アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

1/21のつぶやき

2010年11月21日 | Weblog

「女子会」が巷ではやっているそう。
はやるというより、今や働く女性が大半だから、おっさん連中が会社帰りに愚痴をこぼす構図が女性に伝播しただけか。今後もあちらこちらで見られることでしょう。

おっさんと違うのは女性の集まりはどんなに内容がひどい会話でも、聞かなきゃ華ってことですかね。
美しい毒花ってところでしょうか。
たいていは悪口オンパレードで精神的な向上はもたらさないことが多いようですので、「女子会でストレス発散じゃ~」と思っている女性の方はお気をつけ下さい。


さて、私は光栄なことに『いい女の会』に入れていただいているのですが、久々にその会が催され、行ってまいりました。
いい女の会の皆さんはさまざまな分野で相当に活躍されていらっしゃる方たちなので、私はいつも気おくれして末席で控え目にしております。
今回もいい女たちの近況を聞かせていただきながらうなずいて、初めてのハンガリー料理を食しながら「美味しいですねぇ」の連発で会話に参加してました(美味しかったのは事実です)。


いずれも前向き&建設的会話ばかり。悪口など言ってる暇もないというところがさすがです。
周辺にみない、嗅覚でものを観ておられる感じで、はっとします。それも若いころの経験と努力の積み重ねだそうな。
「いい女」というより「強い女」の方がぴったりくるよなぁといつも思うのですが、今回も元気をもらいつつも「私ってまだまだだわ~」と思いながら帰途につきました。


女子といえば、アクチュアリー会に先日『女性アクチュアリー輝きの会』が出来ました。
「出来ておりました」というのが正直なところで、私、女性でありながら設置に関してなんら関与せず、サイトで知ったという悲しい限りです(私はおっさん登録されているのか?)。

概要をみると正会員1255名のうち、女性が21名だとか(2010/9/30現在)。
正直この数字には驚きです。
男女しかいないこの地球で、1255名のうち女性が21名だけだなんて。
確かにアクチュアリー会に参加しても私の目に映るのはおっさんばかりなので、少ないという実感はありますが、ここまでとは。


男女で差が出る職業とは思いませんから、バランス欠いてるよなぁと思います。
日本ではアクチュアリー自体、慢性的不足でしょうが、22番以降、ぐんぐん女性に続いてもらいたいものです。



  あすく数理人事務所のよくあるご質問もご覧下さい。
コメント

通販会社からプレゼント?

2010年11月15日 | Weblog
首こり、肩こり、腰痛…
ホワイトカラーの方の共通する悩みでしょうか。
ご多分にもれず、私も首と肩の凝りに長年悩まされているところです。

さて、11月は誕生月でもあり、何か自分にプレゼントしてあげたい…。

銀行務めだったころは羽振りも良く、というより、収入についての認識は相当甘かったのでしょうねぇ、25日が来れば通帳に金が振り込まれるものっていう感じでしたから。
そんなわけで、その頃はマッサージチェアなどもプレゼントしたりしたものですが、さて、今年はどうしたものかと。


ぼーっと深夜に通販番組を観ていましたら(通販番組は今や仕事を持つ独身女性の心のよりどころだとか)、「ネックリフレ」なる商品が紹介されておりました。
首専用の低周波治療器で、コードレス。


低周波治療器でコードレスってなかなかないのではないでしょうか。
だいたい、べたーっと貼り付ける透明のパッドからコードが出ていて、ある程度の大きさの本体につながっていてそこで操作するイメージ。コードがからまってうっとうしいこと。


今持っているマッサージチェアは残念ながら肩から下しかマッサージできず、首は対象外。
この商品は首にぽんとつけるだけで、そこから何も出ていない。全くほかの動きに影響しないという。
「おお、これは素晴らしい!!」とひとめぼれ。
その後も目をキラキラさせて商品紹介を観ておりました。


しかし私は通販番組で買物をしたことが無い。衝動的に飛びついたりするのが苦手なのだ。
番組で「皆さん、これはお勧めですよ~」と言えば言うほど引いてしまう。

翌日以降、リサーチ開始。必要性と値段をじっくり検討。
結局、電気屋さんでよりリーズナブルに買いました。
通販会社さん、良い情報のプレゼント、ありがとう。おかげで良い誕生日になりました。




  あすく数理人事務所の代表者もご覧下さい。
コメント

食欲の秋到来

2010年11月01日 | Weblog

今年の紅葉は紅いというより黒ずんでいるとか。
真夏から一気に冬の様相で、気温差が体にこたえる今日この頃です。

スキーシーズンはまだ先だし、そうするとこの時期美味しいものを食べるくらいしか思いつかない私。


さて、出張といえば、地元の名物料理を食べたいというもの。
第一はもちろんお客様への訪問準備。
それを万全にした後で、余裕があれば引続き裏ミッションへ。

地元の美味しいお店を探すというもの。

社長自ら行うべきものかどうか、やや疑問なところだが、食べたいのは私だったりするので、自ら動くしかない。
しかも、訪問前に美味しいものを食べる気になれない繊細さを持ち合わせているため、食事の時間がとれるかはお客様とのやりとり次第。
結局、駅弁になったりすることもままあるのだが、それではさみしすぎる。


せっかく行くならと今回も候補探し。
何分、地理に疎い地に馳せ、時間の制約のある中での食事。
当日、お店が休みでないか、何がお勧めなのか、迷わず店に到達できるのか…。
下調べは意外と大変。


いざ仙台へ。
仙台=焼肉とは短絡的発想だが、実際、お店を探しても9割がた焼肉屋。しょうがない。
いくつかの候補のうち、仙台駅からほど近いビルに入る焼肉屋にて食す。
思わず「旨い!」と叫ぶ美味しさ。

焼かずにそのままいただけるロースにカルビ。駅ビルの大行列に並ばなくて良かった。
大勝利ともいえる選択に、すっかり気を良くして疲れが吹っ飛んだ一日でした。




あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
コメント