もりのぼたもち

釣り、健康ランニングとお城巡りを楽しむ中年おじさんです。何事にもドンマイ!の気持ちであちこち出かけています。

枯れ枝ですが、賑わってます。 ~ マキノ メタセコイア並木

2020年02月11日 | ちょっとお出かけ

今日は、文句なしのいいお天気でした。

スカッと青空。

実に気持ちがイイ。

そんないいお天気に、またまた午前中は、集落の会計事務。

イヤになってきますが、一応こんなことには、きっちりしておかないとダメな性分。

納得いくまで追求します。

ということで、今夜の役員会の検討資料ができました。

そして、お昼。

ご飯を食べてから、別段することがないので、奥さんとプラッと買い物ついでにウロウロ。

天気がいいのでマキノのメタセコイアを観に行きました。

今は冬。

先日雪が降ったので、山や周辺には雪が残ってます。

ただ、メタセコイアの葉は全部散っているので、枝だけ。

それでも、たくさんの方が来られていて、駐車場はいっぱい。

スゴイです。

並木を見ながらカフェでゆっくりと・・・。

私たちは、野菜などの直売所へ。

さすが午後からは、売れてしまっていて、棚はスカスカ。

今夜、昨日頂いた箱館そばを食べるので、天ぷら用にシイタケを購入。

そして、売店をのぞきます。

こちらも賑わってます。

フルタのメタセコイアチョコがいっぱい。

私は、出かけるときのちょっとした手土産用によく持って行きます。

話のネタになるもんで・・・。

それでは、ジェラートをいただきます。

私は、りんごのシングルサイズ。 400円。

奥さんは、お得なリンゴとバニラのダブル。450円。

50円の違いで、2種類です。量は、その分で倍。

ただ、冬にはダブルは体が冷えます。

ということで、冬でもたくさんの方が来られているメタセコイア並木でした。

四季を通して、高島を代表する観光地となりました。

 

 

 

コメント (2)

ご縁を成就祈願 ~ 賀茂神社 滋賀県近江八幡市

2020年01月03日 | ちょっとお出かけ

今日は、初詣。

元日には、地元の氏神さんにお詣りしておりますが、ちょっと出かけました。

千葉から帰省している長男に良きご縁が巡ってきまして、先月の12月にいわゆるプロポーズ。

相手さんもお受けしていただき、その報告を今回聞いたわけです。

これから、まずは先方のご両親に挨拶へ行き、了承をしていただかねばなりません。

大変であります。

ということで、ご縁を次に成就できるよう、滋賀県内の縁結びにご加護があるところを探し、お詣りしてきました。

場所は、近江八幡市にある「賀茂神社 かもじんじゃ」。

もちろん初めてです。

住宅街にある地元のお宮さん。

3日ですが、次から次へと参拝に来られてます。

由来はこちら。

今から1270数年前の奈良時代、日本初の馬の国営牧場の地に、日本の災厄を封じ、人々の幸せを祈るため、聖武天皇は陰陽道の祖と仰がれる吉備真備に命じて、陰陽道の技にて、日本の「気」の集まる(日本のパワースポット)地に天平8年(736)に創建されました。 また、日本最古の馬の国営牧場に鎮座し、馬の伝統を守り伝えることから、全国随一「馬・競馬・乗馬」守護と仰がれていると共に、「方除・鬼門除・災難除・厄除・八方除」守護、「縁結・子授・安産」守護、交通安全「車」守護等の霊験あらたかな神社として崇敬されています。

 

鳥居をくぐり進みますと、こんな光景が目に入りました。

ご神木が倒壊してます。

これは、平成30年9月に滋賀県を襲った台風21号の影響です。

ご神木が倒れて、馬の銅像が倒されています。

こりゃ、大変です。

それでは、手水をして、ご本殿で参拝へ。

私は、参拝の折には、必ず滋賀県高島市・・・から来ました、ぼたもちです。と名乗ってからお詣りします。

神様に私がだれかを伝えてから、としているためです。

これで、認識してもらえたかな?

