夕暮れのフクロウ

―――すべての理論は灰色で、生命は緑なす樹。ヘーゲル概念論の研究のために―――

5月20日(日)のつぶやき

2018年05月21日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮をめぐる国際情勢

2018年05月04日 | 歴史

 

北朝鮮をめぐる国際情勢

北朝鮮をめぐり国際情勢が大きな変化を迎えようとしています。この変化の主導力になっているのは、日米の経済制裁を主体とする圧力です。この経済制裁が可能であるのも、もちろんアメリカ軍を主体とする日米の軍事力が北朝鮮のそれに対して圧倒的に強大であるからです。

北東アジアをめぐる長期的な展望については、かっては次のように論じたことがあります。

 「北東アジアの夢―――六カ国協議の遠い行方

https://goo.gl/cSieFZ

しかし、確かに100年後、200年後の遠い行方については、そのような「夢」を語ることも許されるかもしれないが、さしあたっての次のdecade、10年についてはそのような楽観はできないと思います。

現在トランプ大統領が北朝鮮と行なっている交渉の行方は、日本の将来の動向にも深く関わってくる。その交渉の行方次第で、北東アジアにおける日本の安全保障上の地位(立場)が大きく変わってきます。

日本にとって北朝鮮の脅威が深刻であるのは、北朝鮮の保有する核爆弾と弾道ミサイルの射程が日本国民の頭上に定められているからです。今回の米朝交渉を通じて、トランプ大統領ははたして北朝鮮にその保有する核と弾道ミサイルの「完全廃棄」を実現させることができるのでしょうか、――これには金正恩は命がけで反対するでしょう。――したがってこの場合には、米朝交渉は決裂する可能性は大きいと思います。

しかし、文在寅と金正恩は、先に行なわれた南北朝鮮会談と、そこで発せられた「板門店宣言」を舞台とする国内外のマスコミを最大限に利用、活用して、「平和友好ムード」演出劇の国際的な拡散を狙って、国際世論の「平和志向」に火をつけるべく「世論操作」を行ないました。そうしてトランプ大統領に対して北朝鮮に対する軍事力行使を回避させるべく環境整備を徹底して行ないました。文在寅は「ノーベル平和賞」をトランプ大統領に譲るとまで言いました。

中国の「協力」もあって、今回の日米を主体とする北朝鮮に対する国際的な経済的な制裁圧力によって、北朝鮮の経済は破綻の瀬戸際にまで追い込まれました。金正恩は会談にまで自ら足を運んで出向かざるを得なくなりました。文在寅はそれを自らの望む朝鮮統一の絶好の好機としました。朝鮮戦争の「終結宣言」と北朝鮮との「平和条約」の締結を通して、彼は在韓アメリカ軍の韓国からの撤退を目指しています。

こうした状況において、日本国民の立場からすれば、金正恩とトランプによる米朝交渉の行方としては、次の二つの可能性を推測するしかありません。

現在北朝鮮の保有する総ての核兵器、短中長距離弾道ミサイルの「完全廃棄」をトランプ大統領は実現させるのか、それとも、アメリカにとって自らの直接の脅威となる核と長距離弾道ミサイルの廃棄だけを求めて、同盟国である韓国や日本に対する脅威となる短中距離弾道ミサイルの存在を許し、核兵器の段階的廃棄を認めて妥協するか、です。

歴史的な名声とノーベル平和賞に眼がくらんだトランプ大統領が、米朝会談の決裂を避けるために、核兵器と弾道ミサイルの完全廃棄を絶対的に拒否する金正恩に譲歩するということもありえます。

文在寅たちのつくりあげた「平和」を求める国際世論の醸成とノーベル平和賞という撒き餌につられて、トランプ大統領が、もし自国アメリカのみの当面の安全保障に満足して金正恩との交渉を妥結することになれば、北朝鮮の核ミサイルという深刻な脅威は、同盟関係にあるはずの、とりわけ日本には残されたままになります。その時に安倍首相はトランプ大統領をどこまで説得できるでしょうか。

確かにそこで「平和」という体裁はいちおう保たれるでしょう。しかし、この米朝会談によっては残念ながら同盟国であるはずの日本の安全は保証されません。北東アジアにおいて日本は、ロシア、統一朝鮮、中国、アメリカといった軍事強国に包囲された単なる「経済大国」として残されることになります。その場合には日本は、これらの軍事強国に対する「現金支払機」の地位に留まることになるでしょう。統一朝鮮から莫大な資金援助をもとめられ、それがまた自らの首をしめることになります。

「平和」の継続としてそれを日本国民の多数が受け入れるのならそれも仕方がないでしょう。実際にそうした未来は、これらの周辺諸国民にとっても「平和」の維持、継続する最も好ましい状況として受け入れられるでしょう。ただ、そのとき日本国民は第二次世界大戦当時のユダヤ人が周辺諸民族から受けたような境遇をたどることになるはずです。かってのユダヤ人たちも今日の日本人とおなじように、経済的には相応の地位を占めていたけれども、まともな国家も軍事的主権ももっていませんでした。大東亜戦争における日本の戦争と統治に対する中国人や朝鮮人の憎しみと復讐心も、観念的にイデオロギー的に強められこそすれ、今なお消えてはいません。

トランプ大統領はこれまでの閣僚人事において、対北朝鮮との交渉に融和的なビジネスマン出身の国務長官ティラーソンや軍人出身のマクマスター大統領補佐官を更迭し、CIA 長官に任命したポンペイオをさらに新たな国務長官に、また軍事力の行使に優柔不断な軍人出身のマティス国防長官などを差し置いて、大統領顧問にボルトンを迎え入れました。

