思わんか?」と尋ねると、

「そんな当然やん。」

「お客さんがいないと次の人が、入りにくいから、サクラになっていたんや。」

「お店の役に立っていたんやでぇ。」

との返答があった。

とても、この厚かましさが信じられない。
コメント

信じられない!運転。

2009年06月27日 | 日記
先日、高速をバイクで走っていた時のこと。

前を走るバンタイプの車の走り方が、ちょっと変である。

スピードが一定でなく、走行もふらつくことがある。

「これは、居眠りかな?」と思い、追い越そうとした。

そして、運転手を見ると、「読書中」なのである。

ハンドルに両腕を乗せ、文庫本を読みながら、運転している。

何と言うことをしているのか!本当に、信じられない。

それから、バイクを走らせ、長いトンネルに入った。

私の前には、車は無し。

すると、トンネルの中にある「待避所」から、

急に車が走行車線に出てきたのである。

私が早く気づき、追い越し車線にのがれたのだが、

気づくのが少しでも遅れていたら・・・。

きっと、あの世に行っていたかも知れない。恐ろしいこと。

ところで、その車は、一般の軽自動車のバン。

まったく、私の事や危険行為など、知りませ~ん。と、走って行きました。

高速道路に限らず、自分の運転に問題なくても、

巻き添え事故が怖いのである。

周囲の状況にも、目配りしながらの、安全運転に努めましょう!
コメント

うまかった。高山ラーメン! 6/25

2009年06月26日 | 食べ物

高山ラーメンは有名ですが、まだ口にしたことが無かった私。

どうしても、食べてやろうと、高山まで行ってきました。

高山市内に着くと、どこにしようか。お店を物色。

しかし、予備知識もなかったため、なかなか決まらず、市内をウロウロ。

あっ。ここがいい感じ。と思っても、バイクが止められない。

結局、同じ道を戻ったりしていたところ、

お店もいい感じ。駐車場もわかりやすいところを発見し、入りました。

時刻は、11:15。

まだ、すいていましたが、東京から来たグループや群馬などからもと、

結構ファンがおられるようで、遠くからも来ておられました。

「甚五郎らーめん」 女性二人が切り盛りしておられるお店。

一人なのでカウンターに座り、メニューを見る。

メニューは、甚五郎らーめんと大盛り、チャーシューメンと大盛り、そして、つけ麺。

私は、チャーシューメンを注文しました。850円。

ちなみに、基本の甚五郎らーめんは、600円。

このお店は、ラーメンには、もれなくライスがついてくるとのことで、

当然、頼みます。

そして、しばらくして、出来上がりました。

見た感じは、濃い目のしょうゆラーメンのようである。

麺は、細いちぢれ麺。

まずスープを頂く。う~ん。ウマい。

麺も美味い。チャーシューもバッチリ。

ご飯にも合う。

と、ズルズル、パクパク。全部スープまで飲み干しました。

あ~、美味しかった。大変満足です。

お土産用もありましたが、生のため、断念。

このお店は、お勧めです。(まぁ、他を行ってませんが・・・。)

 

