書見の邪魔だ。

「信長の野望Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

陰陽師の生産。

2013-06-30 00:00:18 | Weblog
「信長の野望Online」の陰陽師の生産についてです。
はっきり言って儲からないです。
これは、オリジナル版の頃から言われていますね。
神職や僧、薬師が装備できる胴装備を唯一生産できるので、利幅が大きそうに思われている事もあるようなのですが、そんな事はないです。
早い話が、最高級品を必要とされていないのです。
鎧之取扱が生産する兜や鎧の場合、とにかく防御力が欲しい盾役の需要がありますが、陰陽師が生産する胴装備を買う相手は、みんな後衛職な訳で、最高の防御力を求めている方など、ほとんどいないです。
ある程度の防御力がある物に、3回入魂が成功していればそれで良いと言うのがほとんどです。
楽市楽座で、そう言う実質的な量産品よりも少し防御力が高い物に、信じられないような価格をつけている方がいますが、果たして売れるのか見ものです。
そんな状態なので、多くの生産品が楽市楽座で価格競争に突入してしまい、利幅はどんどんと減っていきます。
私は通常「神代之衣」ですが、通常の生産品が必要な場合、自分で生産する事を考える前に、楽市楽座で商品を見ています。
はっきり言って、買った方が安いです。
なので、服が生産できても、メリットはほとんどないです。
唯一、「神代之衣」を好きに設計できると言うのは大きなメリットですが、これも、買えるなら買った方が安くなると思います。
こんな状態ですが、せめて強烈な付与の付いた帯が作れるようになれば、この様な状態が多少はマシになると思うのですが・・・。
ちなみに、一言も触れて来ませんでしたが、陰陽師に黒字レシピは一つもありません。
全て赤字です。
これも、陰陽師の生産は全く儲からないと言われている理由の一つです。
「天下夢幻の章」での装備品追加は第二陣以降だそうですが、その頃には何か大きな変化があればと思うのですが。

この記事をはてなブックマークに追加

なぜ左か。

2013-06-29 00:00:14 | Weblog
「信長の野望Online」をプレイしていると、いろいろな疑問点が出てくると思いますが、多くの方がまっさきに思うのは、戦闘中、なぜ味方キャラの生命力バーなどが左にあるのかではないでしょうか。
特に、「ファイナルファンタジー」シリーズに慣れている方は、違和感があると思います。
こちらは、戦闘中、味方キャラや情報は右に表示されるので。
と言うより、戦闘画面が横向きの場合、普通は右です。
それに対し、「信長の野望Online」の戦闘中は、味方はつねに左ですね。
なぜこうなったかと言うと、どうもシブサワ・コウ氏の意向があったようです。
もういつの頃だったか忘れてしまうくらい前ですが、インタビュー記事の中で、「ファイナルファンタジー」の味方キャラが右にいるのが気になったと言うコメントがありました。
通常、横書きの文章を読む時などは、左から右に読むように、流れを考えると左から右に流れた方が自然だと。
だから、それに逆らって、情報の基準になる味方が右にいるのは違和感があると言うものでした。
なので、私が同じような状況を作る場合、味方は左にするとの事。
この事が、直接「信長の野望Online」に影響を与えたのかは断言できませんが、これが理由の可能性は高いです。
と言う訳で、「信長の野望Online」では、味方は左側・・・なのですが、人間慣れと言うものがある訳で、自然だと言われても違和感があります。
確かに、味方が右側の場合、メッセージが表示された時は左側に目をやらなければならないのですが、RPGなのでそんな瞬間的な行動入力は必要ないです。
当然、「信長の野望Online」の場合も、瞬間的な判断はあまり重視されない訳で。
なので、どうしても違和感だけが残ってしまいます。
今の価値基準の場合、左よりも右を重視しますし。
もっとも、今さら右側に変えられても困る訳で、結局このまま続くと思うのですが、個人的には初めから右側の方が良かったのではないかと思う次第です。

