アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

自分の実力を知りたければ録音はしよう

2018年12月11日 | ピアノ
今日は「大掃除休暇」でした。というか、ただの年次休暇ですけど、ふだんは「書道」とか「めるちゃん会」とか明確な用事がないと取らないところ、ちょっと今年の分が余りそうだったから何もないところにあえて取り、

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←会社で仕事するより疲れた

今日は大掃除の日! と自分で宣言するということなんですけど。

大掃除といっても世間の真面目な主婦がするような水回りぴかぴかとかではなくて、
・棚から溢れ気味の本の中から古本に出すものの選定
・テレビ周りに溢れるわけわかんないディスクの山の片づけ
が「今日のめあて」でした。

わけわかんないディスクは、誰かが見たのに片づけてないってのもありますが、ハードディスクプレーヤーからディスクにダビングしたのにラベル書いてないってのもあるので、それはいちいち何が入ってるか(あるいは入ってないか)確認しなきゃいけなくてなんか無茶苦茶地味でめんどくさい作業でした。腹いせにPCのほうで動画かけながらテレビではディスク確認してるという…

その中で、2013年の自分の演奏(ショパンのノクターン15番)ってのがあって、その下手さに悶絶してたんですが(^^;;

何が下手って、
・つっかえては律儀に弾き直し。カミカミ演奏
・音が汚い、というか硬い

フレーズの形とか表現上の問題点もありますけどとにかくその二点が聞きづらいところです。2006年に弾いたラフマニノフ「ロシアの歌」は、なにしろアンサンブル(連弾)なので止まれないということと、1stは音自体が簡単でミスもほとんどなかったこと、相方がめちゃくちゃうまくて私のほうの音色のアラが目立ちにくいことからその当時の録音としては奇跡的なほど会心の演奏となっていますが、ソロでは欠点ばっちり目立ちまくりですからそういうわけにいきません。

かつさんのブログ記事「自分の実力がどれくらいなのか知りたい」を読んだあと、つらつら考えていたんですが…

まぁ、自分の実力を知りたいという気持ちは、私もあります。

ただ、その評価を他人にお願いした場合、たとえば「67点です」と言われたとして(笑)その「67点」てどこいらへんなの?? ってまったくわからないから意味がない。どういうものさしなのかについて共通の理解に立つ必要があります。

ヤマハコンサートグレード(あるいはピティナステップ)というのはなかなかよくできた仕組みだと思いますが、とどのつまりは「どのくらいの曲」が「弾ける」レベルかということを測ってもらうわけですよね。級ごとに曲の難易度があって、それをクリアできたかどうか。基本的に、どの曲を弾けるようになったかというものさしであって、子どもならばそういう級を目標にして毎年受けていくとかもいいと思うんですが大人なのでね…

今弾けないような難しい曲を弾くのが目標というわけではなくて、たとえば昔も弾いたノクターン15番をどのくらい素敵に弾けるようになったのか。

もちろん、同じ級の課題曲を弾いても、合格/不合格というだけではなくて、S/A/Bのような「どのくらいよく弾けていたか」評価もつくのですが、これは結局のところ「「67点です」と言われたとしてその「67点」てどこいらへんなの??」問題が発生します。つまり、どう受け取っていいかわからない。

で、それよりは、過去の録音と、現在の録音を聞いてみれば、過去にできなかったことの何ができるようになったかは一目瞭然です(目じゃないが)。過去のその時点では自分なりに満足していた演奏なんだけど、今聞くと

「はー、こりゃねぇわ」

と思うならばその部分が進歩です。

んで、今は今で現状の演奏にはそれなりに満足してたりもするんだけど(笑)
それでも録音して冷静に聞いてみれば、大事故小事故もまるっとわかりますし、それだけじゃなくて
「ここは素敵!」
「ここは昔よりずっとよくなった」
「かーー! 弾き直ししないで先に行けよ!!」
「走っちゃった」
「左右のバランス悪いな」

とかいろいろわかることもあるでしょう。ぶっちゃけそれが今の実力といってもいいんじゃないでしょうか。自分の耳基準。

自分の耳で聞いて100点ならそれは100点。

他人の100点と自分の100点は当然違うけど(笑)

どのみち自分の演奏が自分の耳を超えることはないですしね。自分が進みたい方向に対して評価できるわけだから、ある意味妥当な評価法といえるかも。

もちろん、信頼できる他人(先生とか、くさぴあさんとか)が言ってくれることは参考にするんだけど、何をいってくれたから、とかいってくれないからどうだというより、最終的には自分の耳基準でどうだかを決めればよい。信頼できる他人のコメントは、自分の評価としてというより、むしろ自分の耳育てとして参考にしたらいいんじゃないかな。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント

