デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

'09 3/1 阪急杯 & 中山記念 その他 予想

2009-02-28 19:41:30 | 予想
第53回 阪急杯 (阪神11R・GⅢ・芝1400m)

 高松宮記念の前哨戦。
 昨年の宮記念覇者ファイングレイン。昨年の阪急杯覇者ローレルゲレイロ。
 さらに母は宮記念王者ファリダット。元PO馬で爆穴娘ピンクカメオ。
 芝1400の鬼マイネルレーニアとジョリーダンス。中々個性的なメンバーです。

  ◎ : 15 ファリダット
  ○ : 01 ファイングレイン
  ▲ : 06 フィールドベアー
  △ : 03 ドラゴンファング
  △ : 05 ヤマニンエマイユ
  △ : 07 ピンクカメオ


 以上6頭で。(自信度:★★★☆☆)

 メンバーは揃っているが、休み明けとか前走大敗とかが多くて何とも言えないが、
 唯一順調に使われている感のあるファリダットを本命に。安定した末脚が魅力で、
 コース相性も抜群。前行く馬が多いので、スローになることは無さそう。これなら初重賞制覇の可能性大。
 対抗はファイングレイン。マイルチャンピオンシップ以来だが、メンバーがメンバーだけに負けられない。
 距離もベストだと思うが、直線坂と斤量で最後に止まってしまう可能性あり。
 このレース短距離馬よりマイル~中距離で好走している馬のほうが来やすいのでフィールドベアー。
 連勝馬は止まるまで買えドラゴンファング。鞍上不気味ヤマニンエマイユ。
 輸送で馬体が減ればピンクカメオまで。
 

第83回 中山記念 (中山11R・GⅢ・芝1800m)

 こちらも少頭数とはいえ、メンバーそろっていますね。
 展開次第で着順が変わりそうだ。

  ◎ : 02 カンパニー
  ○ : 07 エアシェイディ
  ▲ : 16 アドマイヤフジ
  △ : 03 キングストレイル
  △ : 08 トウショウシロッコ
 

 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 消去法的に7頭残って、まったく消せない状況。10頭中7頭に印つけるわけにも行かないので、
 展開的にスローな前残り予想ということでこの5頭に。本命馬カンパニーは、
 内枠に入ったこと+展開的に今回は前目で競馬すると思います。元々、自在性のある馬ですので、
 大崩は無いはず。以下も、前目で競馬ができる馬をピックアップしました。
 どちらにしろ、これは見るレースかな。 


周防灘特別 (小倉11R・1000万下・芝1200m)
 
  ◎ : 17 ニューホープ
  ○ : 03 シャウトライン
  ▲ : 07 メラトニン
  △ : 08 コンゴウリュウオー
  △ : 14 サウスサプライズ
  △ : 02 レイクエルフ
  

 以上6頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 今の小倉芝1200の血統傾向から、ニジンスキー系及びミスプロ系を中心に。


本日の複勝コロコロ
 
 3月1日の複勝

 阪神 2R 14番 タマモユニヴァース
 中山 3R 15番 ピークヴェロシティ

 現在1,500円
コメント   トラックバック (17)

'09 2/28 アーリントンC その他 予想

2009-02-27 23:19:54 | 予想
第18回 アーリントンカップ (阪神11R・GⅢ・芝1600m・3歳)

 出走していれば間違いなく本命にしていたホッコータキオンが戦線離脱。
 たったそれだけのことで、ここまで難解な重賞レースになるとは・・・。

  ◎ : 12 ジョーメテオ
  ○ : 13 キングスレガリア
  ▲ : 05 アドバンスヘイロー
  △ : 11 ミッキーパンプキン
  △ : 01 ダブルウェッジ
  △ : 08 マイネルエルフ


 以上6頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 「既存勢力か、新興勢力か」という戦い。今週降り続いた雨で阪神地方の雨で、
 明日は晴れ模様ですがおそらく道悪。たとえ、良馬場でもかなり力のいる馬場になっていると思う。
 となると、開幕週ということもあり、前目の競馬ができる馬にする。さらに、
 スローな展開が予想されるので、しかけるタイミングなどレース経験が問われると思うので、
 既存勢力に期待する。世代ダート最強馬スーニが芝に挑戦してくるが、いくら
 力のいる馬場になっているとは言っても、この血統構成では微妙。おそらく、
 1~2番人気になると思うし配当冥利もないなら、思い切って消して馬券を買いたい。