お詣り後、おかゆをいただきました。

そして、むすびや交通安全のお守りをいただき、長女と長男は「恋みくじ」を引きました。

一番気になるところの長男は「中吉」。

内容は、いくつも当たっていることばかり。

こりゃ、うまくいきそうだな。

続いて、長女は「大吉」。

とにかく大喜び。

ただ、内容はなかなかハードル高し。

それでは、賀茂神社を後にします。

大吉と中吉で気分良し。

さて、次は近江八幡の中心街へ。

車を停めて歩いて行きます。

有名な八幡堀を渡ります。

すぐに「たねや」さんがありまして、これからお餅つきとのこと。

この時代、あまり目にすることがなくなったので、見させていただきました。

突きあがったお餅は、みんなに振舞われました。

久しぶりにつきたてのお餅をいただき、おいしかったです。

そして、店内へ。

お昼ご飯を食べます。

席は、2階へ。

なかなかお上品なところ。

まずは、トマトの飲むゼリー。

お好みでオリーブオイルをどうぞ。

続いて、食事。

こんな感じで、一品ずつ説明をしていただきましたが、覚えてません・・・。

最後に、お餅。

私として、実は「腹6分目」。

まぁ、健康的です。

それから、「日牟禮八幡宮 ひむれはちまんぐう」を参拝。

それから、「クラブハリエ」へ。

長男へ持って帰らす、バウムクーヘンなどを買いました。

とにかく、やれやれ。

ということで、初詣でした。

 

コメント (2)

大仙陵古墳 ~ 仁徳天皇陵

2019年09月11日 | ちょっとお出かけ

今日も、実に暑かったです。

仕事で大阪府堺市へ行ってましたが、猛烈に暑いこと。

エアコンの効いた車から下りると、クラクラとするくらい。

呼吸する空気まで熱く感じました。

さて、堺市での用事の時刻までちょっと時間調整。

目的地の5分ほどのところに位置するのが、世界文化遺産 百舌鳥 古市古墳群の一つというか、メインである仁徳天皇陵へ立ち寄りました。

もうこの形は皆さんご存じ。

教科書にも載ってました。

説明書きはこちら。

見にくいので、ネットで調べると必ず載っています。

 

こちらの濠は、一番外側で、幅も一番狭い。

それでも、巨大です。

そして、進みます。

次の濠です。

ちょっと幅が広がりました。

それから、こちらが正面。

これ以上は入れません。

なんと言っても宮内庁管轄ですから。

あの鳥居の内側には、鍵穴の形をしたおなじみの古墳があり、その周りの濠です。

古墳と言いましても、こんもりとした森になっています。

できた当初は、こんな感じでした。

スゴイです。

海から見れば、壮大な白い人口丘だったようです。

国力を誇示するためだとか。

やっぱり上からこの形を眺めて確かめたいものですが、仕方なし。

今日も無茶苦茶暑かったですが、さすが世界遺産です。

次から次へと団体さんがご到着。

さて、それでは、周囲の古墳群はこんな感じで配置。

この仁徳天皇陵の前の道路を挟んだ公園もいくつかあるようです。

できた当初はこんな感じ。

公園になっています。

その中の一つ、孫太夫古墳がこちら。

とてもちっちゃく感じますが、なんのその。

それなりのデカさです。

ということで、約束のところへと行かねばならないため、ここで終了。

目的地に向かう途中にもいくつか古墳がありました。

こんなに密集しているとは驚きです。

それにしても、上から眺められる展望台があればなぁ。

コメント (2)

孫とお出かけ その2 ~ 三井寺 千団子祭り

2019年05月20日 | ちょっとお出かけ

昨日、孫と動物園へ行きました。

そして、帰りに三井寺へ立ち寄りました。

理由はこちら。

三井寺千団子祭のご案内

重要文化財・護法善神立像ご開帳法要        於 護法善神堂(市指定文化財)

三井寺の守護神である鬼子母神の祭礼。千個の団子を供えることから「千団子祭り」と呼ばれ、600年以上続く伝統的な祭礼として大津の人々に親しまれています。鬼子母神は訶梨帝母と称する女神で、自らは千人の子供を持ちながら、人間の子供を奪って食べる鬼神でしたが、お釈迦様の説法を聞き、懺悔して仏法を守護する神となりました。
           わが国では、子供の無事成長を守護し、また婦人の無事安産をかなえる女神として信仰されている。祭礼では、子供の無事成長にちなんで植木市、苗市が開催されます。            また、堂前の放生池では、生きとし生きるものすべての命を大切にする「放生会」が行われます。これは子供の無事成長の願いをこめて、その子の名前と年齢を亀の甲羅に書いて池に放す行事です。
          護法善神立像(ごほうぜんしんりゅうぞう) ・重要文化財 平安時代(12世紀) ・木造 彩色 像高159.1cm 千団子祭の行われる護法善神堂の本尊で、護法善神は智証大師 が子供の頃と入唐後にその姿をあらわした訶梨帝母です。            ヒノキの一木造で彫りは浅く抑揚が控え目で余分な衣文を省略 し、穏やかな作風となっています。左手に柘榴(ざくろ:吉祥 果)を持ち、唐風の衣裳をまとって立つ女神に表されています。
          仏典によりますと、鬼子母神は、自ら千人の子供を持ちながら人間の子供を奪って食べる鬼神でした。ある時、これを憂いたお釈迦様が、鬼子母神の最愛の末子をお隠しになり、嘆き悲しむ鬼子母神に「千人もの子供がいてさえ、その中の一人でもいなくなれば悲しむのに、人間の子供を奪って食べれば、その子の親はどんなに悲しむことだろう」とお説きになりました。お釈迦様の説法をお聞きになった鬼子母神は、深く懺悔して、これまでの罪亡ぼしに仏法を守護し、子供のない人には子供を授け、病気を癒し、一切の障碍から子供を守ることを誓願されました。お釈迦様は鬼子母神に愛児をお返しなり、ざくろ柘榴を食物とすることをお教えになったと伝えられています。

