礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

伊藤博文、ベルリンの酒場で、塙次郎暗殺を懺悔

2013-06-03 21:24:10 | 日記

◎伊藤博文、ベルリンの酒場で、塙次郎暗殺を懺悔

 以前、大場義之さんという未知の研究者から、『大津事件の謎に迫る』(文藝春秋企画出版部、二〇〇六)という本を送っていただいた。オリジナルな考証が光る労作だと思ったが、その時は、大津事件の全体像に、変更を迫るほどの問題提起はないという印象を持った。
 昨日、久しぶりにこの本を読んでみたが、これはなかなかの問題作かもしれない、と思いなおした。しかし、本日は、そのことについて解説している余裕がない。
 本日は、同書の、二四六~二四七ページから、憲法調査中の伊藤博文が、ベルリンの地で、塙次郎暗殺を懺悔したことに触れているところを紹介したい。

 平成一五年(二〇〇三)三月、瀧井一博氏による『文明史のなかの明治憲法』〔講談社、二〇〇三〕という好著が出版された。同書に「美しき魂の告白」なる小見出しで、幕末の長崎にいた著名な医師フランツ・フォン・シーボルトの長男アレクサンダー・フォン・シーボルトの日記が紹介されている(一三三~一三四頁)。
 その中でシーボルトは、伊藤博文が語った文久二年(一八六二)一二月二一日夜の国学者塙次郎忠宝〈ハナワ・ジロウ・タダトミ〉(『群書類従』の編纂者塙保己一〈ハナワ・ホキイチ〉の息子)暗殺の一部始終を記している。
 酒に酔った伊藤が自分の若い頃の軽はずみな行動をシーボルトの息子に告白したのである。しかし瀧井一博氏はなぜかシーボルトのこの日記の記述が何月何日のものであるか書いていない。
 そこで私は国会図書館からこの日記の原書(Alexander von Sievolt“Die Tragebücher〔A 1866‐1892〕”Herausgegeben von Vera Schmidt・Harrassowitz Vertag・Wiezbaden/1999)を、私の住む川西市の図書館を通じて借出し、その年月日を確認した。
 それは塙忠宝暗殺事件からほぼ二十年目にあたる一八八二(明治一五)年三月二一日(土曜日)の日記であった。瀧井氏の書物には出ていなかったが、その場に秘書の伊東巳代治〈ミヨジ〉も居合わせたとシーボルトは記していた。
 場所はベルリンのヒラーなる酒楼である。伊藤がシーボルトに話したのはその週の火曜日か月曜日であったらしい(日記に火曜日を先に書いているので、火曜日の確立が高いということであろう。日記の一一日〈月曜日〉・一二日〈火曜日〉の欄そのものは空白である。伊藤博文の話が余りにも衝撃的で、聞いてすぐには日記に記せなかったのかもしれない)。
 伊藤のこの夜の告白が、シーボルトには伊藤博文の本心からの懺悔だと思えた。彼はこれを綴った日の日記の最後の言葉を「美しき魂の告白!(Gestaendnisse einer schönen Seele!)」と結んでいる。なお、シーボルトは子供のころから父・フランツ・フォン・シーボルトについて、日本語に堪能で、日本外務省の通訳をつとめていた。【以下は明日】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小川圭助さんの文章・俳句に... | トップ | 伊藤博文、九段坂付近で塙次... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。