それでは、「甚五郎らーめん」の宣伝です。

◆記憶に残る、深いコクと味わい◆

一見シンプルな醤油味。しかし、スープにパンチがあり、麺とチャーシューを一緒に食べると、絶妙なバランスで舌を魅了。

①麺→極細のちぢれ麺は、高山ラーメンの特徴。スープがよく絡まります。

②スープ→豚骨と鶏がらの濃厚スープに、飛騨醤油で味付け。こくのある味わい深いスープが、実にうまい。

③チャーシュー→味の染み具合、スープと麺との相性、やわらかさなどすべて絶品!です。

また、食べたくなってしまいました。

コメント

ツーリング in高山

2009年06月25日 | バイクツーリング

今日は、梅雨の合間の良い天気。

バイクツーリングに出かけました。

行先をちょっと遠いが「高山」に定め、気合いを入れて5:30に出発。

R303で岐阜県へ入る。早朝ですいているため、快調に走れるが

寒いのである。気温15度。

体が冷え切ったため、行きつけの「道の駅 さかうち」でオシッコ。

その後、谷汲で華厳寺を横目に通り過ぎ、R157を本巣へ。

そして、山県を目指し、山間部を走る。

私は、岐阜市など都会は避けて、遠回りでも走りやすい道を選択する。

R256を北上し、これまた行きつけの「道の駅 ラステン洞戸」でオシッコ。

鶯の声を聞きながら、しばし休憩していると、

名古屋から来られたライダーを発見。

以前、ここで地元のライダーと知り合い、一緒に走ったことを思い出す。

それからは、板取川沿いをアユ釣り師を眺めながら走る。

アジサイ街道と名付けられ、たくさんのアジサイが道の両側に植えられていた。

すると山の中にりっぱなトンネルに行きつく。

「タラガトンネル」 4571mもあるが、抜けた所は、すれ違いもできないような

狭い道となる。車も通っていなく、巨費を投じたトンネルの値打ちが・・・。

などと思っているうちに、R156に出て郡上八幡へ。

以前訪れたことのある街並みとお城を眺めながら、

R472へ入り高山方面を目指す。

この道は「飛騨せせらぎ街道」と言われ、ずっと川と並行して走れる。

途中で給油を行った。175㌔走って6.4ℓ。まぁまぁの燃費。

そして、「明宝」というところで休憩。

ここは、明宝ハムとトマトケチャップが特産品とのこと。

そこで、ハムは冷蔵のため、持って帰れず、ソーセージみたいなものを買って

味見をした。

「う~ん。」である。ソーセージの丸かじりはいいのだが、

ハムはダメであった。味が悪いわけでは無く、食べ方の問題である。

トマトケチャップは、お土産に買いました。

そして、本当に気持のよい、山間ルートを快走し、高山へ到着。

この、せせらぎ街道は超オススメルートです。

また、走りたいと思いました。

今日の目的は、「高山ラーメン」を食べる。

ということで、美味しく頂きました。ラーメンレポートは、明日にします。

美味しいラーメンを堪能し、後は帰ります。この時、11:45。

実は、まだこんな時間なのである。

しかし、ちょっとした用事があるので、できるだけ早く帰りたく、

ここから、帰ることにしました。

帰りは、高速に乗り、白鳥へ。そして、油坂トンネルから、九頭竜ダムへ、

福井県大野市を通り、二回目の給油6.9ℓを行い、

福井ICから高速に乗り、帰ってきました。

このころになると、気温が上がり30度。

暑い暑い。お尻がパンツにひっついて、しまいには痛くなってきます。

しかし、我慢し、15:30無事帰宅しました。

走行距離 484㌔。

久しぶりの、遠出ツーリングとなり、堪能することができました。

 

コメント (1)