というお祭りがありまして、孫の無事成長を祈念しに行ってきました。

亀の背に子供の名前を書いて池に放つという「放生会」があります。

亀はだんだんと少ないようで、鯉で代用されてました。

受付をして、ご祈祷を受けます。

そして、その鯉を池へと放します。

孫の元気な成長を願って・・・。

私は、御朱印を頂戴しました。

ありがとうございました。

ちなみに三井寺は、また今度お参りします。

力餅を買って帰りました。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

孫とお出かけ その1 ~ 京都市動物園

2019年05月20日 | ちょっとお出かけ

昨日の日曜日、次男に頼まれて孫の子守を仰せつかりました。

そして、どこへ行こうかな?

と、思いながら、やはり動物園にしよう、と決めまして京都へ。

次男のところからですと30分ほどです。

まずは、昨日装着したチャイルドシート、賢く座っていません。

動物園の近くの駐車場がうまく空いていたので停めて、とにかく一番大変なお昼ごはんへ。

こんな時は、混雑する前に行くのが肝要。

ガツガツと食べて、動物園へ。

さすが日曜日、たくさんの方が来園されています。

中に入り、孫を下ろすと、ダァーーーーッと走り出します。

女の子なのに、なかなか元気がイイ。

もう少しおしとやかがいいのに・・・。

あとは、虎を見てガォー――。

上に虎がいます。

猿山。

チンパンジー。

ペンギンさん。

スゴイのが、ゾウさん。

4頭が水の中で暴れまくってます。

楽しそうなのか???

天竺ネズミ。

それと、ふれあい広場で、何の躊躇もせずヤギへ。

続いて、ミニブタもなんのその。

たくましい1歳6か月の娘さんです。

記念に写真を撮りました。

しかし、じっとしていないので、頭の上だけ・・・。500円なのに・・・。

あとは、乗り物へ。

とにかく動き回り、ウンチも1回。

それと、疲れると抱っこ。

じぃじとばぁばはクタクタです。

なんとか3時間頑張りました。

車に乗せて、100mでこの状態。

罪がないです。

京都市動物園もきれいになりました。

展示の仕方もゴロッと変わり、ずいぶんと楽しめます。

孫と一緒に童心に帰って楽しみました。

 

 

 

 

 

コメント

黄色い絨毯 ノウルシ ~ 琵琶湖岸ウォーキング

2019年04月28日 | ちょっとお出かけ

今日は、とっても良いお天気です。

昨日は、冷たい冬の風が吹き荒れていましたが、一転、風もなく清々しい朝です。

こんな日には、久しぶりのRUN、と行きたいところですが、気管支の調子が悪く無理はしません。

しかし、天気があまりにも良いので、ウォーキング程度なら、と出かけました。

一昨日の読売新聞の「しが県民情報」版に載っていた琵琶湖岸の「ノウルシの黄色い絨毯」を観に行きました。

 

 プロと違い、うまく色合いが出せません。

黄色の植物です。

これは、花かな?

