アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

有明へ

2018年01月21日 | Weblog
寒中お見舞い申し上げます。

さて、1/18、19は日本年金数理人会の実務研修会があり、有明へ行ってまいりました。
この実務研修会は年金数理人としての研鑽を積む一大イベントであることから、おそらく、ほぼ全員の年金数理人が参加しているものと思います。現在は600人程度はいるのでしょうか。

参加しながら毎年頭をよぎりますのは、「なぜこの時期に、なぜ有明?」という疑問。

研修会の二日間、私は心の中で何度か叫んでおります。
「年明けは忙しいんですよー。本当です。嘘じゃないです。他の数理人も同じ意見なのでは?どうしてこの時期に風吹きすさぶ有明で?風邪でもひいたらどうするんですー?・・・」

年末には資格試験があったり、会場を抑える問題だったり、なんだかんだでこの時期の開催になるんだろうと頭では理解していますが、この時期の二日間を実務研修会に参加することで実際の実務が滞るという皮肉なことが生じると、一人ごちることになるわけです。

・・・・


二日間の研修の後は、リカバリーすべく集中して執務することになるわけですが、少し頭を休めるためブログに逃避行しました。

時期と場所の文句になってしまいましたが、実務研修会そのものは大変価値あるものということは申し上げておかねばなりません。
数理人としての資質の向上をはかるために用意されている研修ですから、幅広くかつ興味深いものが並びます。
通常の業務に流されてトンネル状態になりがちなところを回避してくれる研修とも言えます。
そう、そして、私はまたパワーアップするわけです

さて、それではそろそろ執務に戻ります。
寒さ厳しき折ですが、皆さまどうぞご自愛くださいませ。


あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
にほんブログ村 資格ブログ その他珍しい資格へ
コメント