作雨作晴

日々の記憶.....

2月3日(日)のTW:立春

2019年02月04日 | ツイツター
 
コメント

1月29日(火)のつぶやき

2019年01月30日 | ツイツター

 

コメント

1月17日(木)のTW:#しきしま、 #敷島、#志貴島

2019年01月18日 | ツイツター
 
コメント

1月16日(水)のTW:#志貴島、#柿本人麿、#価値、#夕暮れのフクロウ

2019年01月17日 | ツイツター
 
コメント

1月14日(月)のTW:#事物、#価値、#欲求

2019年01月15日 | ツイツター
 
コメント

1月9日(水)のTW:#自由、#君主権

2019年01月10日 | ツイツター
コメント

1月6日(日)のTW:#戦後民主主義、#岸田秀、#精神分析

2019年01月07日 | ツイツター
コメント

初詣

2019年01月05日 | 日記・紀行

 

二〇一九年一月五日(土)曇り、のち晴れ

年末年始の混雑を避けて、二〇一九年の五日になって初詣にゆく。今年も年越しには多くの人出があったのだろう。参拝に訪れた人々の引いたおみくじの、その思いの名残が結いつけられてある。台風被害の修復かどうかわからなかったけれど、建築物の一部が工事中の足場などが組まれて見られなかった。上賀茂神社は奈良時代からすでに存在したようで、また神社の大きな骨格はそのままらしく、紫式部や西行の詠んだ和歌の事跡は今も残されている。

 近くに神社があって訪れたい時にはいつでもゆくことのできるのはうれしい。洛西に暮らしていた時には、花の寺や大原野神社が近くにあったけれども、引越してからはその代わりに賀茂川や上賀茂神社が身近になった。勝持寺で出家したらしい西行が、この神社にも思い入れの深かったらしいことは彼の和歌からもわかる。


                                                  

神社に来て思い出せば必ずこの願い石に触れて帰る。とくに願をかけるということはしないけれど、文字通りに盤石不動のこの石に触れて感じることは多い。それを歌に詠んで表現できないのは仕方がない。以前に来た時にはしめ縄は確かなかったはずなのに。

 

 風そよぐ ならの小川の 夕ぐれは 

     みそぎぞ 夏のしるしなりける      

                    藤原家隆

上賀茂神社 |  https://is.gd/CkZWqy

 
 
 
 
 
 
 
コメント

あけましておめでとうございます

2019年01月03日 | 日記・紀行

 

あけましておめでとうございます。

今年の年賀状の図柄は、西行が東北への旅の途上、遠州の天竜川の渡しで船に乗って渡ろうとしたときの情景を描いた「西行物語絵巻断簡 法師堪忍図」を使わせてもらいました。

そのとき船は乗り込んでくる旅人でいっぱいになりました。船頭は法師である西行に下船するよう命じ、彼の頭を打擲したそうです。西行はあがらうことなく手を合わせて祈りながら命ぜられるままに船を降りたというエピソードが描かれています。

室町時代、1500年頃の作品だそうです。

 


挿絵とあらすじで楽しむお伽草子
 第12話 西行物語 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
 https://is.gd/Gom9pR
 
 
 
 
 
コメント

12月31日(月)のTW:#平成、#大晦日、#アメリカインディアン、#排日移民法、#初春

2018年12月31日 | ツイツター
 
 
コメント

12月29日(土)のTW:#平野神社

2018年12月29日 | ツイツター
 
コメント

歳末の雪の朝

2018年12月29日 | 日記・紀行

 

目が覚めると雪景色が広がっていました。平成最後の年の歳末になって初めて降った雪。残り少ない2018年、今年は世事としては、アメリカのトランプ大統領の登場によりさらに深まるようにみえる世界の混迷、中華人民共和国のさらなる軍事的、経済的な台頭、険悪化してゆく日韓関係にともなう北東アジアのこれからの行方、また多発する自然災害など、あいかわらず多事多難であるようです。しかし、そんな人類の思惑にも頓着することなく自然のサイクルは悠然と我が道を進みます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

12月25日(火)のつぶやき

2018年12月26日 | ツイツター
コメント

Christmas Secrets - Enya

2018年12月25日 | 日記・紀行

Christmas Secrets - Enya (with lyrics)

Christmas Secrets クリスマスの秘めごと

Underneath a winter sky   
冬の空の下、
A distant train sings out the miles  
数マイルも向こうに遠く汽車の轟が聞こえてきます。
And so I wonder can it be
そうして汽車は一マイルごとあなたを
Will every mile bring you to me?  
私のもとに連れてくることができるのかしら?

A promise made may still come true
交わされた約束はいつか実現するかもしれない。
So I am waiting here for you
だから私はここであなたを待ちつづけます。
If you don't come, what will I do?
もし、あなたが来なければ、私はどうすればいい?
Who shall I tell my secrets to?
だれに私の思いを伝えればいい?

Christmas bells ring out their chimes
クリスマスの鐘が鳴り響きます。
I hear them echo through the night
夜のしじまの向こうからそのこだまが聞こえます。
And moonlight shines upon the road
そして月明かりは舗道の上を照らしています。
And trembles on the fallen snow
そして降り積もった雪の上にふるえています。

I look into the midnight blue
私は真夜中の蒼空(あおぞら)を仰ぎ見ています。
So many stars I never knew
私の知らないそんなに多くの星々、
If you don't come, what will I do?
もしあなたが来ないのなら、私はどうすればいい?
Who shall I tell my secrets to?
だれに私は私の思いを告げればいい?

I look into the midnight blue
So many stars I never knew
If you don't come, what will I do?
Who shall I tell my secrets to?


「私は去ってゆくが、しかし、また再びあなたたちの許に戻ってくる」と私があなたたちに言ったのを聞いただろう。もし、あなたたちが私を愛するなら、私が父のもとに去ってゆくことを喜ぶはずだ。父は私よりも大いなるお方だからである。(ヨハネ書14:28)

イエスは再び戻ってくると約束された。しかし、それはいつの日かわからない。ただ、いつの日か私たちの許に帰ってくるという約束を信じて待っている。しかし、あなたが、もし戻ってこないのなら、私はどうすればいい?
その時、あなたへの私の秘めた思いをいったいだれに告げればいいのか?

平成時代のクリスマスは今夜が最後となります。なにはともあれ今年も穏やかなクリスマスを迎えられたことを感謝します。クリスマスおめでとうございます。

 

 

 

 
 
コメント

12月24日(月)のつぶやき

2018年12月25日 | ツイツター
コメント