アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

信じるも八卦

2007年01月26日 | Weblog

腰痛の方へ朗報です。

ヨガを始めて1年程度になります。
レッスンでいろいろなポーズをとるわけですが、そのポーズが体に対してどのような効果があるのか、時折説明してくれるときがあります。

体育座りをして両手を後ろにつき、お尻を前後に床にこすりつけるポーズがあります。
両膝を揃えて傾け、お尻をまんべんなくこすりつけていくのです。

最初見たときは抵抗ある動きにぎょっとしましたが、同じようにしてみると「いた気持ちいい」のです。
要はお尻が凝っているのですが、お尻をもみほぐすという行為は日常では無いので、私は慢性的『尻凝り』状態だったといえます。

このポーズが気に入ってしまい、以来、ジムのストレッチマットでも人目を省みずやっているのですが、この前のヨガでこのポーズは「腰痛に効くんですよー」との説明が。
私は幸いにして腰痛がないので効果の有無をお伝えすることはできないのですが、確かにお尻周りが緩めば腰にも良さそうな気がします。

ただ、世間が納豆ダイエット問題でざわざわしている中、いい加減なことを言うのはいかがなものかとの思いもあり。

当ブログはテレビほど影響力はないので、“You can never tell whether a prophecy will hit or miss.”ということで許していただきましょう。


  あすく数理人事務所のよくあるご質問もご覧下さい。
コメント

ゆいいつの

2007年01月20日 | Weblog
嬬恋にスキーに行った。

行く数日前はGALAのゴンドラが止まるほどの強風+雪で、天候が心配だったのだが、その後は晴天続き。
行った当日もMt.浅間がくっきり見えるすばらしい天気だった。

雪は降った直後のふかふか・さらさらのパウダースノー。
「おお、これはふれこみどおり、北海道の雪や」と感激した。
スキーは風と雪でモチベーションに与える影響が大きい。
そんな中でまさに「いけている」コンディション!

また、コースも幅が広く、ゆったりした「いけてる」ゲレンデ。
存分に満喫した。

ソフトバンクをおさらばし、切り替えた新機種は201万画素。
それで撮った写真の一枚がこれです。かなり「いけてます」。

そんな中、「いけていない」のは私の腕。
ビデオ撮影した自分のすべりを見て、あまりにおかしく大笑い。
内心、相当ショックを受けており、次のスキーではスキー教室にはいろうかと思っている。

全てがいけてる状態になるのはいつのことか・・・。


  
  あすく数理人事務所のコンサルティングもご覧下さい。
コメント

“迷わせ犬”ラッシー

2007年01月13日 | Weblog


うん十年前、日曜の昼はアニメをやっていた。

『そっとかみ締めてごらんー。まーまの温かい心がー。お口の中にしみとーるよー。ぱーるなす。…』
という、ロシア民謡のような音楽にのせ、洋菓子のパルナスがスポンサーだった(子供の私は強烈な印象を受け、今でもフルコーラス歌える)。

夕方はハウス食品の名作劇場などがあり、“ハイジ”や“母を訪ねて三千里”をやっていたような気がする。

先日、“名犬ラッシー”を観にいった。アニメではなく実写で、犬のコリーが絶妙な演技。かなりの観客が泣いていた。
ストーリーが難しくないし、話さない犬の気持ちを勝手に想像してしまうせいかもしれない。まさに演技力は“名犬”。

私もかなり感動して、映画の後「すばらしかったねー」と友人と感想を言い合っていた。
「でもやっぱり設定とかアニメと変えてるんやねー。主人公の名前も違ったし。」
と話していたら、不思議そうな顔をした友人が
「それって…、フランダースの犬では?」

…絶句。

ネタがばれてしまいますが、ラッシーが800キロの距離を主人公ジョーのもとへと帰りたい一心で走り、教会前までたどりついた末、雪の中に倒れこんでしまったシーンでは
「そうそう、ここで死んでしまうんや。アニメでは教会の中やったけど、ちょっと演出を変えてるんやな」
などと間違った分析を平気でしておりました。

私が観たかったのはフランダースの犬か?

フランダースだと指摘されてから、観たものが消化できなくなり、
「名犬ラッシーとはなんぞや?じゃあ、フランダースの犬はどんな話やったんや?」ともやもや。
以降の友人との記憶があまりない。

名犬のせいで私が迷い犬になった一日だった。


  あすく数理人事務所の会社概要もご覧下さい。
コメント

結果は現場で

2007年01月07日 | Weblog


創立記念休暇を利用してスキーに行く。

今年は雪が少なく、年末年始は毎日のように天気を確認しては、ぎゃあぎゃあ言っていたのだが、6、7、8日は大雪とのことだから、ようやく良いコンディションになるのではと期待している。

雪不足にも悩んだが、ここに至るまで私は陰でもうひとつ悩みがあった。

ずばり告白しましょう。
…私はどうやら「太った」ようなのです。
美味しいものを食べ過ぎて、とかではありません。
ストレス太り、ということでも無さそうです。
単に今までと同じ量を食べていたのでは新陳代謝が追いつかなくなったということでしょう。
要は年齢のせいです。

ジムで久しぶりに体重を測ったところ、体重が増えておりました。
「そういえば、去年、ウェアが少しきつかったような…」と頭をよぎりました。
気付いたのが12月中盤。
「ウェアが着られないのはまずい!」

それからというもの、私はジムでメニューを大幅に変え、腹筋と背筋の鬼と化したのです。
全てはスキーのため。ジムで大半の時間を腹筋と背筋に費やしました。

果たして効果はあったのでしょうか。
年末年始はジムがない上、ついつい食べ過ぎた感もあり。

ウェアはもう送ってしまいました。
結果はスキー場で明らかに!


 あすく数理人事務所の代表者もご覧下さい。

コメント

年頭所感

2007年01月01日 | Weblog
あけましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

自分の信じ、思うところあって起業しましてから今に至るまで、随分早かったと感じています。

生まれた際には小さかった車輪も、皆様のおかげをもちまして徐々に大きくなってまいりました。

喜ばしい一方で、常に回っていないと倒れてしまう車軸の操作は難しいということも実感しております。

今後、回転速度を上げるのか、あるいは車軸を大きくしていくのか、車輪を増やすのか、多様な選択肢の中、悩むことも多々ありそうです。
がむしゃらに突き進んできたため、将来へのビジョンが確立されていない証拠なのですが、皆様と築いていく関係の中で、お客様側にとって一番良好な方向性で進めることが最良なのであろうと若輩ながらも考えております。

抽象的な所感となってしまいましたが、着々と本年も進めてまいりますので、皆様のご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

本年もあすく数理人事務所を何卒、よろしくお願い申し上げます。

コメント