この記事をはてなブックマークに追加

百鬼夜行。

2013-06-28 00:00:40 | Weblog
「信長の野望Online」で、「百鬼夜行」が完全覚醒しました。



先日書いた通り、後夜祭の効果もあって、「天下夢幻の章」前に完全覚醒できました。
通常の能力アップが知力、隠し能力が生命力と、優秀ではあるのですが、正直面白くないです。
個人的にはこの技能は嫌いですし。
まあそれはおいておいて。
これで、「鳳凰の章」の間に完全覚醒する予定の技能は全てなくなりました。
後は消化試合のようなものですね。
「天下夢幻の章」でも高位召喚術を続けるのか、それとも陰陽道に戻すのか。
全ては「天下夢幻の章」での追加技能次第なのですが、気になる所です。

この記事をはてなブックマークに追加

ファミ通コネクト!オン発売日。

2013-06-27 21:03:04 | Weblog
「ファミ通コネクト!オン」の発売日です。
早速読んでみました。
さすがに発売当日の本の内容を書いてしまうのは問題があると思うので、概要だけでも。
やはり、「天下夢幻の章」が近いだけあって、これの内容が主です。
特に、「攻城戦」などは詳しく書かれていますね。
それだけでも収穫は十分にあるのですが、鉄砲之取扱のキャラクターがいる方には、さらに大きな収穫が。
「天下夢幻の章」で鉄砲之取扱に追加される4つの技能、全てが公開されています。
やはり、今回も通常の技能が3つで、1つが奥義技能のようですね。
鉄砲之取扱の技能について、少しでも情報が知りたいと言う方は、目を通しておいたほうが良いです。
ただ、正直な所、今回の鉄砲之取扱の技能は、これまでの延長と言ったほうが良さそうです。
一つ、実際の内容によっては化けそうな技能がありますが、それこそ「空蝉の術」を一定時間完全無視するとかの、これまでの概念を変えるようなものはないですね。
他にもいろいろな内容が書かれているので、見る機会を持てる方は、見ておくと良いです。

この記事をはてなブックマークに追加

後夜祭。

2013-06-27 00:02:15 | Weblog
「信長の野望Online」で、東西戦の後夜祭がスタートしました。
気になる技能経験値については、10750が50回と言う、もの凄い成果となりました。
で、藤岡屋瓦版の「乱世の覚醒」と合わせて、1回の戦闘で12000以上技能経験値が入ると言う、もう何が何だかの状態に。
試しに戦ってみた所、こんな数値が出ました。



これで、ひょっとしたら「百鬼夜行」の技能覚醒が完了するかと思ったのですが、残念ながらギリギリの所で止まってしまいました。
まあ、近い内に完全覚醒できると思います。
もう後夜祭と「乱世の覚醒」の効果が終わってしまったので、私の後夜祭はこれで終わりです。
経験値や熟練度がすごい数値になっているそうなのですが、どちらもカンストしている為、意味がないです。
非常にあっけないですが、後は「忘却の魔境」をループしまくって、静かに暮らす事にします。

この記事をはてなブックマークに追加

城下町評点。

2013-06-26 00:00:01 | Weblog
「信長の野望Online」の城下町で、毎日もらえる城下町評点の基準値が41000をこえました。
まだ名所のレベルアップには余裕があるので、42000も問題なく達成できると思います。
ちなみに、今年中の目標として、基準値50000以上を考えています。
過去の経験からの予測で、これくらいは行けると判断しています。
達成できれば、1週間に1回、「青金剛石」がもらえると言う状況になります(実際にはやりませんが・・・)。
先は長いですが、頑張って達成したい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

一致団結戦最終日。

2013-06-25 00:05:53 | Weblog
「信長の野望Online」で二週間続いた東西戦も、終わりが見えて来ました。
一致団結戦は、25日で最終日となります。
団結よりも、いかに大筒を撃つかの方が重要だった気もしますが、少なくとも、戦果が稼ぎやすかったのは事実です。
私も、「固定大砲」を山のようにもらった訳ですし。
で、以前から気になっていた後夜祭の報酬ですが、どうももう一つ特化技能が完全覚醒するのはほぼ確定のようです。
後は、どこまで報酬が良くなるかですね。
何しろ25日は一致団結戦が3回もある為、ものすごい成果を生みそうです。
報酬受取が楽しみです。