詳しくは知りませんが、この時期は琵琶湖の湖岸道路沿いにたくさん群生地があります。

写真を撮りに来ておられる方もちらほら。

年々、増えてきている感じです。

散歩をしながら、眺めてきました。

この時期は、新芽が出始めて、きれいです。

朝は、鳥の声がよく聞こえます。

特にウグイスの「ホーホケキョ」がよく響いてました。

昨日の雨で、わらびも出てました。

そんなこんなで、湖岸を散歩中、釣り人発見。

何を釣られているのかと言えば、「モロコ」。

しばらくお邪魔をして見させていただきましたが「あかんなぁ~。」とのこと。

難しいです。

穏やかなびわ湖。

そして、ビワイチの自転車の方やランニング中の方もすれ違います。

私も早く体調を治して、走らねば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

潮干狩り ~ 知多半島 大井潮干狩り場 2019.4.20

2019年04月20日 | ちょっとお出かけ

今日は、毎年恒例の春の潮干狩りに出かけてきました。

場所は、愛知県知多半島の南知多町 鳶ヶ崎 大井潮干狩り場です。

毎年行っております。

今年も潮干狩り仲間4名で行きました。

いつも通りのコースで、まずはさかな広場。

ここで、まだ9時半過ぎで、早いですが昼ごはん。

市場食堂さんです。

何にしようかな?

イカいくら丼です。

追加で、とり貝の刺身。

もちろん美味しくいただきました。

そして、買い物。

必ずのえびせんべい。

干物や魚介類もたくさんあり、安いです。

大アサリ。これから採りに行くぞぉ―。

ということで、大井潮干狩り場に到着。

入場料を支払います。

今日は、最近では一番潮が引く日。

12時半ころが干潮です。

頑張ります。

まだ10時過ぎですので、人はまばら。

それでは、潮干狩りウェアに着替えます。

かごを手にいざ出陣。

Y女史、戦闘開始。

S女史も開始。

私は、もうちょっと沖を狙います。

ここ大井潮干狩り場は、石がいっぱいで、一般的にイメージする砂浜での潮干狩りではありません。

採り方も、石があるので大変です。

まず、石を取り除きます。

結構大きい石もあるため、疲れます。

そして、石を取り除いた下の部分をごりごり。

泥や砂と一緒にかごへ。

ごりごり・そしてどんどんかごへ。

ある程度入れたところで、かごを水でジャバジャバし、泥などを落とします。

すると、かごの中にはアサリがいっぱい。

私たちの採り方はこんな感じ。

イメージしていた潮干狩りとはちょっと違います。

良い場所を見つけて、そこでゴリゴリ。

そのよい場所というと、石をのぞいた下に、アサリの層があるほど。

という事は、かごの中に放り込んで、ジャバジャバとすすぐと、ほとんどアサリ。

50個くらい入っていることもあります。

これを繰り返していくのですが、結構疲れます。

12時を過ぎたころ、さすが土曜日、たくさんの人が来られてました。

今日は、10時半開始で13時終了と予定を立てていたので、予定通りの13時に終わりました。

受付のところで計量があります。

さて、どうかな?

9キロちょっとでした。

という事は、4キロまでが入場料の1500円に入っているので、オーバー分(1キロほどはおまけ)として2000円を追加支払いしました。

それから、大井漁港へ行き海水をアサリと一緒にクーラーボックスに入れて、帰路に砂出しをしながら帰ります。

家に帰ってから、水洗い。

相当な量ですので、とにかくご近所5軒におすそ分け。

あとは、たらいに入れてまた明日。

今年は、開催がどんどん遅れて4月19日でした。

愛知県内でもアサリの具合が悪く、潮干狩り場が開かないところがあります。

そんなことで、大丈夫かな?と心配していました。

しかし、今年は型も量もまずまずで豊漁となりました。

日差しも暑いくらいの南知多町での潮干狩り、片道170キロを走り頑張った甲斐あり、9キロの大漁でした。

みなさん、お疲れさまでした。

◆ちなみに私は、昨日から喉がガラガラ。

今朝なんか声がほとんど出ないことになっておりました。

それでも、潮風にアタリながら、潮干狩り。

少しは良くなったかな???

 

 

コメント (2)

孫との時間を堪能 ~ 京都水族館

2019年04月13日 | ちょっとお出かけ

今日は、とっても良いお天気でした。

桜も満開です。

そんな日に大津の次男宅へ。

私たちは南に向かってスイスイ。

しかし、北向き、いわゆる高島市方向は渋滞発生。

みなさん、海津の桜などへ行かれるのでしょうか?

さて、私と奥さんは次男宅へ行き、それから孫と一緒に出掛けました。

次男夫婦が用事があるため、じぃじとばぁばが孫の面倒を引き受けた次第。

大丈夫かな?