メントリチャンス到来

2018年12月10日 | ピアノ
メントリ、メンデルスゾーンのピアノトリオのことですが、トリオというと自分がピアノを弾く場合にあとバイオリンの人とチェロの人を調達しなくてはいけないということになりますね。

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ピアノだけで練習してるときもかなり幸せな曲です

特にチェロの人が調達しにくいので。弾けるときはなんかしらのチャンスが訪れたときということになります。

ということで、チャンスが見えたら飛びついてしまいました…年明けのスグもスグ、1/4です。発表会/コンサートではなくてピアノトリオのレッスンをしてもらえるという会。メントリ一番二楽章を弾きます。

これまでに、私がした中で最も無謀なチャレンジというと…って、いつもいつも無謀なチャレンジはしているのですが、中でも飛びぬけて無謀だったのは、メントリ一番一楽章(バイオリン担当)とメントリ一番二楽章(ピアノ担当)を連続して演奏したというものです(2014年「ばんたの」)。

技量からいって両方がたいへん無謀な挑戦であるうえに、これを続けて弾くというのが案外…案外というか、そりゃ難しいにきまってるのですが、こういうことふだんはやらないので、どういうことなのかよくわかっていませんでした。バイオリンを傍らにおき、やおらピアノの前に座ったら、頭が真っ白に(o_o)。切り替え難しい。

頭の準備がうまくいかないうちに弾き始めると、最初の1ページがたいへんに難関で、穏やかな曲調の中、ややこしさがみっしり詰まってて、まだアンサンブルじゃない(ピアノひとり)というのに冷や汗かくわコケるわ。。

録音を聞いてみると、まぁつっかえているというのも問題ではありますが(弾き直しするなっ!!)なんか堅いね。いっぱいいっぱい。途中からようやく気持ちよくアンサンブルしている雰囲気ではありますが(なにせ両脇を中川Vn先生とさり先生で固めて、弦の響きがそりゃすばらしいんだもの)。

幸せな曲ですよね、とにかく。冷や汗かいてる場合じゃない。

もうちょっと余裕をもって弾きたいものです。

この、永遠の憧れのメントリですが、私にとってはラッキーアイテムで、おゆきさんと初アンサンブルの末、おゆきさんがおゆき先生になった。という記念碑的存在なんです。一楽章のピアノパートが弾ける人がそんじょそこらにいなかったのでまっしぐらに一番ばっちり弾いてくれそうな人に声をかけてアンサンブルしてもらい、本番後に話し込んでいて「そうだおゆきさんにピアノ習おう!!」というのがすべての始まりでしたからね。

一楽章のピアノはとにかく忙しくて、指の回転がアレな私としては一生届く気配がありません。じゃ二楽章(ゆっくり)ならなんとかなるのかというと

「二楽章は、全体がどこもややこしいじゃない。一楽章のほうが、指さえ動けばどうってことないわよ」(2014年のおゆき先生が言ったセリフ)

まぁそうはいっても「さえ」がどうにもならないんで、代わりに「全体がどこもややこしい」二楽章でがんばる。

最初のページの難しさって、中声のアルペジオ的な部分を右手と左手でせわしなく受け渡して弾かなきゃいけないからってのが大きいと思うんですが、そういえば先日のレッスンで見てもらったメンデルスゾーン無言歌の「後悔」の私がつっかかってたところもそういうパターンでした。

「やっぱり、嫌かもしれないけど、こういうのは(中声のみを)取り出して練習しないと」とおゆき先生に言われましたが(汗)

それと、私はそこを弾くときに中声に気をとられていて、そもそも上の旋律の形がよく弾けてなかったのでそこを修正されました。

家に帰ってから、実は中声の取り出し練習を「一回」くらいしかしてないんですが、上の旋律をよく歌って弾いたらなんだかかえって中声がぴたっとハマってするっと通っちゃったんですよ(^^;; おもしろい。

まぁそうやって押したり引いたりして改善して。一月四日ってすぐだよねぇ…


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント

今年は合わせ練習ありの連弾です

2018年12月09日 | ピアノ
来週末はおゆき先生んちでやる発表会(コタツ席予約)です。ソロはメンデルスゾーン無言歌の「なぐさめ」「さすらい人」

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ピアノも、もっとアンサンブル!(ここでも)

あと、連弾をhiroさんと弾きます。ラフマニノフの「6つの小品」より「ロシアの歌」。昨日のレッスンでは、午前が私のレッスン、午後にhiroさんのレッスンを入れてあって「間に」連弾合わせをしました。しゃべってるほうが長かったけどな…

去年もhiroさんと連弾したんです。そのときは、合わせ練習の時間を取る目途が立たなかったので、
「当日いきなり合うであろう連弾」
という条件で考えてバッハの「羊は安らかに草を食み」にしたんですがね。あれ、見た目よりやたら弾きにくくて案外ムズイんですけど、それぞれが練習しておけば、合わせ自体は問題ありません。伸び縮みとか別になくてちゃんちゃんと行けばいいので。