 印の強弱は、このレースはあまり関係ありません。
 

皿倉山特別 (小倉11R・1000万下・芝2600m・ハンデ)
 

  ◎ : 14 テンシノゴールド
  ○ : 04 エーシンジーライン
  ▲ : 09 ミスターシーザ
  △ : 10 オープンセサミ
  △ : 16 ウィルビーキング
  △ : 03 クィーンスプマンテ 

 以上6頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 メンバーがメンバーだけに難解だが、
 スタミナ勝負になればバテないテンシノゴールドに期待する。


千葉ステークス (中山11R・OP・ダ1200m)
 
  ◎ : 01 ガブリン
  ○ : 04 ダイワエンパイア
  ▲ : 02 スリーアベニュー
  △ : 16 ダイワディライト
  △ : 07 ミリオンディスク

 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 これは面白そうなレースですね。
 おそらく中山も道悪競馬になっていると思うので、前目で競馬ができて絶好枠、
 絶好騎手が鞍上のガブリンの粘り越しに期待する。
 

本日の複勝コロコロ
 
 繰越コロコロ 1,400円

 2月28日の複勝

 中山 8R 5番 スペシャルハート

 
コメント   トラックバック (13)

あちゃ~。

2009-02-26 18:03:23 | 競馬雑記
今週のアーリントンCに出走予定だったホッコータキオンの名前が出馬表にないなぁ~、
と、思っていたら屈腱炎かよ~。あぁ~。今年のクラシック候補だったのに。
う~ん。タキオンの子供は強い馬が生まれやすいけど、体質が弱いのが難点。

これでアーリントンCの軸馬がいなくなり混沌としてきた・・・。
コメント (4)

第83回 中山記念 『過去データ』

2009-02-26 17:56:13 | レースデータ
第83回 中山記念 (GⅡ・中山・芝1800)

対象:過去5年

血統
 
 SS産駒、NT系、ニジンスキー系、グレイソヴリン系 の馬が中心

前々走までの最高成績

 1着:4頭、2着:4頭、3着:1頭、4着:3頭、5着:1頭、6着以下:2頭

 前2走で4着以内馬が中心。

ステップレース

 東京新聞杯 からの馬が多い。

1年以内重賞成績

 1着:7頭、2着:6頭、3着:1頭、4着:1頭

 1年以内に重賞連対経験の馬が中心。
 
人気

 小波乱。



 1枠、2枠、5枠 が良く来る 
  
所属

 栗東:1-3-2-24
 美浦:4-2-3-33

 関東馬が中心。

騎手

 横山典、後藤、田中勝、蛯名騎手が良く来る。



 4歳:1-1-0 5歳:0-1-3 
 6歳:1-3-0 7歳以上:3-0-1

 5歳以上が中心。

前走レースの距離と脚質

 ’08 1600(13-13)-1600(8-8)-2200(8-8-8-5)
 ’07 1800(2-2)-1600(11-13)-1600(13-11-11)
 ’06 1600(5-6)-1600(2-2)-2200(14-14-16-16)
 ’05 3000(6-4-7-9)-1800(13-13)-1600(10-11)
 ’04 2400(16-16-16-16)-1600(12-10)-1600(海外)
 
 特になし。

その他

 ・1800m以上かつ1600m以下で連対経験ある馬が中心 (過去15頭中15頭)
 ・中山もしくは阪神で勝利経験必須 (過去15頭中14頭)
 ・リピート率高い
 
コメント

第53回 阪急杯 『過去データ』

2009-02-26 06:39:39 | レースデータ
第53回 阪急杯 (GⅢ・阪神・芝1400)