今日の運勢

2009年06月24日 | 日記
朝の情報番組を見ていると、「今日の運勢」が紹介される。

星座・血液型などであるが、ちょっと気にしてしまう。

結果が良ければ、ウキウキ。悪ければ、見なかったことにしよう。

と、思ってしまう。

しばらくすると、忘れてしまうのだが、

特に、「今日、もっとも悪い運勢の方」と、紹介されてしまうと、

大変イヤ~な感じである。

そして、対処するためのラッキーアイテムが続けて紹介されるが、

到底、無理な事柄がほとんど。

そうなると、悪い運勢は、どうしようもなくなるのである。

朝、これから行きたくない仕事に行こうとしているときに、

出鼻をくじかれた形になり、ダブルパンチ。

そして、新聞や他の番組を見て、

他の運勢を調べてしまう、往生際の悪さに追い打ちをかけられ、

トリプルパンチを食らってしまうこともある。

まぁ、言動を気をつけましょうという、忠告として、

軽く受け入れるような、おおらかな気持ちが大切。

ちなみに、昨日の運勢が「最悪」で

今日は「5位」。ちょっとは、イイ気分になった単純な私。

よく考えてみれば、最悪と出た昨日も、特別に悪いことは無かった。

しかし、大安吉日なので宝くじを買っていた。

「最悪」の運勢であったにもかかわらず・・・。
コメント

大安吉日には、宝くじ

2009年06月23日 | 日記
今日、車で大阪に行きました。

帰りに、名神吹田SAに寄ったときのこと。

いつものようにトイレを済まし、お店の中をウロウロ見ようかなとしたところ、

宝くじ売り場に目が行きました。

私は、大阪に行った時には、売っている宝くじを10枚買うようにしている。

そして、売り場には「大安吉日」「今日が最終日」という文字が・・・。

これは、「ここで買いなさい。」というお導きか。

と、思いこみ、躊躇なく「バラで10枚」

近畿宝くじ 1等1000万円である。

売場の中には、まだまだ売れ残りが置かれている。

発売枚数と当選本数が決まっていて、売れ残りが結構あるとすると、

当たる確率が上がるのか?などと、勝手に良い方に解釈し、

顔は、ニンマリ。

1000万円は頂きました。と、念じながら帰路につきました。

家に帰って、神棚にお供えし、「お頼み申します。」

当たった場合には、当然報告はしませんので、あしからず。

コメント

忘れ物

2009年06月22日 | 日記
昨日、奥さんとスーパーへ買い物に行った時のこと。

晩ご飯のおかずをあれこれと買い、

ついでに、このところのジメジメ天気で虫がぐんと増えたため、

殺虫剤を買いました。

今は、虫よけのための「虫コナーズ」シリーズがたくさん出ており、

悩んだ末、網戸用の虫コナーズを買いました。

そして、その他雑貨類を買い、レジへ。

お勘定を済まし、食べ物は奥さん持参の買い物バッグへ入れ、

虫コナーズと雑貨類は、スーパーのレジ袋へ別収納しました。

帰る時に、カートの荷台に食べ物バッグ。

フックに虫コナーズ入り袋をひっかけていました。

そして、店を出る時に、買い物バッグをヨイショッと持ち上げ、

カートを返して、車で帰宅。

晩ご飯を食べ、お風呂を済まして、くつろいでいると、

「お父さん、今日買った虫コナーズ、どこに置いたん?」との質問。

はて?さて?と、考えたところ、カートのフックに掛けたまま。

これは、しまった・・・。

総額1,000円以上の品物。どうしよう・・・?

