アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

棒ノ嶺

2015年04月23日 | Weblog

皆様こんにちは。
大変ご無沙汰しておりました。
この間、お話ししたいネタも数々あったのですが、何分、忙しさにかまけてどんどん日が経ち、気が付けば4月も終盤というありさまで自分でも驚いております。


さて、業務もようやく落ち着いてきたので、山へGO
前回はスキーの話題でしたから、季節の移り変わりも紙芝居的早さです(単にアップしなかった私のせいです)。


今回は新緑の棒ノ折山に。
「登山ツアー」に参加しましたので、ガイドさんつきで、総勢15名のパーティ。知らない面々の集まりです。


ウォーミングアップしたあと、素晴らしい湖面を持つ名栗湖から登山開始。
山頂までの7割程度は渓谷の沢登りなのですが、この間、右へ左へと岩から岩へ移る場面が多くあり、これがなかなかの曲者でした。
足を置いたその岩が安定していないこともあれば、それなら学習機能で前の人と同じ岩を踏めば良かろうとマネしてみても、悲しいことにほんの少し(?)足の長さが違うせいか同じ岩に足をかけられず、な~んてこともあり、あわや沢で水難かとはらはらしました(実を言うと一度は足を踏み外し、足を半分くらい水に突っ込んでしまったのですが、さすが登山靴、全く水濡れを起こしませんでした)。

このルートは大変人気なんだそうですが、そんなこんなで私は足元ばかりに目が行き、景色を楽しみながら登るという余裕がありませんでした。
山頂は969メートル!天気がよければスカイツリーまで見えるとか(残念ながら今回はうっすら曇っていましたので、見ることはできませんでした)。

登り・下りとも、鎖場あり、ロープありでスリル満点。大人のアスレチックですね。
無事に下山したあと一行は「さわらびの湯」で汗を流し、帰途につきました。

パーティには結構お年を召した方も参加されていたのですが、登山は何歳になってもできると言うものの、今回、結構ハードな箇所があっただけに皆さん体力あるなぁと実感しました。
やはり登山も慣れでしょうか。


さてさて、良い季節になってきました。
雪山→山とくれば、次は海。
スキーに登山にダイビング。

遊んでばかりではありません。
精一杯遊ぶためには日々鍛錬!!

…アスリート指数を上げるべく、私は今日も筋トレに励むのです!(仕事もしましょう。)





あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
にほんブログ村 資格ブログ その他珍しい資格へ


コメント