対象:過去3年

血統
 
 SS系 の馬が中心

前々走までの最高成績

 1着:5頭、2着:2頭、5着:1頭、6着以下:1頭

 前2走で連対馬が中心。

ステップレース

 東京新聞杯、阪神C からの馬が多い。

1年以内重賞成績

 1着:5頭、2着:2頭、6着以下:1頭、経験なし:1頭

 1年以内に重賞連対馬か1600万勝ち馬が中心。
 
人気

 波乱含み。



 2枠 が良く来る 
  
所属

 栗東:2-3-3-25
 美浦:1-0-0-11

 関西馬が中心。

騎手

 武豊、安藤勝騎手が良く来る。



 4歳:1-1-1 5歳:0-1-1 
 6歳:0-1-1 7歳以上:2-0-0

 まんべんなく来る。

前走レースの距離と脚質

 ’08 1600(1-2)-1400(11-9)-1600(11-11)
 ’07 1400(6-7)-1800(2-5-6-4)-1400(8-8)
 ’06 1200(10-10)-1400(11-11)-1600(2-2)
 
 同距離もしくは距離短縮組が中心。

その他

 ・前走500kg未満 (過去9頭中9頭)
 ・最長連対距離が2000m以上 (過去9頭中6頭)
  
コメント

第18回 アーリントンC 『過去データ』

2009-02-25 23:24:50 | レースデータ
第18回 アーリントンカップ (GⅢ・阪神・芝1600・3歳)

対象:過去5年

血統

 ダンチヒ、サドラーウェルズ系 が狙い目。

前々走までの最高成績

 1着:11頭、2着:3頭、3着:1頭

 近2走で勝ち馬が中心。少なくとも3着以内。

ステップレース

 朝日杯FS、シンザン記念 からの馬が多い。

特別レース成績(重賞・OP5着以上・500万勝ちのみの頭数。重複馬は格上のみ。)

 重賞 1着:1頭、2着:1頭、3着:1頭、5着:1頭
 OP 1着:2頭、2着:3頭、3着:1頭、4着:1頭
 500万下 1着:2頭
 新馬・未勝利からの格上げは1頭。
 
 重賞またはOPで5着以内経験の馬は、15頭中11頭。

人気

 波乱含み。



 3枠、5枠、7枠が良く来る。 
  
所属

 栗東:5-4-5-43
 美浦:0-1-0-10

 関西馬が圧倒。

騎手

 武豊、藤田騎手が良く来る。

前走レースの距離と脚質

 ’08 ダ1400(1-1)-1600(3-7-9)-1600(16-12)
 ’07 1600(5-5)-1600(6-6)-1600(5-4-4)
 ’06 1400(1-1)-1600(2-2)-1600(5-3)
 ’05 1400(1-1)-1600(8-9-9)-2000(5-5-5)
 ’04 1400(1-1)-1400(5-5)-2000(12-12-12)

 同距離または距離延長組で、4角6番手以内の馬が中心。

その他

 ・最長連対距離が1400m以上必須。


コメント

'09 2/25 エンプレス杯 結果

2009-02-25 19:11:46 | 結果
2/25 エンプレス杯

 結果
    1.ニシノナースコール
    2.シスターエレキング
    3.ヤマトマリオン
    4.ダイワオンディーヌ
    5.サヨウナラ

 予想
    ◎ヤマトマリオン   →3着
    ○ユキチャン   
    ▲ニシノナースコール →1着 
       
     
 回顧

   「今度こそ本当の有終の美。ニシノナースコール差し切り勝ち!!」

   携帯で結果速報みて「は?」だったことは言うまでもありません。(笑)
   で、レース映像を確認したら、ユキチャンが立ち遅れ。これで全てが狂った。
   ヤマトマリオンはユキチャンをマークするはずがユキチャンより前に位置することに。
   んで、こうなったら控える競馬をするのかと思ったユキチャンがカカリ気味に先頭に並びかける。
   それが災いしてかユキチャン、4コーナーで早くも手応え無くなる。ヤマトマリオンも、
   必死に追うがスムーズに逃げる事が出来たシスターエレキングが、不良馬場もあり捉えられない。
   そこで大外からニシノナースコールが一気にぶっこ抜いてラストランを飾る。

   牝馬レースはチョットした変化で波乱が起こるので難しいのだが、交流重賞ということで、
   その真理を軽く見て予想したのは失敗でした。ユキチャン-ヤマトマリオンで、
   今年の牝馬交流重賞はイケルと思っていた自分が甘かった。
コメント

'09 2/25 エンプレス杯 予想

2009-02-24 17:51:19 | 予想
第55回 エンプレス杯 (川崎10R・JpnⅡ・ダ2100m・牝馬)

 ヤマトマリオンとユキチャンが三度対戦。
 1戦目のクイーン賞ではユキチャンを徹底マークしたヤマトマリオンの勝ち。
 2戦目のTCK女王盃では出遅れを取り返して差し切ったヤマトマリオンの貫禄勝ち。
 はたして、3戦目となる今回はユキチャンのリベンジなるか?それとも、マリオンの3連勝か?