それでは、大津京駅。

すでにパワー全開で走り回ってます。

そして、京都駅。

ここで、助っ人ととして呼んでいた長女と合流。

元気いっぱいの孫には大人3人で対応しないと・・・。

これからどこへ行くかと言えば、梅小路の京都水族館です。

到着の前に腹ごしらえ。

途中で見つけたうどん屋さんへ。

ちゅるちゅるよく食べます。

とにかくよく食べます。

ご機嫌です。

そして、梅小路公園に到着。

水場を見つけて一直線。

すぐに止めに入ります。

危ない危ない。

それから、広ーい公園を走り回ります。

ホンマに元気。

鳩を見つけました。

もちろん追いかけます。

さて、いよいよ水族館へ。

オットセイを見てワァーワァー。

しかし、オオサンショウウオは怖いようです。

ペンギンは好きなようです。

チンアナゴも真剣に観察。

とにかくなんにでも関心を示し、一生懸命。

そして、イルカショー。

迫力満点ですが、表情変わらず。

このあと、ショップでお買い物をして、おむつ交換。

小さな子供さんを連れた方が多く、多目的トイレには順番待ちが・・・。

おむつ交換も大変です。

そして、またまた公園へ。

このころになると、少し疲れたようで眠くなってきました。

その間にじぃじは一人でスチーム号を観に行きました。

もうみんなお疲れですので、ぼちぼち帰路へ。

途中で滑り台などの遊具を見つけたので一目散。

怖いもの知らずの為、大変です。

滑り台を楽しんでから、新しくできた梅小路京都西駅へ。

京都駅まで一駅ですが、もうぐっすりと寝ちゃいました。

大津京で下りて、マンションへ。

30分ほど寝たのでまたまた復活。

まぁ、自宅ですので安心です。

しかし、朝出かけるときから少し鼻水が出ていました。

心配していたのですが、だんだんと鼻水が・・・。

家に帰ってからも鼻水タラタラ。

パパとママが帰ってきて、今日一日の孫の行動を報告。

鼻水のことを話したら、今朝からどうも・・・。

熱を測ると、37.7℃もありました。

ただ、元気なまま。

動き回っています。

保育園でかぜ?をもらってきたのかな。

それに、今日の疲れが・・・。

しっかりと元気になってね。

ちなみにじぃじとばぁばの腕や腰はパンパン。

こりゃ筋肉痛になるかも・・・。

それにしても、パパとママがいなくてのお出かけ。

みんなクタクタ。

それでも、ずっと笑顔でいられました。

孫、それはかけがえのない存在であります。

満足、堪能の一日でした。

 

 

 

 

 

コメント

ぶらり散歩 ~ 宝塚

2019年04月08日 | ちょっとお出かけ

昨日は、宝塚で暮らす長女のところへ行ってきました。

やはりいつもの5時に起床し、新聞を熟読。

それから、前日に掃除をした池にウオジラミ対策用として薬を投入。

これで予防となることを祈ります。

そんなことをしていると奥さんは長女のところへ持参用の炊き込みご飯や唐揚げを調理。

カレーは前日に作っていました。

私は、それが住むまで今度は水槽の掃除。

そんなこんなで出発予定の10時になりました。

他の荷物もドッサリと積み込み出発。

実にいいお天気。

道は高速道路も含め空いていて、1時間半ちょっとで到着。

荷物を下ろし、お昼ごはんへ。

長女のリクエストで焼肉です。

お昼から焼肉ですが、炭水化物を減らしている私は肉はOK。

ご飯は食べずに冷麺。

お腹が膨れたので、どうしようかな?とブラブラ。

桜も見ごろなのでとにかく散歩をすることに。

市役所前の公園にはお弁当持参の家族連れやらとにかくいっぱいの人。

スゴイです。

武庫川沿いをブラブラ。

ほとんど満開です。

宝塚劇場の方へと向かいました。

橋を渡ります。

この橋の歩道には、こんな絵が・・・。

もちろんアトムもあります。

ここ宝塚はあの手塚治虫さんが暮らしていた町。

宝塚大劇場が見えてきました。

劇場には行かず、こちらへ。

手塚治虫記念館です。

この前には手形があります。

手塚さんの描かれたマンガの登場人物たちの実物大手形です。

参考にこちらはアトム。

ちつちゃいです。

こちらはレオと父パンジャ。

それでは、入場料700円。

中に入ると田塚ファンの方がたくさん来られています。

亡くなられて30年ほど経ちますが、記憶にしっかりと残っています。

ちなみに訪れた4/7は、アトムの誕生日。

私も記念にいろいろと買っちゃいました。

子どものころ、ほんとよく見ていました。

ということで、童心に帰り楽しんできました。

もちろん平成5年生まれの長女は田塚さんの漫画は見てません。

記念館を後にして、どうしようかな?

大劇場の方を見ると公演が終わってたようで大勢の方が歩いてこられました。

さて、どうするか?

