アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

さみしい女はつかる?

2009年12月26日 | Weblog

ようやく迎えた金曜日。

23日は祝日だったが、そんなものはおかまいなしに業務を行ったし、そもそも12月に入ってからまともに休日っていう日もなかったため、いくばくか疲労感を感じていた私。

「頑張った時はやっぱり銭湯やで。明日は一応土曜やし、銭湯でゆっくりしたら気分も変わるやろう」
晩に銭湯が待っていると思ったら、その後の処理もなんだかてきぱきと片付くもの。


「いざ銭湯へ!!」
金曜の銭湯は混んでいる。私と同じように考える社会人が多いからだろう。まぁ、しょうがない話だ。
…などと思いながら銭湯へ行ったのだが、脱衣所に誰もいない。
「あれ、時間、そんなにずれてたっけ?でもラッキー。」

ガラガラっと扉をあけて湯気もくもくの洗い場に入っても、数名のおばあさんがいるだけ。
「うわ!超ラッキーやん。」

私がいつも行く銭湯は2階まであり、工夫された湯船が数々ある。
それがなんと独り占め状態。
「ひゃひゃひゃ、貸切やーん。」

嬉しくて1階、2階を行ったりきたり。
途中、脱衣所を清掃していた銭湯の方が声をかけてきた。
「今日はすいてるでしょ。」
「そうですよねぇ、いつももっと混んでますよねぇ。」
「クリスマスはいつもこうなんですよ。皆さん家でゆっくりされるからって。今年は特に金曜だから、皆さんおでかけなんでしょう。ゆっくりしていってね。」


ク、クリスマスっ!?


「貸切じゃーん」なんて超うかれていたのだが、すいている理由はそこに?
今日はクリスマスだったか…。
どうりでばーちゃんしかいないんか。くくーっ。


引続き湯船につかりながら、「『クリスマスに祝うこともなく、あなたは一人、ここへ来たのね。さみしいわね。』とか遠回しに言われたってことなんかな?」などと余計な勘ぐりを入れてみる。
もしかして、まわりのばーちゃんたちも「あの子若いのに、クリスマスの日にひとり銭湯かいな。」とか思っているのかしらん。
ここはひとつ期待に応えねば!

その後5分間ほど『演目:「さみしい女、ひとり銭湯へ」』を演じつつ、湯船につかってみたりしたのだが、所詮続かず。

結局、『演目:「クリスマス、貸切銭湯に極楽極楽」」となってしまった。



  あすく数理人事務所のトピックスもご覧下さい。
  
コメント

厳しいブログ更新

2009年12月20日 | Weblog

「ブログ、楽しく読ませていただいてますよ~」と声をかけて下さるお客様がいらっしゃるのに、なかなか更新できない12月。

ブログの更新ができません…、などと恨み節を言えるのも忙しいからで、この厳しい経済状況の中、本当にありがたいことです。
一方、年末のささやかな楽しみである年賀状作成に未だ着手できていないこの現状に少しストレスを感じつつあります。


ご依頼が増えているのはPBO評価計算。
「1円でもコスト削減を!」と望まれる企業様からの駆け込み需要の動機は、そもそも当社のコンセプトと一致するものですから当然の結果といえるかもしれません。

お客様:「現在の受託機関の料金以下でできへんのかいな?」
弊社:「できますともー。まかせなはれ。」
1年を振り返ればこんな会話が何度か。
尤も弊社も営利企業ですので、クオリティを維持できないレベルまでの引下げはご容赦いただくしかありませんが…。

お客様と弊社、両者がハッピーに。
来年もそんな1年になりますよう、切に願ってやみません。



  あすく数理人事務所のよくあるご質問もご覧下さい。
コメント

ささやかな楽しみ

2009年12月03日 | Weblog

年末、年金数理を専業とする受託機関はどこも忙しいものと思う。
御多分に洩れず、わが事務所もそうだ。

不思議なもので、少し忙しいと「人手が欲しい。もう一人?」などと甘えた考えがちらっと浮かぶが、そこを超えて慌ただしくなると、そのいう思考をすることさえ無くなる。
ただ目の前にある山を登りきることに集中するのみだ。

振り返ってみれば、弊社も7期目を迎え、なんやかんや言ってもこの忙しさは一過性とわかっている。中途半端な考えで新たに人を雇うのは失礼というもの。
少しブログの更新ができなくなったり、少しジムに行けなくなったり、大きく体重が増えたりするくらいで、全社ではコントロール可能なわけだし(個人的には影響大だが)。
この年末も既メンバーで乗り切って行きます。


さて、そんな状況ですが、この時期心がうきうきするのが年賀状作り。
日ごろの感謝の意をこめて、デザインを決め、加筆しております。
お客様に届くのは1枚ですが、実は予め十数種類のデザインを用意して、そこから1枚1枚お選びしているのです。
なので、同じ会社のご担当者様にはおそらく同じデザインのものは届かないはず。
この(妙な?)こだわりは社長の勝手な範疇ということで誰も助けてくれませんが、楽しいのでくせになってやっています。お楽しみに。


もうひとつ嬉しいニュースは試写会の招待状が届いたこと。
開始時間も晩だから調整すれば行けるだろうし、楽しんできましょう。
皆さまも気分転換しつつ、乗り切って下さいね。


    あすく数理人事務所のトピックスもご覧下さい。
コメント