 このレースの傾向。

  ・前3走以内に3着以内実績必須。
  ・1800m以上での連対実績必須。
  ・前走1800m以上のレースを使った馬が良く来る。
  ・4歳より5歳以上が強い。
  ・7枠が良く来る。
  ・TCK女王盃組がやたらと来る。

 こんな感じ。では印をつけていきます。

  ◎ : 09 ヤマトマリオン
  ○ : 07 ユキチャン
  ▲ : 12 ニシノナースコール

 以上3頭で。(★★★★☆)

 今回も中央馬に太刀打ちできる地方馬は見当たらず。
 ということで、順当にヤマトマリオンとユキチャンのマッチレースになると思います。
 TCK女王杯ではヤマトマリオンの頭固定にするぐらい自信あったが、今回はチョット微妙。
 クイーン賞でのレース振りからユキチャンがこのコース得意としていることは間違いない。
 ただコース適正でユキチャンに分があるかもしれないが、2100mという距離はむしろマリオンにとっても良い。
 前走出遅れたにも関わらず見事な差しきり勝ちで新たな面を見せたマリオンに、もう一度期待したい。
 ちなみにユキチャンが大勝した関東オークスの勝ちタイムが絶賛されているが、
 このレースで走った地方馬が同じ川崎2100mのロジータ記念で軒並み2秒ほどタイムが落ちているので、
 同じ良馬場だったとはいえ、関東オークスの馬場が高速馬場だったという可能性があるのに注意したい。
 まぁ、明日はおそらく不良馬場なので当時と同じぐらい高速馬場になっていると思うので、
 ユキチャンが関東オークスと同じように逃げ切ってもおかしくはありませんが。
 で、問題の3着争い。今回で引退表明しているニシノナースコール(2度目だが)と、
 前年度覇者サヨウナラ。さらにTCK女王盃3着のパノラマビューティー。
 この3頭の争いになると思うが、サヨウナラの昨年の勝ち方は完璧だった。
 一部の無駄も無いレース運びだっただけに、衰えてきている今のサヨウナラでは
 キツイように感じるので今回は切ります。
 明日は馬場悪化ということで、後ろから行く馬にとってはツライ状況になっているはず。
 で、差し馬のパノラマビューティーが差し比べでニシノナースコールに勝てるとは思えない。
 DD×リアルシャダイということで、もしかしららスタミナは無尽蔵かもしれないが、
 今回はスピード決着しそうな感じなので、多分対応できない。鞍上が怖いが切ってみる。
 ニシノナースコール3着付けで、ユキチャンとマリオンの裏表で良いんじゃないでしょうかね。
コメント

'09 2/16~22 競馬あれこれ

2009-02-23 18:07:53 | 競馬雑記
●ダイワスカーレット、引退。

 この件に関してはすでにアップ済みですが、あらためて偉大な馬でした。
 おつかれさま。

●ペリエ、再来日とりやめ。

 左目違和感のため帰国したペリエ騎手が再来日を取りやめたそうです。
 昔はレースで強烈な印象を残した同騎手ですが、近年ではあまり重賞でも
 目立った活躍を見せなくなりました。現在36歳と、まだ若い部類だと思いますが、
 騎手の世界もも世代交代の年代に入ってきているのかも。
 ところで、騎手って視力はどうなんでしょうね。良いに越したことは無いんだろうけど。 

●ドバイ遠征中のブラックエンブレム、大敗。

 ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われたバランシーン(4歳上牝、首G3・芝1777m)に
 '08年度秋華賞馬ブラックエンブレムが出走も、最下位で入線。滞在中も鼻出血して、
 レース中も鼻出血していたらしい。となると、最下位は実力以外のものからくるもので、
 万全の体調で出走していればどうなったか分からなかっただけに残念ですね。
 まぁ、無事に帰国してもらいたい。おつかれさん。


