アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

トラウマ曲の封印を解く日は来るのか!?

2018年07月05日 | ピアノ
とにかく弾いてみたということは好きな曲だから弾いたんだけど、そのときにショックなこととかあったりして、その後は手がつけられずお蔵入り。

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←時間薬は万能薬


皆様、そんな「トラウマ曲」、ありますか~?

私はいくつかあるんですよ。

まず、なんといっても
チャイコフスキー 四季「一月」
高校生のときに、初対面の先生にいきなり「それ、ピアノ弾いてるつもり?」って言われたやつね(-_-;;

もし今弾いてみたらば、さすがに
「それ、ピアノ弾いてるつもり?」
ってほどひどくなく弾ける曲のような気もするんだけど、

なーんかコワくて弾けない…

そしてもうひとつは、
メンデルスゾーン 無言歌「さすらい人」

これはね、大人になってヤマハでピアノを習い始めて、初めての発表会で弾いた曲です。

なんと暗譜でした(o_o)

つまりふだん、家で弾くときは楽譜を見ないでつらつら弾いてたのね。

その延長で、発表会のときも暗譜で弾こうとしたんですよ。
なにしろ子供のころ、選択の余地もなく暗譜で発表会に出ていて、
それで崩壊したことなどないわけですから(^^;;

怖いもの知らずでした。

ところが自分のほうは昔と違う自分だもんで
お察しのとおり、頭まっしろ、手はがちがちになり崩壊

怖かった~中断して舞台を降りたくなった

この二つについては、ずーっと頭に引っかかってて、ときどき「弾いてみようかな?」という気持ちも沸いてくるんだけど(元々好きな曲だからね)、なんか弾ける気がしないというか怖くて手がつけられなかったんですよ。

…前回、頭に浮かんだときまでは。前回って、去年くらいかな。

でも、つい先日、なぜかメンデルスゾーン無言歌集にハマってYouTubeをリピ聞きしていたときにトラウマ曲のことが頭に浮かんで、
今回はなんかあんまり…ほとんど怖くなかったの。

あれー弾いてみよっかな、やっぱり。

ってくらい。

何が変わったんだろう? ここんとこずっと幸せなピアノ体験が多かったからかな~
まぁ今は弾けないけど(怖いからじゃなくて、単にあまりに立て込んでるから)、来年あたり、今度こそ弾いてみるかも。

自分の中の変なこだわりが溶けていくのって、おもしろい。


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント