アガベシロップ社長ブログ by ALMATERRA Inc

健康的に美しく生きるために、アガベシロップの色々な美味しさ、オーガニックのこと、日々感じたことを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カカオ農園を訪ねて2ペルーへ

2019年07月01日 | ペルーチョコレート

私が訪問したカカオ農園をちょっとご紹介すると・・・まるで動物王国のようでした。

犬とナント豚です

鳥が家族で自由に暮らし、

豚も飼っていて

 クイという結構可愛いモルモットが食用に飼われていました。

 

どれも家で食べるらしい・・・

休憩する時に、庭のココナッツの実を落として、すぐにココナッツウォーターを飲ませてくれて

その美味しかったこと「オレンジ食べる?裏庭の木からとってくるね「」・・ってもぎたてをまた頂き

なんて贅沢な生活なんだろう~

その昔、人々はこうやって自給自足で暮らしていたのだ。と納得するのでした。

このぐらいの生活状況ですから、PCを自由自在に扱えるとは思えません。

オーガニック取得は書類が多く、毎年更新審査などもあります。

そこは、どうしているのか?尋ねるとチョコレート会社が全面的に責任をもって

サポートしているそうです

ランチは空港近くのレストランに行ったのですが、お店の前に鳥が・・・

縛られて放置されているではないですか

これって、もしかして配達されてる??

当たりでした。でもまだ生きていますよ~縛ってなければ逃げられる・・・笑

このような流通事情から、意外と美味しいんです。新鮮で手作りで・・・

大自然を見ながら食べるペルー料理、忘れらません

カカオを初めてみた私達は、カカオポッドをいただきホテルに飾って楽しみました。

段々色が黒くなってきます。

この農園から3日間かけてカカオ豆たちが、ピスコ工場へ運ばれていきます。(ナスカの地上絵で有名な場所)

この工場は乳製品やアレルギー原料を入れないようにコンタミ(混入)をゼロにする目的に作られています。

また、もう1つある工場は、ナッツや乳などを使ったチョコを作ります。

しっかりと分けて製造・管理されていることは、日本の皆様に安心して頂ける品質を

お届けできると嬉しく思っております。今年は、5種類、すべてコンタミのない工場で製造して

もらうことになっていますので、裏面にコンタミの表示はありません。(書き忘れているのではないのです)

さて、どんな5種類か?順番に紹介させてください

 

コメント   この記事についてブログを書く
« カカオ農園を訪ねて1ペルーへ | トップ | 新商品紹介:新しいアガベチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ペルーチョコレート」カテゴリの最新記事