アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

さんま

2010年08月29日 | Weblog

某元総理が決起集会で「私心を捨てて」と言っているのを繰返し観るが、これって医療用語で言う「指診を捨てて」って言ったんじゃないの?と思ってしまう最近の混乱ぶり。

「私は私心と言ったわけではありません。指診と言ったわけでして、マスコミのみなさんが私心と理解して流されたのではありませんか」と半笑いで言い訳してる表情まで想像できてしまう。

現総理も「為替の安定が必要」と言うなら、国会議員の給与を1ドル120円換算で外為特会から外貨支給にしてみるとか?
焼け石に水とは言え少しは損切りできるし、なにより各議員さんも円高対策により真剣に取り組もうとするのでは?
国民生活への「指診」捨てないで下さいよ。


さて、皮肉なつぶやきは以上にして、今年は未ださんまが不漁。
最近ブログでお話しした近所の定食屋さんも、さんまが入荷されると塩焼きを出してくれる。
ただ、日替わり定食のおかずとしては出せないようだ。一本あたりの値段が高いのだろう。


市場にないと聞けば、食べたくなってしまうもので、最近はさんまがメニューにあれば食べるようにしている。
調理法は塩焼きばかりだが、「さんまの土鍋ごはん」なるものを食べる機会があった。

蓋を開けるとなんとも良いかおり。
しめじや野菜とともに焼かれたさんまがどーんと乗っている炊き込みご飯だ。

さんまの身を崩してまぜて、
まずはそのまま食す。
お好みでゆずを垂らして食す。
その後はだし汁をかけてお茶づけのように食す。

さんまのひつまぶし。
ああ、なんて美味しいこと。

値段は特に高いわけではないが、その豪快さと美味しさで贅沢を感じる。
ごちそうさまでした。

議員の皆さん、この程度の幸せを奪わないよう、しっかり「指針」を示して下さいね。


*写真は土鍋ご飯です。眼でお楽しみください。

  あすく数理人事務所のよくあるご質問もご覧下さい。 
コメント

夏の手芸

2010年08月22日 | Weblog

ディズニーシーへ行ってまいりました。

「東京に住んでて、夏休みに、しかもこの暑い中行かずとも。」と思うところだが、何分誘ってくれた友人のおかげで断然お安いお値段で入園できるとあらば、この機会に、というもの。

激混みであることは想定はしていたが、ファストパスでアトラクション3つは確保したものの、あとはひたすら並ぶしかなく。
暑さのためパラソルを多めに設置してくれているとかはないので、日向日陰にかかわらず、並んでいると汗が噴き出す。タオル3枚持参して臨んだものの、決して多いということはなく、いずれも汗ぐっしょりになりました。


8時半から21時くらいまでアトラクションに乗りまくり、大満喫。
来たからには一応何かお土産でもと実用品のタオルを買う。
実はオリエンタルランドのタオル、たかが土産物と思うなかれなのだ。
質がいい。丈夫だし、吸水もいいのだ。


ちょうど一枚処分しようと考えていた古いタオルがあるので、それと選手交代。
さて、処分といっても捨てたらもったいないよなぁ。
創作意欲がもくもくと。

「雑巾?巾着?小物入れ?」

考えた末、ヘアバンドを作ることにしました。
タオルを切って巻いて縫ってゴムを入れただけの簡単なもの。

めんどくさがりなので長さを測って線を引いたりしてまで作りたくない。だが一発勝負はリスクとの戦いを課してしまう。変なところを切ったらおしまいだ。
でも後者を選択。
よーく考えて布を切り刻み、手縫い。

作業時間約30分。

ふむ。なかなか良いのができた。ゴムの具合も丁度いい。
タオルも捨てずに済んだというもの。

夏休みの宿題の工作をしている気分になれたひとときでした。


 あすく数理人事務所の代表者もご覧下さい。
コメント

夏の夜に

2010年08月11日 | Weblog

暦は秋というのに残暑厳しい日々が続き、外出時には頭頂から汗が噴出してしまう私、夜は水枕を抱いて寝ております。
期待以上の働きで、今や手放せない存在になっています。

こうして毎日暑いわけですが、一方、薄ら寒い話は今の日本にいくつかあるもんです。
・消えた年金に消えた年寄り
・生死が不明な120歳超の人(数理計算で使用する死亡率は確か115歳までしかなかったのですがね…)
・税収が40兆無いのに90兆超の予算を組んじゃう財務省
・84円台に突入しても沈黙の、時の財務大臣(もしや「消えた財務大臣」?)
などなど。

どれをとっても少し先を想像すると相当に寒くなれる感じはいたします。
眠れなくなりますね。

とはいえ、これらは不健全この上無いので、健全に涼しい夜を過ごしましょう。
私はDVDでホラーでも観て、冒頭の水枕で眠ることにします。
皆様もどうぞいろいろ工夫を凝らして涼しくお過ごしくださいませ。

  

  あすく数理人事務所の事務所の特長もご覧下さい。
コメント