ふと思い出したお店がありました。

それがこちら。

厚い卵焼きのサンドイッチが食べたかった。

そして、どれにしようかな?と迷ってから、注文をしようとしたところ・・・。

店員さんが「40分待ちです。」とのこと。

エェーーーーッ。

なるほど外でもウロウロと待たれている方の姿を見かけました。

ちょっと40分はまっていられないなぁ。と今回は諦めました。

次の時は、先に注文をしておかねば。

残念です。

このころになると少々疲れが・・・。

暑いし、距離も歩いているし・・・。

それでは、ぼちぼち帰る方へ。

途中、新しくオープンされたジェラート店に寄りました。

こだわりの味です。

最後に神戸屋さんでパンを買いました。

もうクタクタ。

長女のアパートへ行き休憩。

3人でお昼寝です。

なんの緊張感もなくまったり時間を過ごしました。

それでは、帰るとしますか。

滞在4時間半でしたが、焼肉から始まり、宝塚散歩、手塚さんと楽しめました。

娘と過ごす時間はイイものです。

 

 

 

 

 

コメント

行基桜(エドヒガンサクラ) ~ 酒波寺 ホー・ホケキョ

2019年04月05日 | ちょっとお出かけ

今日は、ホンマに暖かい日でした。

仕事で大阪へ行きましたが、気温表示は21℃。

風もほとんどなく、お日様の光が実に暖かい。

帰りの京都の桂川PAでは、桜が見ごろでした。

我が滋賀県、そして高島市はまだつぼみ。

桜の名所の海津大崎は、まだのようです。

遠くから見た海津大崎方面ですが、桜が咲いていると白く線状に見えますがまだです。

ということで、ソメイヨシノより先に咲くエドヒガンザクラを観に立ち寄りました。

高島市今津町にある酒波寺。

いわれはこちら。

 

JR近江今津駅の北西約4.5km、山麓にある真言宗智山派の寺。

奈良時代に行基によって開かれ、観音堂の素晴らしさは、遠く都の人々の噂になるくらいであったと伝えられています。

現在の観音堂は、江戸時代に再建したものです。  

境内は、山腹を利用し、本堂・書院・庫裏・護摩堂(ごまどう)・鐘楼などが、古寺らしいたたずまいを見せています。

参道の長い寺院で、春になると桜の花が見事に咲き乱れ、参拝する人の目をなごませます。

昔、周囲の谷川に村人を困らせる大蛇が棲んでおり、酒を呑ませて退治をしたことから、この土地を酒波(さなみ)と呼ぶようになったといいます。

寺名も同じ由来です。

 

そこにあるのが、エドヒガンザクラ。別名 行基桜。

 

きれいです。

そして、桜を見ていると、ウグイスが・・・。

ホーホケキョ、ホーホケキョ。

いい雰囲気です。

こちらのお寺の参道や周辺には、ソメイヨシノがいっぱい。

まもなく開花、そして、見ごろを迎えるでしょう。

海津の桜も見事ですが、また、滋賀県高島 酒波寺へもお越しくださいませ。

 

 

コメント

娘に大感謝 ~ ちょっと早めの誕生日プレゼント

2019年01月05日 | ちょっとお出かけ

昨日は、長男が千葉へ帰りました。

かわいい孫たちの次男一家は二日に帰ってます。

残りの長女は、今日送って行きます。

その前に、買い物👜。

三井アウトレットパーク竜王に来てます。

お天気はスッキリしておらず時折小雨🌂の曇り。

さて、到着したのは、オープンの時刻の10時過ぎ。

しかし、たくさん来られてます。

駐車場がどんどん埋まっていきます。

まずは、お昼ご飯の予約をしておきます。それからは、買い物👜

最初に行ったのがこちら。

来週、誕生日がやってくる私へのプレゼント。

このブランドが好きと話していたので、長女が買ってあげるとのこと。

辞退をしようとしましたが、長女がどうしても、ということですので、いただくことにしました。

長財布です。

それから、お昼ご飯🍚🍴

こちらのお寿司屋さん。

いやぁ、旨い😋

もう食えませんわ。

こちらのお勘定も長女。

いやはや、ほんまにありがとうございます。

ごちそうさまでした。

そして、午後の部。まずは、こちらのお店から。

こちらでは、名刺入れを買ってもらいました。

またまた、感謝です。

ということで、誕生日前に長財布とお寿司、名刺入れを買ってもらいました。

父として、実にうれしい😃💕

それから、約三時間、車で待ってます。

母と娘、アウトレットパークに来ると帰ってきません。

私は、車で待ってます。

まぁ、いろいろと買ってもらったので辛抱。

しかし、女性はスゴいですわ。

ちなみに来週私の誕生日と言いましたが、その一日前が奥さんの誕生日。

そちらは、どうするのか?

