黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔(2002年)

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

25.07km海へ

2018年09月22日 | 日記
11時過ぎに施設から戻って、ひとっ走り。戻ったのは、午後1時半。2時間半。気が変わった。永平寺など向かわない。サイクリングロードを途中で離れて、あくまで九頭龍川を下って、目指すは海だ!

もう、日野川や足羽川など、メジャない。九頭龍だ。それも、河口方面に日本海があるのだ。北前船も走れば、朝鮮半島もある。うん、海を目指そう。で、1億本のコスモス畑のある宮ノ下集落の対岸までやってきた。

そこでUターン。これって、水道橋?
コメント

次の地震

2018年09月22日 | 日記
どうやら、次の地震の要注意エリアは、滋賀県と福井県、そして長野らしい。一つでも、対策をしておくことが大事だ。一番は、火災保険の見直し。地震保険に入っておくことだな、入ってないけど。

さて、小雨降る中、9時前に「届け物」を済ませてしまった。10時過ぎには、我が家の宇宙人が世話になっている施設に出かけて、地区の社会福祉協議会が親父の100歳の祝いの記念品をくれるというので、立会いをしなければいけない。

そして、今日の夕方は焼き鳥例会「清八会」だ。お昼過ぎに晴れるというから、自転車走も前向きに考えよう。少し、動き出したら体調も良好になってきた。エンジンがなかなかかからない身体になってきたのかも知れない。

まあ、無理もないけどね。
コメント

PRIME

2018年09月22日 | 気象
By Yahoo : [21c/27c/80% 72P67K ] 雨のち曇りのち晴れ

このところ、蒸し暑いせいか、それとも何か他に原因があるのか、何か知らないけれど「体調不良」だ。昨夕など、自転車に乗って数キロしか走っていないので、目の前の公園を散歩したが、すぐにハアハアと息が切れる。意外に気温が高く、湿度が高い。そのせいか、汗が流れる。

昨夕も妙に疲れを感じて10時半頃寝てしまった。今朝もご覧のような空模様で雨が降り、空は真っ暗。次第に止むらしいが濡れた路面とこの空では、出歩く訳にも行かないし、第一、気力が出ない。寝起きのベッドでのストレッチも気合が入らない。

無論、どこといって体調不良の理由が見当たらない。不思議だ。

10時半には施設に行く必要があるし、戻ってから、街中まで届け物をする必要がある。その時の天気次第で、自転車で往復しようと考えているのだが、果たして、できるか?
コメント

石川梨

2018年09月21日 | 日記
ありがたいことに、今年も金沢に住む友人が、梨を一箱送ってきてくれた。今年は熱い夏が続いたので、梨は一段と大きく、かつ甘い。しばらく、秋のフルーツは梨を堪能できそうだ。

韓国料理は砂糖の代わりに、梨を使うことが多い。果物の梨や柿を料理に使う発想は、日本料理にはないと思えるのだが、もちろん、食後のデザートにはバリエションが豊富。

何か面白い梨料理? などと考えているうちに、消えて無くなるかも知れない。

コメント

送り香典

2018年09月21日 | 日記
1週間ほど前に、小学、中学、そして高校と同級生だった友人の母親が96歳で亡くなったので、送り香典を届けて、たっぷりおしゃべりをしてきた。3浪した大学のことや、放浪や商売替えや、実家を破産に追い込んだ、元校長だった父親の後始末関連なども関わって、気心の知れた、気性のいい男だ。一人っ子だった。

とっくに実家を失って、街中の借家に住んでいたが、養護教員だった母親は死ぬ1週間前まで自宅で元気に過ごしていたらしい。親不幸も親孝行もしてきている。苦労も多いが失敗も多い人生を生きてきた。私も似たようなものだと、つくづく思う。

息子が二人いて、立派に成人しているのが、唯一の慰めだが、同居はしていない。結局、夫婦二人になってしまっている。団塊世代は、どこを向いても、色々問題を抱えている。
コメント

今朝のお勤め

2018年09月21日 | 気象
By Yahoo : [ 18c/25c/70% 66P66K ] 曇りのち雨

曇りのはずだが、ポツポツと小雨が降る。構わず、昨夕使用していた黄色の半袖ウインドブレーカーだけで、6時35分に自転車で家をでる。往復5.5km 登りあり。あっという間に、地区の公民館前にたどり着いて、自転車置き場の屋根の下で時間待ちしていると、バラバラと「理事」たちが集まって来る。

集落選出の担当老人を「理事」と称しているだけだが、7時20分頃に小学校口と中学の二手に分かれて、交差点に立つ。昔からの知り合いの理事で役員もしている気安いS君が透明傘を貸してくれた。子供達が列をなしてやって来る頃には、雨が上がった。実質約20分ほどで、集団登校の小学生は全て学校の長い通用口に入って、今日は終了。

