真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

辺野古 護岸着工 政府、海に投石強行

2017-04-25 | 基地問題

1強による安倍政権の強暴は断じて許されない。翁長知事も言ったように、この国の民主主義の品格が問われている。

 応援よろしく

石材を海に投下し、埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手する作業員ら=25日午前9時20分、名護市辺野古の海岸

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-484785.html#prettyPhoto
米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古の海域で政府は25日午前、新基地建設の埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手した。午前9時20分、作業員が砕石をクレーンで海中に投下した。多くの県民が県内移設に反対し、県も事前協議や岩礁破砕許可申請の必要性など国の手続き不備を指摘する中、政府は工事を強行した。1996年の普天間飛行場返還合意から21年、辺野古新基地建設問題は埋め立て工事という新たな局面を迎えた。

 翁長雄志知事は「あらゆる手法」で工事を阻止すると表明しており、今後は県による工事差し止め訴訟や埋め立て承認撤回の時期が注目される。
 護岸は石材を海中に積み上げ、埋め立て区域の囲壁を作るもの。一部護岸ができ次第、土砂を海中に投入する埋め立ても進める。大量の石材や土砂が海中に投下されるため海の原状回復は困難となる。
 辺野古新基地建設問題を巡っては2013年12月、当時の仲井真弘多知事が埋め立てを承認した。14年11月の知事選で辺野古新基地建設阻止を掲げた翁長氏が当選し、15年10月に埋め立て承認を取り消した。国は違法確認訴訟を起こし、最高裁は16年12月、国勝訴の判決を出した。

辺野古埋め立て
https://mainichi.jp/articles/20170425/k00/00e/040/210000c
コバルトブルーに石材…「諦めたら最後」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法務副大臣、一般人への捜査あり得る

2017-04-23 | 政治

一般の人も捜査の対象にする、これが安倍政権の本音。密告と監視社会を作ろうというもの。政府の気に入らないものは抑圧と弾圧。やっぱり治安維持法の現代版。ここにこそ「共謀罪」法案の恐ろしさがある。

応援よろしく

法務副大臣、一般人への捜査あり得る=「共謀罪」、法相見解と食い違い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000124-jij-pol
盛山正仁法務副大臣は21日の衆院法務委員会で、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、一般の市民や団体への捜査について「ボリュームは限られる」と述べ、可能性は排除されないとの認識を示した。

 金田勝年法相はこれまで「一般の方々を捜査するものではない」との見解を繰り返し示してきており、食い違いが表面化した。

 民進党の逢坂誠二氏が、一般人も捜査対象となるのかどうかを質問したのに対し、金田氏は従来通り、対象は組織的犯罪集団に限定されると説明。しかし、盛山氏は「犯罪の情報があれば捜査機関は調査を行う」と指摘した上で、「一般の方が調査対象になることは大変限られ、その次の捜査も限られる」と述べ、一般人も捜査対象になり得るとの考えを示した。

 盛山氏の発言を受け、逢坂氏は金田氏に改めて見解を求めたが、金田氏は「組織的犯罪集団が関与しているという嫌疑がない場合、捜査は開始されない」と明言した。盛山氏とのずれは解消されなかったため、野党側は引き続き整合性を問いただす方針だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪 刑事局長を常時招致強行

2017-04-23 | 政治

 金田法務大臣がまともに答弁できず、刑事局長を法務委員会に常時、招致を与党が強行。法相隠しは明らかだが、安倍内閣の資質・資格が問われている。

応援よろしく

 https://mainichi.jp/articles/20170422/ddm/005/010/053000c与党は21日の衆院法務委員会で、法務省の林真琴刑事局長を組織犯罪処罰法改正案の審議に常時、政府参考人として招致すると議決した。審議の度に議決する手続きを省略し、答弁が不安視される金田勝年法相に対する野党の「集中砲火」をかわす狙いだが、こうした議決は極めて異例。野党は「法案を提出した法相が説明できず、役人に任せて逃げ回っている」(民進党の山井和則国対委員長)と強く批判した。 
 19日の法務委では、同日に限って林局長の出席を議決していた。だが与党は、毎回この手続きを取れば、その度に野党の抗議などで審議が遅れかねないと懸念。21日は与野党の怒号が飛び交う中、自民などの賛成多数で常時出席を議決した。
 法相に答弁を求めても林局長が答弁する政府の対応に「金田隠しだ」と反発する民進、共産両党の委員は、委員長席に詰め寄って反対した。民進党の山尾志桜里氏は「(政治家同士で議論する)国会改革をゼロにしている」と訴えた。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「共謀罪」法案は現代の治安維持法

2017-04-21 | 平和

権力にとって都合の悪いものは容赦なく排除する。これが今の政権である。
これを法律的に縛ろうというのが共謀罪(テロ等準備罪)である。まさに、現代版・治安維持法。

年金者しんぶん(2017年4月15日)にフォトジャーナリストの山本宗補氏が寄稿している。


詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)は朝鮮語でただ、詩を書き続けたことで、治安維持法のもとで特高に逮捕され、懲役2年の判決を受け、福岡刑務所で獄死した。27歳のときである。判決文によっても、彼は朝鮮独立運動に具体的に関わってもいない。つまり、権力側に好ましくないだけで、恣意的な判断で逮捕投獄された。

 応援よろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪の先取りのような弾圧だ! 山城博治さん 4.19大集会

2017-04-20 | 基地問題

 会場溢れる参加。今こそ立ち上がろう!いまこそふるい立とう!