この記事をはてなブックマークに追加

ゲーム環境調整。

2013-06-24 01:10:40 | Weblog
父のパソコンの環境を少し見直す事になったのですが、久しぶりにパソコン周りの調整を行なって、かなり楽しかったです。
それで勢いがついて、自分のパソコン周りも、ゲームに合わせて少し調整を行う事に。
と言っても、それほど手を加えられる箇所がないのですが、サウンド周りはまだ手を加える余地があったので、変えてみました。
「信長の野望Online」をプレイするパソコンは、音が本体から直接出ていたのですが、光出力を使ってAVアンプと接続し、こちらから音を出すようにしました。
今までよりも、少し音が良くなったはずです(多分)。
こう言うちょっとした事でも、かなり楽しいですね。
他にもいろいろと変化させたい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

胴装備。

2013-06-23 00:00:58 | Weblog
「信長の野望Online」の防具、特に胴装備についてですが、これも過去のアップデートで大きく変更が入った所です。
今は、神職は「縫箔」僧や薬師は「長絹」が主ですが、昔は「大鎧」と言う種類があり、上記の3職はこれらも装備できました。
これらは陰陽師が生産する服よりも防御力が高い為、これらを愛用している方が多かったです。
もっとも、「大鎧」と言う種類そのものは今でもゲームに残っている為、鍛冶屋に作ってもらえば今でも使えますが、最近は更新が止まっている為、防御力が低い物しかないので、あまり意味がないです。
それはともかく、大鎧の効果もあって、初期の3職は防御力は結構高かったのですが、「飛龍の章」で胴装備の種類が見直されると、その分相対的に防御力が下がる事になりました。
結界の影響などもあり、一時期の神職は陰陽師よりも打たれ弱かったです。
おそらく、陰陽師の生産の重要性を上げたかったのではないかと思うのですが、大鎧が装備できる職にはいい迷惑です。
「飛龍の章」で胴装備の分類の見直しが行われ、前衛職は具足鎧か帷子、後衛職は縫箔か長絹と、分かりやすくなりました。
当初の設定と明らかに方向が変わっていますが、現在落ち着いているので、見直しはうまく行ったようですね。
それは良いのですが、この見直しの際に、なぜこれまでの染料を使用できなくしてしまったのかは、いまだに理解できないです。
上級染料を導入する必要性は、果たしてあったのでしょうか。
薬師が上級染料を生産できるようになったのは後の事ですし、もともと染料は薬師の生産品の為、市場の変動もほとんど起こらないです。
このゲームの変更点の中でも、理解に苦しむ要素の一つです。

この記事をはてなブックマークに追加

固定大砲だらけ。

2013-06-22 00:00:25 | Weblog
「信長の野望Online」の東西戦で、戦果の為に「一致団結戦」で大筒を撃ちまくっていた訳ですが、おかげで必要な分戦果がたまりました。
早速「固定大砲」に替えてもらって、納屋に収納。
所有している「固定大砲」が500個になりました(祝)。



2000坪の土地は家具数制限が500なので、本来は「固定大砲」499個と「猫車」1個で良かった・・・と思ったら、これだと売り子が置けなくなってしまいます。
なので、「固定大砲」は498個で良かったのですが、気分の問題もあって、500個もらいました。
見ての通り、この時にはすでに260個並べてあったので、後は238個並べれば良いのですが、思ったよりも大変でした。
正直、ユーザーインターフェースが良くないです。
同じ家具を同じ向きにひたすら並べる時に、テンキーを使用すると楽なのですが、何しろ設置している際に視点が少しずつ動いている為、テンキーを使っていると、途中から家具が動く方向が変わってしまいます。
しょうがないので視点をマウスで修正してと、苦労しました。
まあそれはともかく、「固定大砲」498個と「猫車」1個、並べ終わりました。
早速スクリーンショットを撮ったのですが、いかんせんサイズが大きい為、blog内では小さい画像を使用します。
クリックすると大きな画像が見られるはずです(多分)。

まずは入り口正面から。



この景色を見たくてやったようなものです。
見ていてほれぼれします。
苦労したかいがありました。

ただ、2000坪の土地は、「固定大砲」498個では全く埋まらないのでした。
土地が半分以上余りました。
2枚目は余った土地のスクリーンショットなのですが、正直見ても不毛ですね。



入り口の第一印象はすごいのですが、全体を良く見るとへぼいのでした。

3枚目は、横から見た所です。
これも、見ていてうれしくなりますね。



と言う訳で、今年の東西戦の目標は達成されました。
私の東西戦はここまでですね。
もっと戦果を稼いで、「賭運の大箱・壱」をたくさんもらうと言うのも考えましたが、技能覚醒を優先する事にします。
かなり充実した東西戦でした。