ペットボトルの冷たいお茶を一本もらって、帰宅。たっぷりおしゃべりもしたし、楽しい、朝のお勤め。しかも、自転車で運動も少しした。
コメント

しょぼ降る雨の中

2018年09月20日 | 日記
次第に真っ暗になる夕方の、雨降る田舎道の交差点。10人のほぼ老人世代が、一人の若い、頼りない駐在さんと、交差点の4カ所に、2.5人づつ別れて、それぞれおもいおもいの標語の書かれた旗など抱えて、立っている。

反射ベルトのついた、しっかりした黄色い雨合羽の上下に身を包んでいるが、私だけは、夏物の半袖の黄色いかっぱ。ズボンは白い、自前のかっぱズボン。

「あんたは、なんで半袖なん?」
「決まってるやろ、新参者は、袖があたらんのや!」
そぼ降る雨の中を丸めた旗を一本持って自転車で現場に出かける。
出がけのワイフとの会話を披露して、「理事」たちと大笑い。しかし、1時間も雨の中突っ立ていると、すっかり濡れて冷え込む。寒い!

こんな雨の暗い夕方でも、無灯火の車が目立つ。気がつかない注意力で車を運転している人間は、2度ほどあの世でも行ったほうがいいと感じる。

帰宅して、すぐに熱い風呂に入って人心地がつく。

明日はまた、朝の7時から8時に、今度は学校の前に立つのだ。また、自転車で出かけてやろう。軽トラックはあっても、自転車で来るものなど、皆無だ。
コメント

地区公民館

2018年09月20日 | 日記
地区の公民館から連絡があって、地区と社会福祉協議会が、親父の100歳に祝いを何かくれるらしい。で、また施設で授与するので家族に参加して欲しいという。土曜日の午前中だ。

なんとも親切でありがたい話。福井市の担当者は、葬式の時に盛り籠の食品などを親族に配る丈夫な専用の紙パックに祝いの品を入れて、ぶら下げてきた。使い勝手がいいので、若い職員の個人的判断だが、目ざとく見つけたワイフが、ひそひそ声で、「非常識やわ」と文句を垂れる。

常識が通用する社会は、とっくの昔に過ぎてしまったので、わたしゃ、今は楽できまんねん、はい。一番非常識な私としては、他人を責める資格はおまへん。自由にできる、いい時代なんだとつくづく思うけどね。

丸岡の友人は、せっかく「鰻屋」に連れて行ってもらったが、店の匂いで「吐き気」がして、飛び出したらしい。焼き魚や天ぷらの匂いも、強烈に反応して、吐き気がするとか。多くの人が食欲の出るうまそうな匂いが全くダメらしい。

無反応な食べ物だけを細々口に運んで生きている。
コメント

体調不良

2018年09月20日 | 日記
あ、あかん! 朝の散歩の時から、息するのが辛い。背筋を痛めているのはわかるが、ハアハアする。これはなんだか、体が不調だ。そういえば、朝一番にべっとり血のついた痰が出た。

参った!体がフラフラする。

お昼頃から雨が降ってきた。食欲もないが、お昼に巻き寿司と味噌汁を詰め込んで、横になったらあっという間に寝てしまった。目を覚ますと、午後4時。外はいささか本降りのようだ。雨の中、午後5時半には、目の前の公園、南側正面入り口付近の信号のある交差点で、1時間、交通安全啓蒙活動をする。

県下一斉、夕方のラッシュ時に、交差点に出て、ドライバーに安全運転を黙示的に伝える。つまり、こっちは黄色い姿で手に安全運転などの文字盤を持って、立って見張っている。半袖の雨合羽があるので、白いかっぱズボンを履いて、頭に何か被って、ブーツでも履いて、自転車で出かけよう。

しっかり寝たので、どうやら身体の中心から、ほぼ元気が回復してきてきた。背中も痛くないし、呼吸も楽。左目の虫も飛んでいない。雨の中だが、その程度の活動なら問題なく出来そうだ。

少し、風邪気味になったのかもしれない。

コメント (2)

9.20/0km

2018年09月20日 | 気象
By Yahoo : [ 17c/26c/80% 79P65K ] 曇りのち雨

腕立て20回、背筋を痛めた! 息が辛い。午前5時30分。どんより曇った空の朝が、ようやくかすかに明るくなり始める。また、4時半には目覚めてしまった。今日は自転車走は公園内だけにしよう。そして、ランニングを二本ほどなどと考えて、きっちり着替える。

開け放した窓から流れ込んできる朝の冷たい空気が足元に流れ込んできて、足が冷たいなあ、と思いつつ、急に家を出る気持ちが失せてしまった。やめよう! 気分が乗らない。

6時30分。起きてきたワイフが、自転車で出かけないのなら、公園を散歩しよう、というので付き合った。なんでも、福井国体のアーチェリー大会の会場にするため、着々と準備を進めているらしい。

競技によっては、福井に会場がないので、隣の石川県に行って、競技するという。
コメント