アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

つわもの

2008年07月30日 | Weblog

ドラッグストアで首元ひんやりベルトなるものを偶然見つけ、愛用しているのは先日書かせていただいた。

冷凍室でかちかちに凍らせて、首にまく。
冷気は下にさがるので、つけたときから冷たい空気のベールにつつまれる感じ。
なかなか良いのだが、小一時間ほどで効果がなくなるのが惜しい。


あるとき、出先からの帰り。
地下鉄車内で「あれ、社長のと同じですよ」とぼそっと声がかかる。
横目でそろっと見ると、うら若き普通のOLさん風の女性がなんと、首元ひんやりベルトを巻いているではないか。
「おお、まさに!」

さすがの私も外にこれをまいて行こうと思ったことはないが、こんな方がいらっしゃるとは。
しかも普通に服装になじんでいるようにも思うし、変でもない。


「それ、私も使ってるんですよ」
「いいですよね~」
「私は外では使ったことないので尊敬します。師匠!」
「会社で凍らせて帰られるんですか?」


同じものをご愛用とはとても嬉しくなって声をかける(心の中で)。

仮に多少格好悪くても涼しさを優先していると思われる彼女に多分に共感できる。
これは、花粉症の時期には格好悪くてもマスクにサングラスというのと同じだろう。
「目ぇかゆいのに、かっこなんか言うてられへん」ってやつだ。


そもそも「体+α」部分の空気だけ冷やせれば、建物中冷やす必要なんて無いように思うのだが、そのような商品はできますまいか。
もちろん、ひとり一枚、首元ひんやりベルト支給でもよいのですが。
エコ観点からも、地球温暖化防止のためにも。


 
  あすく数理人事務所のPBO計算もご覧下さい。
コメント

小さな

2008年07月23日 | Weblog

新しい家電製品が仲間入りした。

スティックタイプの掃除機である。
従来型の『犬の散歩』みたいな掃除機はあるのだが、「ちょっとそこに埃が」「髪の毛が」みたいなときにポチ君を出動させるのは腰が重い。
掃除が好きな人は苦にならないのだろうが、あいにく私は洗濯派。

そういった人間が次の手段として好むのは『コロコロ』だろう。
これに活躍していただくわけだが、紙に貼りつけるのと吸い込むのとでは、やはり刀と鉄砲くらいの違いがある。


あれこれと掃除機購入構想も1年は練った。
そしてとうとう、とヨド○シカメラで出会ってしまったのだ。
…運命的な出会い。
とても軽く、コードレス、しかもサイクロン方式である。音も小さい。
なんと素晴らしい。
気軽さはモップ並みだ。
15分の稼働に6時間充電が必要だが、そもそもの動機は本格的掃除のためではないので十分。
しばらくはこれで幸せな気分に浸れそう。


小さな幸せといえば、今年も暑気払いを行っておいしいものを食べたいということ。
こう暑くては、秘密兵器『首元ひんやりシート』もジェルの持続時間が短いような気がするし、スタミナ切れもそろそろ起きそうだ。
しかし、うなぎも肉も偽装の時代とあっては、何をいただけば安全なのか。
あれこれ考えている時間が幸せということかもしれない。


  あすく数理人事務所のよくあるご質問もご覧下さい。
コメント

禁じ手ではないので・・・。

2008年07月16日 | Weblog

決算月を変更するため、株主総会を行い無事承認可決された。

その後は異動届け提出のため、税務署や都税事務所に奔走(この暑い中、自転車で)。
異動届けはこの前の5月、株式会社化に伴って提出したのに、1年に2度も提出することになろうとは。
しかも都税事務所は集約化のため数が減り、所轄の事務所がかなり遠くなってしまってなにかと不便を感じる。


決算月の変更、踏み切るにはためらいがあった。
決算申告作業は業務の合間に行うとはいえ、そこそこまとまった時間が欲しいので、果たして時期が変わっても可能かという問題や、期中が12か月無い申告書は作成が面倒臭いのではないかという漠然とした懸念があったためだ。