難題です。

コメント

岩倉具視幽棲旧宅

2018年11月29日 | ちょっとお出かけ

一昨日の京都 岩倉へ行った時の追記です。

岩倉と言えば、明治維新の立役者 岩倉具視であります。

その岩倉具視が京都から追放されて、約3年間洛北の岩倉でひそかに暮らしていた居宅があります。

歴史大好き、特に明治維新大好きの私は、ちょっと訊ねてみました。

入場料は300円也。

現在の大河ドラマ 西郷どん でも登場していたところです。

その効果もあってか、たくさんの方が来られてます。

ちょうど説明会がありました。

興味津々ですが、私は本来の目的がありますので、ちょっとだけ。

実に残念。

家の中から庭を眺めます。

予想以上のちゃんとした家です。

もっとひどいところかと思ってました。

こちらは、遺髪塚。

とにかく、ここに西郷さん、大久保さん、桂さんたちが訪ねてきていたかと思うと、感動です。

用事がなければ、もっともっとゆっくりとしていたかったのですが、残念です。

実相院と合わせて訪ねてみてください。

すぐ近くですので・・・。

 

コメント

おにゅう峠 雲海 ~ 2018.11.3

2018年11月03日 | ちょっとお出かけ

さぁーーて、朝の5:10、真っ暗の中、朽木のおにゅう峠に向けて出発。

ま~とんは、福井県武生のハーフマラソンかぁ、がんばってやぁ~、と車中から声援。

しかし、あとで分かったことだが、昨日からの宴席の酒が残っていたようで、棄権。

なんともはや、まぁ、無理は禁物ですから。

途中の気温表示は、5℃。

そして、この表示を過ぎたころに霧が発生したので、こりゃ、期待大。

2年ぶりの山道を慎重に走り、小入谷集落へ。

こんな看板が新しく立ってました。

雲海が有名になり、たくさんの方が来られるのでしょう。

静かな山あいの集落ですから、マナーは大切です。

ちなみにここ小入谷集落は、濃い霧の中。

ということは、雲海発生中ということ。

それでは、仮復旧の林道を登っていきます。

まずは、ポイント①。

いますいます、雲海ファンが。

さて、ここからの眺めは・・・。

しっかり雲海は出てました。

いやぁ、久しぶりなので感動です。

続いて、もう少し上のポイント②へ。

林道は車でいっぱい。

それも、ほとんど他府県。

夜遅くから出発されて、カメラポイントの場所取り。

とにかくすっごい人。

もう圧倒されてます。

こちらからの眺めはこんな感じ。

そして、この方。

ドローンで撮影されてました。

すごいなぁ。きっと感動の画像だろうなぁ。見たいなぁ。と心で思ってます。

そうこうしていると朝陽が顔を出しました。

辺り一面に日の光がパァーッとあたりだし、実にきれい。

普段なら福井県との県境、おにゅう峠まで行くのですが、人と車で通れそうもないので断念。

お地蔵様にお詣りして帰ります。

こちらは、昔の鯖街道。

林道を降りていき、先ほどのポイント付近を見上げます。

雲海の上面です。

仮復旧の跡。また来週末から通行止めで工事再開です。

小入谷集落近くまで下りてくると、霧の中。

雲海の底です。

かやぶき屋根の吹き替え中。

ここ、小入谷 おにゅうだに の説明。

さぁーーて、帰ります。

こんな杉の中を通り・・・。

いつも立ち寄らせていただく、山神神社。

ひっそりと・・・。

ということで、いいタイミングで雲海詣で終了。

もう今年はこれ1回となりそうです。

また、来年かな。

台風が来ないといいのに。

そして、帰って勉強。

通信講座の締め切りに追われてます。

トホホ・・・。

15時半、イヤになったのでRUNへ。

田んぼ道。

琵琶湖岸では、倒木が。

久しぶりです。

いいお天気で気持ちよく、いい汗かきました。

11.26キロ。

 

 

コメント (4)