この記事をはてなブックマークに追加

武器による追加効果。

2013-06-21 00:00:27 | Weblog
「信長の野望Online」の技能の中に、武器の攻撃力に応じて、追加効果を加えるものがあります。
陰陽師だと「錬星法」、薬師だと「医療杖術」ですね。
「錬星法」は武器が刀剣の時、「医療杖術」は武器が錫杖の時に効果を発揮します。
「錬星法」は、妖刀でないと効果がないと思われている方もいますが、陰陽師が装備できるならば普通の刀(「神妙刀」など)でも効果を発揮します。
「錬星法」は、単体術攻撃の時に、武器の攻撃力の2.5倍の追加ダメージを加え、「医療杖術」は、回復術ならば単体複数問わず、武器の攻撃力の4倍の数値分、回復量が増加します。
どちらも効果が高い技能ではあるのですが、個人的にはあまり良く思っていないです。
確かに、導入当初は、それまでよりも効果が劇的に良くなった為、プレイヤーからの評価も高かったです。
ただ、考えてみれば分かると思うのですが、ゲームバランスを考える場合、これらの技能を実装している事を当然考えて調整する訳で。
つまり、これらの技能で強くなると言うよりは、これらの技能を使用していないと、開発者の想定よりも弱くなると言う方が正解になります。
これらの技能の実装で、選択の余地がなくなったと言う事です。
先日書いた、武芸伝の二刀流も、同じ事が言えます。
二刀流の攻撃力を前提にバランス調整してあるので、二刀流だから強くなるではなく、二刀流にしないと弱くなる、です。
ただ、武芸伝の場合、追加ダメージではないのと、このゲームの仕様上、攻撃力が高ければダメージがその分高くなるかと言えばそうではない為、極めた方がたまに一刀流だったりするので、少なくとも陰陽師や薬師よりは選択の余地があるのですが。
話がそれましたが、こう言う技能が実装されたと言う事は、陰陽師や薬師が出す数値の強化が必要だと判断されたのは間違いないですが、それだったら、技能に設定されている数値そのものを上昇させるなど、他のやり方があったと思うのです。
このやり方の場合、使用する武器が制限されてしまう為、市場に与える影響も少なくないです。
実際、「錬星法」実装前は多くの陰陽師が錫杖を使用していた為、侍の収入源となっていましたが、「錬星法」実装後は、錫杖の市場が壊滅してしまいました。
その後、「医療杖術」が実装され、錫杖は薬師に相手を変えて立場を取り戻す事ができましたが、やはりやり方が不健康な気がします。
とは言ったものの、実装されているからには、積極的に使用した方が良い訳で。
最近は特典武器に押され気味ですが、だからこそ、通常の武器を使う場合は攻撃力にこだわりたいです。
もちろん、予算の関係などで、最高の攻撃力を持つ物をひたすら追いかけると言うのは無理だとしても、その心意気は持ちたい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

目標決定。

2013-06-20 00:32:03 | Weblog
「信長の野望Online」の東西戦にいろいろと調整が入り、報酬が増えた上に戦果を稼ぎやすくなりました。
追加された報酬の中でも、これまで「秀吉戦記」でしか手に入れられなかった改装具は、狙っている方が結構いるようです。
何しろ必要な戦果が万単位の為、入手できる人を選びますが、その分やりがいはあるようですね。
で、私はどうするかですが、とりあえず、入手個数に制限がある物を全てもらい、残りの戦果で「固定大砲」をもらえるだけもらってみました。
やはり、私にとって東西戦と言えば「固定大砲」なので。
久しぶりに大量にもらったら、重量が30.0なのを忘れていて、危うく重量オーバーで動けなくなる所でしたが・・・。
で、大量に並んだ「固定大砲」を見て、決心しました。
2000坪の土地に、「固定大砲」を並べられるだけ並べようと。
今ある「固定大砲」を並べて、敷地を見ると、一番初めに引っかかる制限は家具数のようで、その数値は500です。
なので、「固定大砲」を500個・・・だと「猫車」が置けなくて不便なので、「固定大砲」499個、「猫車」1個を設置する予定です。
妙に燃えてきました。
現在所持している「固定大砲」は260個、目標の499個まで後239個です。
「固定大砲」一つあたりに必要な戦果は130。
なので、戦果が後31070あれば良いようです。
「一致団結戦」にしっかりと参加すれば、十分稼げる数・・・だと思います(多分)。
これまで、「固定大砲」が欲しくても、思うように戦果が稼げなかったのですが、今年は違います。
目標に向けて、気合を入れて頑張る次第です。

