デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

'16 1/17 京成杯 & 日経新春杯 予想

2016-01-17 10:47:59 | 「デタうま」の予想解説
第56回 京成杯 (中山11R・GⅢ・芝2000m・3歳)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 659 08 マイネルラフレシア
  ○ 518 01 メートルダール
  ▲ 486 02 ウムブルフ
  注 476 03 ケルフロイデ
  △ 462 15 ナムラシングン
  × 455 04 プロフェット
  ◆ 424 12 ユウチェンジ
  ◇ 343 14 ブレイブスマッシュ


 <買い目>

 馬連 8・1-1・2・3・5・4 9点
 3連複 8-2・3・15-1・2・3・15・4・12・14 15点


逃げ粘るがいいわ。

 
第63回 日経新春杯 (京都11R・GⅡ・芝2400m・ハンデ)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 657 01 レーヴミストラル
  ○ 600 07 シュヴァルグラン
  ▲ 594 09 ベルーフ
  注 490 06 プロモントーリオ
  △ 425 10 サトノノブレス
  × 409 05 ダービーフィズ
  ◆ 325 03 アドマイヤフライト
  ◇ 213 08 ダコール


 <買い目>

 馬連 1・7-7・9・6・10・5 9点
 3連複 1-9・6・10-7・9・6・10・5・3・8 15点


ヒモ荒れ来るがいいわ。

 
コメント

「デタうま」の予想解説 2010年度~ver.3

2010-03-03 18:22:54 | 「デタうま」の予想解説
1月は単複。
2月はワイド。

結果はワイド馬券の方が回収率低いということになりました。
1月もワイド馬券の方が低く、この方法は間違っている事がわかりました。

ただ馬券を拾えていないだけであって、手応えからして決してワイド馬券が
悪いわけではない1ように感じる。
データから印をつける「◎」「○」のどちらかが来る複勝率は
1月~2月トータルで72%。4レースに3回はどちからがきているわけで、
5頭印なら1レースの買い目が計7点。よって、1レース外れることを見越せば、
10倍以上つけば回収率100%は越えれる。つまり、「◎」「○」以外の的中率を
上げればいいわけだ。

現状、「血統」からの印2頭と「ヒラメキ」からの印1頭。
ただ、この3頭の回収率は1月・2月トータルで100%越えているんですよね。

あれ?この3頭だけ買えば良いんじゃね?(爆)

ただ的中率にばらつきがあるので、来月もプラスになるかとは保障できないので
やはり的中率を上げる事に重きを置こう。

で、3月は「血統縛り」を緩めようと思う。
血統を重視するのは変えないが、あまりこだわりすぎないようにしてみます。

もうイッチョ、ワイドで。
コメント

「デタうま」の予想解説 2010年度~ver.2

2010-02-05 17:52:11 | 「デタうま」の予想解説
新予想を2月まで続けると書きましたが、
先週言ったようにイマイチ結果が芳しくないので、
今月は買い方を以下のように変えます。

・印のつけ方は変更なし。
・買い目を◎○からのワイドに変更。

コレだけですけど、的中率アップのために
印をつける頭数が5頭になる事が多いと思います。
コメント

「デタうま」の予想解説 2010年度~ver.

2010-01-04 21:03:52 | 「デタうま」の予想解説
2010年度より印のつけ方および馬券の買い方を変えます。
2ヶ月試して、結果が出なかった場合は以前のやり方に戻すと思います。(笑)

1.予想で印をつけるのは3~4頭。(たまに5頭)

2.印の説明
  ◎:過去レースデータ、近走成績、血統など総合的に判断1番手。
  ○:過去レースデータ、近走成績、血統など総合的に判断2番手。
  ▲:競馬場別馬場の血統傾向からくる馬1番手。
  △:競馬場別馬場の血統傾向からくる馬2番手。
  ☆:超ヒラメキ!!(「たまに5頭」のタイプ)

 ※▲と△については、当日の馬場も見てみたい場合があるので、
  前日予想では記入しない事もあります。
  
3.馬券の買い方。
  ◎:単勝、複勝
  ○:単勝、複勝
  ▲:複勝
  △:複勝
  ☆:単勝、複勝

4.その他
  ・予想に際しの「自信度」の記載をやめます。
  ・結果でのレースごとの配当記載をやめます。
  ・結果の最後に合計回収率をあらたに記載。
  
コメント

「デタうま」の予想解説

2009-02-15 17:32:28 | 「デタうま」の予想解説
アクセス数もジワジワ増えてきて、疑問に思われる方が多くなってきているみたいなので、
一度、当ブログ『デタうま』の予想および結果のルールを説明をさせてもらいます。

1.予想で印をつけるのは3~7頭。(たまに8頭)
2.自信度(本命・対抗関わらず、印をつけた馬で1~3着になる自信。)
  (★☆☆☆☆):当たんねぇだろうなぁ~。
  (★★☆☆☆):難しい・・・。
  (★★★☆☆):たぶん大丈夫。
  (★★★★☆):コレでいけると思います。
  (★★★★★):鉄板。←まず無いです。(汗)
3.「買い目」および、「馬券的中結果」は混乱を招くので省きます。

旧ルールの「3」~「5」(「買い目」及び「結果」のルール)をは、
訪れられた方が不快に思われる方が増えてきたようなので削除させていただきます。
それにともない、「2」の自信度は「買い目」の自信度だったのを、印をつけた馬で、
1~3着まで決まる自信を示すものとします。これで、少しは自信度上がるかな?(笑)

ということで、残った3つの項目で題名に「ルール」ってつけるのもおかしいので、
題名とカテゴリーを『「デタうま」におけるルール』から『「デタうま」の予想解説』に変えます。

まぁ、これだけならこのページ消しても良いんだけどね。(笑)


このページを『「デタうま」の予想解説』として新しくカテゴリーを作って置いておきます。

【追加】

私の予想方法を記しておきます。

1.過去データからの分析。
 基本的に、過去の入着馬の実績を参考に、印をつける最低ライン実績を出します。
 もちろん当てはまらないこともありますが、なんやかんやで歴史は繰り返す。

2.血統データ
 該当レースと同じ距離で行われる当競馬場の入着馬の血統を調べて、出走馬にあてはめます。
 が、重賞レースとなると血の壁を乗り越えることも多々あり。

3.調教
 時間があれば、調教VTRで確認して動きを確かめます。
 が、素人に分かるはずも無く、ほぼ的外れなことに。

4.勘
 出馬表を見て、ピーンと来た馬の可能性を探る。
 第6感ってヤツ。まず来ない。(笑)

基本的に「1」と「2」で予想を立てています。
コメント (4)