アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

わけ 前半

2005年06月10日 | Weblog
 最近、テレビで「独り言を言います」と断ってから、独り言らしきことを話す芸人がいるが、今回はそれを真似、独り言のようなものを書くことにする。タイトルは「PBO計算にかかる料金」としよう。

 あすく数理人事務所の退職給付債務(PBO)計算料金は安いと言われる。一部では激安とも言われる。もちろん、現在の相場感では他と比較すれば安いため、当ホームページでも「リーズナブル」と謳っている。
 しかし、別に損を覚悟してまで安くしている訳ではない。正味、PBO計算を行うのに「適正」と考えられる料金を頂戴しているだけである。
 からくりはいたって簡単で、巷に年金数理人事務所のようなものが「他にないから」である。
 
 小さな弁護士事務所や公認会計士事務所は世間に多く存在するが、数理人事務所は存在しない。同じ作業も人の手を介せば介すほどコストがかさみ、逆もまた然りである。大手にサービスを依頼するしかなかった頃は他に手が無いわけだから、提示されたPBO計算料金を見ても「こんなものか」と思うしかなかった。
 また、報告までに随分時間を要することにも理由がある。これも今までは「こんなものか」と思うしかなかったのであろうが、理由を含め、続きは来月にまわすことにしよう。
コメント