しようがないので、明日聞きに行ってみよう。ということになった。

そして、本日、仕事を終えて奥さんと行ってきました。

すると、サービスカウンターに、しっかりと届いていました。

時間や品物、数などの確認があり、無事手元に帰ってきました。

いやぁ、世の中捨てたものじゃない。

親切に、届けてくださった方が、おられたのである。

当たり前のことと、思ってしまうが、それができない人も多いこの世の中。

感謝、感謝である。

私も、当たり前のことが当たり前にできる人間になろう。

と誓いました。
コメント

自宅が美容院

2009年06月21日 | 日記
私の妹は、「美容師」である。

そして、近くに住んでいると言うこともあり、

うちの家族の髪関係は、お世話になっている。

おばあさん、奥さん、娘、長男、二男は、妹にお任せ。

中でも、長男と二男は、わざわざ散髪のためだけに、

遠くから帰ってくることもある。

交通費を考えると、誰が聞いても非効率だが、

物ごころついたときから、散髪は自宅でするということが、当たり前。

そのため、一般の散髪屋さんや美容院へは、いけないのである。

先日も、二男から「髪が延び過ぎてきた。」とのメール。

どうしろというのか。普通なら散髪に行けばいいのだが、

それができないのが、社会性に乏しい子供らである。

と言うことで、日程調整し、7月4日にわざわざ帰ってくることになった。

そして、今日は、娘と奥さんがお世話になった。

自宅とは言え、カット・パーマ・染めまで、出来てしまう。

大変重宝しており、お値段も格安。

年間で考えても、数万円のお得となる。

本当に、ありがたい。

そこで、私はと言うと、子供の時から40年近く通っている、

散髪屋さんを利用している。

1回4,000円也。

高くつくのだが、私もほかに行けないのである。

座って、世間話をしている間に、終わってしまう、

このなれ合いが、居心地良いからである。

そろそろ、散髪へ行きたいなぁ、

そんなに伸びていないのだが、大変薄毛で、くせ毛の私は、

梅雨の時期は、クリンクリン・モサモサで、うっとおしい。

しかし、今日は定休日。残念!
コメント

熱いキムチ鍋

2009年06月20日 | 食べ物
今年の梅雨は、本当に降らない。

その分、結構暑い。

そんな中、奥さんと買い物に出掛けました。

そして、晩のおかずは何が食べたいと言うことになり、

「う~んと、キムチ鍋」と返答。

「そしたら、お父さんだけね。」となり、

私だけ、別メニューで「キムチ鍋」を作りました。

私は、鍋が大好き。

冬には、何が食べたいと聞かれると、「鍋」と答える。

しかし、今の時期には、さすがに敬遠されてしまい、

一人鍋となった。

私用の鍋は、7号。

一人用というより、二人用である。

しかし、フタができないほど、具材を入れ、

グツグツと煮込む。

味は、大好きな辛口キムチ鍋。

煮込むうちに、フタが閉まるくらいとなり、

仕上げの刻みネギを散らして、完成。

そして、七味をたっぷりとかけてから、頂きます。

それにしても、熱い。

辛いのは、大好きだが、この熱さは、堪らない。

汗をボタボタと垂らしながらも、美味しく頂きました。

今度は、ホルモン鍋が食べたいので、

食いしん坊の知り合いを誘ってみよう!

どうも、ごちそうさまでした。
コメント

徳山ダム ツーリング

2009年06月19日 | バイクツーリング
今日は、昼ごはんを食べてから、突然思いつきバイクに跨りました。

特に行先を決めずに、12:40出発。

琵琶湖一周でもしようかな。と北を目指す。

やっぱり今日は30℃もある暑い日のため、山にしようと変更し、

木之本から303号線を岐阜方面へと入る。

途中にある、八草トンネルなどは、3000m以上もあり、

中は逆に寒いくらいである。

すいた道を快調に走り、いつもの立ち寄りスポット「道の駅さかうち」で休憩。

平日だが、ライダーが4台。

イイ感じの方ばかりである。

そして、出発し、いつもなら横山ダムから谷汲方面へ降りて行くのだが、

今日は、初めて左折をして、徳山ダム方面へと向かった。

あわよくば、福井県の池田に抜けられたらと思いながら・・・。

山間のクネクネ道を快走し、上って行くと、

徳山ダムまで来ました。

途中、車やバイクにすれ違ったのだが、

ダムの駐車場にも、10台停まっている。

このダムは、出来てから、まだ2年ほどしか経過していないらしく、

とてもきれいで、見学用に整備されていて、パネルなどの展示も屋外にあり、

充実している。

そして、ダムの上を歩くことができ、雄大な眺めに圧倒されました。

今日、学んだことを簡単に紹介しますと、

貯水量は、浜名湖の2倍で日本一。

貯水面積は、諏訪湖よりも大きい。

高さ161m、長さ427m。デカイ!

それから、旧徳山村の466世帯、1500名の方が、

故郷を離れ、廃村となった犠牲を忘れてはならない。

素晴らしい感動のダムを後にし、どんどんと上を目指しました。

こんな山奥にこんなりっぱな道路とすっごいトンネルがあるのか?

