アガベシロップ社長ブログ by ALMATERRA Inc

健康的に美しく生きるために、アガベシロップの色々な美味しさ、オーガニックのこと、日々感じたことを綴っています。

アガベのイチゴミルク・グレースフルーツ

2012年05月18日 | アガベを使っていただいた商品

渋谷に今月オープンしたヒカリエ

もう行ってみましたか?私は地下2階と3階の食料品売り場だけ

ウロウロしました。すごーい行列を横目にいつか買ってみようと

思うのですが、並んでまでは買えない根性なしです。

そのヒカリエのB2でマクロビスイーツで有名なグレイスフルスイーツさんの

ご紹介です。http://gracefullife.jp/index.html

 

卵・生クリーム・バター・白砂糖不使用のケーキって?出来るのって感じですが

とってもこだわりも持ちながらも美味しいスイーツを追求されています。

甘味料には米飴、メープル、アガベシロップの配合を変えながらそれぞれに合った甘さを

研究されているんですね。

有機原料を出来るだけ使用し、体に負担の少ないスウィーツ作りをしているそうです

こちらが店長の水野さん、笑顔がさわやかで素敵でしょ

彼の作るスウィーツからも彼の笑顔同様元気をもらえるように感じます。

このイチゴミルクのこだわり、イチゴは有機のアメリカのもの。

日本のイチゴの品種では綺麗な色が出にくいそうです。

牛乳ではなくて、豆乳をベースにアガベシロップと米飴で甘みをつけます。

冷凍イチゴを使用しているので、氷を入れずに冷たく濃いお味

とっても美味し~い自宅でも豆乳で作ってみよう~っと。

あっ、でも豆乳の種類も色々あるそうですよ。

材料が大切って、人間の体と一緒ですね何を食べて自分の体を作るのか?

マクロビスイーツご興味のある方・ケーキ教室も大人気です

23日までの期間限定開催になります。

 

コメント

甘味料について

2012年05月13日 | Dr.門田のマメ知識

 

今回は甘味料についてちょっと勉強してみましょう。

少しでもご参考になることがあると良いのですが・・・

 甘い物を食べるとホッとしたり、幸せな気持ちになったりしますよね

それは、ブドウ糖が脳にしっかりと伝わって感じる現象なんです。

そこで覚えておきたいことは、人工甘味料(高甘味度甘味料)では、その現象が起きないということ

甘いのに、ブドウ糖ではないので、脳が反応しないんですって。

脳に必要な糖も、摂取出来ていないんですって

カロリーゼロに惹かれて食べたことがありますが、今は健康第一で食べていません。

 ①甘味度(かんみど)とは

甘味度は「甘さの強さ」のことをいいます。 ショ糖(砂糖)を基準とします。 

ショ糖を100とした時に、果糖(フルクトース)は115~173、

ぶどう糖(グルコース)は64~74です。果糖は砂糖より甘く、

ぶどう糖は砂糖より甘くないことになります。 

アガベシロップは、果糖を多く含みますので、

甘味度は130で、砂糖より1.3倍甘いことになります。 

ステビアは砂糖より200倍甘く、

羅漢果(らかんか)は砂糖より300倍甘いので(桁が多くてわからないですね)

ほんの少しの量で甘く感じます。

甘味度は甘さの強さの数値で、「甘さの質」は甘味料によって異なります。

これが問題ですね、「甘さの質」が・・・どの甘さがお好きでしょうか?

  ②水飴・米飴(こめあめ)とは

澱粉を麦芽に含まれている酵素(アミラーゼ)で分解して甘くしたものが

麦芽水飴です。

アミラーゼは唾液にも含まれていますね。 

澱粉の原料が米である麦芽水飴が「米飴」です。

米飴は日本では砂糖よりも古くから甘味料として使用されてきました。 

甘味度は砂糖より低いのですが、特有の甘さがあり、和菓子などに使われています。

適度な糖は、適度に脳をリラックスさせ、気持ちを落ち着かせてくれるんですね

糖のことをこれからも勉強してお伝えしますネ

自分の体ですもの、大切にしたいですね

コメント