今回は、一回合わせられる日程を先に決めておいて、選曲。

私のほうが、「ひとりでれんしゅう」の時間をあんまり取る自信がなかったため、やったことのある曲から三つ候補を出して、hiroさんに選んでもらいました。あとの二つは

ドビュッシー 小組曲「小舟にて」
フォーレ ドリー「子守唄」

でした。

ラフマニノフはhiroさん聞いたことなかったらしいのですが、聞いてみたらこの「暗かっこよさ」につかまれたらしくてこれがイチオシになりました。ふふふ…(←してやったり)

これ、もう一度やりたかったんですよね。

前に弾いたのは、2006年…あれーもう10年以上経ってる…主観的にはわりと最近(笑)

場所は、子どもたちのピアノの先生がやってる発表会、るんちゃんママとの連弾でした。

昔弾いた曲を何年か経ってまたやるのって、劇的ビフォーアフターが楽しみなんですけど
今、このときの連弾を聞いてみたら、
アンサンブル完璧、ノリはほとんど問題なしでした。むむっデキルな

このときよりは、p や pp や ppp の気合い!! とか、無理しないフォルテとか
全体に音色は向上させられるかなと思うんですけど。

hiroさんと合わせてみたら、合わせ自体は問題なく(ページを早めにめくられたとき、覚えてなかったもんで私が落ちた以外は)、ただhiroさんの頭の中にあったテンポ感がわりと早めだったので、荒涼とした大地にびょーーと風が吹く感じで4分の4に訂正(2分の2に聞こえてはいけない)。

1stの私がテンポどおり行くところ、2ndが後ろに向かってずるずると引っ張るような

そんな重さが必要だったり。

やっぱり合わせ練習しとかないとできないことはいっぱいあります(当たり前)

途中でテンポ変化あるやつは合わせなしとかそりゃやめといたほうがいいよね…

ペダルの具合とか、やっぱり合わせてみないとわからないですしね。先生からも、こまかーい指示が飛んでました。
(ペダルは2ndにお任せです)

この曲、だいたい2ndが難しくて、1stはそれに乗っかっていけばいいのでおトクです!!
迫力あってかっこいい曲。

本番楽しみ~(^^)


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント (2)

「地力が上がってきた」とおゆき先生に言ってもらいました

2018年12月08日 | ピアノ
我ながらびっくりの冴えた演奏ができた「心ここにあらずで弾くと」のあと、家で再現を試みるもやはりというかうまくいかず(^^;;

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←来年のテーマは「弾き直し癖の改善」です。入り口らへんに来た!?

あれって、その時の心持ちが曲調にぴったりしていたのもさることながら、いわゆるゾーンに入ったというか、なんかぽっかりと雑念が消えてふだんありえない集中ができたことが大きかったです。自分の意思では入れない何か。

でも、おゆき先生には「一度何かで弾けたなら、それを弾く能力はあるわけです。…必ず自分で再現できる様になりますよ~♪」と言ってもらって、そのつもりで何度か弾いてみると、なんというか、あのときと同じにはならないんですが、なんか微妙に、なんか掴んだような気はしたんです。

つまり、流れを止めないで前進する感覚というか…

それで、今日はおゆき先生のレッスンでしたが、ゾーンでもなんでもなく(逆に特に緊張もしておらず平常心)弾きましたところ、結構私にしてはよい流れで弾けました。奇跡の集中で弾けたときと違って、まぁあちこちミスはしていましたが、弾き直しせず流れを止めずに行けたんです。

これまでも、ごく稀に「流れを止めない演奏」をしたことはありましたが、簡単な曲であるとか、奇跡的にどこもつっかえなかったとか、つまりたまたまミスをしなかったため結果的に止まらなかった、という場合です。要するに、私にとっては、ミスをしないよりももっと、ミスをして弾き直しをしないことのほうがレア度高い。

おゆき先生も、「よかったですよ!! 特に膝カックンレベルの間違いしたときに、今までだったら絶対止まってたのに、そのまま先に行けたのがすごい」(←褒めてます)

「(連打系の曲なのに)どたばたもしないで、無駄な上下動もあまりなく弾けましたね」

これで、非常にベーシックな問題点だった二つの部分が向上したことになります。

そうすると、これまで混乱を避けるためおゆき先生が封印していた細かい注意に移っていくわけで、別に直されることは減りませんが(むしろ増える?)なんかすごく楽しくてうきうきするレッスンでした。がつんと大きく褒めてもらってから注意事項に入る分には素直に聞くんですよ~(だからレッスンではひねり出してでも褒めて、ってお願いしてるんですがね。そんな生徒は私くらいか)