●今週の新馬・未勝利に勝利した良血馬。

 ・バランスオブゲームの半弟、トーセンオーパスが3戦目で勝利。
 ・ハーツクライの甥、ブルーモーリシャスが5戦目で勝利。
 ・リトルアマポーラの半弟、イネオレオ4戦目で勝利。
 ・イイデケンシンの半弟・パーソナルラッシュの甥、ミミオブパラダイスがデビュー勝ち。
コメント

'09 2/21~22 予想回顧

2009-02-22 16:35:21 | 結果
2/21 京都記念

 結果
    1.アサクサキングス
    2.サクラメガワンダー
    3.ヴィクトリー
    4.カワカミプリンセス
    5.タスカータソルテ

 予想
    ◎アサクサキングス  →1着
    ○サクラメガワンダー →2着
    ▲カワカミプリンセス →4着
    △ダンスアジョイ
    △シルクフェイマス
         
 回顧

  「GⅠ馬の意地。アサクサキングス、久しぶりの美酒!!」

  ヴィクトリーが逃げて、マンハッタンスカイ・カワカミプリンセスと続き、
  その後ろにアサクサキングス。マークするようにシルクフェイマスとサクラメガワンダー。
  以下、後方待機組。ヴィクトリーが誰にも仕掛けられることなく淡々とマイペースの逃げ。
  カワカミプリンセスが坂下で一旦下げる。4コーナーから直線に入って最内にヴィクトリーと
  マンハッタンスカイ。外からアサクサキングスとサクラメガワンダーが抜けてくる。
  一旦下げて直線入り口で外に持ち出したカワカミプリンセスも、必至に前2頭に追いすがる。
  アサクサキングスとサクラメガワンダーの競り合いを、アサクサキングスが制して重賞制覇。
  3着は内で逃げ粘ったヴィクトリー。

  1~2着は、順当といえば順当。本命アサクサキングスは余裕残しでこの内容なら合格。
  サクラメガワンダーは距離微妙に長い。ヴィクトリーはイロイロ試した結果、
  やっぱりこの戦法が一番良いのでしょう。だれも競りかけてこなかったこともこの馬にとって良かった。
  カワカミプリンセスは、3コーナーで下げるのではなくそのまま好位から抜け出した方が良かったかも。
  結局GⅠ馬2頭で決まったわけですね。

  消したアドマイヤオーラのレース直前に出走取消は、配当的に痛かった。
  
   
2/21 クイーンC

 結果
    1.ディアジーナ
    2.ダノンベルベール
    3.エインブルインレース
    4.ミクロコスモス
    5.アンジュアイル

 予想
    ◎ダノンベルベール →2着
    ○パールシャドウ
    ▲ミクロコスモアス →4着
    △アイアムマリリン
    △ディアジーナ   →1着 
    
                       
 回顧

   「ディアジーナ、競り合い制して重賞初制覇!!」

   ディアジーナが好スタートも、グローリルピナスにハナを譲る。内からダノンベルベール、
   その外にエイブルインレース。カカリ気味にミクロコスモスが好位に取り付ける。
   一団のまま直線へ。逃げるグローリルピナスが直線フラフラしていたため、
   先行勢は内に入ったり外に出したりウロウロ。一番外に出ていたエイブルインレースが、
   抜け出そうとするが、すぐにディアジーナがソレを制して前に出る。そのディアジーナに
   前を塞がれるような形になったミクロコスモスが今度は内に切り込もうとするが、
   外のディアジーナと内から伸びてきたダノンベルベーユに挟まれる形で抜け出せない。
   そんなこんなでディアジーナがダノンベルベールとの叩き合いを制して重賞初制覇。

   完全な前残りレース。ミクロコスモスにとっては、ちょっと可哀相なレースになってしまった。
   勝ったディアジーナはスタートも良かったし、ペースも味方した。ただ、血統が血統だけに、
   この後大きいところ狙えるか微妙。2着の本命ダノンベルベール。一旦沈みかけたが、
   併せ馬の形になってからの伸びが抜群。かなりの勝負根性を持っているかも。
   3着エイブルインレース。上位組では一番スムーズな競馬が出来た。展開も味方したが、
   休み明けでこの内容なら充分。ただ、距離はもう少し短い方がいいかも。
     