この記事をはてなブックマークに追加

二刀流。

2013-06-19 00:00:30 | Weblog
「信長の野望Online」で、武芸伝のアイデンティティに近いものがある技能「二刀流」。
NPCの場合は、職業が侍以外でも二刀流の事がありますね。
それはともかく、二刀流はとにかく仕様に翻弄されてきました。
現在の二刀流は、使用すると防御力が下がりますが、実は開発初期はこのペナルティーがなかったそうです。
ただ、この状態でゲームの内容を煮詰めていくと、左手にも付与があった方が有利と言う事で、盾役の侍ですら二刀流になってしまい(当時は腕貫はありませんでした)、二刀流のイメージが崩れると言う事で、防御力が低下するようになったそうです。
ただ、これはサービス開始前だったから良かったのですが、正式サービス後も二刀流は多くの仕様変更を受ける事になります。
初めの頃は、左手の武器のウェイトは加算されず、その後に武器に追加されたウェイト修正の要素は、左手の武器も効果があった為、両手にウェイト-1の武器を装備する事でウェイトが常時-2されていたなど、今と比べると非常に強力でした。
おそらく、侍のアドバンテージと言う事で、大目に見ていたと言うのはあると思うのですが、「竜の涙」を使用した強力な装備品が出回り始めると、そうも言っていられなくなってきたようです。
早い話が、強力になりすぎた、と言う事になります。
ある意味、武芸伝が最も輝いていたのはこの時期ですね。
開発者の想定をこえる強さにまでなっていたので。
で、これではいかんと二刀流に下方修正が入るようになり、左手の武器のウェイトも加算される、左手の武器のウェイト修正は無効と言う、今の仕様になったのでした。
当然、攻撃力なども、今は二刀流を想定してバランス調整してある為、正直二刀流のメリットが少ない状態になっています。
もっと武芸伝にアドバンテージはあっても良い気がします。
そろそろ、防御力低下がない二刀流技能を実装しても良い気がするのですが・・・。
二刀流を前提にバランス調整されているから、その分武器の価格が安くなるかと言えば、当然それはない訳で、今でも武芸伝は非常にお金がかかる状態です。
それなのにダメージは綺羅演舞とほとんど変わらない訳で、苦労は多いです。
武芸伝が輝きを取り戻す日は来るでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

後夜祭の報酬。

2013-06-18 01:05:55 | Weblog
「信長の野望Online」の東西戦で、後夜祭の報酬を見ているのですが、すごい勢いで報酬が良くなっています。
やはり、「一致団結戦」で、みんなが戦果を稼ぐ要領を得たのが大きいのだと思います。
まだ一週目でこの状態ですから、東西戦終了時にはもの凄い事になっていそうです。
正直な所、ファーストは経験値などが上がっても意味がないのですが(とっくにカンストしています)、技能経験値だけは別です。
ひょっとしたら、「天下夢幻の章」までに間に合わないと思っていた現在の技能覚醒ですが、もう一つ完全覚醒できるかもしれません。
ただ、その為には、技能経験値を少しでも稼いでおく事が重要で、東西戦に出られなくなってしまうのが難点です。
東西戦にどれだけの力を割くか、悩ましい所です。

この記事をはてなブックマークに追加

値下がり傾向。

2013-06-17 00:26:57 | Weblog
「信長の野望Online」で、「家臣多彩入魂石」の価格が下落傾向です。
「忘却の魔境」をループしまくっているだけで、多額の利益が出るため、手を出す人が増えるのは当然ではありますが。
ただ、少なくとも今は、炭掘りなど他の事と比べると、まだまだ利幅が大きいため、「忘却の魔境」ループは続くのですが。
ところで、「天下夢幻の章」で軍神の要素が追加されますが、それに関わるアイテムは、取引可能なようですね。
これらも、定期的な収入源になってくれればと思います。
収入を得る方法の、数が増えれば良いのですが。

この記事をはてなブックマークに追加