 まともに(共謀罪)法案を説明できない法務大臣の援護に刑事局長の出席を強行採決で決める。民意を踏みにじり、法的手続きを無視して辺野古の強行工事。断じて容認できない。

応援よろしく

辺野古の海の埋立て工事強行を許さない!4.19大集会 2017年4月19日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一掃に値する大臣たち

2017-04-19 | 政治

 稲田に金田に、続いて今村の「自己責任」発言、山本の「がん発言、学芸員は一掃」。謝罪でしまい。一掃したいのはこんな大臣たち。付録の中川はすぐやめた。

 応援よろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪(テロ等準備罪)なぜ創設必要なの?

2017-04-16 | 政治

「共謀罪はいらない!」京都弁護士会主催(共催・日本弁護士会)による集会とデモが4月16日、京都・円山音楽堂で行なわれた。
 弁護士・日弁連共謀罪法案対策本部副本部長 の海渡雄一さん、京都大学教授・共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明呼びかけ人の高山佳奈子さんの二人の講演を聞いて政府の言う国際組織犯罪防止条約の締結のためというごまかしがよくわかった。「テロ等」という印象操作に騙されてならない。277に対象を絞ったというが、まさに「テロ」とは関係のない処罰法が目白押し。

 集会が盛り上がったところで、突如、黒ずくめのマント男3人が舞台に襲来する。盗撮用のカメラをもって集会参加の人々を狙い撮影を始めた。「ここに参加しているものは共謀罪だ!」と大声で喚く。「帰れ!」コールが起きたが、なかなか立ち去ろうとしないのだ。 まるで安部政権だ!

 余程、国民が声をあげ、腹をくくって闘わないと廃案にはできない。なんとしても廃案に!!

応援よろしく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINEもできない共謀罪

2017-04-14 | 政治

 狙われるの一般人なのだ!「週間女性」が10Pの大特集。読んでみよう!

応援よろしく

健康になるためのブログhttp://健康法.jp/archives/29040

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「沖縄今こそ立ち上がろう」

2017-04-13 | 基地問題

あなたの批判は間違っています。印象操作をするなと言いたい!
「寄り添う」の解釈は「切り捨てる」

安倍政権の「寄り添う」の解釈論です。
福島や、沖縄県民に寄り添って「復興」「新基地建設」すすめています。

応援よろしく

「金はひととき 悲しみは200年」

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-476106.html
 辺野古新基地建設の抗議行動【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は10日午前、海上作業を実施した。米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、新基地建設に反対する市民ら約50人が建設資材搬入を阻止しようと座り込んだ。「金はひととき、悲しみは200年」と書かれたプラカードや、米国によるシリアへのミサイル攻撃を伝える新聞記事を掲げ「なぜ人の国を破壊するのか」などと英語で抗議した。
 午前9時すぎ、シュワブ内への資材搬入が始まり、県警の機動隊員が市民らをごぼう抜きして排除した。砕石や土砂を積んだダンプカーやコンクリート車など約30台が基地内に入った。
 午前11時すぎには市民がシュワブのゲート前に立ち、工事や米軍関係の車両の出入りを阻止しようとして一時騒然となった。
 海上では午前10時現在、瀬嵩側の浮具を陸寄りに広げる作業が確認された。この後、汚濁防止膜を設置するとみられる。【琉球新報電子版】

 「沖縄今こそ立ち上がろう」http://ryukyushimpo.jp/news/entry-477364.html
 辺野古新基地建設 抗議の座り込みで熱唱 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で12日午前、雨の降る中、建設に反対する市民約250人が米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込み抗議の声を上げた。建築資材の搬入はなかった。
 辺野古を毎月訪れているシンガー・ソングライターの川口真由美さん(41)=京都府=が「沖縄今こそ立ち上がろう」を歌い、市民は体や傘を揺らし、ともに歌った。
 琉球大学の高良鉄美教授が「期限切れの岩礁破砕許可の再申請をせず、辺野古新基地建設工事を強行する日本政府に抗議する」とする抗議声明文を読み上げた。
 海上では沖縄防衛局が大浦湾の海底掘削(ボーリング)作業を実施した。汚濁防止膜設置のため、大型クレーン船による防止膜つり上げの様子も確認された。市民は抗議船やカヌー16隻で海上抗議活動を続けた。【琉球新報電子版】

「沖縄今こそ立ち上がろう」を歌うシンガー・ソングライターの川口真由美さん=12日午前10時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでも居座る大臣たち

2017-04-10 | 政治

平然とウソをつき、平然とごまかし、平然と罵り…。しらばくれて、謝罪して、居座る大臣たち。
稲田に、金田に、今村復興相、任命したのは安倍。戦後最悪の内閣。

 応援よろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加