   
2/22 フェブラリーS

 結果
    1.サクセスブロッケン
    2.カジノドライヴ
    3.カネヒキリ
    4.エスポワールシチー
    5.フェラーリピサ

 予想
    ◎エスポワールシチー →4着
    ○カネヒキリ     →3着
    ▲サクセスブロッケン →1着
    △カジノドライヴ   →2着 
    △ヴァーミリアン
    △サンライズバッカス
    △ヒシカツリーダー      
      
 回顧

   「サクセスブロッケン、ついに2強撃破!!」

   誰も逃げることがなくエスポワールシチーがいつものようにハナに立つ。
   続いて外からサクセスブロッケンとカジノドライヴ。内にカネヒキリ。
   その後ろの外目をヴァーミリアンとフェラーリピサ。そのまま4コーナーへ。
   直線に入ってエスポワールシチーが後続を放しにかかる。2番手のカジノドライヴの内にカネヒキリ。
   外にサクセスブロッケン。残り200を過ぎたところでその3頭が逃げるエスポワールシチーに並びかかる。
   4頭の叩き合いからエスポワールシチーが脱落。3頭の叩き合いから、外のサクセスブロッケンが
   抜け出してゴール。

   展開予想はほぼ完璧でしたね。(汗)
   タイムが1.34.6では逃げたエスポワールシチーには厳しすぎた。能力は改めて高いことが分かったが、
   上位3頭とは大舞台でのレース経験の差が出た感じ。惜しかった・・・。
   勝ったサクセスブロッケンは今回も若干カカッたが今までの事を考えれば、許容範囲。
   予想で書いたとおり、距離はベストなだけに折り合えればこれぐらいやれる器。
   2着カジノドライヴには驚きでした。切っても良いと書いたが、あの状態でこれだけやれるのは素質の高さ。
   サクセスとは逆に距離は伸びた方が良いので、本番のドバイが楽しみだ。
   ちなみにフェブラリーSの1走前のダート1600の2着馬もカジノと同じマインシャフト産駒。
   カジノドライヴが走りやすい下地は出来ていたのだろう。気付かなかった・・・。
   3着カネヒキリは狭い所を伸びてきたが、早めに仕掛けたぶん最後スタミナ切れ。
   このあと続戦するか分からないが、この馬もGⅠ8勝のジンクスに引っ掛かるような負け方。
   ヴァーミリアンは時計勝負では厳しいし、状態も満足なものではなかったはず。
   サンライズバッカスは出遅れも響いたが、前残りレースなので仕方なし。
   掲示板にのった馬5頭中、4頭が4~5歳。確実に世代交代の波は来ている。
 
   印つけた上位4頭で決まったわけですが、エスポワールシチーに夢を託したので馬券壊滅。
   まぁ、良いレースだったので良しとします・・・。
   


2/21 紫川特別

 結果
    1.ウルトラボルケーノ
    2.プラチナムペスカ
    3.ハッピームード
    4.エーティーホーオー
    5.オースミビーナス

 予想
    ◎ヌーサ 
    ○ブルーデインヒル
    ▲レンデフルール    
    △プラチナムペスカ →2着
    △ニシノマオ
    △ホウショウリヴ
    △マルタラヴ
    
     
 回顧 

   そんなに速いペースには思えなかったが、先行馬壊滅の差し競馬。

   うほっ。まさか7頭中1頭しか掲示板に載らないなんて・・・。
   


<本日の複勝コロコロ> 結果

 繰越コロコロ 1,700円  (10円単位は四捨五入)

 2/21 京都3R メイショウシェイク  1着 1.1倍 1,900円
 2/21 東京11R ダノンベルベール   2着 1.7倍 3,200円

 リセット 1,000円

 2/22 京都2R ベイビーローズ  1着 1.1倍 1,100円
 2/22 東京12R オーロマイスター 3着 1.3倍 1,400円
 
複コロ的中率76%
複コロ単回収率100%
複コロ複回収率100%

複コロ実回収率95%

 単・複共に回収率100%に回復!!
 あとは、複コロ実回収率。100%回復まで、あと少し!!
 100%回復すれば、初期投資を増やす予定です。

<今週の総括>

 重賞予想の読みと複コロは良かったんじゃないですかね。
 少しでも長く続いてほしいな。

コメント (2)   トラックバック (3)