と、不思議に思いつつ進むと、Uターンをする区域に到着。

工事現場の方に聞いてみると、福井に抜けられるが、

道の状態が良くないとのこと。

私のバイクは、アメリカンのため、無理をせずに引き返しました。

そして、もう一度徳山ダムを横に眺め、帰路につきました。

このコース、涼しくて、とってもいい感じでした。

そして、秋の紅葉シーズンは、きっと眺めは圧巻だろうと、思います。

走行距離 254㌔。

反省として、デジカメを忘れたことと、もう少し早く出発すれば良かったこと。

コメント

アパートの家賃

2009年06月18日 | 日記
私の携帯に、「不在」の表示。

開いてみると、まったく見慣れない番号である。

そして、市外局番も、滋賀県では無い。

はて?間違い電話か?

と思い、一応かけてみた。

すると、二男が福井市でアパートを借りた時に、

お世話になった不動産屋さんであった。

「いつも、お世話になっています。●●不動産です。」

「実は、息子様が入居されているアパートの家賃のことですが」

との話である。

ドキッ!引き落としができなかったのか。

それとも、滞納で迷惑をかけているのか。

などなど、悪い事が次々と頭に浮かぶ。

「このたび、家賃の改正があり、その件で、契約の更改が必要となりました。」

ドキッ!家賃の改正とは、何事?

「家賃がお安くなる改正で、お父様にその書類をお送りさせていただきたい。」

ホッ!良かった。

「それは、ありがとうございます。」と、思わず言ってしまった。

いくら下がるのか?下がる理由は?など、聞く余裕もなく、

下がると言うことだけが、耳に残ってしまった次第。

この出費多難な折、この朗報。

本当に、ありがたや。

コメント

電車の車掌

2009年06月17日 | 日記
たまに電車に乗ると、車掌の放送が気になる。

私は、JRしか利用しないのだが、

乗った電車の車掌によって、何を言っているか、

まったくわからないことが、たびたびある。

聞き耳を立てて、乗換案内などを一生懸命聞いていても、

聞き取れない。

先日も、列車の運行に遅れが出て、乗換が気になっていた。

約4分の遅れは聞きとれたのだが、その他が、さっぱりわからない。

きっと、だれもがそうであったろう。

車掌で女性は、いつも大きく、はっきりとしていることがほとんど。

問題は、男性である。

分かりやすい人もいるが、さっぱり不明も多い。

どう思って放送しているのだろうか?と、腹が立ってくることもある。

毎日、電車通勤の人は、逆に慣れてしまっているかも知れないが、

たまに乗る私は、気になってしようがない。

もう少し、しっかりとした仕事をしてほしいものである。
コメント

551の豚まん

2009年06月16日 | 食べ物

今日は、大阪へ出張。

そうなると、奥さんや娘からリクエストが入る。

それは、「551の豚まん」。

うちの家族は、大好きなのである。

ただ、列車の待ち時間にちょっとした余裕がないと、買えない。

という理由で、毎回の出張では、買ってきていない。

本当の買わない理由は、と言うと、551の豚まんは、冷凍で売っていない。

決して、蒸し立てホカホカではないが、ちょっとした保温状態なのである。

そうすると、混んでいる電車に持ち込むと、「におい」が漂ってしまう。

袋にも、大きく「551 HORAI」と書かれているため、

においの元凶がすぐにばれてしまい、大変格好が悪い。

と、私は敬遠してしまう。

しかし、今日は、すいている時間の電車なので、買ってきた。

当然、奥さんたちは、大喜び。

551の豚まんは、生地もとても美味しく、具も多く、すべてうまい!

1個160円だが、大好きである。

本当は、餃子や肉団子・シュウマイなど、一緒に買ってきたいものが、

たくさんあるのだが、においがより一層であり、躊躇している。

なんとか、良い手段は、ないものか・・・。

コメント