また、前アメリカ太平洋軍司令官ハリスを次期の駐韓米国大使に予定するなど、こうしたトランプ政府の閣僚人事だけを見れば、現段階においてトランプ大統領は北朝鮮に核とミサイルの「完全廃棄」させることを放棄していないということは言えます。しかし、いずれにせよ、やはり最終的な決断はトランプ大統領自身が下すことになります。ボルトンの「リビア方式による核兵器廃棄」などの進言を彼に受け入れることができるかどうかは最後までわかりません。日本の官僚たちもそうした状況は十分にシュミレーションしていると思いますが。

 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月22日(日)のつぶやき

2018年04月23日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年、平成30年の春

2018年04月04日 | 国家論

 

今年の春は、花の季節に晴天が続いたために、花見時に雨に降られた昨年とは異なって存分に花を楽しむことができました。人間世界とは異なって、自然界は法則通りに、汚れなき美しさを今年も見せてくれます。しかしここに写真に記録した花の姿もやはり現実の面影には及びません。

日本の「生命の樹」である桜が見事に開花してその壮観さを見せてくれている間にも、我が国の政局は「森友・加計騒動」で明け暮れて内向きになってしまって、さらに深刻な北朝鮮をめぐる国際情勢の新たな展開などにも的確に対応してゆく余裕すらなく、置いてけぼりを食っています。

野党の体たらくは、与党に輪をかけてひどいと思います。批判は易しく創造は難しい。現在のだらしのない安倍自民党政権にすら、その経済政策、外交の力量において乗り越えることのできない現在の野党の無能力ではどうしようもない。これでは国民は安心して野党に政権を任せることはできません。民主党政権の三年間の日本の深刻な低迷が、国民の間にひどいトラウマとして残っています。かってあれほど定評の高かった日本の官僚たちの資質と能力も地に落ちているようです。

私のブログの論考なども少しは参考になると思うのに。「自由にして民主的な独立した立憲君主国家」としての日本国の理念、イデーに国民が命を捧げ戯れるならば、今年の春の桜のように日本国の壮観は永遠です。まず神の国を求めよ。そうすれば必要なものはこれに加えて与えられると言います。私にとっても、もうこれ以上の理念(イデア)はないと思います。しかし、このイデーを見失って日本国民は、いま惨めにも腐敗と堕落のうちにさすらっています。

 日頃行き来する通い慣れた道すがら、岩倉川沿いから高野川の川端通へと抜け、さらに賀茂川の荒神橋近くまで、冬枯れた木立の頃から赤く芽吹いた蕾へと、さらに一気に満開を迎えた桜並木が延々と続きます。行き来の途中に撮りためた写真でスライド動画を作ってみました。もう少し慣れればうまく編集もできるのでしょうが。音楽の著作権の関係から無断使用のクレームがあればこの動画も見れなくなるかもしれません。使わせていただいた曲は森山良子さんの「ガラス色の午後」です。

2018年、平成30年春

 

斎王桜  

 

 

 

 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月26日(月)のつぶやき

2018年03月27日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月25日(日)のつぶやき

2018年03月26日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月24日(土)のつぶやき

2018年03月25日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月22日(木)のつぶやき

2018年03月23日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日(火)のつぶやき

2018年03月21日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月18日(日)のTW:矢崎美盛『ヘーゲル精神現象論』ノート1

2018年03月19日 | ツイッター

※ 
矢崎美盛の『ヘーゲル精神現象論』(昭和11年10月10日)を たまたま読んでいて、その「精神現象学」全体についての、極めて簡潔にして的を射た要約に感心してノートしたものです。戦前の日本のヘーゲル研究のレベルを示すものと思います。平成の御代のアカデミズムの水準と比べてみればどうか?

しかし、それにしても、矢崎美盛は何を目的に「ヘーゲル現象学読解」を志したのだろうか。もう少し読んでみないとわからない。

著者名は「矢崎美盛」が正しいのに、ツイッターでは誤って「矢崎義盛」と打ち込んでしまいました。お詫びして訂正します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月12日(月)のつぶやき

2018年02月13日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月10日(土)のTW:法の実体としての自由と意志(§4)

2018年02月11日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月4日(日)のTW:憲法研究会(高野岩三郎、鈴木安蔵ら)による憲法草案要綱

2018年02月05日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月3日(土)のTW:ソクラテスやプラトンの理解したノモス(nomos)

2018年02月04日 | ツイッター



ソクラテスやプラトンの理解した「ノモス」について調べ始めて気づいたことは、ノモスの概念と、このブログの論考の主要なテーマの一つである「自然法」の概念がほぼ重なり合うことである。また、同時に東大派の憲法学者たち、樋口陽一氏や故奥平康弘氏ら国民・人民主権(民主主義)論者たちの「立憲主義」が、ノモスや自然法とは無縁のものであるらしいこともわかった。ノモスや自然法を尊重する(いわゆるノモス主権論)立場は、「国民主権(民主主義)」でもなければ「君主主権」でもない。これが、いわゆる「法の支配」の立場である。
ノモスや自然法は、国家を形成する核心的な概念です。ノモスや自然法の概念なくして、国家の真理は論じられないと思います。(20180214)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月30日(火)のTW:#尾高朝雄『法の窮極に在るもの』ノート(18)

2018年01月31日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加