アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

新之助探訪 8

2016年11月28日 | Weblog
皆さまこんにちは。

そろそろ「新之助の話はもういいよ」というお声をいただきそうですが、新之助キャンペーンガールとしましては、妙高の旅が終わるまでご案内をさせていただくのが務めというもの。もう少し続けさせていただきます。


予想以上に素敵だった妙高イルミネーションを見終え、帰途につきます(今の時期はもうイルミネーションは終了しています。スキーシーズンが始まりますからね。イルミネーションにご興味をもっていただけましたら、来年、いらして下さい)。

また山を下り、山を登る。
帰りに気づいたのですが、彼女が法定速度内でマックスぶっとばしていたのは、往路、必ずしも時間が無くてということでもなかったのかもしれないと。帰りも速度が緩まないところをみると心地よいスピードがこれなんだと理解しました。

揺れに揺られて赤倉観光ホテル到着。
超高級車がずらーっと並ぶ中、再びヴィッツを停めます。


部屋に戻って再び温泉へ。
「明日は里山トレッキングとジビエ料理のランチやんな」「楽しみ~」
と貸し切り状態の大浴場を満喫し、眠りにつきました。


翌朝。カンカン照りの晴天です。
「また来ます」とはいかないホテル。美味しい朝食を済ませ、名残惜しいですがチェックアウトします。

ランチをいただく建物で皆さまと待ち合わせ。
この建物は以前は保育園だったそうです。今は、様々な催し物がある際や工芸品の教室として使われているとのことでした。
保育園だっただけあって調理場所がきちんと確立されているので料理の提供も可能なのだそうです。

荷物を置かせていただいて、さっそく里山へ。
引率してくださるのは、いいよしさんという精悍な感じの男性、もろおか(むろおか?)さんという若者の二人。私たちとツーリズムの舘野さんの5人で出発です。
山を登っていくおりおりで、いいよしさんが説明して下さいます。以前、畑にどう水をひいていたか、山上の城跡の話、減反の話、人口減の話など。
いいよしさんは地元の方ですが、もろおか(お名前がはっきりしなくてすみません。ここはもろおかさんで統一)さんは大阪出身、京都で勤務していたとか。私は京都出身で、大学は大阪ですからなんだか奇遇。
妙高に惚れ、特に水の美しさとおいしさに惹かれこちらに移り住むことにしたそうで、若いのにしっかりしておられる。水がきれいでおいしいって、米がおいしいのも頷けます。
彼の得意分野は生き物。
登るみちみち、私たちでは気づかず素通りするところ次々と生物を見つけては説明下さいます。途中、蛇の皮も落ちていたので触ってみました。

そういえばツーリズムの舘野さんも赤倉でスノボのインストラクターをするため妙高に移住してこられたとおっしゃっていましたから、皆さま妙高の自然に触れられて、心奪われてしまわれたんですね。私もたったの2日ながら「いい土地だなぁ」と思いましたから。


私たちも自己紹介などをしつつ、進んでいきます。
「ところでイルミネーションは行かれましたか」と舘野さん。
「ええ、行ったんですけど、ホテルでゆっくりしてたせいで、着いたとき入園時間がもう過ぎてたんです。」「車を途中で降りて、めちゃくちゃ走って、入口の兄ちゃんに「入れて下さい」ってお願いしたんですよ。」「そしたらチケットも僕が買っておくからどうぞって言ってくれて、ほんと、優しい人でよかった。」
と話すと、
「あ、それ、僕です」
ともろおかさん。
「え!?」「あら~!」言葉が続きません。

昨晩は真っ暗でしたし、入れてくれるというので、札を手にねじ込んで嬉々として入園してしまい、顔もろくに見ていなかったのですが、それがこの若者だったとは。世間は「かなり」狭いようです。
あらためてお礼を言うと「すごい勢いで走ってましたもんね。びっくりしました。」
…やはり見られていたか。驚かせてごめんなさい。

ま、そんな笑い話などもあり、皆さんとの会話も弾むようになりました。


さて、ジビエ料理に至るまではもう少し。
今日は妙高の緑が美しい光景と、柿をとるため木に登ってくれているもろおかさんの写真で終わります。



あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
コメント

新之助探訪 7

2016年11月20日 | Weblog

皆さまこんにちは。

新之助探訪の続きです。
一旦部屋に戻り、コートを着てホテルを飛び出した私たち。
そのころの東京はまだ暑かったのですが、「妙高は朝晩寒いのでコート類をお持ちください」と事前に連絡をいただいていました。「まさかそんなに寒いの?」と半信半疑でしたが、持って行って正解。確かに寒かった。ツーリズムの方に感謝せねば。


