アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

夏から冬にならないよう。

2011年10月22日 | Weblog

皆様はすでに衣替えをされたことと存じます。

私は暑がりなもので、気温が下がったときも特段何も思わず、今までずるずると夏服で過ごしていました。
十分着込んで出かけたつもりの日でも「それだけで今日来たん?」と驚かれるほど。
というわけで、自分ではまだ夏物でいけそうな感じもしているのですが、世間の目を気にし、遅ればせながら衣替えをいたしました。

今夏、大活躍してくれた2台のサーキュレーターとファンもそろそろお役御免。
衣替えの延長で、これもしまってしまおうと軽くハンディモップで掃除。

外側をきれいにすると、少し内側の汚れが気になってくるもので。
ええい、これもやってしまえと綿棒を取り出し、細かい隙間の埃を取る。

「なんだかなぁ、もう少し綺麗になるような…」
出してきたのは強力エアダスター。
エアダスターで隅の埃やモーター部分の埃を吹っ飛ばす。
快感!
みるみる美しい姿に。
新品とまではいかないけど、結構良い仕上がり。
来年までゆっくりお休み下さい。


旅行代理店にはスキーのパンフレットがならびはじめました。
「ああ、もうすぐ冬到来か~。」
って、弊社では夏休みの取得がまだ。

銀行時代でもなんやかんや一週間は絶対休まねばならなかったけれど、独立すると取得のタイミングの難しいこと。
依頼をいただいて、忙しいのは喜ばしいことだけど、雪が降る前に山登り+温泉くらいは行きたいもの。

せっかく四季が明確な日本にいるのですもの。紅葉も楽しみたいものです。


あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
にほんブログ村 資格ブログへ
コメント

スタンダード

2011年10月08日 | Weblog

半年くらい前から気付いてはいたけど、ほったらかしだったのが、掛け布団カバー。

寝る際、たびたび「角の方が薄くなってきてるなぁ」とは思っていたが、何せ寝る前。寝てしまえば不都合も生じないので、手当しないまま日が経過。

あるときから「完全に角が破れてる」と気付いたが、起きれば使わない布団、昼間に思い出すこともなく、ずるずる日が経った。

しかし、さすがに買おうと決め、布団の寸法をメジャーで測り、百貨店寝具コーナーに。
シックなのからかわいいのまでいろいろ。どんなのを買おうかと見ているだけでわくわくする。

だけど徐々に顔が曇る。
「150×200㎝のやつってどれ…?これも違うし、これもこれもどれも違ーう!!」
あるのは150×210cmのものばかり。
サイズを測り間違ったか、とも思ったが、いや、確かに150×200なら入ると思ったはず。

ぐるぐる探し回ったけど、そのサイズが見当たらず、店員さんにおそるおそる尋ねると、
「150×200はもう当店にはございません。今は150×210が標準ですから。」

がーん。そんな…。
時代についていけていないことを実感。
いつのまにスタンダードが変わってしまったんだろう。
だいたい、掛け布団は200cmあったら十分ちゃうんか。

と思っても、無いものは無いので引き下がり、他店へ異動。
数軒まわっても状況は同じ。
最後は、時代のうつりかわりに昭和枯れすすきの気分で帰途。世間に負けた…。

ネットで探してみると、さすがに150×200のものはある。
写真でしか柄はわからないけど、サイズ違いよりはいい。


こうして、1週間ほどで届いた掛け布団カバー、替えようと布団を出したら、カバーほどでないものの、布団そのものも一部、破れて、中の羽が出そうになっている。
これならいっそ、これを機に布団ごと150×210のスタンダードサイズに替えるという手もあったのだろうが、いやいや中はまだなんともない(はず)と信じ、せっせせっせと決壊部分を縫う。

裁縫根性に火が点き、「そや、パジャマのズボンもゴムがそろそろあかんかった」とこちらもゴムの入れ替えを一気に行う。
「これでよし。」

しかし背中がパンパンに。
こういうときはボディパンプ。
私の中の原始人の血が騒ぎ出します。

それではボディパンプに行って、バーベルをウホウホ持ち上げてきます。
バーベルの私のスタンダードも重い方に替えられるといいのですが。



あすく数理人事務所のトピックスもご覧下さい。
にほんブログ村 資格ブログへ
コメント