アーフタクトの弾き方とか…
スフォルツァンドの弾き方とか…
二拍目に入るパターンのベース音の弾き方とか…
連続オクターブの無駄な上下動を減らすとか…

表現のツボになってる休符とか(←実は休符があること自体見落としてたやつ)

濃かったです。

そんな感じで、手ごたえのあった二曲。
(メンデルスゾーン無言歌の、「さすらい人」と「なぐさめ」)

しかし、残る一曲(「後悔」)はなんか思ったように弾けず…

ピアノの手ごたえというか弾きやすさが違うと、一番困るのが連打系(さすらい人)かと思いきや、案外そうでなく
「後悔」がぜんぜん予定どおり行かない。どたばたしちゃいます。

全体に、どう弾きたいかはおゆき先生が言うのと合ってるんだけど、実際のところ全然そうは弾けてない(伝わらない)というか、
「曲の中で『導音→解決』を自分でさっと見つけられるようになるとよいです」
「…いや実はさっと見つけられるんですが」
「じゃーそう伝わるように弾きましょう」(爆)

そういや「心ここにあらずで弾くと」のレッスンのときも、「後悔」はぼろぼろだったんだよね。

「さすらい人」に比べればだいぶ得意な曲調だと思うんだけれど。

でもこっちの曲のほうがピアノ見知り激しくなる…のかな?

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント

ガチクラシックの先生にポピュラーみてもらった

2018年12月07日 | ピアノ
ご自分が好きな曲であろうがなかろうが、きちんとみてくださるおゆき先生ですが、そういえばポピュラー曲をみてもらったことはありません。なんか申し訳ないような気がして…

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←クラシック的アプローチで弾くポピュラー

artomr先生には遠慮なくみてもらってますが、artomr先生はアニソンとかあんまり萌えないみたいで、まぁやっぱり比較すれば、artomr先生自身弾きたくなるような曲をみてもらうほうが実りあるレッスンになるようですね。クラシックにこんなにたくさん(一生では弾ききれないほど)名曲があるのにわざわざポピュラー弾かなくてもいいじゃないか? というか。

ヨガ前レッスンの先生だって、芸高芸大卒の、ばりばりクラシック系の教育を受けた人なんですが、ともかく前回いちおう打診したらOKとのことで。「ポピュラー弾くの難しいですよね!! 私もクラシックよりだいぶ練習に時間かかります」とおっしゃってましたが。

…ということはつまり、コード見ててきとうに(イイ感じに)弾く派ではなくて、楽譜どおりきちんと弾こうとする派ですね。

First Loveは、だいぶ練習してみましたが、どうも滑らかに弾けるようにならず、弾きたいテンポで弾くと確実に崩壊しますので昨日のレッスンではだいぶゆっくり弾いてみました。それだとまぁまぁ曲を壊さない感じで弾けました。

先生「もうかなり弾けてるじゃないですか~」
私「弾きたいテンポよりずいぶんゆっくり弾きましたが」
先生「そうなんですか? (原曲のイメージがあんまりないらしい)」

先生が全体的に一番気になったのは、旋律(歌っているところ)がときに埋もれてしまうのでもっと浮き立つように弾きたいとのことだった。確かに、伴奏が難しくてとても気を取られているから肝心の歌部分がオロソカになってるところが…

特に「タイ」が始まるところはしっかり発音しておかないと持たない。

それと、曲の一番盛り上がるところ(転調後)をしっかり盛り上げてほしい。

…そこらへん、一番自信なくてもやもや弾いてましたもんね。あれじゃ聞いてるほうも困るね。

先生「すっと静かになってからの最後のページはさすがきれいでした。こういうのは得意ですね」
…音を探さなくていいからね。自信もって弾いてました。

で、音に自信もってない部分をお見通しの先生は、貴重なレッスン時間(なにしろ全体で30分しかないので)を割いてそこを修正しながら(「これがもっとはっきり出るといい」)何度か練習させてくれました。そうやって集中して(プレッシャーかけられて)部分練習するとスグ効果でてわりと弾けるようになります。まぁあとで戻っちゃったりするけどね。

怪しいあたりがうまく通ったので前半に戻りますと…

先生「そこまで盛り上げなくていいです。まだそういうところじゃないので」
…あ、間違えた。

同じメロディーが何回かずつ出てきますが、出で来る個所によって左手の伴奏が異なり、その都度トーンというか盛り上がりが違うんですよね。アレンジがうまくできているので、わりとクラシック的に楽譜読んで(この回だとここの部分も伴奏が動いている、など)それに沿って弾いていくと変化がちょうどいい具合につくようです。

先生「とても素敵な曲ですね!! これを結婚のお祝いに弾かれたらそれはうれしいでしょうね!!」
…がんばる。。(^^;;

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
コメント