明日の朝は・・・。 ~ 雲海詣で

2018年11月02日 | ちょっとお出かけ

寒くなってきたので、頭をよぎるのが・・・。

高島市朽木 おにゅう峠から見る「雲海」です。

ただ、台風の影響で通行止めとのこと。

実は昨年も通行止めで雲海詣では断念してました。

林道ですので、オフロードバイクならともかく、車では無理。

今年も高島市特に山間部の朽木では、倒木・土砂崩れ等大変な被害が出てました。

それで、林道も通行止め。

いくら紅葉がきれいでも、いくら見事な雲海が発生したとしても行けません。

そんな中、ちょっと調べてみました。

すると、毎日新聞にこんな記事が・・・。

10月30日です。

小入谷に雲海 紅葉と共演

 
日の出直後、谷筋に綿を敷き詰めたように浮かぶ小入谷の雲海。紅葉も始まった=滋賀県高島市朽木の福井県境のおにゅう峠付近で。

滋賀県高島市朽木小入谷(おにゅうだに)が雲海の季節を迎えている。冷え込んだ早朝には、谷筋を埋める一面の雲海が朝日に映え、色づき始めた紅葉と雲上の大パノラマが出現した。雲海と紅葉との共演は来月中旬ごろまで。

 福井県境「おにゅう峠」(標高820メートル)手前の同750メートル付近には、県内外から集まったアマチュア写真家が未明からカメラを構える。雲海は綿を敷き詰めたように、頭を出す山は島のように映し出され、風の具合で雲が水のように流れる。日が高くなると消える、ひとときの芸術だ。

なんと、行けてるではないか。

そこで、高島市のホームページで通行状況を調べてみると・・・。

林道小入谷線につきましては、現在、仮復旧を行い通行が可能となっております。今回、本復旧工事のため、下記の日程で林道の通行止を実施します。

 ○今後のスケジュール                                                                   

  通行止開始:11月11日(日)午後5時より(終日、通行止)

  通行止終了:11月30日(金)午後5時

※上記のスケジュールは、今後の気象条件等により、延長する場合があります。また日程等に変更が生じた場合は、HP等でお知らせします。                                                                           

写真1
 
こりゃ、11日までなら通れるということではないか。
 
続いて、天気予報をチェック。
 

明日の天気 - 11月3日(土)

時刻 0時 3時 6時 9時 12時 15時 18時 21時
天気 晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
晴れ
気温(℃) 9 8 7 13 17 18 13 11
湿度(%) 88 88 90 72 50 52 74 88
降水量(mm/h) 0 0 0 0 0 0 0 0
風向
風速(m/s)
西南西
1
西南西
1
西南西
1
静穏
0
北東
1

1
北北西
1
西
1
 
晴れではないか。
 
そして、そこそこの冷え込み。
 
風もほとんどなし。
 
ヨォーーーーーシ、いっちょ行きますか。
 
ということで、2年ぶりの雲海詣でに明日の朝5時過ぎに出発し、行ってまいります。
 
さて、雲海は?
 
そして、紅葉は?
 
 
 

 

コメント

孫と一緒に京阪電車

2018年09月24日 | ちょっとお出かけ

今日は、宿直明けでした。

おかげさまで何事もなく、助かりました。

さて、時間が来たので急いで帰ります。

そして、着替えて奥さんとお出かけ。

大津に住む次男宅へ向かいます。

何かというと、孫の子守りです。

大丈夫かな? と思いながら実に楽しみでもあります。

次男夫婦に用事があり、その間の約3時間ほどを子守することに。

まずは、みんなで昼食。

もちろん孫も食事です。

それから、次男夫婦と別れて、私たちは京阪電車で移動。

孫にとっては初電車。

実に賢かった。

それから、どうしようかな?となり、イオンへ。

ここで、ゲームコーナーへ。

もちろんゲームができるはずもなく、とりあえず乗り物。

戸惑いながらも楽しんでます。

それから、ちびっこたちの遊び場がありました。

そこで、0歳児は無料との表記を発見。

1歳以上は700円です。

しかし、条件として確認のため母子手帳がいるとのこと。

じぃじとばぁばの子守なので母子手帳なんかありません。

う~ん、と思案していると係の方が、声をかけてくださいました。

そこで、ばぁばが11か月児とアピール。

認めていただき、受付を行います。

それから、もう大はしゃぎ。

楽しくて、楽しくて。

元気いっぱい遊びます。

すると・・・。

うん? この漂う匂いは・・・。

💩うんちです。

こりゃ、いかん。

ばぁばとトイレへ。

ばぁばも初ウンチおむつ交換でした。

そんなこともありましたが、とにかく孫と楽しく過ごすことができました。

孫も外に出ると、なかなかの愛嬌者。

おばちゃんたちがかまってくれると、ニコニコ笑顔。

「かわいいねぇ」となり、和みます。

ということで、じぃじとばぁばは、とにかく3時間、がんばって子守を完遂いたしました。

とても心地よい疲れです。

楽しませてくれて、ありがとう。

コメント (2)