しかし、一方、このまま漫然と期末を迎えれば、お納めする税金が増えてしまう。

背景は今期の想定以上の益見込みだった。
株式会社化の効果なのか、あるいは体(資本)が大きくなった分、会社が不思議な力で引き寄せるのか(これは怖い)、いずれにせよこの実情を横目で眺めて放っておくわけにはいかない。

「経営者は常に最善を尽くすべきだっ!!」
の気概をもって決算月変更を決断。


法に触れないとはいえ、そう何度も使う手ではないとは思う。
来期はより多めに収益を見積もることにしよう。

 
 あすく数理人事務所の特長もご覧下さい。
コメント

次回に託す

2008年07月09日 | Weblog

ジムでヨガのレッスンを受けるようになって3年くらい経つ。
やりはじめた当初に比べて体が柔らかくなった、という感じはない。
おそらく『△老化+柔軟』で±0というところなのだろう。

ヨガのレッスンのあと、皆さん一斉にシャワーをお使いになるので、タイミングが悪いと一巡待つことになってしまう。
それを避けようと、マシンを利用して時間をずらしてシャワーしていたのだが、ヨガの後、ヒップホップダンスのプログラムがあることを知り、参加してみることにした。

ヒップホップダンス!
もちろん初めての経験だ。
基礎ステップを3つくらいやったあと、10種くらいのステップを練習、あとはそれを連続させて音楽にあわせて踊る。


インストラクターの若者はさすがに様になっているが、一方、鏡に映る私は「こ、これは盆踊り?」「パラパラか?」という有様。
同じ動作でなぜここまで違う?!
しかも次のステップを覚えていないので、常にテンポが遅れてしまう。
眉間にしわが寄る…。

レッスン後、「いかがでしたか?来週も良かったら来て下さいね。」と声をかけてもらったが、こんなにリズム感の無い自分を一時間も鏡で見続けなければならないのはなんとも…。
しかもとても楽しいという感じでもなかったし。


「のめりこむほど面白くない+醜態さらす」か「マシンを一人で使ってつまらないが楽ちん」のどちらを選択するかは次回の私に任せよう。


しかし、連続して2つレッスンを受けた翌朝、私は筋肉痛で悲鳴をあげて起きるはめになった。


  あすく数理人事務所の新着情報もご覧下さい。
コメント

できるところから

2008年07月02日 | Weblog

7月に入り、暑さが増してきた。
ここ数日は、外出すると日差しが強くて目が痛む。

体質としてかなり暑がりなので、毎年夏場はかなわない。
冬は着込めばなんとかなるものだが、友人には「そんなに薄着で寒くないの?!」とたいてい言われるので、寒さにはめっぽう強いらしい。

事務所で冷房、これはまだ早い。
値上がりする電気代のこともあるし、毎日どこかのニュースで話題にあがる地球温暖化の観点からも気が引ける。


あるときドラッグストアをふらふらしていたら、「首元ひんやりベルト」なるものを発見。悩んだあげく、試しに買ってみることにした。

まずは冷蔵庫にジェルシートを3時間入れて下準備。
ジェルシートが凍ったら、ついていたベルトに入れて首に巻くという単純なものだが、使ってみるとなかなか良い。
冷気が顔の周りにもただよう感じ。

これなら「ああ、もう冷房つけるしかないっ!」という温度が2度くらい上げられそうだ。

欠点をあげるとすれば、見栄えがかなりおしゃれでないこと。
ピンクのベルトとは言え、むちうちの治療中のよう。
あとひんやり効果が1時間しかないということだ。
ああ、それで隣に替えシートが売っていたのかと今頃気づく。

しかし、見栄えよりエコだ。
この際格好は気にせずにいこう。

なんならこの際会社をあげて首元ひんやりベルトを支給するのはどうだろう。
全員痛々しいのは想像すると笑えるが、なかなかいいアイデアじゃないかと思うのだ。


  あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
コメント