赤倉観光ホテルは山の上に位置しますが、妙高イルミネーションもはるか遠方に同じくらいの高さに見えていました。要は山を下って山を登らねばならないということで。
ナビをセットすると表示される到着予想時刻は…、すでに入園時間を経過している。

むむむ。あとは彼女の運転とヴィッツの頑張りにお任せするしかない。
「出発進行!」


すっかり暗い上に、ぐねぐねした山道を左右に振られながら下りていくので、彼女の運転に「ぎゃーっ!、キャー!」
助手席で叫ばれると気が散って危ないのはわかっているものの、それでも怖くて声が出る。

彼女が言うには「運転している方はちゃんと見てるよ」とのことで、非常に冷静。ごもっとも。すみません。

彼女の安全運転かつ法定速度内マックスのぶっ飛ばしのおかげで、イルミネーションの山の上りに差し掛かったころ、ナビ上の到着予想時刻がいくぶん早くなったような。
「おお、間に合うかもしれない。」
と思ったものの、その日は平日。

ゲートの人が、今から来るお客さんもいないだろうと予測して、「今日はもう閉めますか~」なんて考えて、9時2~3分前にガラガラと門扉を閉めてしまうなんてことも考えられる。
だいたい2~3分前でなくても、9時に到着する見込みでもないし。

そんな寸劇を頭で描いて、だめかもよーと心配を吐露したくもなったが、彼女の安全かつ冷静な法定速度内マックスでのぶっとばしの邪魔にならぬよう、さきほどよりは回数を減らして(減らしたつもり)、叫んでいた。


「土日は山の中腹で、駐車場待ちの車で渋滞になるほど人気のイルミネーションなのよ」と物知り彼女が言うので、おお、そりゃ助かる。平日もぎりぎり入園する人が多数いるかも、と期待をよせる。
その後も車は蛇行しながら山を登るが、一方、じりじりと入園時間が迫ってくる。ナビの到着予想時刻も変わらず9時過ぎのまま。


そして、
「9時になってしもた。」
そう、努力もむなしく9時は過ぎてしまったのです。
駐車場の入園ゲートはなんとか通過したものの、駐車場が広大すぎて車を進めても施設の入口が見えない…。
少し先に小さな小屋が見えてきたので、「私、行ってくるから車停めといてーっ!」と車をおり、猛ダッシュで小屋へ突進。私にはそのくらいしかできません。

なぜに私は息を切らしているのかと自嘲気味で走りながら、ここまで来たっていうのに、何としても!との思い。すべてはホテルで悠長に時間を過ごしたせいです。


暗闇の中、鬼の形相で猛ダッシュしてくる女性をむかえうつのは怖いことでしょう。小屋についたとき、アルバイトと思しきにいちゃんが幾分緊張した感じでした。
「すみません、入れますか?」と聞くと「チケットは向こうで買ってもらうんです」と。指す右手を見るとなんと100mくらい先。まだ走らねばならないのか。
「あ、でももう時間過ぎてますから、チケットは僕が買っておくので入ってください」となんて親切なお言葉。いい青年だと感謝しきり。
「地獄で仏に会ったよう」は言い過ぎかもしれませんが、二人分の紙幣をにいちゃんの手にねじ込み、車を停めた彼女とともに入園できたのでした。


入ればこっちのもんで、ほぼ貸し切りの園内を散策。
イルミネーションといえば東京ドイツ村が有名どころですが、妙高も負けていません。滝をスクリーンにみたてての風林火山のショートムービーなどはよくできたものだと感心しました。


一定時間ごとの催しなども見学し、小一時間でちょうど園内をまわりきることができました。
園を出ると、まもなく全イルミネーションがどんと消灯。私たちは最後の客だったので、出るまで待っててくれたんでしょう。楽しい時間をありがとうございました。あらためて小屋のにいちゃんありがとう!!


本日はここまでにいたします(今回「新之助」のしの字も出てきませんでした)。
次回は運命の再会編?(の予定)

ところでインフルエンザが流行の兆しをみせているようです。
皆さまご自愛ください。


妙高イルミネーションの写真を2枚ほど。誰もいないので、まるで広告のように撮れました。



あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。



コメント